• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 市政情報 > 市民参加・多文化共生 > 市役所庁舎東館を核とした賑わい創出事業

ここから本文です。

更新日:2020年1月27日

市役所庁舎東館を核とした賑わい創出事業

庁舎東館を核とした賑わい創出に関するさまざまな情報やメディア掲載情報をお知らせします。

事業の背景・経緯

庁舎東館1

  • 菊川駅南地区はJR東海道本線菊川駅の南側に位置し、東名高速道路菊川インターチェンジより北方約1kmにある本通り商店街を含む菊川市の中心市街地の一部であり、様々な都市機能が集積している。JR菊川駅乗車人員は年間約160万人であるが、そのほとんどが市街地に立ち寄ることなく通勤・通学している。
  • 区画整理事業により集積され、広場に隣接した市有地に2020年供用開始をめざし、市民が集い、賑わいの場となる多目的スペースや市民活動の活性化と市民協働の推進、地域コミュニティ活動拠点となる複合施設菊川市役所庁舎東館の新設整備を進めている。
  • こうした中、将来にわたり持続的に発展する活力ある地域づくりを進めるには、この施設整備を機に人の街中への回遊性を高め、人の流れと地域経済の好循環を生み出していく必要性がある。
  • 本事業では、まちづくり活動の機運の高まりや庁舎東館新築整備に伴う地域内交流人口の拡大機会をいかし、市街地の個性を際立たせ、菊川市の都市拠点の機能と魅力を高める取り組みを産学官民が連携して推進するとともに、交流人口の増加に向けた取り組みを進めるものである。

事業内容

庁舎東館を核とした賑わいづくり研究会の開催

JR菊川駅から庁舎東館を中心とした地域の賑わい創出に向けた協議検討を進める。

庁舎東館を核とした賑わいづくり研究会

地域に求められる社会起業人材育成事業

地域課題をビジネス手法活用により展開するノウハウや、社会起業家として必要な知識・スキルを学ぶことができる人材育成講座を開催する。

きくがわ未来塾 社会起業家コース

JR菊川駅利用者等を対象とした街なかへの回遊促進事業

JR菊川駅を利用する市内事業所の従業員等を対象とし、庁舎東館や隣接する広場等を活用した、働き方改革研修等を企画・実施する。

JR菊川駅利用者等を対象とした働き方改革研修

視察受け入れ事業構築及びプロデュース

庁舎東館や隣接広場等を活用した、地域住民や地元商店街、市内事業者、NPO、若者等が主体的に取り組む活動等を視察メニュー化し、県外自治体等へのプロモーション実施に向けた準備を進める。

実施体制

本事業の実施にあたっては、民間ノウハウと経営資源を活用した企画が不可欠であると考え、受託団体を公募により募集した。令和元年5月22日に選定委員会による審査を実施し、下記団体を受託者として選定した。

受託者 

団体の名称 特定非営利活動法人NPOサプライズ
代表者名 理事長 飯倉清太
委託期間 令和元年6月3日から令和2年3月30日まで


菊川市庁舎東館を核とした賑わいの好循環創出業務委託
  

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市総務部地域支援課

電話:(0537)35-0925

ファックス:(0537)35-0977

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?