• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 菊川市立菊川西中学校 > 菊川西中学校8月掲載記事

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

菊川市立菊川西中学校    8月掲載記事

  トップページブログ URL  http://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/kikunishi/index.html

平成29年8月31日(木曜日)      「二学期の授業に乞う!!御期待!!」職員研修

train01  train02  train03  train04

  夏休みの話題をもう一つ。37日間の夏休みには先生達にも研修と言う名の勉強会がたくさん設定されています。教育委員会主催のもの「〇〇研究会」が主催するものなどがあります。写真は夏休み最終日の校内研修です。養教の山﨑先生(写真左)やスクールカウンセラの大塚さん(写真中右)が講師となって「生徒の安全を守る」「生徒の心を理解する」などのテーマで研修しました。夏休みの多くの研修の成果が二学期に発揮されるのではないかと思っています。「一学期よりもっと楽しく分る授業を!!」「もっと楽しい学級を!!」先生たちの活躍に乞う!!御期待!!です。

平成29年8月31日(木曜日)      「一学期の授業を思い出して!!」3年理科・英語

fukusyu01  fukusyu02  fukusyu03  fukusyu04

  学期初めの授業を覗いて見ると、多くの教科で一学期の復習から入っていました。写真は3年生の英語と理科の様子です。特に3年生は来週火曜日に「学力診断調査」を控えています。その昔『出文テスト』と言った時代には志望校別の順位が出て、「模擬テスト」の様相が非常に強いものでした。担任時代、クラスの生徒に「君の第一志望の〇〇高だけれど、定員△人で、順位が□□番だから、ちょっときついかも・・・・」などと言う話をしたのを覚えています。現在では特に他校の生徒とと比べるものでは無く、『自分の理解度を確かめる』ためのテストですが、「少しでもいい点を取りたい」のは人情です。今週の3年生の授業は「復習」の授業が多くなりそうです!!

平成29年8月30日(水曜日)      「Hello Australia!!」1年英語

aus01  aus02  aus03  aus04

  1年生の英語の授業を覗いてみました。オーストラリアについてクイズ形式で授業が行われています。「Whitch Flag is Australia?」4つの国旗がモニタに映し出されました。(写真中左)石川先生の読み上げにつれて、子ども達が自分が正解と思うものに手を挙げています。(写真右)なかなかよく知っています。そういえば、今年の夏休みに石川先生は静岡県の中学生によるオーストラリア訪問団の引率としてオーストラリアでホームスティしていました。オーストラリアの土産話はいっぱいあるようです。「行って見たいな!!」子ども達の心に思いが沸き起こります!!楽しい授業が行われています。『うーん、オーストラリアは冬か!!涼しくていいな!!』連日の猛暑日に私はこんな思いを持ちました。

平成29年8月30日(水曜日)      「4月からだいぶ成長したな!!」身体測定

sokutei01  sokutei02  sokutei03  sokutei04

  保健室を覗いてみると、身長・体重の測定を行っていました。4月の測定では全職員が総掛かりで、視力、聴力などの測定も行いますが、今回は身長・体重だけと言うことで養護教諭の永子先生だけで行っていました。記録係も生徒です。いつも落ち着いた行動のできる本校の生徒達ですが、こういう場面ではフロアに静かに体育座りで順番待ちをし、効率的に測定が出来ます。(写真左)体育の授業を使って、前半女子、後半男子と入れ替えて50分で行っていました。体育の授業が1時間カットされますが、最小限の時間で住みます。子ども達は半年でどれだけ成長したかな??

平成29年8月29日(火曜日)      「Edible School Kikunishi Chu!!」ESD教育

esd01  esd02  esd03  esd04

ocha01  ocha02  ocha03  ocha04

  表題の「Edible」とは「食べ物」と言う意味で、学校の敷地を使って作物を栽培してみようということです。「持続可能な開発」「自然栽培」「健康指向」など、社会の要請により、「Edible」・・・・全てではないものの、食べ物を自給してみようという動きがあります。本校は総合的な学習の時間を使って「ふるさと志向力」を高めるキャリア教育の実践を行って来ました。本年度「ふるさと菊川を持続可能な町に!!」というテーマで子ども達は校内で様々な作物の世話をしています。(写真上段)夏休みの学校当番が水遣りも受け持ちました。(写真上左)先生たちも、夏休みに講師を招き(写真下左)抹茶体験を行いました。「抹茶を石臼で挽き、茶せんで立てていただく・・・・」多くの先生たちが初めての体験をしました。「お茶どころ菊川市の学校に勤める教員として」お茶に関する知識を深める事は必須です。子ども達と先生たちが一緒になって「ESD」(持続可能な開発に向けた教育)を実践しています。そして将来、子ども達は持続可能な町として発展する「ふるさと菊川」の大切な担い手として活躍します。

平成29年8月29日(火曜日)      「ぼくは第3期を〇〇と過ごす!!」学活

gakkatsu01  gakkatsu02  gakkatsu03  gakkatsu04

  始業式後、学活を行っている各学級を周ってみました。この日は二学期初日とともに「第3ステージ(期)」の初日でもあります。多くの学校で年間3学期(前後期制の学校は2期)では生活のスパンが長すぎるということで学期とは別に「ステージ(期)」を導入して学校生活にメリハリをつけようとしています。本校の第3期は二学期初日から黄菊祭文化部門の終わる10月16日まで「創造・協力・一体感の期」と位置づけ、学級合唱つくりをテコに、「協力して、学級合唱を創り上げ、クラスの一体感を味わおう」というわけです。子ども達は「期の目標」つくりをしています。(写真)民間企業でよく行われる目標管理手法です。子ども達はこの「期」に、どんな成果を挙げるかな??

平成29年8月28日(月曜日)      「私は二学期は・・・・・・!!」二学期始業式

sigyo01  sigyo02  sigyo03  sigyo04

  今、二学期始業式が終わりました。二葉さんの伴奏(写真中左)で校歌斉唱の後、恒例の各学年代表の言葉です。1年生の桜花さんは「2学期は3回あるテストで、苦手の社会科を中心に頑張りたい・・・・」2年生の未央さんは「自分の事を相手に伝えることが苦手な自分を変えたい・・・・」3年生の颯人くんは「受験生として、勉強の『質』と『量』の両面について一学期以上に充実させたい・・・・」と、それぞれ語りました。(写真中右)式後生活指導部長の加島先生が、夏休みに出会った店員さんの言動を例に「礼儀・マナーを守ることの大切さ」を子ども達に呼びかけました。

hyosyo01  hyosyo02  hyosyo03  hyosyo04

  始業式後、『表彰』を行いました。陸上競技部、男女テニス部、剣道部と大勢の生徒の表彰をする事が出来ました。(表彰者については、明日『部活動試合結果』ページに掲載予定です)最後に、小笠中体連「女子総合杯」の表彰を行いました。(写真右)女子生徒会本部役員のひかりさんと二葉さんに代表して賞状とトロフィを受け取ってもらいました。部活動の主力となる3年生の女子の人数がアンバランスに少ない状況で本当によく頑張ったと思います。

平成29年8月28日(月曜日)      「子ども達を待つ教室!!」校内風景

kyositsu01  kyositsu02  kyositsu03  kyositsu04

  本日は二学期始業式です。予定黒板には一学期末に書いた本日の予定が見えます。(写真左)夏休みの宿題も教室に山と詰まれています。先生からの「おはよう黒板」が書かれているクラスがあります。廊下には夏休みの工事で設置が完了した「WiFi」のアンテナが見えます。(写真右)本日から二学期のスタートです。始業式で夏休みの思い出をいっぱい持って登校して来た子ども達にあうのが楽しみです。今年の夏休みは30年ぶりに「全中」にも連れて行ってもらいました。私には思い出いっぱいの夏休みになりました。子ども達はどうでしょうか??

平成29年8月27日(日曜日)      「部活動でも命を守れ!!」救急救命法講習会

kyukyu01  kyukyu02  kyukyu03  kyukyu04

  本校では例年夏休みに部活の新キャプテン等を対象に、『救急救命法講習会』を行っています。菊川消防署の救命士の方々(写真左)を講師に、3時間の本格的な講習会です。このような講習会はどの中学校でも行われていますが、部活動中に子どもたちか命を落とすという苦い経験をしている本校では講習会に臨む気合が高いと言えます。私が集会のたびに子ども達に呼びかける『命はすべてに優先する』も、この苦い経験を踏まえてのことです。部活動は競技レベルが年々向上しています。私のやってきた水泳でも、現在の全国大会の標準記録は私が中学生の頃の『世界記録!!』に近いものになっています。子ども達も当然『目いっぱい』の所でプレーすることになります。それだけに「危険と隣り合わせ!!」です。子ども達の活躍を祈りながら、それでも『全員無事の』活動が一番ですね。

  ※いよいよ、明日は始業式です。もう今から、子ども達に会えるのが楽しみな自分がいます!!

平成29年8月26日(土曜日)      「スピードに磨きをかけろ!!」新チーム紹介⑥

  夏休み恒例の「新チーム紹介シリーズ」も本日で最終回です。※陸上競技部、美術部、吹奏楽部については二学期が始まってからペット掲載の予定です。最終回は男女バスケ部です。

bascket01  bascket02  bascket03  bascket04

bascket11  bascket12  bascket13  bascket14

  バスケットボールは体の接触の多い競技です。審判が反則の笛を吹く回数が一番多いと言っても過言ではありません。反則は身体接触を伴わない「バイオレーション」と身体接触を伴う「ファール」とに分かれています。私は顧問の時、子ども達を「相手がファールしようとしてもできないくらいのスピードと、ファールされてもファールした相手を吹っ飛ばしてシュートを入れるパワーを身に付けろ!!」と叱咤激励しました。「スピード」「パワー」と試合の間中、走り続けられる「持久力」が必要な競技です。球技ですのでボールを扱う「技術」が必要なのは言うまでもありません。先日の隆くんの記事で紹介した陸上の「4種競技」のようですね。女子チームは長い時間ボールなしのフットワークをしています。(写真上)私も顧問時代に「速く走るために、陸上のフットワークをやる!!陸上部は100m速く走るのが目的だ。でも、お前達はそれではだめだ。15mだ!!・・・15mを陸上部より速く走れ!!・・・」と、言ったことがあります。一方男子は「3メン速攻」です。(写真下)来夏の勝利を目指して、スピードを身に付けるための練習に励むバスケット部です。

平成29年8月25日(金曜日)      「人数不足を克服して!!」新チーム紹介⑤

kendo01  kendo02  kendo03  kendo04

soccer01  soccer02  soccer03  soccer04

  本日紹介するのはサッカー部と剣道部です。「両部とも部員不足です」と書くと、『女子団体戦メンバが5人そろわない剣道部はともかく、何でサッカー部??』と思われる方も多いと思います。先日サッカー部監督の松浦先生が「秋の1年生大会は菊東中との合同チームです!!」と言いました。私も『エッ!!』と言う思いでしたが、「1チーム人数が多いこと」「クラブチームとの2重登録が出来ない」ことがネックとなって、1年生が11人集まらなかったということです。剣道部も女子部だけでなく男子部も中学から剣道を始めた1年生も大切な戦力になっています。それでも剣道有段者の山下先生の厳しい指導により「素足」「正座」「礼儀」・・・・と、技と心を磨く子ども達にエールです。サッカー部も中高大学生時代サッカーをやった松浦先生が監督です。紅一点の鈴菜さんも含めて、メキメキ上達しています。

平成29年8月24日(木曜日)      「さらなる高みを目指して!!」新チーム紹介④

table01  table02  table03  table04

table11  table12  table13  table14

  新チーム紹介4回目は男女卓球部です。長かった夏休みも本日を入れて残り4日、新チーム紹介が夏休み中にすべて終わるかちょっと心配になって来ました。いつも書きますが、卓球は中体連参加種目中一番小さいコートで行う競技です。競技には「瞬発系」「持久系」「パワー系」等の特徴があり、それらを組み合わせた総合的な競技力を競うのが先日の記事で紹介した陸上競技の「複合4種」です。水泳で言えば「個人メドレー」でしょうか。その区分でいくと卓球はコートが小さい分、「瞬発力」と「技術力」の比重が大きいようです。女子部監督の増田先生が一人の生徒を呼んで細かく指導しています。(写真上右)男子部は監督の岡田先生手製のメニュー板が設置され(写真下左)分刻みのメニューが示されています。本年度は卓球の東海大会の担当が小笠地区に割り振られ、小笠地区の中学校の顧問の先生たちが役員として出張しました。『東海大会に出てくるチームの技術を見て、自分自身がとても参考になりました。』とは、男子部監督の岡田先生の言葉です。来年はさらに高みを目指す卓球部でした。期待満載です!!

平成29年8月23日(水曜日)      「Thinking the Care Center Shortage issue!!」英語スピーチ

speech01  speech02  speech03  speech04

  会議室を覗いて見ると怜依さんがデービー先生とスピーチコンテストの練習をしていました。怜依さんが作った日本語の原稿をデービー先生と一緒に英文に翻訳し、実際にプレゼンテーションです。「Rei's pronunciation is pretty good!」(怜依の発音はとってもいいね!)デービー先生が言います。私が中学生の頃の英語スピーチコンテストはしっかり英文を暗記し、綺麗な発音で話せばOKでした。私の中学の英語の先生の一人はコンテストを『暗記ごっこ』と言っていたのを覚えています。あれから40年以上が経ち、スピーチコンテストも『話す内容が重要視』されるようになってきたようです。デービー先生によると「Your speech is the newspaper article.There is no your own opinion!」(あなたのスピーチは新聞記事のもの。あなた自身の意見が無い。)など、昨年のコンテストでは審査員からの手厳しい指摘があったようです。怜依さんのスピーチのテーマは表題の「The Care Center Shortage issue」(介護施設の不足問題)です。美しい発音の英語を武器に「審査員の心に響く主張」をする怜依さんにエールです!!

平成29年8月22日(火曜日)      「全力で駆け抜ける子ども達に乾杯!!」全国大会観戦記②

zenchu02  zenchu03  zenchu04  zenchu05

zenchu12  zenchu13  zenchu14  zenchu15

  普段はなかなか、一人の選手が多種目を行うこの競技、じっくり見ることが出来ないのですが、今回は2日間たっぷり「4種競技」を味わわせて頂きました。このような「複合種目」は全然違う能力を試される種目をあわせています。有名なのはスキーの場合で、ノルディク複合は「ジャンプと距離競技」、アルペン複合は「滑降と回転」といった具合に「瞬発系」「持久系」「パワー系」「技術系」を組み合わせます。隆くんは最初の110Hは組でトップ(写真上中右)、全体でも3位で競技を終えます。2種目目はパワー系の砲丸投げです。こちらは苦手なのかなかなか思うように記録を伸ばせません。(写真下中右)昌美さん、花香さん、里帆さんと河合先生も気温35℃を越える炎天下のスタンドをものともせず、必死に声援を送ります。(写真上右)これで1日目の競技は終了です。

zenchu31  zenchu32  zenchu34  zenchu33

zenchu41  zenchu42  zenchu43  zenchu44

  2日目の種目は走り高跳びからスタートです。バーの高さが150cm台、160cm台の間は順調に一発クリアです。171cmになって初めて1回目をミスしてしまいます。何と言っても自分の身長と大して変わりない高さのバーを超えていかなくてはなりません。苦しいところです。女子100m走が始まりました。6組目に花香さんが出てきました。同じ組にハーフの選手もいるようです。(写真下中右)花香さんはハーフのハッサンさんに続いて2位でゴールに飛び込みこました。競技はまだ、隆くんの400m、里帆さんの100Hが残っていますが、新幹線の時間が迫って来ました。これに乗り過ごすともう一泊しなくてはなりません。お金を持ってきていないつらさ!!後ろ髪引かれる思いで競技場を後にしました。若い頃、水泳部、陸上競技部の顧問として毎年のように出場していた「全中」ですが、退職を1年半後に控えて、久しぶりの全中の空気を味わわせて頂きました。3人の子ども達と監督の河合先生に大感謝です!!

平成29年8月21日(月曜日)      「全国大会の空気を浴びてきました!!」全国大会観戦記①

  19日から本日まで2泊3日で全国大会に出場している陸上競技部を応援に熊本に行き、今、帰ってきました。

zenchu01  zenchu02  zenchu03  zenchu04

  19日に「こだま」「のぞみ」「さくら」と東海道・山陽・九州新幹線を乗り継いで熊本に到着し、子どもたちの宿舎に激励に行ってきました。(写真左)子ども達と河合監督は開会式出席と前日のウォーミングアップを終了し、宿舎でくつろいでいました。いよいよ、明日は大会本番です。緊張が体中を走っている様子がうかがえます。会場は「「えがお・健康・スタジアム」と言うところで、Jリーグサッカーチームの本拠地球場でもあります

zenchu11  zenchu12  zenchu13  zenchu14

  参加各都道府県のお国柄を前面に押し出したのぼり旗がたなびきます。熊本。宮崎、鹿児島の南九州3県は応援団を繰り出してきていました。(写真右:熊本県応援団)メーンスタンドでの応援は禁じられていましたがバックストレート側に陣取った応援団からは盛んに声援が飛びます。やっぱり地元の利ですね。大声援に支えられ、南九州3県の選手達はきっと自己ベストを更新したと思います。『静岡開催でエコパ会場なら、本校も全員応援ですね』と思いをはせました。明日朝の更新では観戦できた男子4種競技と女子100m走を掲載いたします。

平成29年8月19日(土曜日)    お知らせ

  本日から陸上競技部の応援のため、熊本市に出発します。21日(月曜日)の夜帰静する予定です。それに伴い、明日の更新をお休みいたします。陸上競技部の全国大会の様子は21日夜、22日朝に掲載予定です。お楽しみに!!そして、全国の強豪たちに伍して頑張る本校の3選手に熱い声援お待ちしています。

平成29年8月19日(土曜日)    「白球を追って右へ左へ!!」新チーム紹介③

soft01  soft02  soft04  soft03

base01  base02  base03  base04

  新チーム紹介シリーズ3回目は野球部とソフト部です。本校のグランドは公立中学校としては広い方だと思っていますが、同じグランドに野球部、ソフトボール部、サッカー部、陸上競技部が同居して練習するとなると色々なところで譲り合いが生じます。ソフトボールのレフトと野球のライトの守備位置が重なってしまいます。ソフト部の子ども達は転がってきた野球ボールを、野球部の子ども達はソフトボールをそれぞれのグランドに投げ返します。今年の夏の大会でソフト部は初戦の敗戦からふんばり、地区3位を勝ち取り、「女子総合杯」の獲得に貢献しました。野球部は夏の大会は地区大会を抜けられませんでしたが、春の大会で「県3位」の実績を残しました。現在甲子園では高校野球が熱戦を繰り広げていますが、本校の球児、ソフト少女達も来年の夏の大会までの10ケ月少しの長丁場の戦いのスタートラインに立っています。

平成29年8月18日(金曜日)    「エースをねらえ!!」新チーム紹介②

tenM01  tenM02  tenM03  tenM04

tenF01  tenF03  tenF04  tenF05

  新チーム紹介シリーズ2回目はソフトテニス部です。今年のソフトテニス部は団体戦では惜しいところで県大会出場を逃しましたが、男子部は1ペアが県大会に出場し、「連続県大会出場記録」を伸ばしています。テニスは子ども達にとって「人気種目」でもあります。3年生が抜けても大人数です。(写真上左)やはり歴史の古い「欧州貴族のスポーツ」だからでしょうか?19世紀の女子テニスの試合で選手がロングスカート、コルセット着用でプレーしている写真を見たことがあります。現代でも女子選手がスカート(スコート)姿で試合をするのはテニスとホッケーくらいですね。テニスと言う競技の持つ伝統的な優雅さですね。しかし、実際の硬式テニスの試合は2時間以上もコートを駆け回り、力いっぱいラケットを振り回し続ける過酷なスポーツです。ソフトテニスは硬式ほどではありませんが、真っ黒に日焼けし、力強くコートを駆け回る子ども達に姿に思わず目を細めます。「ひろみ、いくわよ!!」「ハイ!お蝶婦人!」往年のテニス漫画の有名なフレーズが頭をよぎります。(分る人は50才代の人だけか!!)テニス部のみんな、エースをねらえ!!

平成29年8月17日(木曜日)    「高さとスピード・技を磨け!!」新チーム紹介①

vF01  vF02  vF03  vF04

VM01  VM02  VM03  VM04

  夏休みも3分の2が過ぎ、来週が最終週となります。部活動は全国大会を控えた陸上競技部の3選手を覗いて全て新チームに移行しました。また、今週は「お盆休み週間」と言う事で特別な事情のない部は活動を休止しています。この期間を利用して各部の新チームの様子をシリーズでお届けします。まずは男女バレー部です。

  ネット越しにボールを打ち合うバレーボール。「volleyball」はテニスの「ボレー」(コートにバウンドする前のボールをダイレクトで打ち返すショット)から来ているようにテニスから派生した競技です。しかし、ボールがコートに付いてしまえば「即、相手の得点」となってしまうためテニスや同じくテニスから派生した卓球とも違う独特の競技です。ネットの高さは男子が2.43m、女子が2.24mです。上空のボールを扱うため、当然身長とジャンプ力がものを言います。しかし、同じ上空のゴールを目指すバスケットボールと違い、水平方向の移動はそれほど大きくありません。その代わり、ラリーが続く限りプレーやは連続して何度もジャンプする必要があります。現在、新チームの子ども達は1試合に何百回でもジャンプを続けられる体力と跳躍力を鍛えています。新人戦はどんな戦いをしてくれるかな??楽しみです。

平成29年8月16日(水曜日)    「避暑と食育・効果は2倍!!」グリーンカーテン

green01  green02  green03  green04

  写真は教室棟を中庭側から見たものです。毎年、堀井先生を中心に部活動の子ども達も一緒になってグリーンカーテンを作ってくれます。高等学校では多くの学校で同窓会などが教室のエアコンを寄付してくれていますが、中学校にはそのような組織はありません。また御他聞にもれず、県も市も予算不足との戦いで、「冷房を付けて!!」などとは言えない状況ですね。「予算をかけずに少しでも涼しい環境で勉強したい」という願いです。

green11  green12  green13  green14

  1Fに比べて、比較的風通しの良い2Fにもつるが延びています。せっかくのグリーンカーテンです。もうひとつの楽しみは実がなる事です。この日、教室を周っているとズッキーニ(写真中右)、ゴーヤ(写真右)などの実がなっているのを見つけました。主目的は「避暑」ですが、実が出来れば食べる楽しみもあります。また、子ども達が水遣りなどをする事によって「食育」「命の教育」と効果は2倍、3倍です。一学期末に7組の教室を覗いた時、メロンがなっているのを見つけて「メロンいいな!!」というと、後に校長室に来て「出来たら半分上げます」ですって。優しい子ども達ですね!!

平成29年8月15日(火曜日)    「喜びと感謝と敬いの心!!」一学期末授業シリーズ最終回

chori01  chori02  chori03  chori04

  一学期末の授業シリーズも最終回です。今回は調理実習の記事です。調理実習終了後、全員で手分けしてスピーディに片づけを進めています。本校は「根っこ郷育」と称して「挨拶、清掃、礼儀マナー」を徹底しています。子ども達は片づけの最終場面で、「食材起源」と「食材を包装したフィルム」などを分別しました。(写真右)こうしておくと最初に調理に使った食材と廃棄した食材起源のごみの重さから「廃棄率」が計算できます。「廃棄率をできるだけ小さくする」ことは「経済的」でもありますし、食材として「命を提供」してくれた動植物の「命を大切にする」ことにもなります。「喜びと、感謝と、敬いの心を持って、いただきます!!」は現在高1の子ども達が、修学旅行で薬師寺のお坊さんから教えられ、旅行中ずっとしてきた食事の挨拶です。命への敬いの心ですね。

平成29年8月14日(月曜日)    「来年の公式戦に向けて発進!!」女子パレー部

sawayaka01  sawayaka02  sawayaka03  sawayaka04

sawayaka11  sawayaka12  sawayaka13  sawayaka14

  中高等学校の部活動で「公式戦」と呼ばれるのは全国大会まで続く夏の大会のみです。秋の新人戦や「○○協会長杯争奪○○大会」という各種目の競技協会が主催する試合もすべて「準公式戦」となります。※現在甲子園球場で高校野球が行われていますが、高校野球もこの大会だけが公式戦で、全国大会を行う通称「春の選抜大会」は準公式戦だという事は驚きです!!東海大会が終了し、本校も陸上競技部の3人を除いて3年生部員が全て引退し、2年生が主力となりました。この日女子バレー部は菊川市の3体育館を会場に県内外のチームを集めて準公式戦「さわやか杯」が行われました。引退した3年生の背番号を引き継ぎ、2年生が一桁台の背番号を付けています。(写真上中左)『来年私は引退の年だからぜひ勝ってね!!』あいさつに来た子ども達に声をかけました。試合は多数のチームが参加するという事で変則の「1セットマッチ」で会場を移動しながら行われました。

平成29年8月13日(日曜日)    「BGMで心情を育てよう!!」一学期末授業シリーズ②

art01  art02  art03  art04

  美術室へ入っていくと音楽の授業でもないのになにやら音楽が流れていました。鈴木未先生が自分のスマートフォンを大型モニタに接続し、BGMを流しているようです。(写真左)「どうして音楽を流しているのですか??」『製作に集中させるためです。』なるほどと思い、聴いていると『もののけ姫』などの宮崎アニメの主題曲、挿入曲のようです。曲の展開によって、宮崎監督の描き出す「しし神の森」の超現実の世界に引き込まれていきそうです。BGMにのって子ども達の絵筆が走ります。子ども達一人一人の「超現実の世界」が描き出されていました。

平成29年8月12日(土曜日)    「メドレーリレーに挑む!!」一学期末授業シリーズ①

  一学期末に掲載できなかった授業を今日から3回シリーズでお届けします。

medray02  medray03  medray01  medray04

  以前、水泳は中学校体育の「必修種目」と御紹介しました。「できれば卒業までに競泳4種目で25m以上、つまり100m個人メドレーを泳げればいいですね。」とも書きました。この日の体育の授業では1年生が男女混合でメドレーリレーを行っていました。個人メドレーが「バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形」の順につなぐのに対してメドレーリレーでは4種目中、唯一水中スタートの背泳ぎが「第一泳」となり、以下、平泳ぎバタフライ、自由形とつなぎます。さまざまな水泳大会で、以前はオープニング種目にメドレーリレー、最終日の最終種目に400mまたは800mリレーを配置するのが普通でしたが、最近はメドレーリレーが最終種目になることが多いようです。私はそれに賛成で、メドレーリレーはその国(そのチーム)の競泳の競技力を的確に表すと思うからです。さて、菊西中の水泳のレベルは如何??

平成29年8月11日(金曜日)    「頑張った4選手に拍手!!」陸上部東海大会

tF01  tF02  tF03  tF04

tF11  tF12  tF13  tF14

tF24  tF21  tF23  tF22

  陸上競技の東海大会がエコパで開かれたので応援に行ってきました。本校からは2年100mに花香さん、共通100Hに里帆さん、共通110Hに隆くん、共通砲丸投げに丈治くんが出場しました。この日は3年生の「引退戦」の意味を込めて、全部員が応援に駆けつけました。他県から参加の選手の多くが、数名の選手団で、孤独な戦いを強いられるのに比べて全部員61名の声援を受けて競技できる本校の選手達に「地元開催」の有利さを感じました。※東京オリンピックも地元開催の利を生かして、大量のメダルが期待されます。よく目立つ黄色のユニフォームの本校の選手達の活躍が目立ちます。本年度の「中体連公式戦」も残すところ全国大会(九州ブロック開催)のみとなりました。全国の中学生アスリート達の熱い夏の戦いも大詰めです。この最終戦まで本校の3人が残ってくれた事を誇りに思います。陸上競技の全国大会は8月20日から熊本県で開催されます。熱い声援をお待ちしています!!

平成29年8月10日(木曜日)    「黄菊祭文化部門に向けて!!」合唱練習

gassyo01  gassyo02  gassyo03  gassyo04

gassyo11  gassyo12  gassyo13  gassyo14

  写真は一学期末の音楽の時間です。上段が2年生下段が3年生です。一学期末から黄菊祭文化部門の学級合唱つくりがスタートしています。本年は10月13日が黄菊祭文化部門です。一学期はまだ、楽譜を持って通称「音取り」と言う練習をしています。各パートのリーダがキーボードを鳴らし、その音に沿って声を出していきます。9月も中旬に入るとどのクラスも楽譜なしで歌います。中間テストが9月28日、合唱中間発表会が29日に設定されており、加えて1,2年生は部活動新人戦、3年生は学力診断調査があり、9月はハードスケジュールです。今年も講師・審査員を鶴見先生が引き受けて下さっています。「それが、あなたたちの思いをこめた歌声ですか・・・・!!」優しい鶴見先生ですが、合唱になると厳しい指導です。「合唱の鬼」鶴見先生に支えられ、子ども達は「感動の合唱つくり」にまい進します。

平成29年8月9日(水曜日)    「夏休みは校舎も補修します!!」無線LAN工事

LAN01  LAN02  LAN03  LAN04

  今日は「夏休みの中日(なかび)」明日から夏休みも後半に入ります。先生達は5日の「夏休み」を県から頂いています。夏休み前半は、部活動の大会、各種出張の連続でほぼ毎日出勤していましたが、来週は「夏休み」を取得する先生も多いようです。二学期に向けて準備ですね。同時に校舎も二学期に向けて補修を進めています。写真は教室棟の無線LAN(WiFi)の公示です。各教室のiPadがさらに高速でインタネットに接続できるようになります。子ども達の学習環境を整備して下さった菊川市の皆様に感謝です。『二学期はもっと楽しい授業に』するのが私達の使命ですね!!

平成29年8月8日(火曜日)    「いつも御苦労様・学校が綺麗です!!」学校当番

toban01  toban02  toban03  toban04

  夏休みは1ケ月半にわたって授業は休業になりますが、行政機関のひとつとしての学校は通常通り朝8時から夕方4時30分まで業務を行います。また、学期途中でも先生の出張で自習になることがありますが、夏休みは自習にする必要がないので、県や市の教育委員会もここぞとばかりに「出張」をかけてきます。夏休みは「学校は運営している。でも生徒はいない、先生も少ない。」と言う状況になるので、来校者を綺麗な校舎に迎えるために1年生の子ども達に「学校当番」と称して3年間に1日清掃作業をしてもらっています。日直の先生と打ち合わせ(写真左)後、職員室、廊下、玄関と応接室代りの「小会議室」の清掃、花壇や畑の水やりを5~6人で行います。おかげで、長期休業中とは言え、綺麗な校舎で来校者を迎えることが出来ます。1年生の子ども達、本当にありがとう!!

平成29年8月7日(月曜日)    「トップアスリートの引継ぎ!!」菊川市陸上大会

kikuriku01  kikuriku02  kikuriku03  kikuriku04

  PTAペタボード大会が終わって汗でびっしょり濡れたTシャツを着替えた後、エコパに車を飛ばしました。菊川市陸上大会が行われており、陸上競技部の子ども達がいるはずです。先日の「小笠陸上」を最後に3年生は引退していますし、東海大会、全国大会出場する選手は県の強化合宿に出ていますので、来年へ向けての小手調べです。

kikuriku11  kikuriku12  kikuriku13  kikuriku14

  『いつもの場所に毛布を敷いているかな??』そう思っていってみるとやはりいました。(写真上中左)水泳や陸上はスタンド裏等にシートや毛布を敷いて選手の待機場所にします。『陸上は場所が広くていいな!!』私も現役の水泳選手時代(特に下級生だった時)開場と同時にダッシュして「場所取り」をしたのを思い出します。陸上競技場はプールに比べて広いので悠々ですね。3年生はいないと思っていたら隆くんが出場していたようです。表彰台で表彰されている隆くんがいました。(写真下右)表彰は菊川市体育協会長で本校学校評議員をお引き受けいただいている岩水さんです。岩水さんは現役時代は女子バドミントンの選手として全国大会で活躍されました。隆くんも4種競技の県チャンピオンで全国大会に出場します。菊川市トップアスリートの『先輩から後輩へ!!』バトンは力強く引継がれました。 

平成29年8月6日(日曜日)    「スイカおいしそう!!全力投球!!」PTA親睦球技大会

peta01  peta02  peta03  peta04

peta11  peta12  peta13  peta14

peta21  peta22  peta23  peta24

  例年8月の第1土曜日にPTA親睦球技大会が計画されています。この日は吹奏楽部のコンクールと重なることが多いのですが、今年は菊川陸上大会とサッカーの準公式戦と重なってしまい、例年に比べで3年生の保護者の方の参加比率が多いと思いました。私はいつも3年生を『元気な学年』『明るい学年』と形容していますが、この日は体育館のあちこちから大きな歓声が上がり、『うーん!!この母にして、あの子どもたちあり!!』と思いました。子ども達はお母さんや家庭の影響を強く受けて育つものなのだと改めて感じます。種目は静岡県発祥のカーリングに似た競技「ペタボード」です。私は教頭時代を含めて菊西中で6回目のペタボードですが優勝した事がありません。『今年は優勝だ!!』と本気で臨んだのですが・・・・。PTA文化部の方たちが今年の賞品として、スイカ(写真下中右)とトウモロコシ(写真下右)を準備してくださり、楽しい1日を過ごしました。それにしても、スイカおいしそう!!食べたかった!!

平成29年8月5日(土曜日)    「アエル子どもサマーフェスティバルに参加!!」百笑クラブ

hyakusyo01  hyakusyo02  hyakusyo03  hyakusyo04

hyakusyo11  hyakusyo12  hyakusyo13  hyakusyo14

  現在、菊川市民文化会館アエルで「アエル子どもサマーフェスティバル2017」(写真上左)が行われています。本校では百笑クラブがボランティア参加しました。「百笑クラブ」と言うのは、部活動とは別に希望する先生達と子ども達が活動をしているクラブで、この日はスラックライン(写真上中右)を設置したり、「地球暦」や「無農薬野菜」など総合的な学習の時間の学習成果を披露したりしました。(本校の総合的な学習の時間は「ふるさと志向力」を高めるキャリア学習と称して、職業、菊川茶・・・・の学習を進める中で、本年度「環境教育全国大会」(12/8)の会場校を引き受けることから「ESD」「パーマカルチャ」などという分野も含め、「持続可能な菊川市」を目指す学習もすすめてています。)すラックラインに挑戦する小学生の手を引く姿(写真上中右)に思わずほほが緩みました。

平成29年8月4日(金曜日)    「県大会シリーズ最終回!!」臨設柔道部

judo01  judo02  judo03  judo04

  県大会観戦記シリーズの最終回は臨設柔道部です。小笠中体連加盟種目のうち、水泳と柔道は本校に部活がなく、クラブチーム所属の生徒のために臨設部を立ち上げ、中体連公式戦のみ参加します。※サッカー、野球に関しては選手の二重登録が認められていないため、外部クラブチームに所属している生徒が本校の部活に参加する事は出来ません。今年、男子柔道部は5人の選手がそろったので小笠大会は団体戦にも参加しましたが、県大会は個人戦で1年生の巧麻くん、3年生の丈治くんの2人が進出しました。監督は教頭先生、技術コーチは安江さんが登録されています。この2人がベンチに入ります。丈治くんは3年連続の県大会出場で、『今年は上位に入り、東海大会も!!』とひそかに思っていました。陸上競技ですでに東海大会を決めている丈治くんです。『こっちも東海大会へ行ければどっちに出る??』・・・・楽しい時間を過ごしました。※対戦結果は「部活動試合結果」ページに掲載してあります!!

平成29年8月3日(木曜日)    「県大会は奇しくも同じ学校でした!!」男子テニス部

  県大会男子テニス会場の写真を監督の森下先生が撮って来てくれました。男子テニスは個人戦に武藤・杉田ペアが出場しています。対戦相手は奇しくも女子バレーの一回戦と同じ御殿場富士岡中のペアです。

tennis01  tennis02  tennis03  tennis04 

tennis11  tennis12  tennis13  tennis14

  いつも感じますが、テニス会場は防球ネットが邪魔でうまくピントが合いません。昨年からこの2人のペアで、春の県大会も含めてこの日までたくさんの試合を戦って来ました。「負ければ終わり」2人の最終試合となります。『うらみ重なる富士岡中のペアに一泡吹かせて、女子バレー部の敵討ちだ!!』しかし健闘むなしく返り討ちに会ってしまいました。幾多の戦績を残してきた武藤・杉田ペア!!2人の健闘に乾杯!!※スコアは「部活動試合結果」ページに掲載中!!

平成29年8月2日(水曜日)    「東海・全国で全力を尽くします!!」市長表敬訪問

hyokei03  hyokei04  hyokei01  hyokei02

  本校陸上競技部の東海大会、全国大会出場を決めている隆くん、花香さん、里帆さん、丈治くんの4選手が市役所に市長(写真左)を表敬訪問しました。3月の野球部の表敬訪問の記事で御紹介しましたように太田市長は菊西中野球部OB、石原教育長(写真中左)は菊西中陸上競技部OBです。奇しくも3月の訪問では太田市長の直接の後輩達、今回の訪問では石原教育長の直接の後輩達が市役所に嬉しいニュースを届けることが出来ました。

hyokei11  hyokei12  hyokei13  hyokei14

  この日は菊川市出身のインタハイ水泳に参加する袋井商の選手と女子少年野球関東大会に参加する小学生選手達と一緒の訪問でした。記念撮影は「おすまし顔」(写真右)と「ガッツポーズ」(写真中右)の2枚を撮影しました。子ども達の言葉通り、熊本に「菊西旋風」を巻き起こして欲しいところです。

平成29年8月1日(火曜日)    「難敵にも怯まず、胸を借りました!!」女子卓球部

tableF01  tableF02  tableF04  tableF03

  中体連参加種目中最終の県卓球大会がエコパアリーナで行われました。本校からは女子チームが参加しました。初戦の相手は難敵「修学舎中」と聞いていましたが、開会式(写真左、中左)を見ていてビックリしました。恒例の「優勝杯返還」では修学舎中の男女チームが出てくるではありませんか?『昨年度の優勝チームだったのか!!』

tableF11  tableF12  tableF13  tableF14

tableF21  tableF22  tableF23  tableF24

  試合が始まりました。さすがに前年度優勝校の壁は厚くポイントを奪うも1セットも取れずに次々と敗退します。いつも穏やかで優しい笑顔の増田監督が珍しく厳しい表情で指示を与えます。(写真下中左)修学舎中の選手がラケットを縦に使った妙なフォーム(卓球素人の森田が見たところです・・・・)から繰り出すサーブに翻弄されているようです。『どんなに強くても、相手はお前達と同じ中学生の女の子だ!!勝てない訳がない!!』この言葉は私が女子バスケの監督時代に何度も子ども達にかけていた言葉です。悔しさをバネに更なる飛躍を期待します!!

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市市内小中学校菊川西中学校

電話:(0537)35-3546

ファックス:(0537)35-3547

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?