• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

菊川市立菊川西中学校1月掲載記事 

  トップページブログ URL:http://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/kikunishi/index.html

平成31年1月31日(木曜日)       「みんな緊張でコチコチ!!」3年能楽教室

nou01  nou02  nou03  nou04

nou011  nou022  nou033  nou044

  グランシップの『伝統芸能普及プログラム』で、静岡大学教育学部の音楽専攻の学生さんたちが3年生に能楽『歌い』の授業を行いました。学生のほか、大学の先生たち、文部科学省の方たちも見えて授業を参観しました。授業をしている学生、授業を受けている生徒達も緊張でコチコチのようでした。

nou0111  nou0444  nou0333  nou0222

  この日は、京都から能楽大蔵流小鼓方の大倉源次郎先生もお見えになりました。大倉先生は能楽の人間国宝と伺っています。(写真左、中左)超一流の方の見守る中で、授業をする学生、受ける生徒の緊張感もますます高まりました。『日本の古典音楽』は音楽の必修科目ですが、3年生の子ども達にとって大変貴重な一日になりました。

平成31年1月30日(水曜日)       「今度はPCゲームつくりだ!!」3年技術

game03  game01  game02

game011  game022  game033  game044

  パソコン室を覗いてみると3年生がプログラミングを学んでいました。前は『ロボットカー』の制御でしたが、今回はPCゲームを作っているようです。PCのプログラミングはコードを書く『エデット画面』と実際にプログラムが動く時の『実行画面』の2つが必要ですが、このコンピュータ言語は「今PCがプログラムのどこを実行しているのかが分る画面が左側に、実行結果を表す画面が右側に表示されるようになってています。子ども達はプログラムを実行しながらプログラムミス(プログラムのミスをバグ「虫」と言います)を取り除いて完全なものにするわけです。来年から完全実施される学習指導要領に『プログラミング的思考』という言葉が有りますが、なかなか高度な内容に挑む子ども達です。

平成31年1月30日(水曜日)       「今日からでも役に立つ!!」1年家庭

chori01  chori02  chori03  chori04

  廊下からいい香りが漂ってきます。フラフラと調理室へ足が向かいます。調理室では1年生が『調理実習』を行っていました。テーマは「野菜を使った料理」と言うことで、子ども達が工夫して献立を作り、調理したものです。数学や英語が、中学校の学習を基礎として高等学校などでさらに積み上げなくては役立つ知識・技能にならないのに対して、『家に帰れば今日からでも役に立つ!!』これが技術・家庭科の教科の特徴です。授業で学んだ事を生かして家庭でも夕食作りを手伝えることと思います。では。子ども達の自信作を御覧ください。

chori11  chori22  chori33  chori44

平成31年1月29日(火曜日)       「専門委員会も年度末を見据えて!!」生徒会

senmon01  senmon02  senmon03  senmon04

senmon011  senmon022  senmon033  senmon044

  後期専門委員会も残り1ケ月半です。3年生は3月に入ると公立高入試、学年運営、合格発表、卒業式と立て続けに行事が続きますし、1,2年生も、『三年生を送る会』の運営を一手に引き受けます。学校中が大忙しです。2月の1ケ月が正味の活動期間と考えてよいようです。1月下旬から2月にかけて、各専門委員会の『キャンペーン活動』も目白押しです。H30年度生徒会活動もいよいよ『総仕上げ』の時期が近づいてきたようです。

平成31年1月29日(火曜日)       「北海道の地名読める??」2年社会

hokkaido01  hokkaido02  hokkaido03  hokkaido04

hokkaido011  hokkaido022  hokkaido033  hokkaido044

  2年生が地理で北海道について学んでいます。北海道には「倶知安」「歌志内」「女満別」等ちょっと読みに困る当て字のような地名がたくさん有ります。(写真上段左)「なぜ、北海道にはこのような地名があるのでしょうか??」と言うのが太田原先生の第一発問です。1年生の時に『働く喜び講座』でアイヌの方の話しを聞いている2年生の子ども達は「アイヌ語が起源である」ことに容易にたどり着きます。昨年3月に大学を卒業したばかりの太田原先生の方がかえって驚いていたようです。この後、授業はどう展開するのでしょうか??興味津々ですね。

平成31年1月28日(月曜日)       「福祉はどのように行われているか??」3年社会

fukusi01  fukusi02  fukusi03

fukusi011  fukusi022  fukusi033  fukusi044

  3年生が社会科公民分野で『社会福祉』の単元に入りました。来週には私立高校の入試があります。高等学校としても『配慮』は有りますが、中学校側としても、入試までに教科書の内容を一通りやっておく必要が有ります。私が理科を教えていた頃、私立高校入試までに一通り全単元を済ませ、私立高校入試から公立高校入試までの間に扱いが難しい単元をもう一度やり直しました。ですから現在3年生は、五教科について中学校の履修内容をほぼ終わらせたことになります。これからの一ヶ月間は「総復習」です。入試のためだけではなく、卒業後の学習のために!!

平成31年1月28日(月曜日)       「学級納めへ向けて!!」1年プロ委

pro01  pro02  pro03   pro04

pro011  pro022  pro033  pro044

  この日は学級プログラム委員会が行われていましたので、1年生のクラスへ行ってみました。中学校は3年間です。6年間の小学校に比べると1年、1年に重みがあります。クラスのメンバも担任の先生も1年間で確実に変わります。どのクラスも3月には『学級納め』を行いますが、陸上競技の三段跳びのように『ホップ、ステップ、ジャンプ』で義務教育を終え、一人一人の未来に向かって旅立たなくてはなりません。そういう意味で「1年間の締めくくり」は小学校以上に大切です。『来年度の"ステップ"のために!!』クラスの「最高の締めくくり」を目指す1年生です。

平成31年1月27日(日曜日)       「2人の意思をきちんとそろえて!!」3年体育

2men01  2men02  2men03  2men04

2men011  2men022  2men033  2men044

  3,年生が体育でバスケットボールをやっていました。体育が男女共修になって20年余の時間が経ちますが、コートを全力で走り、3m05cm上空のゴールにボールを入れるバスケットボールは、スピード、背の高さが圧倒的にものを言い、激しい身体のぶつかり合いもあり、『男女共修に最も向かない競技』ではないかと思っています。この日は2人がパスでボールを運ぶ『2レーン速攻』の練習でした。私は若い頃、バスケット部の顧問を何校でやりましたが、男子部では速さと力強さ、女子部ではプレーの丁寧さがありました。子ども達は共修で男女の特徴を学び合います。

平成31年1月27日(日曜日)       「新聞から読み取ろう!!」2年国語

NIE01  NIE02  NIE03  NIE04

NIE011  NIE02  NIE03  NIE04

  2年生が国語で新聞を使った授業(NIE)を行っていました。新聞記事を材料にして「自分の考えを正確に伝える」ことを学んでいました。『自分の主張を相手に納得させるためには「根拠」が必要です。』では教材として使っている新聞記事は「どのような根拠」で「どのような内容」を伝えようとしているのでしょうか??このような授業を通して子ども達は「読解力」と「クリティカルシンキング」を身に付けていきます。ネットの発達により、あふれる情報の中で生活している現代の子ども達にとって必須の能力ではないでしょうか。H31年度も本校のNIEの研究は続きます。

平成31年1月26日(土曜日)       「1年間ありがとうございました!!」初任者研修

ato01  ato02  ato03  ato04

ato011  ato022  ato033  ato044

  大学を出て初めて教師になった先生達には国から『初任者研修』という一年間の研修が課せられます。通常は学校内で指導教官(本校は大浜中所属の飯田先生:飯田先生は去年まで堀之内小の校長先生でした)から色々な事を学びます。そして時々校外へ出て終日、あるいは宿泊での研修があります。その時授業が遅れないように来てくださるのが戸塚先生です。(写真上段)戸塚先生が授業を進めてくださるので、初任者の三原先生は思う存分研修してくることができますね。この日は三原先生の最後の校外研修です。(つまり戸塚先生の最後の授業)1年間助けてくださった戸塚先生に大感謝です。1年間の研修を終え、立派になった三原先生のH31度に期待が高まります

平成31年1月25日(金曜日)        「圧力を感じよう!!」1年理科

press011  press012  press013

press014  press0145  press0146  press0147

  第1理科室を覗くと、1年生が『圧力』の実験をしていました。「力」が難しい理由が『力は見ることも聞くこともできない』ということです。さらに圧力になると力の大きさを、力が働いている面積で割り算するという分ったような分らないような計算をするので益々意味が分りにくくなります。しかし『圧力』と言う考え方は「気体」「液体」に力を掛ける時に威力を発揮します。例えばビニール袋に水を入れて持ち上げるとビニール袋に水の重さ(重力)が掛かります。どんどん水を入れると、袋が破損しますが、一体どこを押されてビニール袋が壊れたのかは定かでは有りません。そこで圧力と言うものを考え「圧力が○○以上になると袋が耐えられない」などと考えるわけです。この日子ども達はボールペンやスポンジ等を使って圧力を調べていました。圧力の考え方のうまさに気付いたかな??

平成31年1月25日(金曜日)        「花と言えば『うめ』?『さくら』?」3年国語

manyo01  manyo02  manyo03  manyo04

manyo011  manyo022  manyo044  manyo033

  3年生が国語で『万葉集』を学んでいます。モニタには『うめぼし』の写真が表示されています。佐藤先生が「894年」という年を示します。ひとりの生徒が『菅原道真による遣唐使廃止の年』と言います。「古代中国では単に『花』と言えば梅の花を指していました。日本でもそうでした。唐の乱れを理由に遣唐使が廃止されると、我が国では『花=梅』と言う考え方に代わり、日本独自の『花=桜』が確立しました。ですから万葉集の894年以前の歌に出てくる花は梅を、それ以降の歌に出てくる花は桜を指しています。」佐藤先生が説明します。『なるほど、それがうめぼしの写真の意味か!!』納得です。子ども達は『花』と言う言葉の意味の変遷を理解しながら和歌を味わいます。

平成31年1月24日(木曜日)    「磁界を見つけよう!!」2年理科

elMg04  elMg01  elMg02  elMg03

elMg011  elMg03  elMg02  elMg044

  2年生が理科で『磁界』の単元に入りました。小学校では『N極がS極を引き付ける』と言うように『磁石が○○を』と考えます。しかし中学校になると『磁石の周りは磁界と言う特別な空間になっていて、この空間が○○を引き付ける』と考えるようになります。高校、大学ではさらに一般化して『電磁場』と言います。「何でそんな変な空間を考えるの??」子ども達の頭の中には「?」が渦巻きます。実際には「電磁場が波のように揺れ動く現象がある。これが電波である」という説明になります。電波がある以上「電磁場(磁界)」の存在を認めざるを得ません。現在TV、ラジオやスマホなど私達は毎日、電波のお世話になって暮らしています。電波の世界に一歩足を踏み入れた子ども達です。

平成31年1月24日(木曜日)    「一度失敗した事は必ず二度起こる!!」防災訓練

bosai1  bosai2  bosai3  bosai4

bosai11  bosai2  bosai33  bosai44

  昨日の昼休みに突発地震を想定した『抜き打ち』の防災訓練を行いました。『抜き打ち』ですから、子ども達は教室に居るとは限りません。とりあえず地震が収まるまでその場で身を低くし(写真上段左)、その後一番近い出口からグランドに避難します。防災頭巾やヘルメットは教室の自分の席にいた子だけが着用しました。(約5分の1位でしょうか)インフルエンザ等で欠席している生徒が多く、先生たちも欠席で担任の先生がいないクラスも有り、点呼に手間取りましたが、大変実践的な訓練ができました。これからも時々、『抜き打ち訓練』を行う予定です。

平成31年1月23日(水曜日)    「東北で稲作ができる理由は??」2年社会

inasaku1  inasaku2  inasaku3  inasaku4

  2年生が社会科で東北地方について学んでいました。東北地方は米の単作地帯として有名ですが、元々稲という植物は熱帯地方が原産です。『ではなぜ、熱帯の植物が冬に豪雪となるような寒い東北地方で栽培されているのか』が今日のテーマです。『うーん、太田原先生は、なかなかいい質問をするな』心の中で思いながら子ども達の様子を見ていました。タブレットを自由に使いこなしています。TTの山﨑創先生もついていました。子ども達は東北地方の米つくりに対するどんな利点を見つけるでしょうか??思わぬ事象に出くわすかもしれません。正に学びの楽しさですね

平成31年1月23日(水曜日)    「放送集会にしました!!」生徒集会

syukai1  syukai2  syukai3  syukai4

  火曜日は『集会の日』です。今週は生徒集会がセットされていました。しかし、今週はインフルエンザ罹患の生徒が各クラス出始めたので、急遽『放送による集会』に変更しました。専門委員長が放送室に集合し、各委員会のキャンペーンの実施状況などについて報告しています。

syukai11  syukai22  syukai33  syukai4

  放送室を後にして3年生の教室へ行ってみました。私立高校入試まで2週間を切った3年生です。当然の事ながら目いっぱい緊張しているはずです。どこの学校でもこの時期『3年生のクラスの学級閉鎖』を経験した事は私の教員生活でも、ほとんど有りません。『病は気から!!』はやっぱり言葉通りですね。本校は学級閉鎖はまだ出していません。

平成31年1月22日(火曜日)    「オペラは歌??お芝居??」3年音楽

opera01  opera02  opera03  opera04

opera11  opera12  opera13  opera14

  3年生が音楽の時間にオペラを学んでいました。曲名は「アイーダ」です。特徴のあるテーマのメロディはサッカーの試合などでよく耳にします。『オペラはね、最初は演劇を見ることが主だったの。でも、有名な歌手が出演したりすると演劇より、歌を聞くことがオペラ鑑賞の主な目的になって・・・・。』子ども達は、音楽担当の上仲先生の説明をメモを撮りながら聞いています。その後DVD鑑賞です。授業によってオペラに対するイメージが変わったかな??

平成31年1月22日(火曜日)    「ようこそ先輩!!」1年小学校訪問

youkoso01  youkoso02  youkoso03  youkoso04

youkoso11  youkoso12  youkoso13  youkoso14

  横地小学校出身の1年生が横地小を訪れて中学校生活を紹介する『ようこそ先輩!!』という企画に参加しました。「女子の夏の制服はこの白いセーラ服になります・・・・。」制服や教科書、部活動のユニフォーム等実、物を見せながらの説明に小学生がさかんにメモを取っていました。後半は写真、VTRの上映と質疑応答のコーナです。6年生が入学して来るまで、2ケ月ちょっとです。小学生の胸も期待で膨らみました。「春よ来い!早く来い!6年生よ早く来い!!

平成31年1月21日(月曜日)    「スーパーのレジ袋でも!!」2年保体

kyukyu01  kyukyu02  kyukyu03  kyukyu04

kyukyu11  kyukyu12  kyukyu13

  2年生の保健の授業です。スーパーのレジ袋を使って何かやっています。覗いてみると、レジ袋を上手に使って腕を吊るための三角巾の代わりにしているようです。地震などの突発災害や登山等のアウトドアでケガををした時、『あるものは何でも使って命を守ろう』と言う取組をするのがベストです。こういう方法も一度やっておくと記憶に残り、緊急事態の役に立ちます。ビニール等のプラスチック類は『丈夫で軽い』という特徴が有ります。その特徴を上手に使っています。一方、プラスチックはゴミになると自然界では分解されずにいつまでも残るという欠点も有ります。

平成31年1月21日(月曜日)    「思い出を綴ろう!!」3年卒業文集

bunsyu01  bunsyu02  bunsyu03  bunsyu04

  3年生の教室を覗いてみると、教卓で何かを覗き込んでいます。見てみると昨年度の卒業文集(「年輪」と言います)でした。卒業生一人一人のエッセイが、1ページずつ顔写真入りで掲載されます。『先輩達はどんな事を書いているのかな?』と、まずは去年の文集を眺めていたという訳です。「タイムカプセル」と言うものが有りますが、土に埋めなくても、卒業文集は何年か後に読み返してみると、思い出が湧き上がってきます。人生の節目で読んでみるといいかもしれませんね。一番の『節目』は結婚する時でしょうか??今年はどんな事を書くのでしょうか?完成が楽しみです。

平成31年1月20日(日曜日)    「地域の期待を背負って!!」菊川駅伝

ekiden1  ekiden2  ekiden3  ekiden4

ekiden5  ekiden6  ekiden7  ekiden8

  リサイクル活動終了後、駅伝の応援に行ってきました。まずは第一中継所の加茂小学校へ行きました。中学生女子のスタート地点です。本校の子ども達がアップしていました。『三年生も出るの??』私の質問に『はい!!』麻代さんがニッコリ笑って答えてくれました。引き続いて第三中継所へ男子の応援に行きました。ここまで来るとトップと最下位のチームにはかなり差が付いています。個人競技である陸上競技の選手は、リレーや駅伝をとても楽しく感じます。今日は順位に関わり無く、レース終了後、チーム全員で駅伝談議に花が咲くのが、想像されます。

平成31年1月20日(日曜日)    「御協力ありがとうございました!!」PTAリサイクル

recycle01  recycle02  recycle03  recycle04

  本年度最後のPTAリサイクル活動が終了しました。曇り空でしたが、風も無く比較的暖かで、活動にはもってこいでした。いつも感じますが、リサイクルの収益金が無ければ、本当に苦しい学校運営を迫られます。私の教員生活37年間の最後のリサイクル活動が終わりました。思い出してみると私自身が中2の時、オイルショックが起こり(1972年)、トイレットペーパがなくなり、急遽「廃品回収」と称してリサイクル活動を行い、ちり紙交換で学校のトイレットペーパを確保したのを覚えています。現在は『トイレットペーパ確保』ではなく、環境保全が第一目的になっていますが、それでも、皆様から頂いた貴重な収益金は、子ども達のために大切に使わせて頂きたいと思います。

平成31年1月19日(土曜日)    「1年生は宿泊学習に向けて!!」1年総合

syukuhaku01  syukuhaku02  syukuhaku03  syukuhaku04

syukuhaku11  syukuhaku12  syukuhaku13  syukuhaku14

  1年生は新年度が始まると2週間で、修学旅行の裏番組として、焼津青少年の家で『宿泊学習』を計画しています。今年は『班別入所コース』をやるようです。菊川から様々な場所を見学し、夕方、焼津青少年の家に入所する事になります。現在の2年生が行った『班別入所』以上に自由度の大きいものになると聞いています。新年度になってからでは時間がありません。新入生説明会と言う大きなイベントが終わった今、1年生は班別入所のモデルコース作りに入りました。1つ1つのイベントを通して子ども達は成長します。

平成31年1月19日(土曜日)    「これからは総力戦!!」3年進路説明会

se01  se02  se03  se04

  3年生が『進路説明会』を行いました。これまでの進路説明会と決定的に違うのは、今までが゜進路決定に向けて」という長期スパンの話だったのに対して「○○の手続きを、△する」と言う具体的な手続きの話になります。子ども達の苦しい心を支えることのほか、受験料の払い込みや印鑑の準備など、保護者の皆様にお願いする事もたくさんです。私は子ども達に「受験は個人戦、受験勉強は団体戦」と言い続けてきましたが、この日『これからは、子ども達、教職員、保護者の総力戦です。御協力お願いします。・・・・』とお話ししました。私立高校入試まで2週間です!!

平成31年1月18日(金曜日)    「すごいぞ!先輩達??」新入生説明会2

setsumei01  setsumei02  setsumei03  setsumei04

setsumei11  setsumei13  setsumei12  setsumei14

setsumei21  setsumei22  setsumei24  setsumei23

  説明会第二部は1年生による学校生活紹介と歓迎合唱です。1年生の子ども達は寸劇、PCスライド、動画など様々な方法で学校生活を楽しく紹介してくれました。6年生の子ども達も4月からの中学校生活が楽しみになったのでは無いでしょうか??その後、1年生全員による『歓迎合唱』です。最初の挨拶で私は『男子三日相まみわざれば、活目してこれに対すべし』と言う中学のことわざを引用して『去年6年生だった1年生の子ども達です。活目して(目をこすってよく見ること)御覧ください。1年間の成長はとても大きいですよ』と話しました。大変すばらしい学年合唱でした。

平成31年1月18日(金曜日)    「ようこそ!中学校の授業はどう?」新入生説明会1

setsu01  setsu02  setsu03  setsu04

setsu11  setsu12  setsu13  setsu14

  平成31年度新入生の説明会を行いました。給食を食べ終わる頃から、続々と各小学校6年生の子ども達が集まってきます。下足置き場は体育館脇のフロフです。(写真上段左)業者が展示した学用品をお母さん達が見ている間、着席が完了します。そして、お母さん達に事務処理などの説明をする間に子ども達は授業見学に出発です。この日は、インフルエンザ対策として、約2週間後に入試を控えた3年生の教室は公開しなかったので、5クラス分の児童が3チームに分かれて見学しました。中学校の授業の雰囲気はつかめたかな??やる気は沸いてきた??

平成31年1月17日(木曜日)    「経済を左右する国の政策は??」3年社会

keizai01  keizai02  keizai03  keizai04

keizai11  keizai12  keizai13  keizai14

  3年生が社会科の公民分野で「経済」について学んでいます。『日本銀行が公定歩合を上げると景気はどうなる?下げると景気はどうなる?』赤澤先生の問いかけに子ども達は一生懸命答えを作ろうとします。物の値段が上がりすぎても、下がりすぎても私達の生活は成り立たなくなります。政府・日本銀行は色々な方法を使って、景気の変動を小さくしようと努力します。「このような、景気政策は大きく3つあって・・・・」子ども達も日常、新聞やTVのニュース等で耳にしている言葉が出てきます。この「耳学問」に「ハッキリした理屈」が付きます。社会科の楽しさですね。

平成31年1月17日(木曜日)    「今年はNIEの研究の年!!」2年国語

nie01  nie02  nie03  nie04

nie11  nie12  nie13  nie14

  本年度と来年度、本校は県教委の指定を受け「NIE」の研究をしています。「NIE」とは「Newspaper in Education」の頭文字で「新聞を教育で使う」という意味です。昨年の9月から、現在静岡県内で発行されている7紙が毎朝本校に配達されています。校内掲示等で活用が始まっていますが、この日は国語の公開授業を行いました。国語のねらいの一つである「読解力」を新聞を使って高めようと言う取組みです。1時間の国語の授業を全てNIEで占めようと言うのではなく、授業初めの10分間、ワークシートを活用した学習を行っていました。NIEによって、子ども達の読解力がどれだけ高められるのか、年末にはデータが出揃います。とても楽しみです。

平成31年1月16日(水曜日)    「ICTの威力で証明を理解しよう!!」3年数学

proof01  proof03  proof04  proof03

proof11  proof12  proof13  proof14

  3年生の数学の時間です。三平方の定理の証明をしていました。数学の定理の中でもひときわ有名で、さまざまな所で応用されている定理が『三平方の定理』でしょう。実際私の専門の物理では三平方の定理から派生した三角関数を使うのは常套手段です。その物理を応用してさまざまな機械が作られているのですから、私達は毎日三平方の定理のお世話になって生活しているといっても過言では有りません。有名な定理だけに古くからたくさんの学者が証明しています。発見した古代ギリシアのピタゴラスはもちろんの事、レオナルド・ダ・ビンチ、アインシュタイン等も証明しています。モニタには多くの学者の証明が表示されています。子ども達は真剣に見入っています。難しい証明も動画で示されるととてもわかりやすいですね。ICTの威力です。

平成31年1月16日(水曜日)    「年度が開ければすぐに・・・・!!」2年学年集会

syukai01  syukai02  syukai03  syukai04

  毎週火曜日は『清掃無しの集会日・ロング読書』となっています。この日は2年生が学年集会わする言うので早速カメラを持って行って来ました。内容は『修学旅行』です。体育館に『修学旅行実行委員会』のメンバが整列しています。「ぼくは実行委員長になった・・・・・」自己紹介から始まってどんな修学旅行にしたいか抱負を述べています。本校の修学旅行は4月末、始業式からたったの2週間で出発です。準備の90%以上は2年生のうちに完了しておかないとなりません。旅行の3日間と、前後の『準備の日』、『家庭学習の日』を含めて5日間と言う時間と生徒・教員あわせて1000万円の費用をかけていく旅行です。たくさんの思い出、学習成果を挙げられる旅行になると良いですね。

平成31年1月15日(火曜日)    「音階の秘密を探れ!」1年音楽

onkai01  onkai02  onkai03  onkai04

onkai11  onkai13  onkai12  onkai14

  この日、1年生が音楽で「音階」について学んでいました。「ドレミファソラシドの1オクターブの中で音の高さの差が少し小さいところがあります・・・・」上仲先生の発問に子ども達が教科書を見ながら考えています。「ミとファ、シとドの間にピアノは黒い鍵盤が有りません・・・・」音の高さが一定に高くなっていないことは子ども達にとってちょっとした驚きです。『なぜ、このような音階で音楽はできているのでしょうか??』子ども達の頭の中には「??」がいっぱい飛び回っていることでしょう!!ここが科学と違うところです。「このような音階だと、いい音楽が作れる」ということで、世界中で使われるようになったのでしょう??「なぜ」の答えは有りません。ちなみに、日本の音階はまたちょっと違うようです。

平成31年1月15日(火曜日)    「自然科学の醍醐味を満喫しよう!!」3年理科

moon01  moon02  moon03  moon04

moon11  moon12  moon13  moon14

  3年生が理科で「月の満ち欠け」を学んでいます。月と水星、金星の内惑星は「満ち欠け」をします。この理由を説明しようと言うわけです。自然科学の科学らしい所は「月は満ち欠けする」と言う事実ではなく、「なぜ、月は満ち欠けするのか」という理由が大切な所だと思います。これが解決されないとなりません。社会科・歴史分野では「コペルニクスが地動説を唱えた」という事を学習しますが、この事実に注目するのが歴史等の人文科学、社会科学ですが、自然科学では「なぜ地球が動いているといえるのか?」「地球が動いているのになぜ私達は振り飛ばされないのか?」が解決されなくてはなりません。さあ子ども達は月の満ち欠けの理由をどう考えるでしょうか?自然科学の醍醐味です。

平成31年1月14日(月曜日)    「マーブリングの効果はいかに?!」1年美術

mar01  mar02  mar03  mar04

mar11  mar12  q  mar14

  美術室を覗いてみると1年生が「マーブリング」手法を学んでいました。油性の絵の具を水の上に浮かべ、ここに模様を作り、画用紙に写し取ります。絵を描くときには、『ここをこうして・・・・』という具合に自分の描きたいものをイメージして筆を走らせますが、この手法は自分の思ってもいない効果が表れることがあります。『偶然の美』ですね。偶然の美を求めて、思考錯誤で作品制作をすることになります。どんな作品ができたかな??

平成31年1月14日(月曜日)    「デービー先生ブルブル!!」2年英語

davy04  davy02  davy01  davy03

davy011  davy012  davy013  davy014

  教室棟3Fの廊下を歩いているとデービー先生が子ども達の面接をしている姿が見えたので行ってみました。教室の中では村尾先生と子ども達がスピーキングの原稿作りです。教室の扉の前に次の順番の生徒がいます。子ども達は一人ひとりデービー先生にお話しをします。デービー先生の手元を見ると教科書で隠しながら採点しています。それにしても1時間ずっと火の気のない廊下でテストするデービー先生は大変だなと思います。「Thank you but too cold!」私が話しかけると若いデービー先生も寒さが堪えるのか苦笑いでした。風邪ひかないといいですね。

平成31年1月13日(日曜日)    「会話はキャッチボール?!」2年英語

catch01  catch02  catch03  catch04

catch11  catch12  catch13  catch14

  2年生の英語です。英語担当の石川先生は、話す文を示し、ボールを子ども達に渡します。ボールをもらった子は一文言うと、次の子にボールを投げます。ボールをもらった子は一文言ってまた次の子へ・・・・!!結構楽しい練習です。身の周りに教材がたくさんあり、日常生活が学習になっている理科と社会と違い、日常英語を使うチャンスがほとんどない英語と言う教科は、どうしても圧をかけて練習するという事が必須です。面白みに欠ける練習をゲーム化するのも良い経方法ですね。「会話はキャッチボール」という先生の思いも込められています。

平成31年1月13日(日曜日)    「大人としてのマナー!!」3年学活

mensetu01  mensetu02  mensetu03  mensetu04

mensetu11  mensetu12  mensetu13  mensetu14

  3年生の面接練習が始まりました。3年生の進路選択の第一関門『私立高校入試』まで、残り3週間です。この間に願書作成、面接練習がセットされています。「自分の住所、氏名、保護者の続柄」など正確に書くことが願書作成を通しての学びです。自分の名前と言っても『戸籍と全く同じ』漢字を使うとなると「へー、こんな字を使うんだー」とピックリする事に出会う事もあります。面接練習では「ノック、入室、言葉遣い、立ち居振る舞い」の所作マナーを学びます。入試のためと言う事もありますが、もう一つ「義務教育最終段階の3年生」として社会に出る準備でもあるのです。

平成31年1月12日(土曜日)    「6年生のみんな、待ってるよ!!」1年歓迎合唱

setsumei01  setsumei02  setsumei03  setsumei04

setsumei11  setsumei12  setsumei13  setsumei14

  学活の時間、1年生が来週に予定されている『新入生説明会』のための歓迎合唱の練習に入りました。何と言っても200人弱の1年生が限られた時間内にステージのひな壇に、パートごとに整列しなくてはなりません。合唱の練習そのものもですが、入退場のリハーサルが必須です。1年生の先生達が担任、級外を含めて総出で指導に当たります。昨年はインフルエンザ流行のため、「歓迎合唱中止」、「授業参観は廊下から窓越し」という緊急体制を取りました。今年は、現在までのところインフルエンザ罹患者数も落ち着きを示しており、歓迎合唱もできそうです。『6年生の後輩達、菊西中で待ってるよ!!』1年生の子ども達の心のこもった歓迎合唱が準備されています。

平成31年1月12日(土曜日)    「喜びと感謝と敬いの心を持って!!」給食

kyusyoku01  kyusyoku02  kyusyoku03  kyusyoku04

kyusyoku11  kyusyoku12  kyusyoku13  kyusyoku14

  給食の時間に3年生の教室を周って見ました。この日はテストと言う事で机を前に向けたままの食事でした。クリスマス、大晦日、お正月とおいしいものをたくさん食べてきたであろう子ども達ですが、みんなで食べるのはまた違うようです。教室には自然に笑顔があふれます。「喜びと、感謝と、敬いの心を持って、いただきます!!」は、現高2の卒業生たちが薬師寺のお坊さんに教わり、修学旅行中ずっと行っていた食事のあいさつですがイの一番が喜びなのですね。国際会議でも口から泡を飛ばして激論していた各国代表が夜の晩さん会になると古い友達のようにニコニコして食事をするというのを聞いたことがあります。「大勢での食事は喜びをもたらすもの」を改めて感じました。

平成31年1月11日(金曜日)    「今度は2年生!!」2年体育

soft01  soft04  soft02  soft03

soft11  soft12  soft13  soft14

  グランドを眺めてみると2年生がソフトボールをしているのが見えました。以前からこのサイトでご紹介しているように中学校保健体育科で、球技は「ネット型」「ゴール型」「ベースボール型」の3種類が必修です。この中でベースボール型の球技は『丸いボールを、細いバットで打つ』と言うことで、まったく未経験の子がやっても空振りばかりで何も面白く有りません。それを乗り越えて全ての生徒がベースボールを楽しめるようにするために体育教員の工夫があります。「バットの変わりにテニスのラケットで打つ」や「ティーの上にボールをおいて、止まったボールを打つ」などです。しかし、この日は実際にピッチャーがアンダースローで投げたボールを打つことに挑戦していました。さすがに初心者は空振りが多く、苦労していましたが、きっと自分の技術の向上を実感する事はできるのでは無いでしょうか。

平成31年1月11日(金曜日)    「終わったー!!」1年テスト終了後

testgo01  testgo02  testgo03  testgo04

testgo011  testgo012  testgo013  testgo014

  テストの最終教科残り時間5分になったので1年生の教室に行ってみました。完全に答案用紙記入を終え、静かに座っている子ども達が居ます。(写真上段左)チャイムが鳴り、「やめ」の試験監督の先生の合図で解答用紙を集め始めます。その後教室のあちこちで答を確認しあう姿が有ります。(写真下段)その後、机をテスト隊形から元に戻して完全にテストが終了します。「試験」と言う感じの中学校のテスト方式にもすっかり慣れた1年生です。あと、2ケ月半で後輩が入学してきて、「先輩」となる1年生です。テスト後の何気ない姿にも中学生らしさを感じます。

平成31年1月10日(木曜日)    「今度は1,2年生だ!!」1,2年学力診断調査

test01  test02  test03  test04

  1,2年生が「学力診断調査」を行っているので、ガラス越しに写真を撮って来ました。「学力診断調査」は県の校長会が主催するテストで生徒一人ひとりが「自分の理解度はどこまで進んでいるのか??」を診断する調査です。受験に関わる模擬試験的な意味合いは無いのですが、子ども達にとってはテスト範囲の広い、なかなか手ごたえのあるテストで、緊張もします。1年生も机を離して受験のように行う中学のテストにもすっかり慣れたようです。子ども達は家に帰るとクタクタでは無いでしょうか??今日は部活動も有りません。しっかり休めばいいですね。

平成31年1月10日(木曜日)    「迷路突破は難しい!!」3年技術

tee01  tee02  tee03  tee04

tee011  tee012  tee013  tee014

  3年生が技術科『情報領域』で「プログラミング・制御」を学んでいます。タッチセンサの触角を付けたロボットカーに自分で判断させながら迷路を抜けさせるのが課題です。「もし、左(右)のセンサに壁が接触したら○秒間後退して、△方向に◇だけ回転し、前進する。以上の動作を繰り返せ。」と言うのがプログラミングの骨格になるはずです。これをコンピュータ言語で書き直せばプログラムの完成です。初学者の中学生がいきなり「C」などの汎用言語に取組むのは難しいので簡易言語を使っているようです。(写真上段)命令の数は少ないのですが、なかなかロボットカーは思ったように進んでくれません。プログラミングと格闘する子ども達の姿でした。

平成31年1月9日(水曜日)    「反比例の関係を見つけよう!!」1年数学

func01  func02  func03  func04

func11  func12  func13  func14

  1年生の数学で子ども達が「比例反比例の応用」と格闘しています。「歯の数が▽枚の歯車Aと、△枚の歯車Bがかみ合って回転している時Aが▲周回転するとBは何周回転するでしょうか?・・・・」1年生にとってはなかなかの難問です。考え方としては「歯の数と、回転数が反比例になる」事に気付けば解けるのですが、『反比例』は比例と違い、理解に一苦労です。yをχの式で表すと分数関数となります。高等学校でも分数関数の微分、積分は代数関数に比べてワンランク上です。うまく答えが導けたでしょうか??『反比例』と格闘する子ども達にエールです。

平成31年1月9日(水曜日)    「現在工事中、気をつけて!!」器具庫整備

koji01  koji02  koji03  koji04

  昨年の台風24号は大規模停電など、本県に多大な被害をもたらしましたが、本校でも校地北側、地区の防災倉庫の隣の器具庫が破壊されました。体育器具をはじめ、さまざまな道具が収められているので、菊川市が緊急に補正予算を組んで建て替えてくれています。現在工事中です。校舎からのぞいていると体育の授業で持久走をしている子ども達が脇を走り抜けていきました。完成後、PTAリサイクル活動(1月20日予定)の道具等も収められる予定です。子ども達も気をつけていますが、校地内の工事はどうしても危険が伴います。その意味でも完成が待ち遠しいですね。

平成31年1月8日(火曜日)    「30分は結構読める!!」ロング読書

long01  long02  long03  long04

long11  long12  long13  long14

  本日は『ロング読書の日』でした。本校は毎週火曜日を「集会の日」と決めて、各種集会を行い、学年集会の場合、関係の無い学年の生徒は「ロング読書」と称して読書を行います。子ども達は、登校して机を整理するとすぐ読書に入りますので30分近い時間読書ができます。落ち着いた雰囲気で1日をスタートするのに「読書の時間」の果す役割は大きいと言えます。明後日は1,2年生の学力診断調査、3年生の実力テストが予定されています。『テスト勉強したいな』という思いの生徒もいると思いますが、今日はどのクラスも落ち着いて読書していました。

平成31年1月8日(火曜日)    「期待感となごりの学期!!」学期当初学活

gakkatsu01  gakkatsu02  gakkatsu04  gakkatsu03

gakkatsu11  gakkatsu12  gakkatsu13  gakkatsu14

  学活の時間にクラスを周ってみました。緊張して借りてきたネコの様になっていた一学期と違い、ここまでくるとクラスメイトとも自然に打解けています。「宿題の提出」「書初めの掲示」「第五期の目標記入」と自分達でどんどん進めています。第五期は「旅立ち(期待)となごりの季節」です。『高校では(2,3年になったら)、○○できるかなー」と言う期待感と共に『この仲間ともう少し一緒に居たいよ』というなごりが微妙にミックスされた50日間を子ども達は過ごすことになります。このような複雑な思いも子ども達を成長させるのですね。

平成31年1月7日(月曜日)    「私は三学期に・・・・」始業式

sigyo01  sigyo02  sigyo03  sigyo04

sigyo12  sigyo13  sigyo11  sigyo15

  三学期始業式を行いました。恒例の各学年代表の言葉です。3年の翔帆くんは「中学校生活残り3ケ月、受験が控えている。どれだけ本気になれるかが大切。3年生全員で最後の受験を乗り切りたい・・・・」2年の結世くんは「今年の自分を表す漢字は『初』です。修学旅行、進路選択にかかる年、入学した手の初心を忘れずに・・・・」1年の亮太くんは「今年は『努力』を胸に、部活動、勉強に力を注ぎたい。勉強はケアレスミスをなくすため、日頃の予習復習を丁寧にやりたい・・・・」と自分の決意を述べました。その後「第5期の会礼」、「表彰」、「生徒集会」と続きました。二学期末にたくさん表彰しましたが、二週間で大量の表彰者で、嬉しい悲鳴でした。

平成31年1月7日(月曜日)    「子ども達が帰って来るのを待っています」校内風景

kiyositsu01  kiyositsu02  kiyositsu03  kiyositsu04

kiyositsu11  kiyositsu12  kiyositsu13  kiyositsu14

  今日は三学期始業式です。先日教室を周ってみました。本校は『三学期・五ステージ制』で運営していますので、今日から「三学期・第5期」のスタートです。よく「三学期はゼロ学期」と言います。4月からの新年度、良いスタートをきるために『三学期がとても重要』という事を表した言葉ですが、三学期はまた「別れとなごりの季節」でもあります。卒業していく三年生はもちろん、下級生も「クラスメートと過ごす最後の50日間」ということになります。今年の三学期はどんな学期になるのでしょうか??いやが上にも期待感が高まります。

平成31年1月6日(日曜日)    「野球部??サッカー部??」野球部部

yaky01  yaky02  yaky03  yaky04

yaky11  yaky12  yaky13  yaky14

  この日、野球部の練習を見に行くと子ども達がチームベストを着け、グランドにサッカーゴールを置いてサッカーのゲームをしていました。「サッカー部??野球部??」不思議に思って監督の西村先生に聞いてみると『6日間の休養の後、体力回復のために大頭竜までランニングし、その後サッカーで体力回復しています」と言う事でした。野球部に限らずどの部も冬のトレーニングは体力作り中心の地味な物になります。しかし、ここでがっちり体力を作るかどうかが今夏の成績に影響します。夏の公式戦全国大会決勝は8月です。あと、7ケ月!!子どもたちの挑戦は続きます。明日からいよいよ、三学期です。「三学期はゼロ学期」と言われています。年度の締めくくりと次年度への助走の時です。

平成31年1月5日(土曜日)    「素足で元気に寒稽古!!」剣道部

kendo01  kendo02  kendo03  kendo04

kendo011  kendo012  kendo013  kendo014

  昨日1月4日は世間では『仕事始め』です。学校は、この土・日曜日まで冬休みですが、部活動は早々に始動しています。体育館に行くと剣道部が稽古を開始していました。本校剣道部は新人戦で女子部が団体準優勝し、今年の夏は優勝カップと県大会を目指します。子どもたちの足元を見ると当然のことながら『素足』です。(写真下段)『武道は心技体!!』寒さに負けない強い心を鍛えることが大切なのですね。しかし3時間以上の稽古の時間、全て素足でフロアを動き回る子ども達を見て『寒そう』と感じてしまうのは私が年を取ったからなのでしょうね。

平成31年1月4日(金曜日)    「3年間で1日よろしく!!」学校当番

gakkop01  gakkop02  gakkop03  gakkop04

gakkop11  gakkop12  gakkop13  gakkop14

  長期休業中といえども『行政機関としての学校』は業務を行います。特に冬や休みは季節がら高等学校の先生達が来校されたり、電話がかかってきたり、結構忙しくなります。先生達は『日直』と称して2人ずつペアで事務室での電話対応や来校者の接遇に当たります。そこで子ども達にも3年間で1日だけ(1年生の時)朝1時間の校内美化活動をお願いしています。本校が「生徒指導の理念」として掲げる根っ子郷育のひとつは「黙働清掃」ですが、その成果は学校当番でも如実に現れます。いつもの清掃と違い、少人数で玄関前階段から玄関、職員室、印刷室、職員室前廊下と場所は広いのですが、てきぱきと動けています。義務教育最終学校として「今すぐ社会に出ても恥ずかしくない菊西中生」が育っています。根っ子郷育は清掃のほか、挨拶、礼儀・マナーが3本の根となっています。時々「中学生の自転車マナーはなってない」と苦情電話をいただく「礼儀・マナー」の部分が今年の目標の一つです。

平成31年1月3日(木曜日)    「新年で続々更新中!!」校内掲示

nie01  nie02  nie03  nie04

  新しい年をを迎えて、校内掲示版も続々更新中です。今年はNIE(Newspaper in Education教育に新聞を!!)が研究2年目を迎え、「子ども達の読解力を向上させる」研究が本格化します。(写真左、中左、中右)市場発表もしくは、口頭発表が行われる予定です。生徒会掲示板(写真右)は新委員長の写真に替わり、生徒会活動も、生徒大会後の慣らし運転を経て本格化します。4月からの「H31年度」へ向けて、「三学期はゼロ学期」がスタートします。

平成31年1月2日(水曜日)    「菊西中生の作品ハイレベル!!」菊西ミュージアム

muse01  muse02  muse03

muse011  muse012  muse013  muse014

  学校内は子ども達の作品であふれています。東側渡り廊下2Fの「菊西ミュージアム」(写真上段)は昔の「購買室」跡です。24時間、365日営業のコンビニが発達した今、学用品を購入する「購買室」の意義が薄れ、現在では菊西ミュージアムとして美術科作品の展示に利用されています。写真下は、以前の記事で御紹介しました「県木工作品展」の入選作品です。これらの作品群は職員室前の各クラスロッカー上に展示されています。「全国大会へ出品中」の治樹くんの作品は、実物がありませんので紹介票だけです。(写真中右)今月は入試説明会や参観会が予定されています。御来校の折には、本校の子ども達のハイレベルな作品をぜひ御覧いただきたく、紹介いたします。

平成31年1月1日(火曜日)    「新年明けましておめでとうございます」

kosya01

kosya02

  新年明けましておめでとうございます。旧年中はを本校教育に多大の御支援をいただきました事、改めて御礼申し上げます。本年も職員一同一丸となって菊西教育に邁進していく覚悟でございます。引き続き熱い御支援賜りますようお願いいたします。

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市市内小中学校菊川西中学校

電話:(0537)35-3546

ファックス:(0537)35-3547

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?