• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 小・中学校 > 菊川市立菊川西中学校

ここから本文です。

更新日:2016年9月28日

ようこそ!!   菊川市立菊川西中学校ホームページへ!! 

school<お知らせ掲示板>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・「新人戦アルバム」を掲載中!!  お楽しみ下さい!!

 ・

 ・

 ・3年生「朝学習会」実施中7:30~7:50

<更新状況>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・トップページブログ(「上皿天秤で正確なデータをとろう!!」1年理科)掲載しました。(8時更新)

    ・トップページブログ(「広いコートを使いこなせ!!」新人戦アルバム④)掲載しました。(12時更新)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成28年9月28日(水曜日)     「広いコートを使いこなせ!!」新人戦アルバム④

   第4回目はサッカー部です。屋外競技が天候に左右される中、「雨でも試合する」のがサッカーです。事実前回の土曜日は他の屋外競技が「中止」の連絡をする中、ドロドロになっても試合を行ったのがサッカーです。『次の日のユニフォームはどうしたのだろう』と心配しましたが、乾燥機が普及していて心配いらないのですね。

soccer01  soccer02  soccer03  soccer04

soccer11  soccer12  soccer13  soccer14

平成28年9月28日(水曜日)     「上皿天秤で正確なデータをとろう!!」1年理科

trenbin01  trenbin02  trenbin03  hakari

  理科室を覗いて見ると1年生が上皿天秤の使い方を学んでいました。このようなはかりを用いて重さを量るのは理科の時間くらいです。家庭科などではばねを使った上皿ばかりや吊り下げ形のばねばかりが主です。実はばねを使ったはかりはばねの劣化や、その地点の標高に微妙に影響されてしまいます。(もちろんほんのわずかですが)一方天秤は分銅に扱いを丁寧にしさえすれば何時も正確な値を返してくれます。理科室には100分の1gまで測れる電子精密はかり(写真右)もありますが精密測定の基本は天秤です。現代社会を支えるのは物理学を筆頭とする精密科学と呼ばれる分野の基礎研究の産物です。天秤を見つめる子ども達の目は科学者のそれと変わりありません。

平成28年9月27日(火曜日)     「レシーブ・トス・アタック!!」新人戦アルバム③

  私は日頃から、わが国のスポーツで一番理想の姿が「女子バレーボール」と思っています。小学校のスポ少、中学・高校等の部活、そしてママさんバレーまで実に多くの競技人口を抱え、会社のOLが昼休みに楽しむのもバレーボールが定番です。加えて、ナショナルチームは50数年前の東洋の魔女以来、常にオリンピックのメダル候補です。男子は女子に比べて競技人口は少ないですが、人気種目の一つですね。青いユニフォームの女子チーム、黄色いユニフォームの男子チームの本校の子ども達のバレーを楽しむ姿を御覧ください。

voller01  voller02  voller03  voller04

voller11  voller12  voller13  voller14

voller21  voller22  voller23  voller24

平成28年9月26日(月曜日)     「空中戦を制せ!!」新人戦アルバム②

  以前の記事でも掲載しましたようにバスケットボールは空中の肉弾戦といわれるくらい激しいスポーツです。同時に反則に対して罰則が非常に厳しい紳士のスポーツでもあります。テクニカルファールという反則はバスケット特有です。肉体的なタフさと精神的な清らかさの両方を持ってプレーする子ども達の姿を御覧ください。

basket01  basket02  basket03  basket04

basket11  basket12  basket13  basket14

basket21  basket22  basket23  basket24

平成28年9月26日(月曜日)     「作者の思いを読み取ろう!!」3年国語

siwoyomu01  siwoyomu02  siwoyomu02  siwoyomu04

  3年生が「詩」を読んでいます。石川りんさんの原爆の写真に寄せた詩です。(写真右)加島先生は「すがすがしい朝の顔」「焼けただれた顔」・・・・など注目する言葉を挙げていきます。(写真左)詩は短い言葉に作者の思いや感性が凝縮されています。無駄な言葉は一つもありません。推敲を重ね「選び抜かれた言葉」と言えます。子どもたちはじっくり言葉を吟味し、作者の思いに迫ろうとしています。「ら抜き言葉」「メールの絵文字」など、日本語の変化という記事が新聞に掲載されていました。子ども達にとって1つの言葉をじっくり味わう詩の学習が今まで以上に大切です。

平成28年9月25日(日曜日)     「目指せ!!金メダル!!」新人戦アルバム①

  本日から毎日、新人戦で頑張る子ども達の様子をサーバを圧迫しない範囲でアルバム形式にてお送りしたいと思います。詳しい試合結果は、まとまりしだい「部活動試合結果」ページに掲載する予定です。お楽しみに!!まず第1回は男女卓球部です。オリンピックで日本選手の活躍が目立った卓球ですが、ことちらも目指せ!!金メダル!!です。

table01  table02  table03  table04

table11  table12  table13  table14

table21  table22  table23  table24

平成28年9月25日(日曜日)     「天皇ってこんなに働くの??」3年社会

tenno01  tenno02  tenno03  tenno04

  3年生が社会科で日本の皇室について学んでいます。黒板には例によって両陛下の写真が貼られています。(写真左)日本の皇室は現存する世界の王室・皇室の中で最長の歴史を持っています。日本書紀に記されている「紀元2676年」は神話時代が含まれているため当てにはなりませんが、考古証拠、文献証拠から1500年は続いていることが分かります。『天皇陛下は一月に何日働くのでしょうか??』山下先生の質問に「20日」「15日」・・・・子ども達が思い思いに答えます。『皇室典範と言う皇室に関して決めた規則では、天皇陛下は一月に26日働くことになっています。』「休みは1週間に1日だけなんだ!!」「天皇陛下ってそんなに働くの??」・・・・子どもたちは世界最長の皇室、私達国民にも気軽に接して下さる両陛下に誇りと親しみを感じたようです。(写真中右、中左)

平成28年9月24日(土曜日)     「先生と生徒のコラボ!!」学校保健委員会

gakkohoken01  gakkohoken02  gakkohoken03  gakkohoken04

  講師に学校薬剤師の秋谷先生を迎え、学校保健委員会を行いました。テーマは「睡眠と心の健康」です。液晶プロジェクタで、保健委員の子ども達が「睡眠に関するアンケート」の集計結果を報告します。

gakkohoken11  gakkohoken12  gakkohoken13  gakkohoken14

  子ども達と先生たちのコラボによる寸劇で睡眠に関する子ども達の悩みを紹介します。「授業中眠くなる」「朝なかなか起きられない」・・・・瑛志ママの熱演に体育館に爆笑が起こります。(写真中左)充実した1時間の学校保健委員会を通して子ども達の健康に対する意識が向上しました。

平成28年9月24日(土曜日)     「人権ってどこまで??・・・・」3年社会

jinken01  jinken02  jinken03  jinken04

  3年生が社会科で「人権」について学んでいます。山下先生は道路の真ん中に家が建っている写真を提示しました。(写真左)基本的な人権の一つとして「自由に住みたい所に住む」という権利は守られる必要があります。一方「地域住民が便利に使えるように道路を造る」ことも必要です。この場合は「どちらをとればよいのでしょうか??」実際の社会でも起こりそうな問題です。子ども達はいろいろな資料を使って考えます。(写真中右、右)このような授業を見ていると『社会は暗記教科』という感じはしません。「暗記教科としての受験の社会」と「日常生活をより良くするための方策を考える社会」の2面性が子ども達と先生たちを戸惑わせているかもしれません。

平成28年9月23日(金曜日)     「"いもおーとよー"感じが出てます!!」2年音楽

gassyou01  gassyou02  gassyou03  gassyou04

   「早く街に赤や青や黄色の電灯が~・・・・」音楽室から合唱曲「木琴」の一節が聞こえて来ました。急いで、音楽室に行ってみると2年生が合唱の練習をしています。『うーん!!なかなか感じが出てきたな』男女の人数比がアンバランスな2年生は女声パートが非常に少人数になってしまいます。(写真中右)それでも彼女たちの澄んだ歌声は心に響いてきます。(写真右)パート練習も一通り終了し、音楽の時間は全パートで合せることが多くなってきた今日この頃です。来週木曜日の中間テストが終わると「中間発表会」「黄菊祭文化部門」と続きます。本番が楽しみです。

平成28年9月23日(金曜日)     「下がって上がって・・・・」3年数学

nijikansu01  nijikansu02  nijikansu03  nijikansu04

  3年生がxの2乗に比例する関数を学んでいます。「二次関数」と呼ばれる関数の一番特殊な場合です。グラフがどんな形になるのかデータをプロットして大体の感じを掴んでいるようです。(写真中左)どうも、グラフは今まで学んできた一次関数とは違い曲線になりそうです。(写真左)この曲線は『放物線』と呼ばれ、私の専門の物理では「体を、空中にり投げた時に描く曲」のことです。直線のグラフと違い、「一度下がって、また上がる」つまり、変化の割合が一定でないグラフです。※ちなみに三次関数になると「上がって、下がって、また上がる」となり、さらに複雑です。慣れない曲線のグラフと格闘する3年生に心の中でエールを送りながら教室を後にしました。

平成28年9月22日(木曜日)     「"Whai is this?"gameでコミュニケーション!!」1年英語

what01  what02  what02  what04

  1年生の英語の授業を覗いてみました。デービー先生がまた新しいゲームを考えてくれたようです。子ども達は紙に絵を描きます。それを3つに折って3分の1ずつ見せていきます。デービー先生が私のほうに来ました。「What is it?」「skin head・・・?」デービー先生はにやにやしながら次の3分の1を見せます。「Then what is it?」「Oh! I think it an icecream.」笑いながらデービー先生が残りの3分の1を見せます。何と西洋の貴婦人の高く盛り上がった髪でした。1年生が少ない語彙を駆使してコミュニケーションしようとしています。楽しい英語の時間でした。

平成28年9月22日(木曜日)     「私は将来~」2年総合的な学習の時間

sogo01  sogo02  sogo03  sogo04

  総合的な学習の時間に2年生の教室を回ってみました。子ども達が作文を書いています。「何の作文??」『立志の会のためのものです』本校は特色ある教育のひとつに「ふるさと指向力を育むキャリア教育」を掲げ、大勢の外部講師による講演、体験学習などのプログラムを実施していますが、2年生のメインは11月の「職場体験」と2月の「立志の会」です。立志の会では子ども達がそれまでのキャリア学習の成果を生かし、「私は将来○○したいと思います」と両親の前で語ります。その準備がもうスタートしています。色々な取組を並行して行う2年生にエールです!!

平成28年9月21日(水曜日)     「死刑を僕はこう考える!!」3年社会

sikei01  sikei02  sikei03  sikei04

  3年生の社会科の授業です。子どもたちは「死刑制度は必要か??」と言う問題についてディベートを行っています。増田先生は年を追っての「死刑宣告数」と「死刑執行数」のグラフを示しました。(写真左)机をディベート形式に向え合せにした子どもたちは一人1台のタブレットPCをもってインタネットに接続しながら意見を言っています。(写真中右)データの新鮮さがものを言う社会科です。インタネットで最新のデータを見ながら討議できる子ども達がうらやましいくらいです。菊川市の中学校には各校105台ずつのiPadが配布されています。予算を付けてくれた市議会議員の皆さんにも感謝です。「答えの無い」こういった問題にもじっくり実のある討議が出来る3年生の子ども達です。

平成28年9月21日(水曜日)     「物語の批評文を書こう!!」2年国語

hihyo01  hihyo02  hihyo03  hihyo04

  2年生が国語で「本の批評文」を書いていました。『○○の実態を赤裸々に綴った衝撃の問題作・・・・』このような批評文に子ども達もしょっちゅう出会っているはずですが、いざ自分で書くとなるとなかなか難しいようです。感想文とは違う、また荒筋の紹介とも違う「批評文」です。河原﨑先生は一番印象に残っている「文」に注目させています。本をもう一度見返す子どもがいます。(写真左)グループ隊形で学習を進めるのは本校の子ども達にとってお手の物です。色々意見を出し合いながら個性的な批評文が出来ればよいですね。

平成28年9月20日(火曜日)     「2つめの木工作品は??」1年技術

mokkou01  mokkou02  mokkou03  mokkou04

  1年生が技術科で2つめの木工作品の製作に入りました。1つめの「ペンたて」は小さい作品でしたが、今度はかなり大きな「棚」を作るようです。岡田先生が実物を子ども達に見せながらイメージを持たせようとしています。(写真左)「棚は1段が良いかな??2段にしようかな??」・・・・子ども達のイメージも広がります。しかし使う材料の量が決まっているので「際限なく大物に挑戦」と言うわけには行きません。「自分の思いと材料費からの制約」に悩む子ども達です。企業の製品開発の現場や家庭生活で折り合いを付ける能力を培っている子ども達です。

平成28年9月20日(火曜日)     「素敵な演奏ありがとう!!」菊川市敬老会

keiro01  keiro02  keiro03  keiro04

  9月18日に菊川市一斉に敬老会が行われ招待されたので行ってみました。今年は加茂、横地の2地区に参加させて頂き、参加の皆様の御長寿をお祝いしました。会の後、本校吹奏楽部が昨年と同様に内田地区で演奏をするというので帰りに内田小に寄ってみました。演奏会では、エムシーを生徒が勤め、会を進行していました。顧問の上仲先生はもっぱら指揮者です。(写真中右)コンクールとはまた違ったリラックスした子ども達の演奏でした。

平成28年9月19日(月曜日)     「命をいただきます!!」1年家庭科

inichi01  inichi02  inichi03  inichi04

  家庭科の近藤先生が初任者研修に出かけた後を昨年度まで本校に在籍していた松下先生が勤めてくれています。(写真左)松下先生の専門は「食育」です。「食品添加物をむやみに摂取しない」「命をいただく」・・・・松下先生が子どもたちに熱く語りかけます。本校自慢のホワイトボードを使ったグループワークに1年生もすっかり慣れました。私たちの一番の楽しみであり、生きていくために大切な営みである「食」を学ぶ子ども達です。

平成28年9月19日(月曜日)     「ヘビのミイラにびっくり!!」2年理科

hebi01  hebi02  hebi03  hebi04

  2年生が生物分野を学習しています。松下先生はヘビのミイラを持ってきました。(写真左)おっかなびっくりで触ってみる子どもたち。(写真中左、中右)どんなことに気が付いたかな??よく見ると私たちの肋骨にあって、ヘビにない物があります。私たちの肋骨は胸の中心で胸骨という骨によってつながっていますがヘビには胸骨がありません。『なるほど、だからヘビはあんなに細い体なのに大きなネズミを丸のみにできるのか・・・・』私は教諭時代生物分野の学習で子どもたちが非常に興味を示すのに何度も出会いました。子どもたちはみんな生き物大好きなのですね。

平成28年9月18日(日曜日)     「倒立前転に挑戦!!」1年体育

toritsu01  toritsu02  toritsu03  toritsu04

  1年生が体育で倒立前転に挑戦しています。まず、倒立状態で「静止」・・・・その後腕を曲げて前転にうつります。例によって各グループ1台ずつiPadを持ってフォームのチェックを忘れません。(写真中右、右)体育などの技能教科は全てそうですが器械運動は、ICTの威力が特に有効です。子どもたちの演技も確実に向上しています。

平成28年9月18日(日曜日)     「英語は道具!!社会問題を議論しよう!!」3年英語

energy01  energy02  energy03  energy04

  3年生の英語の授業を覗いてみました。教室のモニタには太陽光発電の写真が表示されています。(写真左)鈴木寿先生はエネルギー問題について英文から読み取るように指示しています。教科書は写真の説明からグラフまで(当然ですが)全て英文で説明されています。(写真右)子どもたちは頭を抱えながらも子必死に英文にくらいついていきます。(写真中左、中右)英語の勉強と言うと「ジャック&ベティの日常生活」等を思い出してしまいます。(私が中学生の時の主人公はベン&ルーシーでしたが・・・・)それに比べると非常に本格的な英語学習です。昨年も思いましたが、社会科で日本語で学習したいくらいのテーマです。「英語は道具」と私は常々思っていますが、英語を道具として使いこなし、外国人とエネルギー問題について話し合えるようになって欲しいと思っています。

平成28年9月17日(土曜日)     「みんな目を伏せて耳に集中!!」1年英語

listen01  listen02  listen03  listen04

  1年生の英語の時間を覗いてみました。山畑先生はPCから次々に英文を流します。(写真左)子どもたちに目を移すとみんな顔を伏せています。(写真中左、中右、右)どうやらリスニングの訓練のようです。私たちが外界から情報を得るのは目、耳などの感覚器官を通してですが、目は80%以上の情報が入ってくる器官です。目を伏せることによって耳に神経を集中し、聞き取りを行おうという試みです。さあ、子どもたちは英文を何%位聞きとれたでしょうか??私が中学生の頃、英語の授業は週3時間でした。今は週4時間です。明らかに子どもたちの能力の伸びを感じます。

平成28年9月17日(土曜日)     「太田市長に提言!!」3年総合

teigen01  teigen02  teigen03  teigen04

  3年生がキャリア学習の総仕上げに入っています。本校のキャリア学習は「ふるさと指向力」というキーワードが付いています。職業、上級学校、職場体験、立志の会、高等学校1日体験・・・・今まで行ってきたたくさんのキャリア学習の総まとめは「菊川の未来を考える」です。子どもたちは105台のタブレットPCを総動員して調べ学習とプレゼンテーションを作成するとともに(写真)、地域に繰り出してのインタビューも計画されています。総仕上げは11月に菊川市議会の議場をお借りしての討論会です。菊西中生として菊川市の未来を太田市長に提言ですね!!

平成28年9月16日(金曜日)     「タンブラーグラスに空想の世界を!!」3年美術

glass01  glass02  glass03  glass04

  3年生が美術で「タンブラーグラス」の模様を作っています。福田先生に聞いて見ると「空想の世界を描く」と言うことでした。それにしても美術の苦手な私から見ると、子ども達のセンスにはビックリさせられます。子ども達の自由な世界がグラスの側面に広がっていきます。子ども達が「マイ・タンブラーグラス」を使う日ももうすぐですね。

平成28年9月16日(金曜日)     「早くも中間テストへ向けて!!」テスト計画作り

testkei01  testkei02  testkei03  testkei04

  再来週の木曜日は中間テストです。テストまで二週間を切りました。各学級ではテスト計画つくりが行われました。私が中学生の頃も「○月○日には何と何をやると計画を立てて、やったところを色鉛筆で塗っていく計画表」を作ったのを覚えています。私は先生達に「子ども達に『学びの楽しさと厳しさ』を教えてあげて下さい」と言っています。「野球は楽しいもの、でも、もっと楽しむために苦しい練習をする」のように「学びは楽しいもの、でも、もっと楽しむために苦しいテスト勉強もする」と言うことです。子どもたちはこの2週間の苦しさに耐えて頑張ります。

平成28年9月15日(木曜日)     「傾きと切片で考えよう!!」2年数学

kansu01  kansu02  kansu03  kansu04

  2年生が数学で、「一次関数」に挑んでいます。私の35年間の教員生活で、「関数」の単元を苦手とする中学生が多いと感じています。しかしこの単元は高等学校で「微分・積分」という非常に使い勝手の良いツールが加わります。そして、関数なしに現在の科学技術は考えられないくらい大切なものです。その初っ端が「比例」とその発展形の「一次関数」になります。一次関数は「傾き」(変化の割合)と「y切片」で特徴付けられます。本校の2年生にとってもやすやすとクリアできる話ではありません。「うーん」・・・・子ども達の顔つきもいまひとつ冴えません。友達同士で話しあったり(写真中左)、先生に聞いたり(写真右)何とか一次関数をモノにしようとしている2年生にエールです。

平成28年9月15日(木曜日)     「あとは頼んだよ!!」生徒会引継ぎ

hikitsugi01  hikitsugi02  hikitsugi03  hikitsugi04

  会議室を使って、生徒会の新旧委員長の「一斉引継ぎ会」がありました。「旧専門委員長から新専門委員長へ!!」顧問の先生も写真のようにそぱに付いていますが、話はもっぱら3年生の委員長が進めています。場所を移動して説明している委員会もあります。(写真右)『後は頼んだよ!!』3年生の心の声が聞こえてきます。

hikitsugi11  hikitsugi12  hikitsugi13  hikitsugi14

  生徒会室となりの更衣室を「生徒会議室」として使っていますが、ここでは新旧の本部役員全員が集合して生徒会本部の引継ぎです。大きなホワイトボードには引継ぎ事項がびっしり書かれています。(写真右)岡本会長はゼスチャを加えながら後輩達に熱く語りかけます。(写真中右)運動会で、生徒大会で、修学旅行で、中体連夏の大会で、地区の行事で・・・・菊西中の顔として頑張ってきた3年生が肩の荷を降ろすときが近づいています。『優しい3年生から、元気いっぱいの2年生へ!!』(これは私が2,3年の子ども達に持っているイメージですが)伝統は引き継がれます!!

平成28年9月14日(水曜日)     「方程式は天秤なの??」1年数学

tenbin01  tenbin02  tenbin03  tenbin04

  1年生が一次方程式の解き方を学んでいます。谷井先生と戸塚先生はてんびんに「りんご」と「みかん」を載せて釣り合わせます。(写真左)そして釣り合いを保ったまま天秤の両方の皿からりんごとみかんを取り除きます。みかん1こが50gと分かっているので、なんとかりんごの重さを求めることが出来ました。『方程式は天秤だからね・・・・』この言葉は私が若い頃の先輩の数学の先生の口癖でした。天秤の釣り合いを壊さないように上手に数式を操作して未知数を求めることを「方程式を解く」といいます。子どもたちは一次方程式を視覚によって理解しました。

平成28年9月14日(水曜日)     「先生たちはみんなドキドキ!!」県教委訪問

gakkohomon01  gakkohomon02  gakkohomon03  gakkohomon04

  県教育委員会と菊川市教育委員会の学校訪問がありました。年1回の訪問を通して先生達が市・県や国の教育行政の方向性を知る貴重な機会です。「中心授業」を行うのは理科の伊藤先生、技術の岡田先生の2人です。(写真)

gakkohomon111  gakkohomon112  gakkohomon11  gakkohomon12

  一人10分くらいですが、他の先生も授業公開をします。(写真下左、中左)子ども達を返した後、先生達は理科部会と技術部会に別れて協議会で研修を深めます。(写真下中右、右)『すてきな、良い子ども達ですね!!』訪問された市・県の指導主事が話す言葉に菊西中の校長として誇らしい思いになります。非常に蒸し暑く汗だくになりましたが、充実した研修が行えた一日になりました。

平成28年9月13日(火曜日)     「ハンバーグに香りについつい・・・!!」2年家庭

chori01  chori02  chori03  chori04

  1階からいい香りが漂ってきたので、ふらふらっと調理室を覗いてみました。2年生が調理実習でハンバーグを作っているようです。タマネギをみじん切りにして炒め(写真左)、ひき肉に混ぜてこねます。(写真中左)つなぎにパン粉を入れて、いよいよフライパンで焼き上げます。(写真中右)『うーん、おいしそうだ!!』4時間目の授業だけに腹の虫が鳴きます。『何作っているの??』ハンバーグと分かっていたけれど念のために聞いてみます。「ハンバーグです!!」いつもの2年生らしい元気な受け答えです。同じ勉強でも、調理実習の時の子ども達の顔はまた格別です。「食事」の持つ魅力を改めて感じます。家庭科の授業を通して子ども達には「食事」の大切さを実感している思います。

平成28年9月13日(火曜日)     「お見事!!晃平くん」英語スピーチコンテスト

speech01  speech02  speech03  speech04

  先週末に行われた「小笠地区英語スピーチコンテスト」で、本校代表の晃平くん(写真左)が見事優秀賞となり、他校の3人の生徒と共に県中部地区大会に出場を決めました。(写真右)晃平くんは自身のダンスを学んでいる経験をきれいな英語表現で生き生きと話しました。(「8月掲載記事」コーナの8月26日に掲載中)菊川市ALTのデービー先生の話では昨年もレベルが高かったのですが今年はそれ以上だということでした。ハイレベルな戦いを制した晃平くんに乾杯!!本校と小笠地区の英語のレベルがますます向上しています。

平成28年9月12日(月曜日)     「ガリレイに負けるな!!」3年理科

rakutai02  rakutai03  rakutai01  rakutai04

  3年生が理科で斜面を落下する力学台車の運動を調べています。この研究は17世紀にイタリアのガリレオ ガリレイによってなされています。彼は自分の脈拍を使って、落下する物体の時間経過を測定したと言います。21世紀の日本の中学生は記録タイマを使います。力学台車に記録テープをつけ、タイマで打点していきます。(写真左)記録タイマは60Hzの交流電源を使用している菊川市では1秒間に60打点打ちますので1打点間隔は1/60秒です。ガリレイが脈拍を使っていたのと比べると何と言う精度の向上でしょうか!!実験後、何本かの記録テープが取れました。(写真右)『ガリレイに負けるな菊西中生!!落体の運動法則を解明せよ!!』心の中でつぶやいて理科室を後にしました。

平成28年9月12日(月曜日)     「地域でも中学生は戦力です!!」地区運動会

undoukai01  undoukai02  undoukai03  undoukai04

  内田地区(写真左、中左)、六郷地区(写真中右、右)の運動会開催の通知を受け取っていましたので、本校の子ども達の活躍を写真に撮ろうと行って見ました。六郷地区から本校に通う子ども達の数が少ないので、私が行った時には会うことで出来ず残念でしたが、かわりに前任校の河城小学校の子ども達に会うことができました。

undoukai11  undoukai12  undoukai13  undoukai14

  内田地区では 部活動の終わった3年生を中心に、大勢の菊西中生が競技と運営役員に大車輪の活躍を見せていました。先週の横地地区でも感じましたが「中学生は地区の貴重な戦力」です。大会会長さん、太田菊川市長の挨拶にもありましたが、こういった行事を通して地区の絆を強める事により地区の防災力も高まるのですね。

平成28年9月11日(日曜日)     「接続詞に注目し正確に読み取れ!!」3年国語

setsuzoku01  setsuzoku02  setsuzoku03  setsuzoku04

  3年生の国語の授業を覗いてみました。「読み取り」の授業です。『文章を読むときは接続詞に注意しましょう。例えば『しかし』と言う接続詞があったとしましょう。逆接ですから作者の言いたいことはその後ろに書いてあります。・・・・」受験を控えた3年生です。受験では「じっくり読む」などと言うことはできません。「50分」勝負です。さっと読んで作者の言いたいことをきちんと読みとる必要があります。接続詞に注目して読み取りの精度を上げる子ども達です。

平成28年9月11日(日曜日)      「社会もTTで多面的に考えよう!!」2年社会

syakai01  syakai02  syakai03  syakai04

  2学期から2年生の社会科でもティームティーチングを各クラス週2時間設定しました。昨年度から集中的に行っている数学は「みんなできるように」というのが主目的ですが、社会科の場合「分からない、できない」という部分は数学に比べて少ないと思います。社会科のTTは「考え方の幅を広げる」ことが主目的です。例えば今、本県で問題となっているJR沼津駅の高架化について「賛成」「反対」両論があります。先生が2人いると「賛成派の考えについて調べ学習」、「反対派の考えについて調べ学習」をそれぞれ行い、ディベートを行うなどという授業も可能です。社会科TTで、子どもたちのの考えをどのように広げていくか??2人の先生たちの授業改善が続きます。

平成28年9月10日(土曜日)      「今夏最後の除草作業!!」PTA親子奉仕作業

josou01  josou02  josou03  josou04

  今週の台風、来週からは秋雨前線による雨天が予想される中、昨日と本日だけがすばらしい晴天となり、3年生PTA親子奉仕作業を行って頂きました。黄菊祭体育部門前、中体連夏の大会前と今回の年3回の除草作業は本当に助かりました。以前の記事で書きましたように元々「生徒指導対策」として「親子の対話を増やそう」と言う趣旨でPTA学年委員会の発議で始まった本事業ですが、現在では完全に「菊西中応援」の事業となっています。2学期も応援団の後押しに応えられるような菊西中教育を展開とようと思います。今後とも応援よろしくお願いいたします。

平成28年9月10日(土曜日)      「履歴書を持って体験する職場へ!!」2年キャリア学習

rireki01  rireki02  rireki03  rireki04

  本校のキャリア教育には、2年生で「職場体験」がセットされています。今年も2年生は11月末から12月始めに掛けてそれぞれ職場に赴き、実習を行う予定です。実習の職場には本格的な「履歴書」を提出します。子ども達が将来就職活動をする時をシミュレーションしようと言うわけです。下書きを書き、先生に見てもらって(写真中右、右)清書に移ります。(写真中左)今年の2年生は何時も「元気いっぱい」という言葉が似合います。実際の企業でどのような経験をつんでくるのでしょうか?そして一回り成長してくるのでしょうか?とても楽しみにしています。

平成28年9月9日(金曜日)      「初めての学級合唱作り!!」1年音楽

gasyou01  gasyou02  gasyou04  gasyou03

  1年生も合唱練習がスタートしました。上級生に比べて音楽の時間が週0.5時間多いとはいえ、たぶん初めて本格的な合唱を多い1年生は大変です。アルトのパートを覗いてみました。(写真左)男子生徒が数名混じっています。1年生は声変わり前で、男声パートはちょっと難しいのでしょうか??これから、練習が佳境に入っていくと菊西中自慢の「ブロック別練習」が行われます。ブロックとは体育部門の時のブロックです。下級生は上級生の歌声に圧倒されます。こうして、本校の伝統が上級生から下級生へと受け継がれていきます。今年の1年生はどんな合唱を聞かせてくれるでしょうか??

平成28年9月9日(金曜日)      「鶴見先生を迎えて!!」3年合唱作り

tsurumi01  tsurumi02  tsurumi03  tsurumi04

  本年度も黄菊祭文化部門の審査員兼、中間発表会等の合唱指導講師として声楽の専門家鶴見先生をお迎えしています。(写真中左、中右)3年生が学級での合唱練習がスタートする前に鶴見先生をお呼びして学年全体に指導いただく機会を作ったと聞いたので、早速体育館へ行って見ました。『実際に歌うのかな?』と思っていたら1時間の指導のほとんどは「体を上手に使って良い声を出す」と言う指導でした。(写真上全て)指導後、小会議室で鶴見先生に聞いてみると『こういう基礎的なことをしっかりやっておくと良い合唱が創れます』と言うことでした。3年生にとっては中学校時代最後(というより『人生で最後』かな??)の合唱までタイムリミットは「5週間!!」です。

平成28年9月8日(木曜日)      「All Englishで苦労しています!!」3年英語

inter01  inter02  inter03  inter04

  3年生が英語のインタビューに挑戦しています。まず、インタビューの項目つくりです。(写真左)グループで情報交換しながら『何を聞くか』を決定しています。別のクラスではインタビューが始まっていました。(写真中左、中右、右)ひとたびコミュニケーション活動が始まると鈴木寿先生は「All English」を宣言します。そして「If you have any questions, please raise your hand!!」(質問がある人は手を上げなさい)・・・・なるほど、質問も英語でしなくてはならないようです。All English に苦しみながら何とかコミュニケーションを成立させようとしている3年生の子ども達に拍手です!!

平成28年9月8日(木曜日)      「後期生徒会が始動します!!」任命式

ninmeisiki01  ninmeisiki02  ninmeisiki03  ninmeisiki04

  全校集会で、生徒会正副会長の任命と本部役員、専門委員長の移植がありました。最初に私から正副会長に任命状を渡しました。『菊西中は、あなたたちの手に掛かっています・・・・』任命状を手渡す時ひとこと添えましたが、正副会長3人の顔は引き締まって見えます。選挙に当選した政治家がよく言う『責任の重さに身の引き締まる思いです』と言う言葉が頭をよぎります。その後、神谷生徒会長から本部役員、専門委員長に委嘱状が渡され、H28後期-H29前期の菊西中生徒会の組閣が完了しました。『生徒会は菊西中の顔、精一杯頑張ります。・・・・』神谷生徒会長の力強い所信表明演説も頼もしいところです。新生徒会は11月の生徒大会に向けて活動計画を策定していきます。

平成28年9月7日(水曜日)      「iPad全開で挑む人権学習!!」3年社会科

jinken01  jinken02  jinken03  jinken04

  パソコン室を覗いて見ると3年生がPCを使って人権についての作文の授業をしていました。一口に「人権」と言っても様々な問題が含まれ、「これが正解」というものはないと思いますが、中学生時代から常に考えることの大切さはいうまでもありません。子どもたちは人権をどう捉え、どう考えるのでしょうか。

jinken11  jinken12  jinken13  jinken14

  引き続いて教室棟のほうへ周って見ると、やっぱり3年生の社会科の時間で人権に関する作文を書いています。こちらのクラスは一人1台ずつiPadを持って、インタネットに接続して調べ学習をしながら作文自体はPC室のクラスと違い原稿用紙に鉛筆で書いていました。iPadの画面に指を滑らせる子ども達の様子に「やっぱり手馴れたものだな」という感じを強く持ちました。iPadを自由に使いこなして学習を進める子ども達に安心感を感じます。

平成28年9月7日(水曜日)      「感動のクラス合唱へGO!!」実行・推進委員会

gasyou01  gasyou02  gasyou03  gasyou04

  先週末に「学力診断調査」が終わり、子どもたちは「黄菊祭文化部門」に向けて動き出しました。子ども達の組織は黄菊祭文化部門全体の運営に関わる「実行委員会」と学級合唱つくりの中心となって活躍する「推進委員会」に分かれます。最初は2つの委員会が合同で開かれました。会議室が子ども達であふれ、冷房もあまり効かないようです。実行委員会の顧問は特活担当の鈴木寿先生です。(写真左)

suisin01  suisin02  suisin03  suisin04

  合同委員会が終わった後、推進委員会の子どもたちは学校図書館に移動します。こちらの顧問は音楽担当の上仲先生と立石先生です。(写真左)推進委員の子どもたちは各学級で学級合唱つくりの中心となって活躍します。今月末の中体連新人戦、二学期中間テストが終わると校内は子ども達の歌声であふれ、「合唱祭」のムードはいやが上にも高まります。今年の黄菊祭文化部門は10月14日菊川市民文化センタ「アエル」で行われます。請う!!御期待!!

平成28年9月6日(火曜日)      「マイペン立て、最終段階!!」1年技術

pentate01  pentate02  pentate03  pentate04

  1年生が作っているペン立てがだんだん完成して来ました。「枡」の形を作ればなんとなくペン立てに見えますし、実用上は問題ないのでしょうがやっぱり4つの面がきちんとそろって、高さも同じになっていないと見栄えはよくありません。私が若い頃、理科の実験で使う道具を木工で自作していると、同僚の技術の先生が私のところへ来て「そんなんじゃ売れないぞ!!」と言ったのを覚えています。見ていて楽しい「使いたくなる」ペン立てでないと「工業製品」としては落第なのですね。子どもたちはどこまで「売れる」作品に仕上げるでしょうか!!

平成28年9月6日(火曜日)      「自分の足りないところは??」3年テスト返し

testkaesi01  testkaesi02  testkaesi03  testkaesi04

  先週金曜日に行った「学力診断調査(通称『学調』)」は、3年の先生たちが自分の専門教科の枠を超えて、音楽の先生も体育の先生も全員が手伝って一日で採点を終わらせ、コンピュータに打ち込み、テスト処理を行いました。なぜそんなに急ぐのかと言うと、すぐ「進路希望調査」が予定されているからです。「勉強は受験のためにするのではない」とは言っても、学期末の三者面談で「受験校」を決定しなくてはならない3年の子ども達にとって「今、何点くらい取れているのか?」、「自分の志望校は何点くらいで合格なのか?」、「これから受験までに、どれくらい点数を上げる必要があるのか?」、「それは可能か?」・・・・。考えなくてはならないことがたくさんあります。3年の先生達は、子ども達を体育館に集めて一斉にテストを返し、採点ミスのチェックを行いました。細かい答案のチェックはやはり、5教科の先生が全員そろわないと出来ないからです。いよいよ3年生にとって「試練の半年」がスタートします。

平成28年9月5日(月曜日)      「新体力テスト秋の部実施中!!」2,3年体育

tairyoku01  tairyoku02  tairyoku03  tairyoku04

  グランドへ行って見ると2,3年生が新体力テスト「秋の記録会」の記録測定をしていました。2年生がボール投げ、3年生が50m走のようです。私が中学生の頃と少し種目が変わりました。しかし、パワー系、瞬発系、持久系のすべての運動能力を中学生時代はバランスよく身に付ける事がその後のスポーツの力やや日常生活の質を上げるために必要です。自分の優れている所、足りない所をしっかり把握してバランスの良い体を作りたいですね。

平成28年9月5日(月曜日)      「中学生は地区の戦力です!!」横地地区運動会

undokai1  undokai2  undokai3  undokai4

  招待状を頂いていたので、横地地区の運動会へ参加させて頂きました。新人戦前と言うことでさすがに1,2年生の子ども達の姿は少なかったですが、3年生を中心に会の運営に大車輪の活躍をしてくれていました。「赤速い!赤速い!黄色がんばれ!!」アナウンスが聞こえます。(写真左)レースの実況アナウンスは小学校、中学校の運動会で何度もやっているのでお手の物です。学校で学んだことが地区での活動にしっかり生きています。奇しくも昨日は「県下一斉防災訓練」の日でした。地震発災の時も、菊西中生は地区の戦力として立派に活動してくれると確信しています。

平成28年9月4日(日曜日)      「解の公式と格闘中!!」3年数学

kaikoshiki01  kaikoshiki02  kaikoshiki03  kaikoshiki04

  3年生の数学です。子どもたちは二次方程式を学んでいます。西村先生が「解の公式」を証明しました。(写真左)なんと黒板の左端から右端までズラズラと数式が並びかなり複雑な計算です。子ども達の表情もさえません。(写真)二次方程式の解の公式は紀元0年頃、インドの人たちによって見つけられていました。2000年たった今、今度は中学生の子ども達が公式の証明に挑戦です。これだけの量の数式となると中々一筋縄ではいきません。しかし、理解しようと考える姿は立派です。数式と格闘している子ども達の姿に、出来てもできなくても私は満足感を感じます。

平成28年9月4日(日曜日)      「職場体験を充実させよう!!」2年総合

taiken01  taiken02  taiken03  taiken04

  本校の総合的な学習の時間のメインテーマは「キャリア教育」です。昨年度本校の高塚教諭が大学院で研究した「ふるさと指向力を高める」をテーマに3学年で実践を進めています。2年生には「3日間の職場体験実習」がセットされています。ではどんな職業を体験するか??・・・・11月末にセットされている職場体験ですが、2学期がスタートして早々事前学習が始まっています。せっかくの体験活動です。実り多いものになると良いと思います。

平成28年9月3日(土曜日)      「情報を正確に伝えよう!!」1年国語

kigaki01  kigaki02  kigaki03  kigaki04

  1年生が国語で「通知文」について学んでいました。学校でも保護者あてに「運動会開催の御案内」などの通知文が出され、子どもたちもよく目にしています。「『下記の通り~を開催します』という文がありますね。そして、下の方に「記」と書いてあります。ここで言う『下記の~』はこの『記』の字の下に書いてあることを指しているのです。」筑地先生の説明にうなづく子どもたち・・・・。案内文は「情報を正確に伝える」と言うことに主眼が置かれていますので、「誰が読んでも一つだけの意味を取りうる」事が必須です。この授業の後、子どもたちは色々な通知文にも興味を持って読むようになると思います。また、将来「通知文」を出すときの参考になるかもしれません。

平成28年9月3日(土曜日)      「学級はチーム力!!」学級プログラム委員会

prog01  prog02  prog03  prog04

  二学期がスタートしてすぐに学級プログラム委員会を設定しました。各クラス、学級委員と班長が集まって二学期の学級運営について話し合います。ホワイトボードを使った議論も子どもたちはお手のものです。iPadを使っているクラスは無いかなと思いましたが7~8人くらいの人数ならホワイトボードの方がお手軽なようです。最後は座席決めです。(写真左)『二学期はあの子の隣がいいな・・・・』私も中学生の頃はそんな思いもありました!!!!が、多くの場合、先生が決めたり、くじ引きで「エイ!ヤッ!」と決めたりでした。しかし、「学級での学習は団体戦」ならば、子どもたち全員が納得して自分たちで決めることが最高です。クラスを左右する大切なプログラム委員会です。

平成28年9月2日(金曜日)      「部活動で命を守ろう!!」部活部長会

kyukyu01  kyukyu02  kyukyu03  kyukyu04

  夏休みに部活動の新部長を対象に救急救命法講習会を行いましたが、消防署から「認定証」(写真左)が届いたので各部の講習会参加者に渡しました。認定証は資格・免許ではないけれど、消防署が「救急救命法を一通り学び、理解している」と認めた証です。したがって中学を卒業しても役に立ちます。授与が終わった後、「けがゼロ対策」を各部で話し合い、徹底しました。(写真右)たった一つしかない「命」はあらゆる場面で最優先されなくてはなりませんね。

平成28年9月2日(金曜日)      号外「うーん!!苦しんでます」テスト

  本日は、3年生が「県下一斉学力調査」を行っています。1,2年生も3年生と並行して「実力テスト」です。したがって本日は授業間の休み時間を15分にする「テスト日課」で運用されています。写真は上の段が3年生、下の段が1,2年生です。1年生は問題用紙と解答用紙が別の形式のテストは3回目です。少しは慣れたかな??

test01  test02  test03  test04

test11  test12  test13  test14

平成28年9月2日(金曜日)      「後半もよろしくお願いします!!」PTA常任・代表委員会

PTA01  PTA02  PTA03  PTA04

  PTA常任・代表委員会が行われ、各専門部の提案がありました。2学期は子どもを守る文化会議、学校保健委員会等への参加の他、黄菊祭文化部門の保安係を手伝って頂くこと、リサイクル活動等、お願いすることもたくさんあります。一学期の記事で書きましたようにアメリカで始まったPTAは「保護者と先生達が一緒になって校長に物申す会」でしたが、日本に入って来て完全に「学校と子ども達の応援団」という色彩が強くなりました。リサイクル活動一つとっても、本校では菊川市からもらう予算だけでは足りず、PTAリサイクル活動で何がしかの収入があることを前提にした運営です。常任・代表委員会のたびに「期待に応えられる菊西中にしよう」という思いが強くなります。

平成28年9月1日(木曜日)      「勉強は個人戦、授業は団体戦!!」2年国語

keigo01  keigo02  keigo03  keigo04

  2年生が国語で「敬語」について学んでいます。日本語の敬語は「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」など様々な言葉があり、世界の言語の中でも一番と言って良いくらい複雑な構造をしていると思います。子ども達は自分の答えを作った後『じゃ、席を移動してもいいから意見交換をしましょう』という河原﨑先生の言葉で、思い思いの場所に移動して、友だちと意見交換をはじめます。(写真中左、中右、右)誰とでも話しを進められる気さくさは2年生の子ども達の長所の一つです。「勉強は個人戦、でも授業は団体戦」が伝わってきます。学びあいで高まる子ども達に拍手!!

平成28年9月1日(木曜日)      「地域学習の総仕上げをしよう!!」3年総合

chiiki01  chiiki02  chiiki03  chiiki04

  本校の総合的な学習の時間の基本テーマは「キャリア学習」です。3学年の中でキャリア学習の先頭を走っている3年生は今までの学習の総まとめ的な意味で「菊川市の未来について提言!!」がテーマです。子どもたちは、個人やグループで今まで学習してきたことをプレゼンテーションするようです。各クラスでは、参考として世界遺産登録を目指す「伊豆半島ジオパーク」に関する中学生のプレゼンテーションを流しています。(写真左)『私たちは伊豆半島ジオパークのキャラクタを考案しました・・・・』同じ中学生のプレゼンテーションに興味津々です。(写真中左)3年生は菊川市の太田市長にどんな提言をするのでしょうか??菊川大好きの子ども達の学びが進んでいます。

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市市内小中学校菊川西中学校

電話:(0537)35-3546

ファックス:(0537)35-3547

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?