• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 小・中学校 > 菊川市立菊川西中学校

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

ようこそ!!   菊川市立菊川西中学校ホームページへ!! 

school<お知らせ掲示板>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・本日「1学期期末テスト2日目」です

 ・部活動試合結果ページに男女卓球部を掲載しました

 ・

 ・

<更新状況>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・トップページブログ(「古典鑑賞の王道は『暗誦』!!」2年国語)を掲載しました。(8時更新)

  ・トップページブログ(「期末テスト頑張ってます!!」期末テスト)を掲載予定です。(10時更新)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成29年6月23日(金曜日)    「古典鑑賞の王道は『暗誦』!!」2年国語

makura01  makura02  makura03  makura04

  2年生の教室を覗いて見ると子ども達が古文を学んでいました。どうやら「暗誦」しているようです。(写真左、中左)教科書を覗いて見ると「枕草子」です(写真中右)。有名な冒頭の部分です。「春はあけぼのやうやう白くなりゆく・・・・」順番に筑地先生の前に行って暗誦テストのようです。(写真右)平安時代の2大女流文人、清少納言と紫式部の作品は私達庶民がうかがい知る事の出来ない京都御所の宮中生活を教えてくれ、私は大好きです。『へー、1000年前の宮中の女の人は、こんなことしてたんだ!!』『今の私たち中学生の女の子とあまり変わらないね!!』・・・・など、子ども達(特に女性の書いた文章だけに女子生徒!!)はたくさんの感想を持ったに違いありません。さしてやっぱり古典を楽しむ王道は『暗誦』ですね。暗誦をとおして、古文や漢文の生き生きとしたリズムを味わえるからです。

平成29年6月22日(木曜日)    「進路学習を進めています!!」3年掲示

keiji01  keiji02  keiji03  keiji04

  写真は3年生の学年掲示板です。西側の学年掲示板にはこのように進路情報が溢れています。入学式で私は新入生に毎年、「中学校は子どもとして入学し、大人として振る舞いが出来るようになって卒業するところです」と言います。「大人年の第一歩」が高等学校等、上級学校の選択です。「進路指導」はベテランの松下よし子専制化中心となって全クラス同一歩調で進めています。菊西中の全職員で子ども達に素敵な未来が到来するように応援します。

平成29年6月22日(木曜日)    「グラデーションうまく出来た??」1年美術

grad01  grad02  grad03  grad04

  美術室を覗いてみました。1年生がグラデーションの技術を学んでいました。美術担当の鈴木未先生は1年生の初めの時期にレタリング、溝引き、グラデーションとデザインのための基礎技術を徹底して教える計画のようです。「学び」は以前に国語(漢文)の授業で御紹介したように「学而不思則罔、思而不学則殆」(学びて思わざれはすなわち暗し、思いて学ばざればすなわち危うし)だと思っています。ここでの「学び」は「基礎的基本的な知識や技術」を、「思う」は「知識や技術を生かし、自分の発想により新しいものを生み出す」ことです。つまり「溝引きやグラデーションなどの技術をきちんと習得しないで、独自の作品つくりに挑んでも「則殆」(すなわち危うし)」ですね!!

平成29年6月21日(水曜日)    本日の下校時間について

  現在、菊川市に「大雨洪水警報」が発令されています。本校の下校時間は通常通り15時とします。現在風雨の強い状況ですが、今後夕方にかけて少しずつ弱まると言う予報です。

 15時の天候の状況により下校時刻を遅らせる場合もあります。保護者の皆様には、下校時刻を遅らせる場合メールにてお知らせいたします。また職員が通学路を車で巡回し、見届けを行います。

平成29年6月21日(水曜日)    「短歌の句切れを探れ!!」2年国語

kugire01  kugire02  kugiro03  kugire04

  2年生が国語の「短歌」の単元に入りました。この日は「句切れ」を学んでいます。短歌は57577の31文字と言う短い詩ですが、作者の強い主張が入っています。その主張を正確に感じ取るために「意味の区切れ目」をきっちりと把握しなければなりません。一方57577の短歌独特のリズムがあります。歌としてのリズムの良さ、文学としての作者の主張を両方味わう必要があります。『この短歌は何区切れ??』筑地先生の質問に盛んに悩み、「リズム」や「意味」と格闘している子ども達の姿がありました。

平成29年6月21日(水曜日)    「イオンの動きを目で見よう!!」3年理科

ion01  ion02  ion03  ion04

  3年生が理科で「イオン」を学んでいます。「イオン」とは電離して電気を帯びた原子のことで語源は「行く」と言う意味のギリシア語です。水溶液中のイオンをろ紙にしみこませ、それに電圧をかける(写真左)と陽イオンは陰極に、陰イオンは陽極にそれぞれ引かれて「動いて行き」(これが語源)ます。その様子をリトマス紙を使って視覚化しようという訳です。(水素イオンが移動するとリトマス紙が赤く、水酸化物イオンが移動すると青くなります)このような方法を「電気泳動法」といいます。目に見えないイオンの動きを電気泳動法を使って理解しようという授業でした。

平成29年6月20日(火曜日)    「なみ縫いを上手に!!」1年家庭

naminui01  naminui02  naminui03  naminui04

  家庭科の近藤先生が復帰しました。まだ、体調は万全では無いものの、授業を頑張って行って今のす。約1ケ月ぶりの家庭科は子ども達にとっても「待ってました!!」と言う感じがします。この日は被服分野の学習です。なみ縫いを行っているのですが、針を入れるポイントが布に打ってあります。そして、ポイントの数が2列目、3列目になるに従ってだんだん減っていきます。ポイントがなくなっても「まっすぐ同じ大きさ」に縫えるか??ちょっと調子が上がらないかな??

平成29年6月20日(火曜日)    「ちょっと待っててね1年生!!」男女バスケット部

baszket01  baszket02  baszket03  bas04

  日曜日には男女バスケット部の練習を見て来ました。2,3年生は本大会まで残り2週間と差し迫り、追い込みの練習に熱が入ります。(写真中右、右)この時人数の多い男子1年生(写真中左)は体育館前でパス練習、人数の少ない女子1年生はステージでボールハンドリング(写真左)です。1年生にとって本格的に練習できないもどかしさもありますが、限られたスペースの体育館です。「後のない」3年生がやはり優先です。「ちょっと待っててね、1年生!!」ですね。本大会ではあなたたちの声援が先輩達を勇気付けるはずです。

平成29年6月19日(月曜日)    「こんなにも難しい??」1年英語

eng01  eng02  eng03  eng04

  1年生の英語を覗いてみました。感想一発!!入学2ケ月でこんな難しい文法事項を学ぶんだ!!」です。私が新採用の頃、「1年生英語の一学期の中間テストは作りようがない!!」というのが、英語の先生たちの声でした。当時は1学期中間テストを5月半ばにやっていましたが、abcを書くのが精一杯の子ども達でした。現在はどうでしょうか??黒板には「I listen to CDs everyday.」「How mzny CDs do you have?」・・・となかなか難しい英文が並んでいます。(写真左)2002年公示の学習指導要領では多くの教科の授業時間と内容が削減されましたが、英語だけは逆に増えていたように記憶しています。それから15年経ちました。インタネットの普及で、世界が身近になりました。英語でのコミュニケーション出来る日本人の育成は急務です。

平成29年6月19日(月曜日)    「究極の個人戦にして団体戦に挑む!!」吹奏楽部

brass01  brass02  brass03  brass04

  親子奉仕作業の後、音楽室へ行ってみると吹奏楽部が練習をしていました。体育部の中体連夏の大会にどうしても目が行ってしまいますが、吹奏楽コンクールは8月第1土・日曜日です。体育部に遅れること3週間で本番を迎えます。いつも優しい笑顔で子ども達に向き合う上仲先生も厳しい表情で指導しています。(写真左)

brass11  brass12  brass13  brass14

  それもそのはずです。運動部に比べ、野球やサッカーが一人のプレーヤのミスを他の選手でカバーしチームとしての勝利に持っていけるのに比べて吹奏楽は「1つの楽器の1音のミス」が致命傷です。究極の個人戦です。しかし、陸上競技や水泳のように個人の記録は全く関係なく、(例えば、フルート奏者ががどんなにすばらしい演奏をしても)チームとして全体の演奏だけが評価されます。ある意味究極の団体戦です。このような究極の「団体戦にして個人戦」である吹奏楽に挑む子ども達の表情も引き締まって見えます。

平成29年6月18日(日曜日)    「SVOC文型をモノにせよ!!」3年英語

svoc01  svoc02  svoc03  svoc04

  3年生の英語の授業です。今日の課題文は「The news made me sad.」のようです。(写真左)文法用語でいうSVOC文型です。中学生にとって「目的語」と「補語」の違いが大変分かりにくいと思います。「me」と「sad」の関係をつかみたいところです。「me」が「sad」になる。私が中学生の頃、英語の先生が『SVOCは「O」=「C」だよ』と教えて下さったのを覚えています。日本語では「を」や「に」などの助詞を使って単語と単語の関係を示しますが、英語では語順によって関係性を示します。日本語に慣れている私達が英語をモノにするために乗り越えなくてはならない壁だと思ってます。

平成29年6月18日(日曜日)    「今年の合唱曲は??」全学年学活

kyokukime01  kyokukime04  kyokukime03  kyokukime02

kyokukime11  kyokukime12  kyokukime13  kyokukime14

  学活の時間に教室棟を周って見ました。各クラスで黄菊祭文化部門の学級合唱曲を決めていました。本校の担任の先生達はみんな熱血先生で、先日の体育部門もそうですが、『最優秀賞を目指して!!』子ども達と一緒になって興奮してやっています。良い合唱を作り上げるには「声量」「音楽的技能」「クラスの団結」など様々な条件がありますが、何と言っても「自分達の曲にほれ込んで歌う事」だと、私は担任時代の経験から考えています。それだけに曲選びは大切です。以前勤めた学校の学級合唱のDVDをかけている先生がいました。最優秀賞を目指して、各クラスの熱い戦いはもうスタートしています。今年の黄菊祭文化部門は10月13日にアエルで行います。お楽しみに!!

平成29年6月17日(土曜日)    「夏の大会で成果を挙げるために!!」PTA奉仕作業

sagyo01  sagyo02  sagyo03  sagyo04

sagyo11  sagyo12  sagyo13  sagyo14

  1年生のPTA親子奉仕作業を行いました。年間3回の除草作業ですが、5月の2年生は「黄菊祭体育部門」の会場を整備するため、今回が中体連夏の大会に向けて最後の追い込みに入る部活動の練習場整備のため、そして、3年生が9月に行ってくれるのは、夏休みに荒れたグランドの整備と新人戦に向けて最終調整に入る部活動のためです。本当に「本校PTAはよい時期に設定してくれているな」と毎年ありがたく思っています。今回は、1年主任の堀井先生と4組の保護者が中心となって、体育館周りのプランタに花も植えて頂きました。(写真上右)綺麗に整備されたグランドで残された少ない日々を全力で活動し、3年生には部活動で優秀の美を飾って欲しいと思います。

平成29年6月17日(土曜日)    「2年生もパーマカルチャを考える」2年総合

kohen01  kohen02  kohen03  kohen04

  1年生に引き続き、2年生も講演会を行いました。本年度より「ふるさと志向力を育むキャリア教育」の視点の一つとして「ESD」「パーマカルチャ」の概念を付け加えました。「大好きなふるさと菊川」を持続可能な町にするをテーマに子ども達が学んでいます。『太陽で何ができるでしょうか??』講師の質問に「発電!!」「お湯を沸かす」・・・・口々に答える子ども達です。講師が子ども達の議論に加わります。(写真中右)物理的に言うと太陽光は「6000℃」という高温、そして「反エントロピー」(これが分かりにくいですが・・・・)を持って地球に降り注ぎます。簡単に言うと「太陽の熱を集めると6000℃まで温度を上げる事は出来るけれど、どんなに集めても7000℃には出来ない」と言うことです。これがもっと温度の低い天体(例えば30℃くらい)の天体が近くにあれば、エネルギーの総量は太陽と同じだけ受け取れますが、どんなに頑張っても「天体湯沸かし器」では30℃以上の温度にはできなません。太陽という「質の高い」エネルギー源を私たちの生活にどのように取り入れて持続可能な町を目指すか??私たち大人にとっても大きなテーマですね。

平成29年6月16日(金曜日)    「初任者の先生来校!!」初任者研修

syonin01  syonin02  syonin03  syonin04

  菊川東中の初任者の先生が授業参観に来ました。(写真右)美術担当の先生です。初任者には「初任者研修」という研修が義務付けられていますが、美術は時間数の関係で、各校に教員が一人ずつ配当されているのが一般的で、先輩の授業を見たくても校内にはいないと言うことになります。それで本校に研修に見えたと言うところです。「学び続ける教員」という言葉があります。「常に最高の授業を目指して」他校へ行ってでも学ぼうと言う姿勢は立派です。

平成29年6月16日(金曜日)    「夏だ!!プールだ!!水泳の季節到来」プール掃除

pool01  pool02  pool03  pool04

pool11  pool12  pool13  pool14

  いよいよ、水泳の季節が到来です。体育の時間に子ども達がプール掃除をしてくれています。中高大と水泳部で、教員になってからも2校で8年間水泳部顧問をやった私は、消毒に使う塩素の臭いをかぐと「いよいよ、自分の季節だな!!」という思いが心をよぎります。逆にプール掃除の大変さも身にしみて分かっています。静岡県の学校の水泳部はたいてい春休みの3月にプール掃除を行い、4月から練習を始めます。水泳部以外の生徒は6月から水泳の授業ですので、シーズン初めのプール掃除は水泳部員の仕事です。冬の間に溜まったヘドロの強烈な臭いが鼻を突きます。水泳部のない本校では体育の時間を使って「(残念ながら)掃除の日に体育のあったクラス」の子ども達でやりますが、ヘドロの臭いをものともせず、泥水につかりながら丁寧にやってくれる姿(写真上右)、プール入口にきちんとそろえて置かれた上履き(写真下右)に思わずカメラを向けてしまいます。

平成29年6月15日(木曜日)    「これは高級!!電離式!!」3年理科

denrisiki01  denrisiki02  denrisiki03  denrisiki04

  3年生は理科で「化学」分野の電離式を学んでいました。中学校では「化学式」は学びますが、「化学構造式」は学びません。しかし、化学が専門の伊藤先生はかなり複雑な酸の化学式を教え、電離の様子を子ども達に「想像」させています。子ども達がハタと困ってしまったのは「酢酸」です。「酢酸」のような有機化合物は構造が複雑になるため、しっかり調べようとすると「化学構造式」が必要になります。しかし、化学構造式は書くのに手間がかかるのでカルボキシル基を持つカルボン酸であることが分かるように「CH3COOH」と化学式と化学構造式の混合で書くのが一般的です。酸ですから電離して水素イオンを出すのは想像できますが、化学式の中に4つある水素のうちどの水素が電離するのでしょうか??現在では「想像」の域を出ない子ども達ですが、高等学校で科学を学んだとき「あー、あの時の・・・・」と思い出すのではないでしょうか。3年生の授業は次のステップをにらんで進められています。

平成29年6月15日(木曜日)    「子ども達は菊西学区の宝!!」小中合同研

godoken01  godoken02  godoken03  godoken04

godoken11  godoken12  godoken13  godoken14

  菊西中学区の4小学校(六郷小を除く)の先生達が本校に集まって「小中合同研」を行いました。毎年本校を加えて、五校が持ち回りで実施しています。私は入学式、卒業式の式辞で口はばった言い方ですが、「本日、地域の宝○○人を確かにお預かりしました」「本日、地域の宝○○人を皆様の下へお返しします」と、校長になって以来毎年言ってきました。「子ども達は未来の菊川、日本、世界を支える大切な宝」だと思うからです。ならば、「小学校は小学校、中学校は中学校」あるいは「加茂地区は加茂地区、堀之内地区は堀之内地区」と分けて考えるのではなく、みんな将来菊西に進学する「学区の宝」です。ならば、「みんなで協力して育てよう」と言うことです。本年度は、各校の教務主任の先生達が集まって小学校1年から中学3年まで共通の(発達段階を考慮した)「家庭学習の手引き」を作りました。大きく育て!!菊西中学区の子ども達!!先生達はみんなで応援しています!!

平成29年6月14日(水曜日)    「持続可能な社会とは??」1年総合

sogou01  sogou02  sogou03  sogou04

sogou11  sogou13  sogou12  sogou14

  本校の総合的な学習の時間「黄菊タイム」は『キャリア教育』を推進しています。特に2年前から「ふるさと志向力」と言う言葉を冠して「大好きなふるさと菊川を発展させる原動力となる人材の育成」を目指して行っています。今年は、さらに「ESD(持続可能な開発のための教育)」や「パーマカルチャ(持続する文化、農業)」という視点を取り入れて「菊川を持続可能な町として発展させる」ためのキャリア教育を推進しています。この日1年生は3人の外部講師を迎え、身近な環境を大切に生活する活動について学びました。191人の1年生です。各会場とも手狭になっていますが、子ども達の真剣なまなざしには「大好きなふるさと菊川」を思う気持ちが溢れていました。

平成29年6月14日(水曜日)    「疲れも出てきています!!」教育相談

couns01  couns02  couns03  couns04

  各学級で「教育相談」が行われています。入学式、始業式以来2ケ月が過ぎ、1学期も残り1ケ月ちょっとです。元気な中学生とは言っても、多少の疲れが出てきていても不思議はありません。「中学校の勉強にはもう慣れた??」「宿泊体験学習の実行委員お疲れ様!!」「中体連公式戦まで残り2週間だね。最後の調整はうまく行っている??」言いたいこと、聞きたいことが生徒にも先生にもいっぱいあるようです。今回は全員行います。

couns11  couns12  couns13  couns14

  廊下では順番待ちの子ども達が自主勉強している姿があります。少しの時間も無駄にしない姿は立派です。写真は部活動の無い月曜日のものですので全員制服姿ですが、部活動のある日の廊下は部活のユニフォーム姿の子ども達が見られます。教育相談が終わったらすぐに練習です。3年生には泣いても笑ってもこの3週間しかありません。

平成29年6月13日(火曜日)    「国語はすべての教科の基礎!!」2,3年国語

  今日は国語の授業を2本まとめてお届けします。2年生は「バイオロギング」、3年生は「月の成因」と両学年とも教材は科学エッセイです。かなり高度な内容です。理科教師としては楽しい教材ですが、国語ではどうでしょうか??

bio01  bio02  bio03  bio04

moon01  moon02  moon03  moon04

  バイオロギングとは、例えばクジラの生態を調べる時、クジラにVTRカメラを取り付けて自由に行動させ、その様子を解析すると言うものです。月の成因には「親子説」「他人説」「ジャイアントインパクト説」など色々な説があります。理科では無いので「データ」は読み解くための補助作業になります。「国語は文章が全て」です。ある国語の研究会で「その時ツルがコウと鳴いた」と言う文章に、野鳥の専門家の先生が「ツルは、この状況でコウとは啼かない。この文章は間違っている」と言ったことがありました。その時講師の先生は「これは国語の授業です。ツルがどう鳴くかは理科でやってください。要は、作者がそう感じたということです」とおっしゃったのを記憶しています。子ども達はたいへん難しい科学エッセイを文章だけを頼りに読み解かなくてはなりません。続きが楽しみです。

平成29年6月13日(火曜日)    「今年もお世話になります!!」民生児童委員懇談

minsei01  minsei02  minsei03  minsei04

  主任児童委員・民生児童委員の皆さんと懇談会を行いました。最初に授業を参観(写真左、中左)し、その後会議室で懇談を行いました。「子ども達が授業に集中していますね」「私たちの頃とは大違いだ」「ちょっと元気無いかな」・・・と授業の感想を聞かせて頂きました。「私は○○地区の担当ですので、地区の子を中心に見させて頂きました。学校で、成長した姿を見ることが出来ました。」地域の繋がりが希薄になっているとは言われていますが、児童委員の皆さんは自分の地区の子ども達をきっちりと把握して下さっています。その後「いじめ」「自転車の乗り方マナー」などの問題についても話が出、「地域と学校で協力して地域の宝『子ども達』を育てる」体制を確認で来ました。本校の子ども達は、地域の皆さんの温かい目に見守られ安定した学校生活を送れている事を再認識した1日でした。

平成29年6月12日(月曜日)    「みぞ引きをモノにせよ!!」1年美術

mizo01  mizo02  mizo03  mizo04

  1年生が美術で「レタリング」「グラデーション」などの基礎的な技術を学んでいます。レタリングやデザインではまっすぐな直線を引く必要が出てきます。鉛筆やペンで引く場合は定規を当てて引けば良いのですが、水彩絵の具の絵筆ではどのように引けばよいのでしょうか??実は30cmの定規をよく見ると目盛りの下に窪んだ溝があります。ここに指を当て、筆を定規に当てる事無く直線を引くことが出来ます。これを「溝引き」と呼んでいます。鈴木未先生(写真左)の説明を聞きながら子ども達が練習します。しかし筆が揺れてなかなかまっすぐな線にならないようです。エプロンをつけ、絵の具が付いても良いような格好で子ども達が定規と筆と格闘しています。

平成29年6月12日(月曜日)    「これは懐かし!!すごろくゲーム」2年英語

sugoroku01  sugoroku02  sugoroku03  sugoroku04

  2年生の英語で「すごろくゲーム」をしていました。「一回休み」「スタートにもどる」など、紙に書かれている指示は全て英語です。『G0 3 steps!!』、「わー、ラッキー(Wow!!lucky!!)」子ども達の歓声も英語(??)に聞こえます。デービー先生は色々なゲームを考えてくれます。(写真右)また優しい口調でゆっくり話しかけてくれます。私は以前アメリカのバス停でバスを待っているおばあさんにホテルへの道を聞いたことがあります。「バスに乗っちゃだめよ!!そのホテルはすぐそこなんだから・・・・。」と本当に丁寧に教えてくれました。「ありがとう、分かりました」と言っても「バスに乗っちゃだめよ」と何度も繰り返します。日本でもアメリカでも年配の女性の優しさは同じだなと強く感じました。優しい口調で丁寧に説明してくれるデービー先生のおかげで子ども達は外国人と英会話を楽しめるようになると思います。

平成29年6月11日(日曜日)    「今年も大助かりです!!」PTAリサイクル活動

recycle01  recycle02  recycle03  recycle04

  本年度第1回目のPTAリサイクル活動が行われ、無事終了しました。担当は保護者が施設部のみなさん、学校が2年生と2年1,2組の生徒達です。例によって子ども達は部活動のユニフォーム姿で参加です。活動が終わってすぐに練習するためのです。天候が心配されましたが曇りで熱中症の心配もありませんでした。それにしても、2年生の子ども達が頑張ってくれました。昨年1月の「新入生説明会」の時に初めて会ってからから1年半で見違えるような成長ぶりです。来月に生徒会長選挙も予定されていますが、安心して次期生徒会を任せられそうです。

平成29年6月11日(日曜日)    「グランドフィナーレを目指して!!」3年アルバム撮影

alubum01  alubum02  alubum03  alubum04

  教室棟の3Fを歩いていると男女2人のカメラマンに出会いました。『なるほど、卒業アルバムの撮影が始まっているのだったな』。私が毎日カメラを持って歩いているからでしょうか??子ども達にカメラ目線は感じません。自然な授業風景です。この後、部活動壮行会・夏の大会、学級合唱、個人写真と、1年間を通して撮影が続きます。『カメラマンの仕事も大変だなー!!』と思ってしまいます。修学旅行にも同行して(もちろんアルバムを契約している全学校!!)、東大寺などでの集合写真はもちろん、班研修の姿も移動しながら撮影してくれています。私が中学生だった頃のアルバムに比べて非常に充実しています。しかも値段は大して変わらないのですからサービスの向上に驚きです!!「中学校最後の○○」が続く3年生は来年3月のグランドフィナーレを目指して着々と進んでいます。

平成29年6月10日(土曜日)    「期末テストに挑む!!」1,2年学活

testkeikaku01  testkeikaku02  testkeikaku03  testkeikaku04

  3年生と同じ時間に、1,2年生は期末テストに向けた計画つくりをしています。「テスト勉強計画」です。『学習は楽しいもの』と言うのが私の持論ですが、一つだけ楽しくない学習があり、それは「テスト勉強・受験勉強」とおもっています。なぜならこれらの勉強は「期限(受験の日)までに、決められた量(テスト範囲)を正確に覚えて」いなくてはならないからです。「正解でなければいけない」と言うことほど苦しい事はありません。したがって「テスト勉強(受験勉強)はいやなもの」です。子ども達は勉強の計画を立て、自分を追い込むことによってテストを乗り切らなくてはなりません。

testkeikaku11  testkeikaku14  testkeikaku12  testkeikaku13

  こちらは1年生です。中学に入学してからはじめての「テスト勉強」です。まず先生が説明したり、個別に相談に乗ったりしたいます。(写真左、中左)隣の子の計画表を覗き込んでいる子もいます。(写真中右)あるクラスでは子ども達が問題集など勉強に使う材料を全て机の上に出していました。(写真右)上手に計画を立てて自分を追い込むとよい結果が得られます。1年生はこれから一つ一つ身につけてゆきます。

平成29年6月10日(土曜日)    「夏休みは体験入学!!」3年学活

  本日は学活の時間の話題をお送りいたします。まずは3年生から

taiken01  taiken02  taiken03  taiken04

  3年生の学活では夏休みの「高等学校1日体験」について学んでいました。子ども達の机には各校から届けられたパンフレットの類が置かれています。(写真右)「黄菊祭体育部門が終わったばっかり」「すぐ期末テストが始まる」「期末テストの後は中体連夏の大会」「合唱曲を決めて、生徒会選挙で次の生徒会長を選んで・・・・」3年生の子ども達の前にはやること山積です。しかし、学校で3年生にだけ与えられた「進路決定」という試練です。「適当に」ではだめ!!1日体験入学を通して「意中の学校」を見つけられるでしょうか。公立高校は6月末日申し込み必着となっています。

平成29年6月9日(金曜日)    「楽器の大きさに慣れた??」1年音楽

recorder01  recorder02  recorder03  recorder04

  音楽室を覗いて見ると1年生がアルトリコーダのテストをしていました。一人ずつ先生の前で演奏するようです。(写真左)順番待ちの子ども達が列を作っています。(写真中左)中学に入学して初めてアルトリコーダに触れる1年生はまず、楽器の大きさに戸惑います。小学校の時のソプラノリコーダに比べて穴の間隔が広く指使いも違います。体の小さい子は指が穴にやっと届くくらいです。それでも、ソプラノ、アルトがそろうと表現の幅が広がり、アンサンブルが楽しくなります。子ども達にはぜひアルトリコーダの演奏をものにして欲しいと思います。それにしても、順番待ちの列で、自分の席で、カメラを向ける私を気にするでもなく、しっかり練習している子ども達の態度には感激させられます。3年生になったときの活躍が楽しみな、頼もしい1年生ですね。

平成29年6月9日(金曜日)    「最後の黄菊祭体育部門!!」3年学活

gakkatsu01  gakkatsu02  gakkatsu03  gakkatsu04

  黄菊祭体育部門が終わった後の3年の学活です。子ども達は最後の体育部門への思いや下級生に宛てたメッセージカードを書いています。「本校で運動会の事を『黄菊祭体育部門』、文化祭の事を『黄菊祭文化部門』と重々しく名付ける理由の一つに、体育部門で作った色別ブロックと言う縦割り集団を年間を通して維持し、多くの活動をブロック単位で行い、上級生と下級生の絆を強めるからです」と以前書きました。私が教頭として勤務していた9年前は「教室のワックスがけ」も色別ブロックで行いました。「今回は○ブロックが当番です、○ブロック3年生の環境委員は1,2年生の教室にワックスを届けて下さい」という放送が入り、1つのブロックが全教室のワックスをかけます。こんなところにも「3年生はリーダ(下級生の世話をする)」という本校の伝統が脈々と生きています。「1年生(2年生)、私たちに付いて来てくれてありがとう・・・・」「3年生の先輩達、すばらしい思い出をありがとうございます・・・・」交換されたメッセージがしばらくの間教室を飾ります。

平成29年6月8日(木曜日)    「ちょっと遅いけれど表彰します!!」2年学年集会

gakuneb01  gakuneb02  gakuneb03  gakuneb04

  2期集会のあと、2年生が体育館に残って学年集会を行いました。『3年生なら、「体育部門が終わった!!受験生にもどろう!!」と期末テストへ向けて気勢を上げるのは分かるけれど・・・・』と思って見ていると、なんと宿泊体験学習のフォトロゲイニングの表彰でした。(写真中右、右)約1ケ月半遅れです。逆に言うと、黄菊祭体育部門の成功に全力を尽くしてきたと言うことでしょう。学校教育では『運動会」や「文化祭」などは『特別活動』と言う名前で呼ばれている領域です。「学校生活の主流は授業」でも特別活動を通して子ども達が身につけるものも非常に大きいと思います。私は3年生が入学してきた時に菊西中に着任しましたので、今回の黄菊祭体育部門でのリーダとしての活動を見るにつけ、3年生の子ども達の成長をヒシヒシと実感できます。「よく成長したなー」。きっと来年は、ここに居る2年生の成長も実感できると思います。「特別活動」は特別にやる活動!!でも、中学校教育に無くてはならない領域ですね。

平成29年6月7日(水曜日)    「早くも合唱曲決め!!」3年音楽

kyokukime01  kyokukime02  kyokukime03  kyokukime04

  音楽室を覗いて見ると3年生が合唱曲のCDを聞いていました。黄菊祭は「体育部門」が終わって間もないですが、10月の「文化部門」に向けて早くも「学級合唱の曲決め」に入ったようです。3年生は音楽が週1時間で、3年生向けの曲をすべて聞き終わるには3週間くらいかかることになり、聞き終わる頃には7月が始まります。そして、1学期の残り3週間で決定する必要があります。(夏休みに伴奏者が練習する必要があるため)今年もまた、感動の合唱コンクールになるのでしょうか??すべての行事に、「中学校最後の」と枕詞の付く3年生です。その表情は真剣です!!

平成29年6月7日(水曜日)    「2期は挑戦・鍛錬・感動の期」2期集会

2ki01  2ki02  2ki03  2ki04

  黄菊祭体育部門が大成功のうちに終了し、週が開けた6日が第2ステージ「挑戦・鍛錬・感動の期」のスタートです。この日は恒例のステージ集会を行いました。今週から「完全夏服更衣」となり、体育館の中も白い制服姿の子ども達で、少し明るくなったように感じます。(写真左)2期は中体連夏の大会まで1ケ月と言うことで、特活部長の山下先生が子ども達に話しかけます。「『ペップトーク』と言うのがあります!!同じ状況にあってもやる気の出る話し方です。夏の大会で強豪校と対戦します。3年生は部のリーダとして仲間や下級生にどう声をかけますか??・・・・」子ども達は山下先生の話に耳を傾けます。(写真右)我が国の「学生スポーツ」で『公式戦』と言うのは夏の大会だけです。そして地区大会、県大会、東海大会、全国大会と続く『負ければそれで終わり』の厳しい戦いの連続です。勝って感動で泣くもよし、負けて号泣しまくるのもよし、でも同じ泣くなら勝って泣きたいですね。いよいよ激戦がスタートします!!

平成29年6月6日(火曜日)    「菊西中は落ち着いてますね!!」市小中学校長会

kichokai01  kichokai02  kichokai03  kichokai04

  市内の小中学校12校の校長先生が本校に集まって研修会を行いました。「市内」と言う事は本校の子ども達が卒業し小学校の校長先生たちも来校します。授業参観をはさんで「研究協議」(写真左)を行う訳ですが、授業参観では「おー、元気ですね」「ハイ!!頑張ってます」・・・・と、声をかわす姿があちこちで見られました。参観後の研究協議会では「生徒がみんなすごく落ち着いていて、とても運動会が金曜日に終わったばかりとは思えませんね」校長先生たちは異口同音におっしゃいます。小学校の校長先生たちに「成長した姿」を見せた子ども達です。

平成29年6月6日(火曜日)    「がんばった!!武藤・杉田ペア」男子テニス部

tennis01  tennis02  tennis03  tennis04

  先日行われた男子テニス部の県大会の写真を顧問の森下先生が撮ってきてくれました。富士山が菊川で見るのと違い「とっても大きく」見えています。ここは富士山麓の富士宮市です。本校からは武藤・杉田ペアが参加しました。小笠地区大会では怪我の影響で実力を発揮できなかった2人です。「今度は!!」と期待が膨らみます。1回戦の相手は県選抜メンバで、県内ベスト4入りの清流中のペアです。強敵相手に果敢に挑む2人ですが、1-3で敗れました。「それでも、1ゲーム取ったのは収穫です」と、森下監督。黄菊祭体育部門が終わり、夏の公式戦まで残すところ1ケ月です。菊西中の子ども達の奮闘が続きます。熱い御声援よろしくお願いします。

平成29年6月5日(月曜日)    「なぜ植物は二酸化炭素を吸収する??」1年理科

kougousei01  kougousei02  kougousei03  kougousei04

kougousei11  kougousei12  kougousei13  kougousei14

  1年生が理科で「光合成」を学んでいます。結論から言うと「植物は、水と二酸化炭素を原料にし、太陽の光のエネルギ穂を使って、葉緑体で有機物を合成する」ということが分かればよいのですが、「二酸化炭素」「光」「葉緑体」という3つの条件(水がないと植物自体が死んでしまうのでここでは調べません)を制御して、この3つのうち1つでも欠ければ光合成は行われない事を1つずつ確かめる実験をしようと言う訳です。まずは植物の細胞の中にある葉緑体を観察しています。「顕微鏡カメラ」が威力を発揮しています。(写真は上段、左、中左)1つずつ原因を特定していく方法は3年前にノーベル賞を受けられた京都大学の山中先生のチームがiPs細胞が出来るために必要な遺伝子(「山中4因子」と呼ばれています)を特定した方法です。自然科学の常套手段ですね。

平成29年6月5日(月曜日)    「子曰、学而不思則罔、思而不学則殆」3年国語

rongo01  rongo02  rongo03  rongo04

  3年生が国語で論語を読んでいます。この日は「為政」編の第15「学而不思則罔、思而不学則殆」(学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし))です。加島先生は「『学ぶ』と『思う』をどう使い分けているのでしょうか??」と子ども達に問いかけます。一般的に「学ぶ」は「基礎的・基本的な知識や技能の習得」、「思う」は「学んだ知識や技能を使って、問題解決する関心意欲、思考、表現」を表していると考える人が多いと思います。なんと、現在我が国が推進しようとしているアクティブラーニング(主体的、対話的で深い学び)とほぼ同じ内容です。2000年以上前の文献に書かれていることに驚きを禁じえません。子ども達は古典を通して現在を学んでいるのですね。

平成29年6月4日(日曜日)    「世界的にも珍しい!!」給食準備

kyusyoku01  kyusyoku02  kyusyoku03  kyusyoku04

  2年生の期夕食の支度を覗いてみました。一昨年タイ国の大学の先生達が本校を訪問された時、どうしても見せてほしいと言われたのが給食の準備で、盛んに写真を撮られていました。世界的には学校の給食(School lunch)を生徒が自分たちで準備し、自分達で片づけているというのは非常に珍しいという事です。我が国ではあまりにも当然の風景で、なんでもありません。私も小学生だった50年前、友達と2人で食缶を運び、配膳した経験があります。(当時はリフトなどという便利なものは無く、1階の給食室からエッチラホッチラ運んでいました)本校では、給食の支度もみんなで協力しスピーディです。4時間目が終了する12時30分に配膳を始め、37分に「いただきまーす」と声が聞こえます。このサイトを見ている外国の人がいたならきっとビックリしてこの記事を読んでいると思います。

平成29年6月4日(日曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」最終回

  閉会式終了後、応援席の後ろでは「解団式」が行われます。「私達に付いて来てくれてありがとう!!3年のリーダ達が口々に感謝の言葉を口にします。上級生と下級生の間の「縦割りの絆」が深まる時です。

kaidan01  kaidan02  kaidan03  kaidan04

kaidan11  kaidan12  kaidan13  kaidan14

kaidan21  kaidan22  kaidan24  kaidan23

平成29年6月3日(土曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」6

  競技終了後、生徒会本部役員による得点集計、賞状準備の時間を利用して恒例の「全校応援」が行われます。伝統の応援団よろしく「和太鼓」のリズムに合わせて、校歌斉唱とエールです。考えてみれば中体連夏の大会まで1ケ月を切りました。3年生にとって一学期後半は最も充実する時期に入ります。全校応援の後、閉会式を行いました。

zenko01  zenko02  zenko03  zenko04

heikai01  heikai02  heikai03

  勝ったのは何ブロックでしょうか??閉会式終了後、恒例の「解団式」です。解団式の様子は明日掲載予定です。

平成29年6月3日(土曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」5

  今年の黄菊祭体育部門も2,3年生の学年種目と、最終種目『ブロック対抗リレー』のみとなりました。2年生は一般に「台風の目」と呼ばれている競技を格段に複雑にし、5人6脚を加えた競技を考案しました。

saisyu01  saisyu02  saisyu03  saisyu04

  3年生は昨年「ムカデ水運びリレー」でしたが、今年の競技にも「ムカデ競走」と「水運び競争」が入っていますが、さらに「縄跳び」、「ハードルくぐり」、「サッカーボールリフティング」などが入っているようです。3年生の子ども達は「ムカデ競走」と「水運び競争」が大変お気に入りのようですね。

saisyu11  saisyu12  kyogi23  saisyu13 

kyogi21  kyogi22  saisyu14  kyogi24

  最終種目は「ブロック対抗リレー」です。各ブロックを代表する選手による最強メンバの激突です。

blockR01  blockR02  blockR03  blockR04

blockR05  blockR06  blockR07

平成29年6月2日(金曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」4

  応援合戦の後、3学年の全員リレーを行いました。これで、本日の更新は終了します。残りのメニューは明日以降の更新で、随時掲載します。おたのしみに!!

zeninR11  zeninR12  zeninR13  zeninR14

zeninR21  zeninR22  zeninR23  zeninR24

平成29年6月2日(金曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」3

  午後の部の一番は「応援合戦」です。応援は本校伝統のパネル人文字です。保護者や地域の方たちの中にはパネル応援が目当ての方も多いのでは無いでしょうか??

ohen01  ohen02  ohen03  ohen04

ohen11  ohen12  ohen13  ohen14

平成29年6月2日(金曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」2

  午前の部が少しずれ込んでいます。2,3年生の学級対抗リレーは午後に回します。午後の部は12時30分の応援合戦から行い、その後2,3年生の学級対抗リレーの予定です。

taiiku41  taiiku42  taiiku43  taiiku44

  綱引きは優勝チームとPTAの対戦もあります。「大人の力を見せよう!!」お母さんたちのがんばりが子ども達の若さの力を粉砕しました!!毎年、PTA参加種目は大人の圧勝です!!

taiiku51  taiiku52  taiiku53  taiiku54

  1年学年種目は「棒引き」(竹取物語)です。

taiiku61  taiiku62  taiiku63  taiiku64

taiiku71  taiiku72  taiiku73  taiiku74

平成29年6月2日(金曜日)    「黄菊祭体育部門アルバム」1

  現在、「二人三脚リレー」まで終了しています。

①開会式~声掛ランニング、長縄跳び

taiiku01  taiiku02  taiiku03  taiiku04

taiiku11  taiiku12  taiiku13  taiiku14

②長縄跳び~二人三脚リレー

taiiku21  taiiku22  taiiku23  taiiku24

taiiku31  taiiku32  taiiku33  taiiku34

taiiku41  taiiku43  taiiku42  taiiku44

平成29年6月2日(金曜日)    「本日黄菊祭体育部門実施!!」おしらせ

ground  本日平成29年度「黄菊祭体育部門」を予定通り実施いたします。

  子ども達は、4月最終週の「学年行事週間」(3年修学旅行、2年宿泊体験学習、1年学年行事)終了後から約1ケ月をかけて準備してまいりました。お時間の取れる方にはぜひ、御覧頂きたく御案内いたします。

  なお、本校伝統の「パネル人文字応援」は、12時30から開始の予定です。(天候の急変等により前後する場合がある事を申し添えます)また、競技の進行に伴い、子ども達の写真をアルバム形式で随時掲載する予定です。お仕事等の関係でおいでいただけない方はこのHPでお楽しみ下さい。

平成29年6月1日(木曜日)      「ガンバレ先輩!!」教育実習研究授業

  3週間の教育実習も明日で終了します。「教育実習」に必修となっているのが「研究授業」です。教育実習の先輩たちの研究授業が続いています。「がんばれ先輩!!」後輩達の声なき声援を受けながら、緊張の授業をしています。常葉大学からは指導教官の先生もお見えになり、先輩たちの緊張もさらに1ランクアップしています。

kenku01  kenku02  kenku03  kenku04

kenkyu11  kenkyu12  kenkyu13  kenkyu15

平成29年6月1日(木曜日)      「最後まで精一杯やろう!!」種目最終練習

  いよいよ、明日は「黄菊祭体育部門」です。天気予報も晴れの予報です。子ども達の約1ケ月の活動の成果を披露する時が来ました。この日、子ども達は種目練習の最終日で、汗を流しました。

         ※明日は競技の進行に伴い、「アルバム」を午前中2回、午後2回掲載予定です!!お楽しみに!!

rensyu01  rensyu02  rensyu03  rensyu04

rensyu11  rensyu12  rensyu13  rensyu14

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市市内小中学校菊川西中学校

電話:(0537)35-3546

ファックス:(0537)35-3547

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?