• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 菊川市立菊川西中学校

ここから本文です。

ようこそ!!   菊川市立菊川西中学校ホームページへ!! 

kini<お知らせ掲示板>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・第3回リサイクル活動への御協力ありがとうございました。

 ・

 

 ・

 

<サイト内ページ>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

校長学校経営構想     グランドデザイン    ◎年間教育計画     部活動ガイドライン

学校いじめ防止基本方針     学校評価     ◎過去掲載記事

令和2年1月21日(火曜日)「次年度に向けて!!」

 本校では、来年度の教育課程について話し合っています。今年度の取り組みを振り返り、よりよい教育活動になるように知恵を振り絞っています。昨年の11月から会議を重ね、いろいろな角度から教育活動を見直しています。

1 2

3 4

令和2年1月20日(月曜日)「第3回リサイクル活動を行いました!!」

 1月19日(日曜日)今年度最後のリサイクル活動を行いました。PTA活動として行われたこの活動も、本年度最後になります。朝早くから保護者や中学2年生の協力生徒のおかげで、無事終えることができました。学校予算等が削減される中で、リサイクル活動の収益金は貴重な財源となります。有効活用させていただきます。PTA役員の皆さん本当にありがとうございました。地域の皆さん、御協力ありがとうございました。

1 2

3 4

令和2年1月19日(日曜日)「キャリア教育優良学校 文部科学大臣表彰受賞!!!!」

 本校では、ESD(Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育)を視点とした「キャリア教育」に取り組み、ふるさと菊川を持続可能な街にするために、「ふるさと志向力」の育成を目指し、1年生から3年生まで系統的に学習を進めています。以前、ホームページでも紹介した「働くよろこび講座」「職業体験」「菊川市への提言」などの取り組みが、このたび、なんと!文部科学大臣表彰を受賞しました。本校を代表して、石川教諭が東京都にある「国立オリンピック記念青少年総合センター」にて行われた表彰式に参加しました。

1 2

令和2年1月18日(土曜日)「新入生説明会を行いました」

 令和2年度入学生を対象に、説明会を実施しました。本校は堀之内小、内田小、加茂小、横地小、六郷小の5つ小学校から児童が入学してきます。(他地区の小学校からの転入も含む)約170名ほどの児童とその保護者のみなさんに対して菊西中1年生が中学校生活を紹介したり、合唱を披露したりしました。小学生も中学生の授業を参観しました。後輩たちを前に、中学1年生はとても張り切っていました。

1 2

3 4

5 6

7 8

令和2年1月17日(金曜日)「栄養教諭とのコラボ授業」

 1年生は、家庭科の授業で、「中学生向けの冬の献立を考えよう」をテーマに授業を行いました。生徒たちは、栄養バランスを考えながら仲間とメニューを考えます。授業では、考えられたメニューについて、栄養教諭からアドバイスを受け、大変活気ある授業となりました。

1 2

3 4

令和2年1月16日(木曜日)「特別支援学校の生徒との交流」

 1月15日(水曜日)掛川特別支援学校の生徒が本校を訪れ、学校で作っている消臭剤(コーヒーやみかんの皮など、天然素材を使用)の紹介をしてくれました。また、本校の生徒に、どの消臭剤が良いか聞いて、中学生のニーズについて調べました。温かな雰囲気の中で交流が行われました。

1 2

3 4

5 6

令和2年1月15日(水曜日)「生徒による挨拶運動」

 あと2ヶ月で最終学年となる2年生は進級に向けて、学級代表委員たちがアイデアを出して、挨拶運動を行っています。「最上級生になる学年としての自覚を持つ」「下級生に対して上級生として手本となる」2つの目標を達成するために、2年生独自で挨拶運動に取り組んでいます。

1 2

3 4

令和2年1月14日(火曜日)「告知なし 避難訓練の実施」

 1月10日(金曜日)火災を想定した告知なしの避難訓練を実施しました。菊川市消防署の署員の方にも来校してもらい、煙を実際に焚き、昇降口や教室の各階まで、煙を充満させました。生徒は戸惑いながらも、防災ずきんをかぶったり、ハンカチで口を押さえたりしながら、避難三原則「押さない」「走らない」「しゃべらない」を守りながら、グラウンド等に避難しました。

3年生女子の感想

何も知らされていない状態での避難訓練は、少しパニックになりました。訓練でパニックになってしまうということは、本当になった時、もっとパニックになってしまうと思いました。日ごろからしっかり真剣な訓練を行っておくことがどれだけ大切なのか感じました。

1 2

3 4

5 6

令和2年1月13日(月曜日)「読書感想文表彰!!」

 菊川ライオンズクラブ主催の読書感想文コンクールに応募した本校の生徒が表彰されました。

1 2

3 4

令和2年1月11日(土曜日)「学校表彰!!」

 本校は人権作文への応募がたくさんあったため、法務局から学校表彰をしていただきました。

1 2

令和2年1月10日(金曜日)「学級プログラム委員会を行いました!」

 3学期がスタートするにあたり、各学級では班長たちが集まり、班編制を行いました。授業において、話合いをより深めるためには、どんな班にしたら良いか意見を出し合っていました。新しい班になることにより、清掃場所や学級における係活動も変わるので、生徒にとっては一大イベントです。

1 2

3 4

令和2年1月9日(木曜日)「生徒会礼!!」

 「新化」(しんか)をテーマに取り組んでいる菊川西中学校生徒会です。各専門委員長が、2020年の取組について、全校生徒に訴えかけました。

1 2

3 4

5 6

令和2年1月8日(水曜日)「書き初め!!」

 冬休みの課題として、生徒は書き初めにチャレンジしました。1年生「夢に向かう」、2年生「伝統に学ぶ」、3年生「文化の尊重」のテーマのもと、力強い作品が完成しました。作品は教室内に展示しています。

1 2

3 4

5 6

令和2年1月7日(火曜日)「3学期始業式 代表生徒の言葉」

 3学期始業式における代表生徒の発表について紹介します。

 1年代表 堀川琉加さん

 私が3学期に頑張りたいことは3つあります。まず、授業での学びを深めることです。そのために発表を積極的にします。教え合いではすべての人がわかるように教え合いをしたいです。「聞く」ことは授業でも生活でも欠かせないことなので、先生や友達の話をよく聞き、学びを深めていきます。次に部活動のソフトテニスでは、自分から点を決められるようになりたいです。そのためには普段の練習における意識が大切になります。アドバイスなどをノートにまとめるなど、できる工夫をして自分の技術を高めていきます。最後に、先輩になる準備をすることです。入学説明会では新1年生の前で合唱を歌います。1年生全員の歌声を一つにして一生懸命な姿勢を見せたいです。そして、「中学校って楽しそうだなあ」と思えてもらえればうれしいです。後3ヶ月、後輩に誇れる生活、学習ができる3学期にしたいです。

 2年生 磯部優人さん

 2年生の3学期は、3年生のゼロ学期です。菊川西中学校の最上級生になるために、僕が頑張りたいことは2つあります。一つ目は勉強です。自分のしたいことをするためには高校に行く必要があります。1年生の時はあまり点数がとれずに悩むときもありました。でも、積極的に学習に取り組んだり、家でもノートにまとめたりしたので、2年生になり点数が上がってきました。この3学期のテストでも自分の納得できるような取り組みをしたいです。二つ目は部活動です。もう少しで中学校生活最後の大会が始まります。最後の大会でチームに貢献し、その姿をお世話になった人に見てもらい、感謝を伝えられるようにしたいです。感謝の心と新たな決意のステージが始まります。感謝の気持ちを伝え、自分自身で成長したといえる3学期にしたいです。

 3年生 八木桃花さん

 私が入学式の時、この体育館の壇上で「誓いの言葉」を述べてから2年と9ヶ月が経ちました。今まで、楽しかったことやうれしかったことがたくさんありましたが、その反面、大変だったこともたくさんありました。しかし、今は、受験勉強に立ち向かっています。私は、今まで自分が満足できるような学習を行うことができませんでした。そんな自分を変えようと、2学期に勉強を頑張りました。クラスや学年でMIB(みんなで 一緒に 勉強)に取り組み、勉強の雰囲気も高まってきました。朝や昼休みを使って勉強することで、学習時間も増え、一人でもテスト勉強に取り組むことができました。その結果、テストも上がり、成績も上がりました。これは仲間がいるからこそ、できたことだと思います。あと少しで合唱や長縄など、ともに頑張れた仲間とも別の道に進むことになります。全員が笑顔で卒業できるように、残り3ヶ月、力を合わせて頑張っていきたいです。

1 2

3 4

令和2年1月6日(月曜日)「元気よく3学期スタート」

 「キリッ」とした寒さの中、生徒たちは元気よく登校し、51日間の3学期がスタートしました。久しぶりに顔を合わせた生徒たちが、うれしそうに仲間と話をしている姿が印象的です。始業式の中において校長より、ラグビー日本代表に象徴されるように、様々な国籍の人たちが「ONE TEAM」で目標を成し遂げたことを例にあげ、これからの社会や学校の中でも「多様性」の重要性について話がありました。また、3学期により一層、「学び合い」の授業をみんなでつくっていくことを確認しました。

1 2

3 4

5 6

7 8

令和2年1月5日(日曜日)「明日から第3学期が始まります」

 新年おけましておめでとうございます。

 12日間の冬休みも本日で終了し、明日、1月6日(月曜日)より、第3学期が始まります。本年も本校の教育活動に御理解と御協力をお願い申し上げます。

1 2

3 4

5 6

7 8

令和元年12月27日(金曜日)「学校当番頑張っています」

 冬休みに入ってから、当たり前ですが教室が静かです。しかし、部活動などで学校に来る生徒も大勢おり、生徒の声が校内に響いています。冬休みは学校当番制度があり、ボランティアの生徒が校内の清掃に取り組みます。黙々と取り組むその姿は本当に素晴らしいです。

1 2

3 4

5 6

令和元年12月26日(木曜日)「2学期終業式 2学期を振り返って!」

 2学期終業式の中で、各学年代表が2学期を振り返って、全校生徒の前で発表をしました。

 2年代表 岩元マテウスさん

 自ら気づき、自ら成長する。これが僕の二学期の成長です。二学期は黄菊祭文化部門がありました。約1ヶ月前から練習を始めましたが、僕たちのクラスは集まりが悪く、全員が集まって練習することができませんでした。この現状をどうにかしたいと、推進委員をはじめとするリーダーたちが毎日話し合って改善のために動いてくれました。その姿に僕も本気になり、休み時間になったらクラスのみんなに練習の呼びかけをするようにしました。呼びかけを重ねるたびに、練習の集まりが良くなりました。本番で賞をとることはできなかったものの、自分たちの合唱ができていました。そんな経験から僕は自分の行動で仲間の気持ちを動かすことができると知りました。三学期は3年生のゼロ学期です。個人としても、学年としてもレベルアップするために、気づいたことに対して自分のできることを一生懸命取り組んでいきたいです。

 1年代表 片山美羽さん

 私が二学期で特に力を入れたことは部活です。夏の中体連が終わり、3年生が引退し、1、2年生中心の部活動がスタートしました。私は女子バスケ部の一員として自分のポジションの動きを考えてプレーしたり、ライバル意識や向上心を持ったりして練習を重ねてきました。新体制での公式戦で、自分たちの力が通用するかとても不安でしたが、1試合ごと勝ち上がっていくうちに、不安が少しずつ自身に変わっていきました。そして、念願の新人戦優勝を勝ち取ることができました。チーム一丸となった成果が実を結び、女バスの絆がさらに深まったと思います。しかし、自分たちに足りない所も見えてきました。今まで通りにやっていては西部地区では通用しないことがはっきりわかりました。レベルアップできるように意識を高くもち、練習で当たり前のことが当たり前にできるように、三学期の学校生活もしっかりとしていきたいです。

1 2

3 4

令和元年12月25日(水曜日)「新聞コンクール全国優秀賞作文」

 終業式の中で、先日、新聞感想コンクールで全国優秀賞を受賞した3年菅野遥日(かんのはるひ)さんの作文を紹介しました。菊川西中学校では、「新聞を教育に活用しよう」という取り組みのひとつとして、家庭科の課題で「出生前診断」についての新聞記事が目にとまり、その記事の感想作文が以下のものです。

 私は、この記事を読んで、まず出生前診断をするべきなのか、そして結果的に何らかの疾患が見つかったとして産むのか、中絶するのか、自分の立場で考えました。親になっていざその立場にならないとわからないけれど、今の私の考えは、診断を受け疾患があった場合、中絶します。疾患のある子供を育てるのは大変です。他の兄弟にも十分に愛情を与えられず、悲しい思いをさせてしまうかもしれないからです。でも母は「出生前診断は反対。人は何かしら苦手なことを持っています。それが、集団生活に支障がなければそれでいいし、もし支障があるなら、他人が手を差し伸べるのが当たり前だと思います。できない人、この世に生きづらい人を排除するような出生前診断は悲しい。」と言っていました。

 母の意見をきいて私の考えに枠が広がりました。母の考えをきくまでは、中絶するだろうと思っていたけど、まず診断を受けないのも良いなと思いました。覚悟がないなら子供を持つなとはいわないけれど、障害のある子はこの世に産まれなくてもいい命なのか。人の命も自分の命も、どの命も平等に宿った命です。軽々しく扱ってはいけないと考え直しました。自分のやりたいこと、やりたい仕事ができなるかもしれない。兄弟に愛情を十分に与えられなくなるかもしれない、と思っていました。でも、周りには支えてくれる人もたくさんいます。例えば、親、夫、カウンセリングの方などです。決して一人で育てるわけではありません。子供を産む、と決心した以上は、産むべきなのかな、と思います。自分の子供に疾患があろうとなかろうと自分の子供です。きっとかわいいです。産むなら覚悟をもって産むべきです。

 菅野さんの発表に全校生徒は真剣に聞き入っていました。

1 2

令和元年12月24日(火曜日)「82日間の2学期が終了しました」

 本日をもって82日間の2学期が終了しました。終業式では、校長より授業における学び合いについて振り返りを行い、楽しかった授業について仲間と共有しました。生徒たちは、学級活動において、2学期の通知表を担任から受け取った後、「またね!」「よいお年を!」等お互いに元気よく声を掛け合いながら下校しました。地域の皆様、保護者の皆様、本校の教育活動に御理解と御協力ありがとうございました。明日より令和元年1月5日まで12日間の冬季休業となります。

1 2

3 4

5 6

1 2

3 4

令和元年12月23日(月曜日)「あと2日間です」

 明日で82日間の2学期が終了します。本日、2年生は冬休みの生活などを確認するために合同帰りの会を行いました。明日は2学期終業式です。

1 2

令和元年12月21日(土曜日)「怖いネット依存」

 本校では、情報モラル教育の一つとして、「ネット依存症」について学習しました。ネット依存症になってしまった人のインタビューを聞くことで、使い方を間違えると人生を失うほど恐ろしいことを知りました。また、自分の生活を振り返り、ゲーム、スマートフォンなどの使い方について見つめ直しました。

1 2

4 3

令和元年12月20日(金曜日)「赤い羽根共同募金をお渡ししました」

 生徒会本部と福祉委員会がコラボレーションして行った「赤い羽根共同募金」で集まった13,201円を、菊川市共同募金委員会の方に手渡しました。この思いの詰まったお金については、様々なことに有効活用していただきます。

1 2

令和元年12月19日(木曜日)「人権標語および人権作文の表彰」

 掛川人権擁護委員会が募集した「人権標語」と「人権作文」に応募した生徒が表彰されました。人権擁護委員の三井さんが来校し、賞状や記念品を生徒に直接手渡してくれました。

1 2

3 4

5 6

令和元年12月18日(水曜日)「新体力テスト成績優秀者表彰」

 小学生や中学生は、自分の体力がどの程度あるのかを毎年測定しています。50m走、ハンドボール投げ、反復横跳び、握力、上体起こし、長座体前屈、持久走、立ち幅跳びの8種目を測定し、それぞれ10点満点で評価します。合計点70点以上が小笠地区中学校体育連盟から表彰してもらいます。本日は、昼の放送を利用し、全員で20名の生徒が表彰されました。

1 2

3 4

令和元年12月17日(火曜日)「三者面談週間」

 先週から1年生から3年生まで三者面談を行っています。3年生は受験先を決定する大事な面談になります。1・2年生にとっては、2学期を振り返り、3学期に向けて新たな目標を設定することとなります。

1 2

3 4

令和元年12月16日(月曜日)「県大会を戦ってきました」

 男子卓球部は、12月14日、15日の2日間、藤枝市の県武道館で行われた、卓球の県大会に参加しました。団体戦では、富士宮市立大富士中1対3、静岡市立中島中2対3と破れ、予選リーグで敗退しました。個人戦では、2年生の村松さんがトーナメントで2勝し、3回戦では敗れたものの健闘しました。この経験を生かして、さらに強くなってくれることと思います。

1 2

3 4

令和元年12月14月(土曜日)「寒い中でも頑張っています④」

 気温もずいぶん下がってきており、いよいよ本格的な冬の到来です。本校の部活動は活発に行われています。写真は剣道部、男子テニス部、女子テニス部です。

1 2

4 3

5 6

令和元年12月13日(金曜日)「会社を作ろう!!」

 3年生の社会では、「会社を作ろう」というテーマで授業を行っています。「儲かるアイディアを持っているがお金がない」どうしたら会社をつくることができるだろうか?話合いの中では、いろいろなアイディアが出ました。融資、投資等についてこれから授業を深めていきます。

 教室の外では寒い中でも体育の授業が行われており、サッカーや持久走などで体を鍛えています。

1 2

3 4

5 6

令和元年12月12日(木曜日)「生徒会本部役員と福祉委員会のコラボ」

 本日の朝より、赤い羽根共同募金が始まりました。生徒会本部役員と福祉委員会が協力して、昇降口にて生徒へ募金の呼びかけを行っています。「持ってきたよ!!」「ありがとう!!」等、優しい声が飛び交っています。

1 2

3 4

5 6

7 8

令和元年12月11日(水曜日)「赤い羽根共同募金始まります」

 生徒会本部と福祉委員会がコラボして、赤い羽根共同募金を行います。明日の朝から昇降口に立ち、広く生徒に呼びかけて募金活動を行います。写真は、生徒会本部役員の手作りのチラシです。

1 2

令和元年12月10日(火曜日)「生徒の価値ある行動」

 以前、校長室前の廊下掲示について紹介しました。生徒のキラリと光る価値ある行動を紹介しています。今回は4枚の価値ある行動を紹介します。とても素敵な顔をしています。

1 2

3 4

令和元年12月9日(月曜日)「寒い中でも頑張っています③」

 部活動の紹介です。写真は男子卓球、男子バスケ、男子バレー、女子バスケ、女子バレーです。

1 2

3 4

5 6

7 8

9 10

令和元年12月6日(金曜日)「2年生福祉体験」

 2年生は、「共生社会」を創っていくための一環として、車いすやアイマスク体験を行いました。車いすで段差を上がることの難しさや視界がないことによる移動の困難さを実際に体験することで、どんな人にも住みやすい環境を創っていくことの大切さを実感しました。

1 2

3 4

5 6

令和元年12月5日(木曜日)「寒い中でも頑張っています②」

 部活動の紹介です。陸上部、ソフト部、野球部です。

1 2

3 4

5 6

令和元年12月4日(水曜日)「寒い中でも頑張っています」

 師走にもなり、急に寒くなってきました。寒風の中でも本校の生徒は、部活を頑張っています。体と心を鍛えながら、来年の中体連大会に向けて日々努力しています。

1 2

3 4

令和元年12月3日(火曜日)「NIE読解力調査」

 本校は、昨年からNIE(Newspaper in Education)の研究指定を受け、毎週火曜日の朝に、新聞の記事を題材に、読み解く学習を行ってきました。今日は、読み解く力を向上させるために取り組んできた力が、どれくらい定着したかを確認するテストを実施しました。NIEに取り組むことで、全国学力学習状況調査の生徒アンケートでは、「新聞を読んでいる」と答える割合が飛躍的に向上しました。さて、どんな結果になるでしょうか?

1 2

3 4