• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > くらし > 住宅・建築 > 耐震・防災 > TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)

ここから本文です。

更新日:2018年9月7日

TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)

菊川市では、昭和56年5月以前に建てられた木造住宅の耐震化や危険なブロック塀等の撤去を進めています。

予想される東海地震で、住宅などの倒壊から一人でも多くの市民の皆さんを守るため、TOUKAI-0(耐震)事業を実施しています。

・わが家の専門家診断事業

・既存住宅耐震診断事業

・木造住宅耐震補強助成事業

・ブロック塀等撤去事業

対象

昭和56年5月以前に建築した木造住宅が対象になります。

予算の範囲内において補助金を交付しますので、申請される前に都市計画課住宅建築係にお問い合わせください。

わが家の専門家診断事業

診断希望者へ「県耐震診断補強相談士」を派遣して、無料で調査をします。

既存住宅耐震診断事業

木造住宅の補強計画策定費用に対し補助金を交付します。

補助率は経費の3分の2以内で、上限96,000円。

高齢者のみでお住まいの方や、重度の障がいのある方などが居住されている世帯の場合は、補強計画策定費と144,000円を比較していずれか少ない額を補助します。

木造住宅耐震補強助成事業

木造住宅の耐震補強工事費用に対し補助を交付します。

補助の上限額80万円。高齢者のみでお住まいの方や、重度の障がいのある方などが居住されている世帯の場合は、上限額が100万円です。

ブロック塀等撤去事業

地震発生時におけるブロック塀等の倒壊や転倒による災害を防止し、安全性を確保するため、道路に面したブロック塀の撤去や改善に対して補助金を交付します。また、あなたのお住いの住宅に設置されているブロック塀の安全性について下記リンクのチラシやパンフレットを参考にし点検してみましょう。点検の結果、所有しているブロック塀が危険であることが判明しましたら、撤去や改善などを検討してみてください。

対象事業および補助金額

・撤去事業

【対象】公道に面したブロック塀等を撤去する事業

【補助金】撤去事業額と塀の長さ×8,900円/mを比較して、少ない額の2分の1以内(上限10万円)

・改善事業

 【対象】緊急輸送路や避難地に面するブロック塀等を改善する事業

【補助金】改善工事額と塀の長さ×38,400円/mを比較して、少ない額の2分の1以内(上限25万円)

 ・ブロック塀の撤去・改事業補助金案内チラシ(PDF:1,294KB)

・ブロック塀の点検と改善パンフレット(PDF:1,758KB)

TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)要綱・要領

詳細については、下記「要綱」、「要領」、をクリックして、書類をダウンロードしていただくか、都市計画課住宅建築係にお問い合わせください。

 

 

 

よくある質問と回答

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市建設経済部都市計画課

電話:(0537)35-0957、(0537)35-0931、(0537)35-0932

ファックス:(0537)35-2115

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?