• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 菊川市立菊川西中学校 > 菊川西中学校9月掲載記事

ここから本文です。

更新日:2018年10月2日

菊川市立菊川西中学校9月掲載記事

トップページブログ  URL:http://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/kikunishi/index.html

平成30年9月30日(日曜日)    「瞬発力と集中力で勝利をつかめ!!」新人戦アルバム11

  中体連新人戦小笠大会は本日の小笠新人陸上大会が台風接近のため中止(延期ではなく)となりましたので、新人戦アルバムも今回の男子卓球が最終回となります。※陸上競技の新人戦は、小笠大会と別のブランチで今月1日に西部大会、昨日県大会が行われ、男子400mRチームが大会新記録で優勝したという嬉しいニュースが届きました。詳しい記録は「部活動試合結果ページ」に掲載中。男子卓球部は以前、県大会上位の常連チームでした。潜在能力の高い選手がそろっています。今後の戦いが楽しみですね。

tableM04  tableM01  tableM02  tableM03

tableM12  tableM13  tableM14  tableM21

tableM22  tableM23  tableM24  tableM25

平成30年9月30日(日曜日)    「夏の大会のリベンジを!!」新人戦アルバム10

  女子卓球部は夏の大会団体戦決勝戦で大浜中に敗れ、『準優勝』に終わりました。「打倒大浜中」が女子卓球部の目標です。今年、大浜中は県大会も抜けて東海大会出場を果たしています。「来年の夏は、私達が東海大会へ」子ども達の心の中には来年夏に向けて闘志が秘められているようです。頑張れ卓球少女達!!

tableF01  tableF02  tableF03  tableF04

tableF11  tableF12  tableF13  tableF14

tableF21  tableF22  tableF23  tableF24

平成30年9月29日(土曜日)    「難しい物理学への導入!!」3年理科

phys01  phys02  phys03  phys04

phys11  phys12  phys13  phys14

  3年生が理科で物理分野の「運動学」を学んでいます。「速さ」「時間」「移動距離」の関係は数学の応用問題の中でも子ども達を悩ませるもので、「濃度問題」と双璧ですね。『地球表面の一様な重力場で、重力のみに引かれて台車が斜面を落下する時、どのような運動をするのでしょうか??』力学を学ぶものが、一番最初に取り扱う問題です。この後ろには広大な物理学の沃野が広がっています。子ども達の中に物理学の研究に進む子がいれて欲しいな!!

平成30年9月29日(土曜日)    「いつもの辛口指導で!!」合唱中間発表会

  合唱の中間発表会を行いました。今年も審査員・講師は「辛口指導」の鶴見先生です。「合唱で使う楽器は体、上手な合唱をしたければまず、体つくりから!!」鶴見先生独特の理論と体つくりのエクササイズを教えてくださいます。「このエクササイズで体つくりができれば、歌だけでなく、学力も運動能力も上がるのですよ。東京の小学校で実践して、実証済です」校長室で鶴見先生がおっしゃいます。合唱つくりを通して知能も運動能力も高める子ども達です。

gasyou01  gasyou02  gasyou03  gasyou04

gasyou11  gasyou12  gasyou13  gasyou14

gasyou21  gasyou22  gasyou23  gasyou24

平成30年9月28日(金曜日)    「これぞ、王者の貫禄!!」新人戦アルバム9

tennisM

  男子テニス部は雨天の22日土曜日に試合開始時刻を遅らせて大会を開催したようです。教頭先生が男子テニス会場についた時、ちょうど待機中で、試合の写真数撮れなかったようです。ゴメンナサイ!!しかし、小笠地区南部で団体優勝と個人戦では1位から5位を独占したという知らせを届けてくれました。2年生にとって、来年は全国大会のセンターコートに立つことを目標として今回は通過点ですね。これぞ、『王者の風格』です。

 

平成30年9月28日(金曜日)    「アタックNO.1!!」新人戦アルバム8

volleyF01  volleyF02  volleyF03  volleyF04

volleyF11  volleyF12  volleyF13  volleyF14

volleyF21  volleyF22  volleyF23  volleyF24

  女子バレー会場はいつも熱気に包まれています。『くるしくったってー』『だって、涙が出ちゃう、女の子だもーん』往年のバレースポコンアニメのテーマ曲が脳裏を掠めます。小笠地区の女子バレーは非常にハイレベルと聞いています。『県優勝するより、小笠で優勝するほうが難しい!!』これは、ちょっと言いすぎ??頂点目指して駆け上がれ!!

平成30年9月27日(木曜日)    「バレーはボレー!!」新人戦アルバム7

  次はバレーボールです。御存知のようにバレーボールはテニスから派生した競技でテニスの「ボレー」(ノーバウンドでボールを相手コートに返す)が名前の由来です。したがって、ボールをファンブルしてコートに落としてしまうと即、相手の得点になるという「ミスが許されない」点が前回のバスケットボールと違います。「繊細な」スポーツですね。

volley04  volley01  volley02  volley03

volley11  volley12  volley13  volley14

volley21  volley22  volley23  volley24

平成30年9月27日(木曜日)    「ファールとバイオレーション!!」新人戦アルバム6

  「反則」で審判の笛が鳴る回数が最も多い種目はバスケットボールでは無いでしょうか??体の接触を伴わないルール違反を「バイオレーション」、体の接触を伴う場合を「ファール」と言います。バイオレーションは制限が有りませんが、ファールは一試合1人4回までで、5回目をした時点で「退場」となります。決して広くないコートで10人の体の大きい選手達が体を接触させないようにボールを操り3m05cm上空のゴールに入れる迫力満点のスポーツです。

baskM01  baskM02  baskM03  baskM04

baskM11  baskM12  baskM13  baskM14

baskM21  baskM22  baskM23  baskM24

平成30年9月26日(水曜日)    「空中の戦いを制せ!!」新人戦アルバム5

  天候に関係なくやれるバスケットボール、バレーボールは「空中の戦い」ですね。まずは女子バスケットボールから

baskF03  baskF01  baskF02  baskF04

baskF11  baskF12  baskF13  baskF14

baskF21  baskF22  baskF23  baskF24

平成30年9月26日(水曜日)    「中間テストに向けて!!」テスト前補習

hosyu01  hosyu02  hosyu03  hosyu04

hosyu11  hosyu12  hosyu13  hosyu14

  明日、二学期中間テストが予定されています。始業式からちょうど1ケ月です。この日「テスト前補習」を実施しました。全員参加ではなく、希望者だけですので写真のように席が空いています。「自発的、対話的、深い学び」が文科省が提案する次期学習指導要領の中心テーマですが、まさに、「自発的学び」の一つですね。先生達もその自主性をサポートするために各教室に散って、子ども達の質問に対応しています。3年生は、中間テスト、10月三者面談、期末テスト、第二回学力診断調査、12月三者面談と続く進路決定に向けた正念場です。

平成30年9月25日(火曜日)    「1点差ゲームが惜しい!!」新人戦アルバム4

  ソフトボール部は夏の大会「県5位」もう少しで東海大会出場と言うところまでこぎつけました。2年生にも夏の大会に出場したぬ選手が残る中、安定した試合を見せてくれました。

soft01  soft02  soft03  soft04

soft11  soft12  soft13  soft14

soft21  soft22  soft23  soft24

平成30年9月25日(火曜日)    「夏に続いて連続準優勝!!」新人戦アルバム3

  数年来、部員数が確保できず、中々団体戦に「フルメンバ出場」できなかった女子剣道部ですが、夏に続いて5人で団体戦を戦いました。成績も『団体準優勝』と来夏の県大会に向けて弾みが着きました。

kendo01  kendo02  kendo03  kendo04

kendo11  kendo12  kendo13  kendo14

kendo21  kendo22  kendo23

平成30年9月24日(月曜日)    「初戦で苦渋!!」新人戦アルバム2

soccer01  soccer02  soccer03  soccer04

soccer14  soccer11  soccer12  soccer13

soccer21  soccer23  soccer24  soccer2

  22日土曜日は朝から雨が降っていました。野球、ソフトボールなど屋外種目が軒並み中止になる中、折からの雨を衝いてサッカーの試合が行われました。結果は残念ながら初戦で苦汁をなめたようです。

平成30年9月24日(月曜日)    「まずは、コールド発進!!」新人戦アルバム1

  新人戦は小笠地区を南北に分けて開催し、短期間に終了します。私は「会場担当」ということで、女子テニス会場に終日詰めることを中体連本部から言い渡されていましたので、教頭先生が各会場をまわり、写真撮影してくれました。各部の活躍をアルバム形式で毎日2回更新でお届けします。お楽しみください。第1回は野球部です。※各部の試合結果は「部活動試合結果」ページに掲載中です。

base01  base02  base03  base04

base11  base12  base13  base14

base21  base22  base23  base24

平成30年9月23日(日曜日)    「エースをねらえ!!」女子テニス新人戦

tennis01  tennis02  tennis03  tennis04

tennis11  tennis12  tennis13  tennis14

tennis21  tennis22  tennis23  tennis24

  昨日、雨で順延の新人戦女子テニスが本校会場で行われています。団体戦と個人戦を同一日に行うという教興日程です。午前中は団体戦です。本校は予選リーグを1位通過しました。昨日雨天の中、強行実施した男子会場で本校男子チームが圧倒的な強さで優勝したというニュースが入っています。『めざせ、アベックV』女子チームの気合も入ります。今年も女子テニス会場担当で、会場を離れられないので、一日たっぷりテニス三昧です。

平成30年9月23日(日曜日)    「二次方程式で解決せよ!!」3年数学

EQ01  EQ02  EQ03  EQ04

EQ11  EQ12  EQ13  EQ14

  3年生が数学で『二次方程式の応用問題』に挑んでいます。「一辺5mの四角形ABCDの頂点Cから秒速1mでDに向かって辺上をすすむ点Pと、頂点DからAに向かって秒速2mで辺上をすすむ点Qが同時に出発する時、三角形BPQの面積が四角形ABCDの面積の2分の1になるのは、何秒後か」松下裕先生が問いかけます。『??????』3年生の子ども達の頭の中で「?」マークが乱舞します。『まず、何を言っているのかよくわからない』子ども達の正直な感想では無いでしょうか。ある意味「数学の応用問題や物理の問題は問題の読み取り力」です。問題の意味を正確に読み取り、「数式」に置き換えることができれば、もう解決したも同じです。がんばれ3年生!!あなた達にはその力が有ります!!

平成30年9月22日(土曜日)    「運動の法則を理解せよ!!」3年理科

undo01  undo02  undo03  undo04

undo11  undo12  undo13  undo14

  3年生が生物分野を終わって、「物理分野」力学の単元に入りました。「運動(移動距離、時間、速さ)」と「力」「仕事」「エネルギー」と言った抽象的な概念をこれから3ケ月程度の時間をかけて学ぶことになります。平たく言うと「数学の応用問題」を説くような感覚でしょうか?私は物理が専門ですので楽しいところですが、子ども達にとってなかなか理解に手間取るところでも有ります。まずは、物体の運動と力の関係を明らかにします。普段何気なく見ている物体の運動ですが「坂道をおりた後、自転車の速さはどのように変化するでしょうか」・・・ちょっと考え込んでしまいますね。

平成30年9月22日(土曜日)    「体にプレゼント!よい睡眠を!」学校保健委員会

hoken01  hoken02  hoken03  hoken04

hoken11  hoken14  hoken12  hoken13

hoken21  hoken22  hoken23  hoken24

  生徒会保健委員会の子ども達が中心となり、『学校保健委員会』を行ってくれました。保護者代表として西田PTA会長さまも来校して下さりました。(写真上段)保健委員会では全校生徒にアンケートを取り、菊西中生の睡眠の実態を示しながら、演劇を交えて『良い睡眠を取るためには・・・・』と言う提案を行いました。(写真中段)最後は、睡眠についてのアンケートです。(写真下段)ICT機器の発達により、夜遅くまでSNSやWebゲームに熱中する子どもが増加しています。しかし『睡眠が成長ホルモンの分泌を促す』事も事実です。中学生にとって睡眠は成長に不可欠です。

平成30年9月21日(金曜日)    「かなり盛り上がって来ました!!」合唱練習

gasyo01  gasyo02  gasyo03  gasyo04

gasyo11  gasyo12  gasyo13  gasyo14

  合唱練習が本格化してきました。毎日の昼休み、帰りの会延長時間を利用して練習を行っています。「朝練習」は中間テスト後開始の予定です。多くのクラスでパート練習を卒業して全員での「合唱」に入っています。3年生の一部クラスでは授業の間の10分間休み時間も使って練習をしています。今週末の中体連新人戦、来週の中間テストが終わると前項が合唱モード一色に染まります。中間発表会は9月28日の予定です。

平成30年9月21日(金曜日)    「すごい成長速度!!」2年技術

suiko01  suiko02  suiko03  suiko04

suiko11  suiko12  suiko13  suiko14

  2年生の技術科『栽培分野』の学習が本格化してきました。子ども達は1人1セットずつ水耕栽培のキットを使ってリーフ野菜を栽培しています。(写真上段中左)そして、LEDライトを24時間照射し続けます。こうすると通常の露地栽培で育てる場合に比べて2~3倍のスピードで成長します。LEDにかかる電力量は微々たるものですので事業として考えると、露地栽培で1回収穫の間に2~3回収穫できることになり、食糧増産の突破口になりそうです。しかも、教室内での栽培ですので夜のうちに教室の空気を綺麗にしてくれる効果も有りそうですね。子ども達は、iPadを使って成長記録をつけ、LED栽培の効果を検証しています。『うーん、それにしても24時間光を当てっぱなしでは植物体が疲労しないかな??』と、私は心の中でつぶやきました。実際はどうなのでしょう??子ども達の研究結果が待たれます

平成30年9月20日(木曜日)    「日本の産業について考えよう!!」2年社会

sangyo01  sangyo02  sangyo03  sangyo04

sangyo11  sangyo12  sangyo13  sangyo14

  2年生の社会の時間を覗いてみました。1,2年生の社会の時間は先生が2人付くティームティーチングを行い、ジグソー学習と呼ばれる学習を展開しています。この日は「日本の産業」について学習していました。「日本の第3次産業がドンドン増えているのはどうしてだろうか」と言う質問に対して子ども達は資料を手分けして調べ、それぞれの結果を継ぎ合わせることによって答えを見つけようと言うものです。「自発的、対話的な深い学び」は新学習指導要領で求められている学力観に対応するものです。子ども達の「問題解決力」を向上させようと言う取り組みです。

平成30年9月20日(木曜日)    「北海道地震に支援の手を!!」生徒会募金活動

bokin01  bokin02  bokin03  bokin04

bokin11  bokin12  bokin13  bokin14

  西日本の豪雨災害に続いて北海道で直下型地震が起こり、甚大な被害を出しています。本校では、生徒会が中心となって『少しでも被災地の役に立ちたい』と募金活動を始めました。子ども達はなけなしのお小遣いから募金をひねり出し、募金箱に入れています。最終的に集まる金額は僅かな物かもしれませんが、『自分達のできる事をして少しでも役に立とう!!』という子ども達の気持ちは東京スカイツリーより高いものです。

平成30年9月19日(水曜日)    「学級合唱の醍醐味を味わおう!!」1年音楽

call01  call02  call03  call04

call11  call12  call13  call14

  「アアアア アアアアアー」コーリューブンゲンが聞こえて来ました。校長室の真上の音楽室に行って見ると子ども達があごに指を当てて発声練習をしています。『うーん、さすがは上仲先生、なかなかユニークな練習をさせているな』と思いながら聞いていました。1年生は初めての『学級合唱』です。上級生との合同練習等を通して、合唱作りの醍醐味を堪能して欲しいなと思っています。

平成30年9月19日(水曜日)    「跳び箱の恐怖に打ち勝て!!」2年体育

monster01  monster02  monster04  monster11

monster12  monster13  monster14  monster15

  2年生が体育で器械運動「跳び箱」に挑戦していました。以前、TVの娯楽番組で有名スポーツ選手が巨大な跳び箱を跳び越すゲームをやっていました。その時に跳び箱を「モンスターボックス」と名付けていたのを思い出しました。子ども達は台上で倒立から前方展開につなげ着地を決める技に挑戦していました。前段階として台上に頭をつけて床運動の「前転」の要領で着地につなげている子もいました。着地に失敗して尻餅をついてしまう子もいます。びっくりしたのは、どの子もモンスターボックスを恐れず、果敢に技に挑戦していることです。私のような運動神経に不自由な者から見ると「スーパーマン」に見えてしまいます。2年生のFightに乾杯!!

平成30年9月18日(火曜日)    「DNAの謎に迫れ!!」3年理科

dna01  dna02  dna03  dna04

dna11  dna12  dna13  dna14

  3年生が生物単現の総まとめとして「DNAの抽出実験」を行っていました。遺伝子の本体はDNAでも、それを生で見た事のある人がどれほど居るのでしょうか??教科書や資料集の図でしか知らない場合が多いと思います。「実証」が求められる科学の学習において自分の眼で見る事はとても大切ですね。ピペットの使い方などにおぼつかなさの残る子ども達がDNAを見ようと一生懸命です。理科室が研究室になっていました。中学生科学者にエールです。

平成30年9月18日(火曜日)    「電話のかけ方わかる??」2年総合

call01  call03  call02  call04

call11  call12  call13  call14

  2年生の総合的な学習の時間です。2年生は来月末に『職場体験実習』を控えています。実習させていただく事業所もほぼ決まりました。次は『事前打ち合わせ』です。「もしもし、私は今度職場体験実習をさせていただく菊川西中学校の○○と言うものです。お忙しいところ恐れ入りますが担当の方と打合せをさせていただけるでしょうか・・・・。」本校は「根っ子郷育」と称して、挨拶、清掃、礼儀・マナーを徹底する教育を重視していますが、子ども達にとって、このような電話応対におけるマナーはたぶん最体験となると思います。各クラスで原稿を書いての練習が行われています。

平成30年9月17日(月曜日)    「床運動で着地を決めろ!!」1年体育

floor901  floor902  floor903  floor904

floor911  floor912  floor913  floor914

  1年生の体育です。「体操種目」の「床運動」に挑戦しています。体操種目のように「見た目の美しさ」がものをいう種目でICTは欠かせません。昨年度の工事により、体育館でもWiFiが使えます。動画撮影し、スロー再生、コマ送りなど思いのままです。きれいな着地がビシッと決まったかな??

平成30年9月17日(月曜日)    「敬老会でも菊西中生大活躍!!」ボランティア・吹奏楽

volun1  volun2  volun3  volun4

  昨日菊川市の敬老会が行われました。本校の学区は5会場を抱えるため、前半のセレモニーの部分は横地地区、後半のエンタテインメントの部分は内田地区に参加させていただきました。写真は横地会場です。「御長寿おめでとうございます。お席まで御案内します」本校の1年生と3年生の女生徒がボランティア活動をしていました。

brass01  brass02  brass03  brass04

brass11  brass12  brass13  brass14

brass21  brass22  brass23  brass24

  引き続いて内田小会場に向かいました。奇しくも内田小から横地小に移動しながら挨拶をされた太田市長と逆コースになりました。「内田会場では、吹奏楽部が演奏するんだろう??あんたが指揮するのか??」「とんでもない、そんなことはとても無理ですよ!!」・・・・市長とこんな雑談をしながら、内田会場に着きました。毎年内田会場に招待されている吹奏楽部の子ども達は手慣れたものです。「吹奏楽部はまだ3年生が現役で残っています。聞いてやってください」私は実行委員会の人にこう話ましたが、今年から「大編成」となった吹奏楽の迫力ある演奏に拍手喝采でした。

平成30年9月16日(日曜日)    「1時間でロボットを完成しよう!!」3年技術

robot01  robot02  robot03  robot04

robot11  robot13  robot13  robot14

  金工室を覗いてみると3年生が「ロボットカー」を作っていました。最終的にはコンピュータのプログラムでロボットカーを制御し、「迷路を抜けさせる」のが目的です。「この1時間でロボットカーを完成してください」技術科担当の岡田先生がなかなか厳しい注文を子ども達に投げかけます。「光センサ」「接触センサ」などのセンサを装備し、プログラムを記憶、実行するマイクロコンピュータを搭載している本格的なロボットカーです。みんな、1時間で完成できた??

平成30年9月16日(日曜日)    「関数の妙技を堪能しよう!!」2年数学

func01  func11  func04  func02

func03  func12  func14

  2年生の数学です。「関数」の単元に入りました。数学には「純粋数学」と゜「実用数学」があります。純粋数学は「三次元のコンパクトな多様体で、π1が消失する場合、その多様体が3次元球面と同相である」(ポアンカレの定理)※「三次元球面は4次元空間中の定点からの距離が一定の3次元に広がった(????)点の集合・・・・何の事かさっぱり分かりませんが、このように高度に抽象的な概念を扱います。一方実用数学は実際の場面で使う数学で、物理が専門の私は『物理数学』として学びました。「実用数学の王」が関数だと思います。私達が便利に使う科学機器のもとになっている物理法則は(ほとんど全て!!)関数で書かれています。科学文明の入り口に立つ子ども達です。

平成30年9月15日(土曜日)    「奉仕作業ありがとうございました!!」PTA3年部

sagyo01  sagyo02  sagyo03  sagyo04

sagyo11  sagyo12  sagyo13  sagyo14

  PTAの3年生親子奉仕作業が終了しました。本日は天候の関係上、校舎内美化活動になりました。本当は来週末から始まる新人戦に向けて、陸上競技部、サッカー部、ソフトボール部、野球部の練習に妨げにならないようにグランドの除草作業をお願いしたかったのですが、先週から一週間伸び、来週末はもう新人戦本番と言うことで、苦渋の選択でした。このイベントのもう一つのねらい「親子で一緒に汗を流して、お話しする機会を作ろう」は充分達成されたのでは無いでしょうか?H30年度も半年が過ぎようとしています。生徒活動もPTA活動も後半戦ですね。

平成30年9月15日(土曜日)    「太田市長に物申す!!」3年総合

teigen01  teigen02  teigen03  teigen04

teigen11  teigen12  teigen13  teigen14

  2学期に入って3年生の総合的な学習の時間が本格的に動いています。本校の総合的な学習の時間はキャリア教育をベースに「パーマカルチャ」「ESD」と言った内容を付加し、「菊川市を持続可能な街にし、子ども達にふるさと志向力を付けさせよう」というねらいで実施しています。その集大成として3年生が「菊川市の未来に提言」を行います。一昨年は、菊川市議会本会議場を借りて、昨年は環境教育全国大会の場を借りて、それぞれ3年生が菊川市の未来に対して提言を行いました。今年はどんな発表を行うのでしょうか??これから3ケ月の研究が山場ですね。

平成30年9月14日(金曜日)    「中学校の合唱はどう??」1年音楽

gasyou01  gasyou02  gasyou03  gasyou04

gasyou11  gasyou12  gasyou13  gasyou14

  1年生が音楽で、学級合唱を進めています。2,3年生に比べて音楽の時間数の多い1年生はもう全体練習に入っているようです。1年生が上級生との「発達の差」を感じるのはこの学級合唱です。「どこまでも澄んだ高いソプラノ」「おなかに響くような重厚なバス」声変わりの済み、大人の声で歌う上級生と1年生との差は歴然です。今までの教員生活の中手も1年生が上級生に憧れを持つのは学級合唱がきっかけになることが多かったように記憶しています。

平成30年9月14日(金曜日)    「先生達緊張の一日!!」県教委訪問

homon01  homon02  homon03  homon04

homon11  homon12  homon13  homon14

  県教育委員会の「人事担当参事」の訪問がありました。7月に来校した「教育主幹」の主目的は「授業の様子を観察し、先生達の授業の改善をはかる」ことですので、教育主幹の視線は先生達の様子とともに子ども達の学びの姿に注がれていました。一方、今回の訪問は文字通り先生達の人事が目的ですので、視線は主として「先生」に向けられています。そういう意味で先生達にとって7月の訪問以上に緊張の一日でした。県教委の参事の目に菊西中教育はどのように映ったでしょうか??校長としてもちょっと気になるところでは有ります。

平成30年9月13日(木曜日)    「本格始動しました」黄菊祭実行・推進委員

jikko01  jikko02  jikko03  jikko04

jikko11  jikko12  jikko13  jikko14

  黄菊祭文化部門の「実行委員会」と「推進委員会」が行われました。本校の黄菊祭文化部門は会の運営を司る「実行委員会」と各学級の合唱つくりの中心となる「推進委員会」の2本立てで実施されます。この日は第一回委員会が行われました。「推進委員会」早くも体育館に行って「指揮者」「伴奏者」「ナレータ」などの紹介や動きなどについて相談していました。これから、中間テストをはさんで校内が合唱一色に染まります。

平成30年9月13日(木曜日)    「おみごと!!県中部大会出場」英語スピーチ

sp1

sp2

  英語弁論大会小笠大会が行われました。本校代表は3年生の京夏さんです。例によってスピーチコンテストそのものの撮影が許されていないので、表彰式と横断幕の前での写真です。京夏さんは小笠大会を突破し、県中部地区大会コマを進めました。その後、県大会、全国大会の順にコンテストが続きます。京夏さんは「Organ transplant」(臓器移植)をテーマにした非常に重いテーマについて自分の体験を元に熱く語りかけました。この大会は昨年、本校代表の怜依さんがみごとに全国大会出場を果し、東京で開催された本体会の大舞台で、熱く語りました。「怜依さんみたいに・・・・」京夏さんが自分も全国の舞台でスピーチしたいという思いを語ったと英語担当の澤入先生が私に話してくれました。京夏さんは「命を充実させるためにいつも全力でやること」をスピーチに盛り込んでいます。「全国」を目指して頑張る京夏さんにエールです。

平成30年9月12日(水曜日)    「石像が自分で歩いた??」2年国語

moai01  moai02  moai03  moai04

moai11  moai12  moai13  moai14

  2年生が国語で『解説文(説明文)』に挑戦しています。国語と英語は「日本語」「英語」という道具を使う教科です。ですから、英語ははもちろん国語のでも「漢字」「文法」など道具の使い方そのものを学ぶことも有ります。しかし、基本的に英語で、日本語で書いてある『内容の理解』が大切です。子ども達はイースター島の石像「モアイ」についての説明文を読んでいました。奇しくも、英語にも同じ、モアイを扱った単元があったように覚えています。「モアイは自分で歩いて設置場所に行った??」さあ、これはどう言うことなのでしょうか??

平成30年9月12日(水曜日)    「後期は頼んだよ!!」生徒会引継ぎ

hikitsugi01  hikitsugi02  hikitsugi03  hikitsugi04

hikitsugi11  hikitsugi12  hikitsugi13  hikitsugi14

  前期最終の専門委員会を行いました。その後、新旧の専門委員長が会議室、図書室等に分かれて『事務引継ぎ』を行いました。「生徒大会前ですが、10月から新専門委員会に移行します。特別な活動はともかく、常時活動は10月から新専門委員会に移行しますので、どうすれば良いかしっかり引継ぎをしておいて下さい。」2年生徒会顧問の佐藤先生の注意の後テーブルに分かれて引継ぎが行われます。『ここはね、~が大切だから、こうすればいいの・・・・』3年生の委員長の説明に緊張して聞き入っている2年生委員長の表情がフレッシュでした。

平成30年9月11日(火曜日)    「デービー先生にインタビューしよう??」3年英語

inter01  inter02  inter03  inter04

inter11  inter12  inter13  inter14

  3年生の英語です。「デービー先生にインタビューしよう」というテーマでインタビューのネタを捜しています。しばらくすると隣の子とペアで、デービー先生役とインタビュア役に分かれてリハーサルです。「相槌を打って」「リアクションを入れて」など澤入先生から次々に注文が入ります。相手が自分の思っても見なかった答えをした時に、会話をつなげていくのが子ども達にとって至難の業になっています。次は本番です!!がんばれ!!

平成30年9月11日(火曜日)    「~しましょうか??」2年英語

shimasyo01  shimasyo02  shimasyo03  shimasyo04

shimasyo11  shimasyo12  shimasyo13  shimasyo14

  2年生の英語の時間を覗いてみました。『~しましょうか?』と申し出る表現について学んでいます。「~しようか?」と言う言い方に対して少し丁寧な敬語的表現です。日本語には日本人でも使い方が難しい複雑な敬語が有りますが、英語にも「丁寧な言い方」は存在します。私には苦い思い出が有ります。アメリカ人の友達とmail交換を楽しんでいた時「~を録画して送ろうか?」という彼に対して「そこまでしていただく必要は有りません」と言う意味のつもりで私は「You need not to record.」とやってしまい、彼を怒らせてしまったことが有りました。「need not」は強い拒絶の意味があったのを思い出しました。子ども達は「丁寧な言い方に慣れたでしょうか??

平成30年9月10日(月曜日)    「ぼくの小物入れ売れる??」1年技術

kimo01  kimo02  kimo03  kimo04

kimo11  kimo12  kimo13  kimo14

  1年生の技術科で、小物入れの「審査」を行っていました。この作品は市場で『売れる』ものを作るという訳では無く、今度作る「整理棚」のための基礎技術を学ぶことに有ります。「水平になるようにするには」「強度を確保するには」「見た目を美しくするには」・・・・など、実際に『売れる』商品にするには学ぶことがいっぱいです。表題の言葉は私が20代の頃、教室で使う道具を作っていたら、あまりの下手さ加減に驚いた同僚の技術科教員が『そんなものを作っていたらとてもじゃないけど売れないぞ!!』と言ったのが元です。確かに、「工業高校、農業高校で学んだ事を基に生徒が製作、栽培したものを販売する」と言うのは時々聞きますね。『僕の小物入れ、売れる? いくらで買ってくれる?

平成30年9月10日(月曜日)    「対策は万全??」テスト日

test01  test02  test03  test04

test12  test11  test13  test14

  先週3年生が学力診断調査を行うのに並行して1,2年生も実力テストを行い、『テスト日』としました。3年生の学力診断調査は県校長会の主催で、参加を希望する学校は同一日に同一問題で行いますが、台風21豪の接近の対応が県内各市により違うのを受けて学力診断調査の日も各市でばらつきが起こり、情報漏洩を防ぐため、本サイトへの掲載も先週中は行いませんでした。3年生にとって義務教育最終年となる今年、今まで「9年間の学習でどの単元が理解不充分なのか」を見極めるテストです。その昔「出文テスト」と言った時には志望校別の順位が付き、学校でも受験指導のデータの一つとして活用していました。今は目的が違うとは言え、3年生にとって緊張の一日でした。

平成30年9月9日(日曜日)    「幼児はかわいいぞー!!」2年家庭

hoiku01  hoiku02  hoiku03  hoiku04

hoiku11  hoiku12  hoiku13  hoiku14

  2年生が家庭科『保育領域』を学んでいます。例年2年生は年末から『保育実習』を行います。この日は保育実習に持って行く『自作絵本』を作っているようです。幼児にとって『遊びは学び』です。絵本など与える玩具によって幼児の成長が違ってきます。『幼児の○○を育てたい』と考え、子ども達はどんな絵本をほ作るでしょうか??

平成30年9月9日(日曜日)    「迷路を抜けるプログラムに挑戦!!」3年技術

program01  program02  program03  program04

program11  program12  program13  program14

  パソコン室を覗いてみると3年生がプログラミングの学習をしています。生徒用iPadが105台配備され、校舎から体育館までWiFiが張り巡らされ、いつでもどこでもインタネットの使える環境にある本校ですが、プログラミング学習にはパソコン室が使われます。新学習指導要領では「道徳の教科化」「小学校英語」と並んで「プログラミング的思考」が目玉です。中学校は技術科でプログラミングを扱っていましたが、今回はプログラミングを元にした「思考力」に注目です。子ども達は「タートル」と呼ばれるカーソルに命令を与えて、迷路を抜けさせるプログラムを作っています。現在の「ノイマン型」と言われるコンピュータにプログラムは必須です。ICT社会を生きる子ども達にとっても必須の思考ですね。

平成30年9月8日(土曜日)    「大好きなふるさと菊川を持続可能な街に!!」2年総合

perm01  perm02  perm03  perm04

perm11  perm12  perm13  perm14

  2年生の総合的な学習の時間です。先日1年生が職業学習をしていたのに続いて、2年生ではESD(持続可能な開発のための教育)の1つの方法として『パーマカルチャデザイン』を学んでいます。「パーマネント」(永続的な)「カルチャ」(文化)「アグリカルチャ」(農業)と言った言葉を融合して作った造語です。まずは校内をデザインするようです。来月に予定されている職場体験実習でも「体験した職場をパーマカルチャの視点で見てくる」ことも学習内容として設定されています。『大好きなふるさと菊川を持続可能な街に!!』が子ども達と先生達のの願いです!!

平成30年9月8日(土曜日)    「新しい生徒会の歴史の始まりです!!」任命朝礼

chorei01  chorei02  chorei03  chorei04

chorei11  chorei12  chorei13  chorei14

  本校の生徒会は「一期制」をしいています。毎年7月に正副会長を選挙で選び、夏休みを利用して正副会長は生徒会顧問の先生と相談しながら本部役員と専門委員長を選出し、体制ができ上がります。H30年度後期、31年度前期が活動期間です。この日、新役員の任命式を行いました。選挙で選ばれた正副会長を校長が、その他の本部役員、専門委員長を西澤新生徒会長が委嘱しました。今後、約1ケ月かけて3年生から『事務引き継ぎ』を行い、来月末に生徒大会が行われ、完全にH31年度体制に移行します。2年生を中心とした新生徒会の活躍に乞う、御期待!!

平成30年9月7日(金曜日)    「どんな仕事があるのかな?」1年総合

kigiku01  kigiku02  kigiku03  kigiku04

kigiku11  kigiku12  kigiku13  kigiku14

  総合的な学習のキャリア教育で、1年生は『職業』について重点的に学びます。11月には、多くの講師の方を招いて、『働く喜び講座』を実施する予定です。この日は職業についての学習を行っていました。iPadの他、1Fの廊下には職業関係のたくさんの書籍も並べられています。(写真下段)デジタル、アナログのデータを融合させて効率的に学習を展開しています。以前、ICT黎明期にはこのような学習の仕方を『メディアミックス』型と呼んでいました。メディアミックス学習でキャリア教育を進める子ども達です。

平成30年9月7日(金曜日)    「感動の合唱に向けて始動!!」3年昼休み

gasyoren01  gasyoren02  gasyoren03  gasyoren04

gasyoren11  gasyoren12  gasyoren13  gasyoren14

  この日から『昼休み合唱練習』が解禁となりましたので、早速カメラを持って3年生の教室に行ってみました。パート練習に入っているクラス、机を片付けてなにやらエクササイズをしているクラス、全員が机に伏せているクラスもありました。書く訓ラス思い思いの方法で始動していました。本番は来月12日(金曜日)となります。素晴れまでの訳1ケ月の間、中間テスト前の期間を覗いて朝、昼休み、夕方と学校中に歌声が響き渡ります。男子生徒の声変わりもほぼ終了し、部活動も引退した三年生は例年この時期、合唱にのめりこみます。今年もアエルは感動の渦の予感!!

平成30年9月6日(木曜日)    「二学期は職場体験の時」2年総合

syukai01  syukai02  syukai03  syukai04

syukai11  syukai12  syukai13  syukai14

  2年生が11月の「職場体験学習」に向けて、総合的な学習の時間に学年集会を行いました。3日間かけて行う2年生最大の行事です。今まで学んできた事を生かして、最高の成果を挙げて欲しいですね。職場体験学習が終わると子ども達の一回り成長した姿が見られるのが常です。「中学生、3日相まみわざれば・・・・」ですね。

平成30年9月6日(木曜日)    「英語は道具、使ってなんぼ3R's!!」3年英語

3Rs01  3Rs04  3Rs02  3Rs03

3Rs11  3Rs12  3Rs13  3Rs14

  毎年3年生の英語の時間を覗くと「隔世の感」を感じます。以前も書きましたが、私が中学生の時の英語の教科書と言うと「Roy & Pearl」というアメリカ人キャラクタによる架空の中学校生活に題材を取ったお話がほとんどでした。しかし来年、小学校高学年で週3時間の英語の授業、3,4年生で週1時間の外国語活動がスタートします。(学校によっては今年から先行実施しています)このような状況で、中学校英語も『使える英語』『英語を使って何をするのか』と言うことが大切になってきました。この日の教材は『環境問題』でした。子ども達は『3R's』(Reduce,Reuse,Recycle)という『持続可能な社会にするための考え方』を学んでいます。社会科と理科の時間に日本語で学んでも良いくらいの内容です。総合的学習の時間に取り上げているESD(持続可能な開発のための教育)にも関連しています。

平成30年9月5日(水曜日)    「どんな缶詰できるかな??」2年美術

yumekan01  yumekan02  yumekan03  yumekan04

yumekan11  yumekan12  yumekan13  yumekan14

  美術室を覗いてみると2年生が『夢の缶詰』を作っていました。美術の授業は全員がエプロン姿で作業しています。ちょっと見、芸術家のアトリエのようです。美術の楽しさは『現実にありえないものを描いたり、作ったりできること』ですね。缶詰からは子ども達の『夢』があふれ出ています。どんなものが缶から出てくるのでしょうか??

平成30年9月5日(水曜日)    「単語と文節の違いが分った!!」1年国語

tango01  tango02  tango03  tango04

tango11  tango12  tango14  tango1

  1年生が国語で『口語文法』を学んでいます。日頃私達は「母国語」としての日本語は、ほとんど文法を意識しせずに使っています。しかし私達にとって「世界に誇るべき我が国の文化」である、源氏物語などの古典文学作品を読む時はどうしても「文法」に頼る必要が有ります。(古文の場合は文語文法)その入門として子ども達は「単語と文節」について学んでいました。日本語には「助詞」「助動詞」という付属語が大量に有り、「単語の活用語尾なのか」、「付属語なのか」を区別するのはなかなか難しいところです。がんばれ!!1年生、源氏物語を読むために!!

平成30年9月4日(火曜日)    「理想的な食事って??」1年家庭

shoku01  shoku02  shoku03  shoku04

shoku11  shoku12  shoku13  shoku14

  1年生が家庭科で「食物領域」を学んでいます。熊切先生はモニタに次々に夕食の写真を映し出します。「冷凍食品のようなものに、一品だけ栄養価の高いものを付けるこのような食事を・・・・」次々に紹介していきます。子ども達はじっとモニタに見入っていますが、食事は「食べる側」と「作る側」それぞれ、色々意見の分かれるところです。楽しく、栄養のバランスが取れ、そして、何よりおいしいというのが食事の基本では無いでしょうか?食事は人生、死ぬまで付いてまわる大切な営みです。「食育」により、たくさんの事を学ぶ子ども達です。

平成30年9月4日(火曜日)    「一日を振り返ろう!!」3年帰りの会

kaeri02  kaeri01  kaeri03  kaeri04

kaeri11  kaeri12  kaeri13  kaeri14

  久しぶりに『帰りの会』の時間に教室に行ってみました。高等学校では『ショート・ホームルーム』といい、先生から生徒への連絡事項等が主な内容ですが、中学校では『生徒の生活のリズムを作る』ということも大きな目的です。まずは「黙想」から。生活委員会の手動で全員目を閉じて一日を振り返ります。(写真上段)その後、日直の司会で一日の授業反省、予定確認と続き、最終的に『先生からの連絡』となります。「黙想」は私も中学校時代にやりました。担任の先生が体育の先生で、剣道をやっていたということで『帰りの会の初めに黙想を入れなさい』と生徒達に支持したのを思い出します。全校でやっていたものとしては、近視の生徒が多かったので『遠謀訓練』と称して、帰りの会の初めに全員窓際に行って一分間遠くを眺める事をやりました。帰りの会一つとっても色々ですね。

平成30年9月3日(月曜日)    「先端技術に挑む!!」2年技術

LED01  LED02  LED03  LED04

LED11  LED12  LED13  LED14

  2年生が技術科『栽培分野』で電照栽培を学んでいます。発光ダイオードを使い、植物に当てる光の波長(色)を変える事によって、植物の生育にどんな違いがあるかを調べようと言うものです。エネルギー効率が良く、長持ちする発光ダイオードは次世代の照明として大いに期待されていますが、この特徴を使えば将来宇宙ステーションや火星など他の惑星へ移住する場合の食物栽培に大いに期待されるところです。かなり高度な内容について学んでいる2年生の子ども達です。どんな違いが発見できるのでしょうか??楽しみですね。

平成30年9月3日(月曜日)    「あと、5週間の決戦!!」2,3年音楽

gasyo04  gasyo01  gasyo02  gasyo03

gasyo11  gasyo12  gasyo13  gasyo14

  2,3年の音楽の時間を覗いてみました。黄菊祭体育部門に向けて合唱練習に入っていました。さすがに2回/、3回目の合唱作りとあって要領は得ています。高等学校では音楽は美術、書道とともに『選択教科』となりますので、学級全員で合唱をすることができないという関係上、3年生には『人生で最後の学級合唱』となります。『感動の合唱』になるのか、『もう少しできたな』と悔いを残すことらなるのか黄菊祭文化部門までの5週間が「決戦場」ですね。明日の学力調査テストが終わると休み時間も合唱練習の声が聞こえる『合唱の季節』の幕開けです!!

平成30年9月2日(日曜日)    「メンデルに挑戦!!」3年理科

mendel01  mendel02  mendel03  mendel04

mendel11  mendel12  mendel13  mendel14

  3年生が理科で「メンデルの遺伝法則」を学んでいます。遺伝には色々な法則がありますが「メンデル遺伝」は一番初歩で、はっきりした遺伝と言えます。オーストリアのお坊さん「メンデル」の名で呼ばれるこの法則は彼がエンドウ豆を使って実験した結果をまとめたものですが、私たちにも関係の深い「血液型」の遺伝がメンデルの法則に従いますので子ども達にとっても興味津々と言うところですね。子ども達は隣同士ペアになって「A」「a」のカードの入った袋を持っています。1人が父親、もう一人が母親です。2人でランダムにカードを出し合っています。出てきた遺伝子カードのペアが「子どもの遺伝子」と言う事になります。メンデル遺伝の仕組みが分かったかな??

平成30年9月2日(日曜日)    「恐怖を克服せよ!!」1,2年体育

kikai01  kikai02  kikai03  kikai04

kikai12  kikai13  kikai11  kikai14

  体育館へ行ってみると1,2年生が跳び箱とマットの器械体操に取り組んでいます。2年生が跳び箱、1年生がマット運動(床運動)のようです。中学校時代体育苦手の私にとって「器械体操」は最も苦手な種目でした。目の前にそびえる跳び箱はまさに「恐怖の障壁」です。毎回の授業は私にとって恐怖心との戦いでした。子ども達の様子を見ていると女性とでも結構高い跳び箱を閉脚跳び越しで超えていきます。「すごい!!」の一言に尽きます。

平成30年9月1日(土曜日)    「部活動でも命を守れ!!」認定証交付

kyukyu01  kyukyu02  kyukyu03  kyukyu04

  夏休みの救急救命法認定講習会に参加した2年生の各部代表に認定書が届きましたので配布しました。消防署が行う講習会はメニューが決まっていて、「3時間」という講習時間も決められている本格的で、厳然とした「資格認定」です。私は「あなた達は、基本的な技術を学びました。部活動でも活用して命を守る事をお願いします。」と言い、一人ひとりに認定書を手渡しました。活用しなくもいい事を祈るばかりですが、『備えあれば憂いなし』とも言えます。

平成30年9月1日(土曜日)    「個人戦と団体戦、100点満点です!!」防災訓練

bosai01  bosai02  bosai03  bosai04

bosai11  bosai12  bosai13  bosai14

bosai21  bosai22  bosai23  bosai24

  防災訓練を行いました。空に理科の教科書に載せたいような見事な積乱雲(入道雲)が出て、時々雷が鳴っていました。(写真上段左)子ども達はヘルメット(2,3年)、防災頭巾(1年)姿で避難します。春の防災訓練では子ども達の動きが今一つ締まらなかったので私は少し強い口調で講評をしましたが、この日は無言で、グランドに出てからは暑い中でも駆け足で避難を完了しました。100点満点です!!私は「防災は、自分の命は自分で守る個人戦です。でも、みんなの命をみんなで守るという団体戦でもあります・・・・」と話して、中学生が地域防災の主力となることをお願いしました。教室に帰った子ども達は帰りの支度をして、引き渡しの家の人が来てくれるのを教室で待ちます。『お母さん早く来ないかな・・・・』教室を周って、お母さんの車が学校に入ってくるのを窓から見ながら待っている姿(写真下段左)に『中学生もまだまだ子どもっぽいところもあるな・・』子ども達の思わぬ姿にちょっとほほが緩みます。

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市市内小中学校菊川西中学校

電話:(0537)35-3546

ファックス:(0537)35-3547

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?