• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2017年10月16日

多文化共生

多文化共生ってナニ?

「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」

参考:「多文化共生の推進に関する研究会 報告書」(総務省)

多文化共生の背景

菊川市は、温暖な気候に恵まれており、日本一の大茶園「牧之原台地」を有し深蒸し茶の里として知られる茶産地です。市内には古くから茶業機械の製造企業や、近年では自動車関連部品などを製造する企業が立地し、ものづくりが盛んな地域です。
1990年(平成2年)の出入国管理及び難民認定法の改正以降、労働目的で来日する南米日系人が急増しました。他の外国人集住地域と同様、菊川市にも南米日系人を中心に多くの外国人住民が定住し、およそ30カ国約2,800人(平成29年3月末現在)の外国人が暮らしています。
多文化共生の分野では、合併前から行政文書の翻訳や教育面における支援を積極的に行ってまいりました。合併後は、これまでの実績を活かし「互いの文化や習慣の違いを尊重する多文化共生の地域づくりを推進し、誰もが幸せで安心して暮らせる地域社会を目指す。」という多文化の理念に基づき、「菊川市多文化共生推進行動指針」を策定し、市民と一体となった協働のまちづくりを進めています。

外国人住民の状況

法務省の公表する外国人住民数は、238万2,822人(平成28年末現在)であり総人口の1.9%を占めている状況にあります。菊川市の外国人住民数(平成29年3月末現在)は、2,831人と総人口に対する比率は5.9%と静岡県内においても高い値になっております。
国籍別で見ますと、ブラジル国籍の方が最も多く1,725人と外国人国籍の約60%を占め、次いでフィリピン631人、中国171人、ベトナム86人となっております。
多くの割合を占める南米出身者は、日系人やその家族が多く、平成2年の出入国管理及び難民認定法の改正施行以後急増しております。また、中国などアジア各国からは技術研修生や留学生として多数来日しています。

菊川市の多文化共生ビジョン

菊川市の「多文化共生のまちづくり」の取り組みとして、平成19年度より庁内多文化共生検討委員会を設置し、多言語版ごみカレンダーの配布や外国人児童生徒への支援、市役所の窓口業務へのポルトガル語・英語通訳の配置、週1回の外国人に対する生活相談、ポルトガル語・英語のミニ広報紙の発行などの支援を行っております。
また、多文化共生社会の実現のため、「菊川市多文化共生推進行動指針」を策定し、庁内を中心とした多文化共生の推進に向けた取り組みをまとめています。

第2次菊川市多文化共生推進行動指針(PDF:547KB)

第2次菊川市多文化共生推進行動指針 総括(PDF:529KB)

第3次菊川市多文化共生推進行動指針

現行の第2次菊川市多文化共生推進行動指針の計画期間が平成28年度を持って終了となることに伴い、新たな指針を策定しました。「国籍を超えて、誰もが幸せで安心して暮らせる多文化共生社会の実現」を基本理念とし、「1. コミュニケーション支援」「2. 生活支援」「3. 多文化共生の地域づくり」「4. 推進体制の整備」を施策の柱として多文化共生事業に取り組んでいきます。

  • 本編

第3次菊川市多文化共生推進行動指針(平成29年3月策定)(PDF:986KB)

  • 概要版

概要版(PDF:814KB)

概要版(ふりがな付き)(PDF:454KB)

概要版(ポルトガル語)(PDF:219KB)

概要版(英語)(PDF:225KB)

概要版(中国語)(PDF:286KB)

概要版(スペイン語)(PDF:213KB)

菊川市での多文化共生に向けた取り組み

行政機関での取組み

教育機関での取組み

  地域での取組み

  • 地域づくり検討委員会
  • 外国人市民相談窓口 
  • 外国人集住都市会議
  • 多言語通訳員の配置 
  • 外国人児童生徒の初期支援
  • 外国人児童生徒の日本語支援 
  • ポルトガル語通訳指導員の配置
  • 外国人市民参加の防災訓練
  • 地域イベントでの交流
  • 夏・冬休みの宿題教室
  • 日本語教室

 

「日本で暮らす外国人からの相談」

日本で暮らす外国人から多く相談があった事例を載せています。生活や手続きで困ったことがあったときに、見てください。

  • 「日本で暮らす外国人からの相談 (日本語版)」は、こちら。
  • 「日本で暮らす外国人からの相談 (ポルトガル語訳)」は、こちら

外国人住民向け相談窓口

菊川市に住んでいる外国の市民の方を対象とした、相談窓口です。日常生活や外国人登録、市行政全般について、日本語とポルトガル語で相談できます。 

場所

菊川市役所 本庁1階、相談室

(環境推進課の前)

曜日と時間

火曜日、午前8時30分~午前11時30分 (最終受付)

市役所がお休みの日を除きます。

対応言語 ポルトガル語、日本語
備考 相談は無料、予約は不要です。

 

よくある質問と回答

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市総務部地域支援課

電話:(0537)35-0925

ファックス:(0537)35-0977

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?