• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 菊川市立菊川西中学校

ここから本文です。

ようこそ!!   菊川市立菊川西中学校ホームページへ!! 

kini<お知らせ掲示板>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・「校長室の窓」に『引き取り手の無い落し物』を掲載しました。

 ・

 ・

 ・

 <更新状況>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・トップページブログ(「ダンスって楽しい!!」1年ダンス発表会)を掲載しました。(8時更新)

   ・トップページブログ(「平面幾何学の『雄』は円!!」3年数学)を掲載しました。(12時更新)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

学校経営構想      ◎年間教育計画        グランドデザイン      ◎月行事計画

学校いじめ防止基本方針     ◎11月掲載記事      学校評価  

お便りコーナ      校長室の窓      ◎部活動試合結果   ◎学年行事思い出アルバム

平成30年12月13日(木曜日)   「平面幾何学の『雄』は円!!」3年数学

en1  en2  en3  en4

en5  en6  en7  en8

  3年生が『円』と『接線』に関する問題に挑戦していました。「平面幾何学」は「初等幾何学」とも言い、言葉からは簡単な内容と捉えられがちですが、実はとてつもない難問も存在します。難問になると大学の一流の数学者でも解けないものがたくさん有ります。しかし、その証明に必要な知識は『中学校で学ぶ内容だけで充分』なのです。数学の奥深さを感じます。その中でも「円と接線」に関する問題は中学校で学ぶ平面幾何学の最高峰では無いかと思っています。ここを攻略すると「幾何学の沃野」が眼前に広がります。がんばれ3年生!!3年生にエールです。

平成30年12月13日(木曜日)   「ダンスって楽しい!!」1年ダンス発表会

dance1  dance4  dance2  dance3

dance5  dance6  dance7  dance8

  1年生が学年集会『ダンス発表会』を行っていました。体育の必修種目に『ダンス』があり、1年生は創作ダンスに取組んでいましたが、単元終了とともに学年ぶち抜きで発表会を行いました。男女別修時代のダンスは女子の必修種目でした。(その間男子は『武道』を履修します)私が中学生の頃、母校の掛西中では文化祭で女子生徒がレオタード姿で踊ったのを見た記憶が有ります。現在は男女共修となり、女子も武道(2,3年生は昨年まで相撲)をやり、男子もダンスを履修します。女子種目時代のようなバレエ的な創作ダンスではなく、ビートの効いた音楽に合わせて踊るヒップホップ系のダンスです。それにしても、1年生の子ども達は『何でも楽しそう』に取組みます。※持久走などの苦しい種目でも元気いっぱいで楽しそうにやります。体育館は、1年生の子ども達の笑顔で溢れました。

平成30年12月12日(水曜日)   「ただ今、用言の活用と格闘中!!」2年国語

katsuyo01  katsuyo02  katsuyo03  katsuyo04

katsuyo11  katsuyo12  katsuyo13  katsuyo14

  2年生が「口語文法」を学んでいます。この日は『形容詞の活用』のようです。日本語文法では動詞、形容詞、形容動詞を『用言』と言い、語尾が活用します。中学生にとって、かなり難しい内容です。先生の説明を聞く子ども達の表情が『かなり硬い』のが見て取れます。「形容詞の活用は『かろ、かっ、く、(う)、い、い、けれ』となります。では、美しいという形容詞を活用させて見ましょう」・・・・子ども達はうまく活用させられるでしょうか??私は日本語文法で『助動詞』が難しさ最高峰と思っています。『活用する付属語=助動詞』を理解するためにも、ここはぜひ克服したいところです。

平成30年12月12日(水曜日)   「常時活動頑張ってます!!」生徒会

counci01  counci02  counci03

counci11  counci12  counci13  counci14

  10月の後期生徒大会を境に、3年生から2年生に『完全移行』した生徒会。2年生を中心に活発に活動しています。下段の写真は生徒昇降口の様子ですが、1年学年委員会の「元気な挨拶」、保健委員会の「金曜日上履き持ち帰り」のそれぞれの活動を周知するための看板が置かれている様子です。『自分達の生活を自分達で律する』という生徒会活動本来の目的に向けて頑張る子ども達にエールです。

平成30年12月11日(火曜日)   「年末の学校の季節感!!」3年国語

kaki01  kaki02  kaki03  kaki04

kaki011  kaki012  kaki013  kaki014

  教室棟2Fの廊下を歩いていると机と椅子が廊下に出してあるクラスが有りました。『いよいよ始まったな!!』そう思って教室を覗いてみると案の定、書初めが始まっていました。『年の初めに筆を持って、その年初めて文字を書く』ということで「書初め」ですが、学校としては年末に指導・練習しておいてお正月に「本番」と言うわけです。二学期も残り二週間をきりました。子ども達が書初め練習をしている姿を見ると、『年の瀬だなあ』という気持ちになります。私は今年、教職37年目を迎えていますが、私の大好きな『学校の季節感』の一つです。

平成30年12月11日(火曜日)   「きれいな石庭をありがとう!!」美術部

sekitei01  sekitei02  sekitei03  sekitei04

sekitei06

sekitei05

  本校の中庭には自慢の石庭があります。1年に2~3回くらいの割合で、美術部の子ども達が砂に筋目を入れてくれています。私も一度やってみたのですが、筋目を入れる鉄製の『熊手』は非常に重く大変苦労しました。女子部員の多い美術部ですので苦労しているのではないかと思います。しかし、せっかくの石庭ですので手入れせずに放って置くのももったいない話です。県教委の訪問があった時、3F渡り廊下(通称青空廊下)からこの石庭を眺めて一様に驚かれる姿が有ります。『何にも使えないデッドスペース』という言い方もあるかもしれませんが、卒業していった子ども達が懐かしく思い出す菊西の名所のひとつでは無いでしょうか??美術部のみんな、いつもきれいな中庭をありがとう!!

平成30年12月10日(月曜日)   「レンズで紙に顔を映す??」1年理科

lenz01  lenz02  lenz03  lenz04

lenz12  lenz13  lenz14  lenz1

  1年生の理科が『光』単現の最終教材「レンズ」に入ったようです。かがみに顔は映りませんが、凸レンズを使うと像が映ります。これはレンズがどんな作用をしているのでしょうか??凸レンズと言うと太陽の光を集めて紙を燃やしたことのある人が多いと思いますが、『光を一点に集める』作用があります。これと、像が映る事とどんな関係があるのでしょうか??よく見てみると像が上下逆さに映っていることがわかります。ここからは『作図』です。作図によって像が映る理由、逆さに映る理由がわかります。どうでしょうか??理解できたでしょうか??

平成30年12月10日(月曜日)   「若菜さんおめでとう!!」安心安全市民大会

ansin01  ansin012

  「菊川市安心安全人づくり大会」の通知を頂きましたのでアエルに行って来ました。会の中でボランティアの表彰がありました。本校2年生の若菜さんが表彰されましたので写真を撮ってきましてた。例によって薄暗いホール内でフラッシュ撮影が禁止されているのでブレブレの写真になってしまいました。「1時間1ポイント」と言うことですのでなんと200時間以上のボランティア活動をしたことになります。大変立派な活動だと思います。

平成30年12月9日(日曜日)   「小さいコートで躍動せよ!!」3年体育

table01  table02  table03  table04

table011  table012  table013  table014

  3年生は『卓球』の単元に入ったようです。以前の記事でも紹介しましたが、「球技」は「ゴール型」「ネット型」「ベースボール型」の3種類が必修となっています。卓球はもちろん『ネット型球技』ですが、体育館のギャラリーでできてしまうコンパクトさで、手軽です。本校ではネット型競技はテニス、卓球、バレーボール、バドミントンを学校選択で履修しています。子ども達にたくさんの競技を経験させ、生涯スポーツにつなげるのも中学校の大きな使命ですね。

平成30年12月9日(日曜日)   「安全を確保しよう!!」2年保健

hoken04  hoken01  hoken02  hoken03

hoken11  hoken12  hoken13  hoken14

  2年生が保健の授業で『心肺蘇生法』の授業を行いました。消防署から救急救命士の方を講師に招き、簡易ダミー人形を2人で1体ずつ使って人工呼吸と胸部圧迫法を練習しました。本校では毎年8月末に各部の2年生代表に3時間の正式な「救急救命法講習会」を実施します。保健の授業でも取り扱う事によってより健康安全に注意できるようにしようというねらいです。高等学校以降の部活動は激しさを増します。誰もが知っておいて欲しい技術です。

平成30年12月8日(土曜日)   「オリジナルランチョンマットを作ろう!!」1年美術

lanch01  lanch02  lanch03  lanch04

lanch11  lanch12  lanch13  lanch14

  美術室を覗いてみると1年生が『ランチョンマット』の制作をしていました。ランチョンマットは食事の時に一人ひとりの食器を置く個人用テーブルクロスです。ケシゴムハンコを使って模様のパーツを並べていくことによって全体のデザインを決めようとしているようです。同じパーツを使っても並べ方によって、全体の感じがずいぶん変わってきます。『売り物になるような製品のデザインはこのようなデザイナによる試行錯誤の繰り返しで選別されていく』のでしょうか??今回は全て長方形のマットです。デザインの奥深さに触れたような気がしました。

平成30年12月8日(土曜日)   「いよいよ学期末!!」三者面談

sanmen01  sanmen02  sanmen03  sanmen04

sanmen11  sanmen12  sanmen13  sanmen14

  今学期も残すところ2週間となりました。学期末恒例の「三者面談」がスタートしました。廊下には電気ストーブや各種「便り」が置かれています。部活動の無い3年生は学校図書館で待っています。(写真下段左)受験勉強をしているようです。三年生はここで、「公立校は○高」「私立校は△高」と受験校を決定する事になります。学校別の受験者数を集計し、3学期早々に願書を必要枚数取りに行き、約2週間で出願となります。(県立高校は全校同じ願書を使いますので学校別に取りに行く必要はありません)中学校の年末の風物詩です。3年生は試練の季節の幕開けです。

平成30年12月7日(金曜日)   「角度を求める問題に挑戦!!」2年数学

angle01  angle04  angle02  angle03

angle11  angle12  angle13  angle14

  2年生の数学の時間です。2年生はこの時期、「平面幾何学」の単元に入っています。『計算は得意だけれど図形の証明はちょっと・・』という生徒に出会います。逆に『計算は好きでは無いけれど証明は面白いから好き』と言う生ともいます。数学が好きになるか嫌いになるかの分かれ目です。厳密に言うと数学は全てが証明問題と言っても過言では無いと思います。例えば「1+1は2」という小学校低学年の問題も実は「1+1が2になる事を証明せよ」となります。論理的思考力を鍛えるのが数学であり理科です。子ども達には「理数大好きっ子」になって欲しいところです。

平成30年12月7日(金曜日)   「菊川市代表として頑張りました!!」陸上部

ekiden01  ekiden02  ekiden03  ekiden04

  土曜日に開かれた静岡県市町対抗駅伝の写真が届きました。本校陸上競技部からは陽南さんと麻代さんが選手として選抜されました。(11月掲載記事「結団式」の記事掲載中)陸上競技部の長距離部門の子ども達も応援に言ったようです。(写真右)「陽南さんは区間8位の好成績で菊川市『市の部16位』に貢献しました。1年生としては大変良い記録です。」と顧問の小林先生から報告を受けました。本校陸上競技部では、男子400mリレーチームが県大会を大会新記録で制する偉業をなとしげましたが、長距離部門も頑張っています。お忘れなく!!

平成30年12月6日(木曜日)   「ケプラーになって大発見!!」3年理科

kep01  kep02  kep03  kep11

kep04  kep12  kep13  kep14

  3年生が理科で「天文分野」を学んでいます。私も理科教師でしたので天文は何度も指導しましたが、太陽以外の天体は『夜でないと観察できない』という困難にさらされます。実験・観察は理科の基本、でも観察ができない。これも「天体が苦手」の生徒になってしまう一因です。そこで視聴覚教材を総動員して授業を進めることになります。理科室に望遠鏡が3台設置され、太陽や風景を見ながら「天体観測」の方法を体験し、惑星の見え方については視聴覚教材を使って考えます。惑星運動の法則として「ケプラーの3法則」が有ります。ケプラーに負けず大発見しよう!3年生!!

平成30年12月6日(木曜日)   「助動詞『can』を使いこなせ!!」1年英語

can01  can02  can03  can04

can11  can12  can13  can14

  1年生が英語の時間、助動詞『can』の使い方を学んでいます。日本語文法で一番難しいのが『助動詞』ではないかと思います。私も高校時代文語文法の助動詞に苦労したのを覚えています。英語も同じで「助動詞は必ず動詞の前に来る」「助動詞は2つ重ねて使えない」「助動詞の後の動詞は必ず原型」・・・・など結構複雑なルールが有ります。未来を表す助動詞「will」と可能を表す助動詞「can」を一緒に使いたい場合「will can」とすると助動詞が2つ重なってしまうので「can」を言い換えて「will be able to ~」とする。など注意が必要です。子ども達はペア学習で会話練習をしています。「can」を使いこなすとかなり表現の幅が広がりますね。がんばれ1年生!!助動詞を征服しよう!!

平成30年12月5日(水曜日)   「少しの時間も惜しんで!!」3年自習

men01  men02  men04  men03

men11  men12  men13  men14

  3年生の社会科の時間です。先生は何かを取りに職員室に行ったようです。子ども達が何か書いているので覗きこんでみると「面接試験対策」のようです。聞かれる事を想定して『回答を作っておく』と言うのは良いことですね。また、「本校を希望した動機は何ですか」などという定番の質問に対する回答は『自分は高等学校で何をやりたいのか』をもう一度自分自身に問いかけることになりますから自分の進学の意志を固めることにもなります。先生が戻ってくるまでの少しの時間も無駄にしない子ども達の行動に子ども達の成長を感じました。

平成30年12月5日(水曜日)   「学級自慢の取り組みはどうだった??」生徒会

jiman01  jiman02  jiman03  jiman04

jiman11  jiman12  jiman13  jiman14

  生徒代表委員会を行いました。議題は『学級自慢への取り組みの反省』のようです。職員会議に使う会議室で行っていましたが、各学年の学級代表が横一列に並んでいます。3年生の学級代表の顔ぶれを見てみると、前期生徒会本部や正副専門会員長を経験した子が多いようです。どの学校でもそうですが、3年生の後期学級代表は前期の委員長経験者が多く、生徒会活動の全てを知り尽くしており、余裕で活動します。一方、2年生の本部役員や専門委員長にとっては『うるさい御意見番』と言うところでしょうか??これも私の好きな「中学校の季節感」の一つです。

平成30年12月4日(火曜日)   「回路をうまく繋げられる??」2年理科

kairo01  kairo02  kairo03  kairo04

kairo11  kairo12  kairo13  kairo14

  2年生の理科、電流分野です。この日から回路を組んで、「電流」と「電圧」の測定に入ったようです。電流計、電圧計はあるものの、『一体何を測定しているのか??サッパリ分らない!!』と言うのが子ども達の偽らざる気持ちでは無いでしょうか。目に見えず、触ることもできないものを『測定』するのですから当然です。そして、「電流」と「電圧」はどう違うのかも今ひとつハッキリしません。「電気学習の高い壁」に挑む子ども達にエールです。

平成30年12月4日(火曜日)   「どうして武士の世の中になったの??」1年社会

samurai011  samurai012  samurai013  samurai014

samurai11  samurai12  samurai13  samurai14

  1年生の社会科が『歴史分野』で武家政権の成立時代へ入ったようです。歴史史料をモニタに提示するとともに、丹所先生は子ども達に武家集団、貴族集団などを作って寸劇を行っていました。(写真上段左)単なる歴史用語の暗記ではなく、『実感を伴った理解』に子ども達を導こうと先生も必死です。平安時代末期の源平抗争時代を経て急速に力をつけていった武士の政治体制が確立し、1000年近い武士の世の中の始まりです。歴史では時代背景の違い等から子ども達を『実感を伴った理解』へ導くには色々な工夫が必要ですね。

平成30年12月3日(月曜日)   「不定詞と動名詞はどう使い分ける??」2年英語

futeisi01  futeisi02  futeisi03  futeisi04

futeisi11  futeisi12  futeisi13  futeisi14

  2年生の英語の時間を覗いてみました。「不定詞と動名詞」について学んでいました。英語の文は「主語+動詞+目的語」の順に単語を並べてつくります。目的語が「名詞」ならば、そのまま使えばよいのですが、「~すること」という動詞から派生した語を目的語として使う場合に方法が2つあって、「動名詞」にする場合、「不定詞」にする場合です。このどちらを使うのかは、前に来る動詞によって『覚えなくてはなら無い』のです。「なぜ、不定詞じゃなくて動名詞を使うの??」子ども達の素朴な疑問です。しかし、先生達にとっても「英語ネイティブの人がそう使っているから」と答えるしかなく、苦しいところですね。英語の使い方で難儀するところです。がんばれ!!2年生!!

平成30年12月3日(月曜日)   「菊川市は豊か?貧しい?」3年社会

chihijichi01  chihijichi02  chihijichi03  chihijichi04

chihijichi11  chihijichi12  chihijichi13  chihijichi14

  3年生が社会科公民分野で『地方自治』について学んでいました。赤澤先生は菊川市と御前崎市の歳入に内訳を提示しました。(写真上段)もちろん菊川市の方が人口が多いので金額は多いのですが、市民が納める税金の割合が少なく、50%以下になっています。(御前崎市、中部電力の発電所があるため、企業が納めてくれる税金が多いから)そして足りない分は国からの補助で賄っています。国への税金は私達も払いますが、一番払っているのは東京都と言うことになります。ある都知事が『東京が稼いで、全国で使っているなんてズルイ!!』と言ったのもうなづけます。菊川市の財政は「豊か?」それとも「貧しい?」・・・・先日『菊川市へ提言』を行った3年生は真剣な顔で考えます。

平成30年12月2日(日曜日)   「漢文の基礎は暗誦から!!」2年国語

ansyo01  ansyo02  ansyo03

ansyo11  ansyo12  ansyo13  ansyo14

  2年生の国語の時間です。子ども達がひとりずつ先生の前に行って『漢詩の暗誦』を行っています。漢詩だけでは有りませんが「詩」と言うのは基本的に「リズム」や「韻」が有りますので大変心地よくスラスラ言葉が出てきます。聞いていても心地よさが有ります。まずは『暗誦』からです。意味が分らなくてもとにかく暗記して口ずさんでいるうちになんとなく意味がつかめてきます。そのタイミングで『解釈』の授業を行うと、漢詩がずいぶん身近に感じられます。さあ、2年生の子ども達は『暗誦』できたでしょうか??漢詩独特の切れの良いリズムを楽しめたら良いですね。

平成30年12月2日(日曜日)   「宿泊学習の日はどうするの??」1年総合

syukuhaku01  syukuhaku02  syukuhaku03  syukuhaku04

syukuhaku11  syukuhaku12  syukuhaku13  syukuhaku14

  1年生は来年修学旅行の裏行事で、焼津青少年の家で『宿泊学習』を行います。今年の2年生は『班別入所』を行いました。班ごとに公共交通機関を利用して自分達で計画したコースを回り、16時までに焼津青少年の家に入所するというものです。来年度も実施するようです。4月に入って3週間で実施する日程です。新しい学年、新しいクラスで事前学習する事の難しさから、早くも計画が始動しました。焼津へ行くのならカッター、カヌー訓練が楽しみです。今年は台風の接近により、乗れなかったクラスが有ると聞きました。来年は全員乗れると良いですね。

平成30年12月1日(土曜日)   「1に電気、2に化学式、3,4が無くて5に天体!!」3年理科

astoro01  astoro02  astoro03  astoro04

astoro11  astoro12  astoro13  astoro14

  3年生の理科が、純粋科学の最終単元「天文」に入りました。純粋科学と断ったのはその後の単元で科学技術の進歩に関する単元がありますが、「自然科学」と「社会科学」の混合のような内容を学ぶことになるため、物理、化学、生物、地学の「科学の4分野」を学ぶのはこの単元が最後となるという意味です。「天体物理学」は私の専門で、天文は一番の得意領域ですが、表題の言葉のように「天文が苦手」という中学生にたくさん出会いました。3年生が使う第三理科室には天井に太陽(赤いボール)や各種星座絵がセットされています。(写真上段)この雰囲気の理科室で子ども達は苦手な天文学を克服する事ができるでしょうか??3年生の学ぶ中学校の学習も残り少しです。

平成30年12月1日(土曜日)   「『夢を語る会』に向けて始動!!」2年総合

rissi01  rissi02  rissi03  rissi04

rissi11  rissi12  rissi13  rissi14

  年明け2月に2年生が「夢を語る会」を計画しています。これは以前「立志式」と呼んでいたものです。(本校では立志の会)昔、武士が「元服」と言う儀式を行い、大人の仲間入りをした事、元服が多くの場合14才で行われた事から、2年生(14才になる年)に「将来のキャリア設計をする会」を設けることになりました。本校では色紙に子ども達の手形と将来の夢を書き込み、お家の人たちの前で披露する形をとっています。この日は学年集会で全体説明(写真上段)、各クラスに帰って色紙作りに入りました。(写真下段)今年度はどんな「夢」が語られるのでしょうか?!