• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 菊川市立菊川西中学校

ここから本文です。

ようこそ!!   菊川市立菊川西中学校ホームページへ!! 

kini<お知らせ掲示板>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・

 ・

 ・

 ・

 <更新状況>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・トップページブログ(「アルトリコーダで表現力を磨け!!」2年音楽)を掲載しました。(8時更新)

   ・トップページブログ(「ワクチンって何??」3年保健)を掲載予定です。(12時更新)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

学校経営構想      ◎年間教育計画        グランドデザイン      ◎月行事計画

学校いじめ防止基本方針     ◎4月掲載記事      学校評価  

お便りコーナ      ◎校長室の窓      ◎部活動試合結果   ◎学年行事思い出アルバム

平成30年5月28日(月曜日)     「アルトリコーダで表現力を磨け!!」2年音楽

alto01  alto02  alto03  alto04

  2年生が音楽の時間にアルトリコーダと格闘しています。昨年入学してきたばかりの頃、『1年生の子ども達の小さい手で大きなアルトリコーダを扱うのが大変そう!!』という感想を持ちましたが、やはり子ども達の発達は早いものです。今年はそれほど違和感無く安心してみていられます。(写真)小学校から慣れ親しんだソプラノリコーダにアルトリコーダが加わるとやはり、表現力が高まります。素敵なリコーダアンサンブルを期待しています。

平成30年5月27日(日曜日)     「ジュニアビリッジ今年は何を?!」校外活動

vila01  vila02  vila03  vila04

vila11  vila12  vila13  vila14

  西田PTA会長さんから『27日にジュニアビリッジがあります。菊西の子ども達も参加しています・・・・』とお話を受けたので、行ってみました。残念ながら本校の子ども達は本日は来ていなかったのですが河城小学校勤務時の3年生と4年生の子ども達がいました。ちょっと懐かしくなりました。子ども達が作物の栽培から広報、販売まで行う独特の取り組みです。「社長」「~部長」などと役職名で呼び合う、部活動とは少し違った体験をする子ども達でした。

平成30年5月27日(日曜日)     「前哨戦はもう始まってます!!」男子バレー部

volley02  volley03  volley04  volley10

volley11  volley12  volley13  volley14

  男子バレー部がシード戦を行うというので、お茶農園から小笠の市民体育館へ車を飛ばしました。会場に着くと第一試合が終わっていて、二戦目の大須賀中戦を応援する事ができました。セットカウント2-0で比較的簡単に勝利を手に入れました。この調子で『総当たり戦』を行ってシード校を決めるようです。県大会へ出場できるのは2チームだけです。県大会を目指して頑張る男子バレー部にエールです。

平成30年5月26日(土曜日)     「『お茶植え』に行ってきました!!」ボランティア活動

ocha01  ocha02  ocha03  ocha04

ocha11  ocha12  ocha13  ocha14

ocha21  ocha22  ocha23  ocha24

  本校のESDの学習の一貫として子どもたちがボランティアとして『お茶植え』をするというのでいつも総合的な学習の時間のお世話になり、学校評議員もお願いしている服部さんにお礼を言う事も兼ねて行ってきました。まず、剣道部の子ども達が、お茶の苗を抜いていました。(写真上段と中段左,中左)続いてサッカー部、ソフトボール部の子ども達が活動しているお茶畑に行ってきました。(写真中段中右以降)服部さんは『今年はお茶の生産者価格が下がっていますが、世界的にみると日本の『抹茶』の需要は非常に大きいのです。これが、私が世界的に事業を広げている理由です。』本校の総合的な学習の時間のテーマは『ふるさと志向力』です。「この子たちの中から菊川のお茶を持って世界に展開してくれる人材が出るかもしれないなあ」心の中で思って農場を離れました。

平成30年5月26日(土曜日)     「がんばった吉川先輩に拍手!!」教育実習

jugyo01  jugyo02  jugyo03  jugyo04

jugyo11  jugyo12  jugyo13  jugyo14

  教育実習の吉川先輩が大学の小山先生を迎えて(写真上段左)、研究授業を行いました。教材は黄菊祭体育部門前の時季と言う事もあり、「短距離走、リレー」です。にこやかな笑顔を失わず、リラックスしてやれたようです。前回の道徳の授業に続いての2回目であること、自分の専門教科の体育だからでしょうか??1年1組の子ども達の元気いっぱいの行動も授業を盛り上げてくれています。授業後、小山先生と菊川先輩は、小会議室で事後研修を行いました。さて、吉川先輩は研究授業を通して、どんな事を学んだのでしょうか??

平成30年5月25日(金曜日)     「化学電池でイオン化傾向を理解せよ!!」3年理科

ion01  ion02  ion03  ion04

  3年生が「イオン化傾向」について学んでいます。子ども達は金属板を色々変えて、電解質水溶液に漬けて「ボルタの電池」をつくり、どちらが陰極か調べます。イオン化傾向(つまりイオンになりやすさ)は(陰極の金属)>(陽極の金属)となるので、ボルタの電池の極性を調べると実験した金属をイオン化傾向の順に並べることができます。「K,Na,Ca,Pb・・・・・・」私は、高校の時、「貸そうかなまあ当てにすなひどすぎは禁」というゴロ合わせで、イオン化傾向の順番を覚えたのを思い出してしまいました。『スズメ100まで、踊り忘れず』ですね。

平成30年5月25日(金曜日)     「縦割りブロックのマジック!!」生徒活動

block01  block02  block03  block04

block11  block12  block13  block14

  黄菊祭体育部門の応援練習が佳境に入っています。「本校は手間のかかるパネル人文字応援を伝統的に行っている」と以前書きましたが、この手間が3年生を劇的に成長させます。人文字のアイデアを出し、コマ割をし、100人程度のブロック全員に応援のシナリオに沿った「コマ割カード」(一人一人何番目のホイッスルで右手、左手のパネルの表裏の出し方書いたもの)を作って配布します。これら全てを3年生の子ども達がやります。また写真のように応援歌の指導、見本、振り付けも3年生中心です。また、1Fに教室のある1年生の机と椅子を出しのますが、3年生が何も言わず、要領のわからない1年生を手伝います。道具を準備するのも3年生、極めつけは、練習中密集する下級生が暑いだろうと応援席の裏に回って仰いでいます。(写真下段右)『立場が人を育てる』といいますが、3年生が中心となって人文字を作る、準備、1年生の手伝いをするのは当たり前、自分達も去年、一昨年やってもらった・・・・となって菊西中の伝統は引継がれていきます。『私達の頃はこんなだったよ』教育実習の大学生達が中学生に語りかけています。『縦割りブロックの魔術』、『代々引継がれる伝統の良さ』を実感します。(長文、失礼しました)

平成30年5月24日(木曜日)     「手触りがこんなにも違う!!」1年家庭

nuno01  nuno02  nuno03  nuno04

nuno11  nuno12  nuno13  nuno14

  1年生が家庭科被服分野で「素材」について学んでいました。「平織り」「綾織り」などの織り方(写真上段左、中左)を模型で確認し、実際に繊維の肌触りを確認(写真下段)しています。「うわー、シルクって気持ちいい!!」子ども達の声が聞こえてきます。『でも、シルクは水洗いできないし、手入れが大変だぞー』心の中で突っ込みを入れます。子ども達は繊維素材についてしっかり理解できたでしょうか??

平成30年5月24日(木曜日)     「ドキドキの先輩達!!」教育実習

nuno01  nuno02  nuno03  nuno04

nuno11  nuno12  nuno13  nuno14

  教育実習生が「道徳」の研究授業を行いました。新学習指導要領の実施に伴い「道徳の教科化」ということが巷では盛んに言われています。現役の先生にとっても『今までの道徳の授業と、どう違うの?』と研修に打ち込んでいる時期です。大学生にとっても「簡単」なはずはありません。指導教官と相談し、題材を決め、板書計画をきっちりと立てて臨んでいます。「きっとドキドキの1時間だったろうな」自分の40数年前を思い出しました。

平成30年5月23日(水曜日)     「電気で物質を変化させる!!」2年理科

denkai04  denkai02  denkai03  denkai04

  2年生が理科で、化学分野を学んでいます。この日は『水野電気分解』です。子ども達はゴーグルを付けて実験しています。『水なんか何も怖くない!!』と思ってしまいますが、実は水の電気分解は水酸化ナトリウム水溶液を使います。水酸化ナトリウム自体は電圧をかけても変化せず、水が水素と酸素に分解します。水酸化ナトリウム(アルカリ性)はたんぱく質を溶かす性質が有ります。もしこの液が目に入ると目のたんぱく質を溶かして失明してしまう可能性があります。加えて、だんだん水が分解されて少なくなると水酸化ナトリウムの濃度が濃くなってくるので益々危険ですね。ゴーグルはこの実験では安全対策として必需品ですね。

平成30年5月23日(水曜日)     「天候と相談とて・・・・!!」生徒活動

undo01  undo02  undo03  undo04

undo11  undo12  undo14  undo13

  先週から「黄菊祭体育部門日課」になっています。しかし「運動会(体育部門)」ならではの問題が有ります。それは天候に左右されると言うことです。毎日特活担当の石川先生と教務主任の増田先生は天気予報とにらめっこです。日本の天気予報は世界最速クラスのスーパーコンピュータ「京(kei)」のシミュレーションもあり予報制度が格段に向上しています。昨日は翌日(今日)が午後から雨になりそうと言う予報で急遽日課を変更し、応援練習と種目練習(写真)に加えて専門委員会の準備も行いました。先生達に支えられ、子ども達も精一杯活動します。応援練習では3年生が手本を見せたり(写真上段左)竹の棒でパネルの高さを調整したり(写真上段中左)します。要領のつかめない1年生に1対1で指導(写真上段中右)している姿も有りました。縦割り集団活動を通して成長する子ども達です。

平成30年5月22日(火曜日)     「がんばれ先輩!!」教育実習

jisyu01  jisyu02  jisyu04  jisyu03

jisyu11  jisyu12  jisyu13  jisyu14

  教育実習が2週目に入り、実習生が授業を行う場面も増えて来ました。(写真上段)私の教育実習の時もそうでしたが、自分の教材準備に自信が無く、ドキドキしたのを覚えています。先輩達はどうでしょうか??給食の時間に教室を周ってみると、こちらも子ども達のテーブルについて一緒に食事をしている姿が有りました。3週間の実習期間中にできるだけたくさんのものを学んで、良い教師になって静岡県の学校に帰ってきて欲しいと切に願っています。

平成30年5月22日(火曜日)     「パネル応援本格始動!!」生徒活動

panel01  panel02  panel03  panel04

panel11  panel12  panel13  panel14

  黄菊祭体育部門まで残り10日となりました。各ブロックの応援練習が本格的になってきました。本校自慢のパネル人文字応援です。今年は練習場所を効率的に使おうと、種目練習のブロックと応援練習のブロックを組み合わせてローテーションする方法を取りました。この日は赤、オレンジ、緑の3ブロックが応援練習です。3年生が一番手前に座る1年生にパネルの表示順序を示したペーパの重石に小石を配っています。(写真上段右)気温が上がってくると人文字を作るために並んだ下級生をパネルで仰いでいる3年生がいました。上級生が手本を見せ、号令をかけ、裏方もやる・・・縦割り集団の魅力です。体育部門を皮切りに1年間継続するブロック活動を通して子ども達が成長します。

平成30年5月21日(月曜日)     「My絵文字でうまく伝えよう!!」1年美術

emoji01  emoji02  emoji03  emoji04

emoji11  emoji12  emoji13  emoji14

  1年生がレタリングを学んだ後「絵文字」に挑戦しています。漢字は表意文字ですので1文字ずつ「意味」をもっています。これを「絵文字」にすることによって文字を「一目見ただけ」で意味が分るようにしようと言うわけです。町中でも色々なところに使われています。この時間は自分のデザインを大型モニタで紹介し合っていました。(写真上段左)『もう少し時間があるようです。もう一つやってみましょう」鈴木未先生の指示に『よーし、別の字でやろう!!』子ども達が大きな声で答えます。1年生の「元気さ、素直さ」が出ています。学びの楽しさを体いっぱい表現する1年生です。

平成30年5月21日(月曜日)     「デビュー戦を飾れ!!」陸上記録会

rikujo01  rikujo02  rikujo03  rikujo04

rikujo11  rikujo12  rikujo13  rikujo14

  陸上部が小笠掛川記録会に出場しているというので応援に行って来ました。顧問の小林先生の話では「本校は1年生主体のメンバで望みます」ということでした。1年生にとってちょうど良い「場慣れ」「デビュー戦」です。ゴール後ろのスタンドに陣取ったのですが、1年生はまだユニフォームを持っておらず、近づいてくるまでどれが本校の選手か分らず、盛大にシャッタチャンスを逃してしまいました。次に出るときは1年生も菊西中独特の「黄色いユニフォーム」をきてくれていると思いますので、良い写真が撮れそうです。がんばれ!!陸上部、がんばれ!!1年生。

平成30年5月20日(日曜日)     「英語と日本語の違いを知ろう!!」1年英語

eng01  eng02  eng03  eng04

  1年生の英語の時間を覗いてみました。藤根先生は日本語と英語の語順を比較しています。(写真左)言語が違うというのは単に「単語の発音が違う」という事ではなく思考方法の違いと言えます。私たちは言葉を使って考えます。ですから言葉が違えば思考方法が違う、逆に言うと2つの言語の文法が似ているという事はそれらの言語を使う民族の思考方法が似ていると言えるかもしれませんね。子ども達は英語の学習を通して欧米人の思考も学んでいます。

平成30年5月20日(日曜日)     「My枕草子をつくろう!!」2年国語

makura01  makura02  makura03  makura04

  2年生が国語で清少納言の名著「枕草子」を学んでいます。「春はあけぼの、やうやう白くなりゆく・・・・」は枕草子の冒頭部分ですが、清少納言の季節感が表れています。「みんなの独自の枕草子を作ろう」国語担当の佐藤先生が呼びかけます。「春と言えば」・・・・・・「夏夏と言えば」・・・・・・。まずは、それぞれの季節で思いだされるものを上げています。「夏は祭り」゜秋は祭り」・・・・「お祭り」が夏にも秋にも出てきます。夏祭りと秋祭りはどう違うのでしょうか?

平成30年5月19日(土曜日)     「奉仕作業ありがとうございました!!」2年PTA

oyako01  oyako02  oyako03  oyako04

oyako11  oyako12  oyako13  oyako14

  本日PTA2年学年部主催の「親子奉仕作業」を行っていただきました。2週間後に黄菊祭体育部門があり、グッドタイミングで除草作業をしていただきました。この後、中体連夏の公式戦前の6月後半、夏休み明けの9月初旬と連続して除草作業をしていただく予定です。きれいになったグランドで黄菊祭体育部門成功間違いなし!!です。

平成30年5月19日(土曜日)     「黙想タイムで一日を振り返れ!!」1年帰りの会

mokuso01  mokuso02  mokuso03  mokuso04

  久しぶりに帰りの会の時間に1年生の教室へ行ってみました。本校の帰りの会には「黙想タイム」が設定されており1分間子ども達は黙想をします。黄菊祭体育部門の練習が在るため、子ども達も先生も運動着に着替えを終了しています。教室の前面と廊下に生活委員会の子ども達が展開し、きちんとできているかチェックします。(写真左、中左)担任の先生も生活委員に並んで立っています。1組でカメラを向けると担任の小林先生がふざけてポーズを取ったのでついパチリ!!(写真左)1分間の黙想を通して、1日を振り返り、生活を整えるのが目的です。

平成30年5月18日(金曜日)     「化学電池の謎を探れ!!」3年理科

volta01  volta02  volta03  volta04

  3年生が理科で、化学分野の「イオン」を学んでいます。この日は電解質水溶液とイオン化傾向の違う2枚の金属板を使って「化学電池」の実験をしています。電流が流れたかどうかを調べるのに電子オルゴールを使っています。電子オルゴールは微少電流でも動作するため、教師にとって重宝なものです。耳を近づけて鳴っているかどうか確かめている子がいました。(写真右)金属のイオン化傾向について考えが持てたかな??

平成30年5月18日(金曜日)     「昼休みは黄菊祭練習花盛り!!」3年生徒活動

rensyu01  rensyu02  rensyu03  rensyu04

rensyu11  rensyu12  rensyu13  rensyu14

  黄菊祭体育部門まで残り2週間です。6時間目に「黄菊祭練習」が組み込まれている日が多く、子ども達は昼休みに体操着に着替え早速クラスごとに練習です。応援練習をやっているクラスが有ります。長縄跳びの練習をしているクラスが有ります。3年生は「中学校最後の運動会(黄菊祭体育部門)」を「絶対成功裏に終わらせよう!!」という気迫をビシビシ感じます。「学校の顔」3年生のがんばりが全校のムードを引き上げます。

平成30年5月17日(木曜日)     「のこぎりと格闘中です!!」1年技術

noko01  noko02  noko03  noko04

noko11  noko12  noko13  noko14

  1年生が技術科で「木工作品」の制作に入っています。まずはのこぎりの使い方からです。技術科担当の岡田先生が子ども達を集めて見本を見せます。(写真上段)教えてもらった事を今度は子ども達が実行です。(写真下段)木材は加工が簡単で身の回りにも『木工製品』が溢れています。若い頃、私が木材を使って理科の実験道具を作っているのを見た技術科の先生に『そんな製品では売り物にならないぞ』と言われたことが有ります。『売れる』作品を作るためにのこぎりと格闘する子ども達です。今年は何を作るのかな??例年、「小物収納だな」を作っています。

平成30年5月17日(木曜日)     「菊西中の偉人故井指先生をしのぶ!!」2年道徳

dotoku01  dotoku02  dotoku03  dotoku04

dotoku11  dotoku12  dotoku13  dotoku14

  研修主任の松浦先生が2年生のクラスで、道徳の「提案授業」を行いました。読み物資料として芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を使い、後半は元本校教諭で「内田100選」にもその名が残る故井指のぶ先生の話です。松浦先生が井指先生の資料を配ると『あっ、テニスコートの横に碑がある人だ!!』子ども達から声が上がります。井指先生は当時若干20歳、夏休みの海洋訓練に生徒を引率しますが、溺れた女生徒を助けに海に飛び込みます。力尽きかけた時、救助が来ます。(まさに「蜘蛛の糸」です)「蜘蛛の糸」のカンダタは『お前たち降りろ』と叫びますが、井指先生は『私よりこの子を先に』と女生徒を差し上げます・・・・。子ども達が『命の尊厳』について考える時間でした。

平成30年5月16日(水曜日)     「ブロックの絆を強めよう!!」ブロック練習

block01  block02  block03  block04

block11  block12  block13  block14

  黄菊祭体育部門の練習が始まりました。まずはブロック練習から。長縄跳び、全員リレー、学年種目などはクラス単位の練習ができます。しかし、「ブロック対抗種目」や「応援練習」は縦割りブロックがそろわないと練習できません。そこで、「ブロック練習日」が計画的に設定されています。さすがに応援練習については『パネル人文字』はまだ完成していないのか、隊形と声出し、エールの練習が中心です。(写真上段)ブロック対抗種目の『綱引き』は早くも白熱しています。(写真下段)『これでは全身筋肉痛にならないかなー』若い子ども達にとって余計なお世話ですね。

平成30年5月16日(水曜日)     「がんばれ3年生!!」表彰朝礼

hyosyo01  hyosyo02  hyosyo03  hyosyo04

  H30年度に入って初めての表彰朝礼を行いました。GWを中心に行われた部活動の準公式戦を中心に表象することができました。現在黄菊祭体育部門の成功を目指して大車輪の活躍をしている3年生ですが、部活動夏の公式戦まで2ケ月を切っています。4月から修学旅行、生徒大会、黄菊祭体育部門、中体連夏の大会と続く強行スケジュールをすべてにおいて『学校の顔』として先頭に立つ3年生には大変な1学期です。加えて「進路説明会」「期末テスト」「一日体験入学」「進路相談」と受験生としてクリアしなくてはならない障壁も多数です。がんばれ3年生!!

平成30年5月15日(火曜日)     「学習について考えよう!!」学活

gakusyu01  gakusyu02  gakusyu03  gakusyu04

gakusyu11  gakusyu12  gakusyu13  gakusyu14

  学活の時間に全校統一テーマ「学習の仕方」を行いました。学習委員会で行っている「授業評価」のカードを示しているクラスが有ります。(写真上段左)学習時間とテスト点の相関をグラフにしているクラス(写真上段中左)があります。それせぞれ「学習」「授業」は中学生が一番時間と労力を割く活動です。最大の効果を挙げるためにクラスでの取り組みを行います。『受験は個人戦、しかし、受験勉強は団体戦』を地で行く活動でした。

平成30年5月15日(火曜日)     「黄菊祭体育部門本格始動!!」学活

nyujo01  nyujo02  nyujo03  nyujo04

nyujo11  nyujo12  nyujo13  nyujo14

  本番まで3週間をきったところで、黄菊祭体育部門が本格的に始動しました。「生徒の手で行う」ことが中学校の生徒活動の基本ですが、『集団行動の基礎』については先生達が教えます。(写真上段)1,2年生に応援席の位置、入場までのコースと集団行動について指導しました。一方、3年生はもう『基礎的な動きは大丈夫』と言うことで、同じ時間教室で応援メニューの確認をしました。(写真下段)本校の縦割りブロック応援は「3年生が下級生に教える」事が基本です。まず、3年生が『手本を見せられる』までできなくてはなりません。3年生と下級生に分かれて3週間と言う短い時間をどう効率的に使い、天気予報と相談しながら・・・・。特活担当、生徒会担当の先生達の腕の見せ所ですね。

平成30年5月14日(月曜日)     「ようこそ!!先輩!!」教育実習

kyoiku01  kyoiku02  kyoiku03  kyoiku04

kyoiku11  kyoiku12  kyoiku13

  本日から3週間の日程で、本校卒業整理の5人が教育実習に入りました。教科授業、学級、部活動で菊西中の先生達と一緒に活動し、教師になるための実習を行います。全員本校の卒業生です。『勝手知ったる菊西中』で、学校に勤めたいという気持ちを盛り上げて、夏の採用試験に見事合格して欲しいところです。『ようこそは、先輩!!』本校の子ども達にとっても身近な先輩達の接触は、毎年、良い教育効果を挙げています。

平成30年5月14日(月曜日)     「菊西パワーで勝利!!」女子バレー部

vollerF01  vollerF02  vollerF03  vollerF04

vollerF11  vollerF12  vollerF13  vollerF14

vollerF21  vollerF22  vollerF23  vollerF24

  女子会場の細江中学に着きました。女子チームは第2試合で磐周1位の神明中途対戦していました。『どうですか??』近くにいた応援の保護者の方に聞いて見ると『今、第2セットです。1セット目を取られました。』と言うことでした。2セット目はリードしていたものの終盤追いつかれてデュースに持ち込まれます。男子チームがリードしながらデュースに持ち込まれ、セットを落としたのが頭をよぎります。しかし、女子チームは底力を出してデュースをものにすると第3セットを取り、勝利しました。この試合は途中からだったのでもう1試合応援しようと待っていたのですが他の試合が長引き、次の試合開始が14時30分くらいになることが判明、学校HP15時の更新で男子チームの試合を掲載すると予告していたので、子ども達に「試合がかなり遅れてるから、ここで失礼するよ。頑張って県大会まで行けよ」と声をかけて会場を離れました。(写真下段右)本校は小笠7位です。レベルの高い小笠地区で勝ち抜くのは茨の道ですね。

平成30年5月13日(日曜日)     「クイック攻撃を決めろ!!」男子バレー部

volley01  volley02  volley03  volley04

volley11  volley12  volley13  volley14

volley21  volley22  volley23  volley

  男女バレー部が西部選手権に出場するというので、応援に行ってきました。まずは第一試合の男子チームを応援するために可美中学へ行ってきました。会場校の可美中との対戦です。第一セット23対17となり、『よし、1セット目いただき!!』と思ったのですがそこから追いつかれデュースの末惜しくもセットを落としてしまいました。気落ちして第2セットの前半大量リードを奪われ、その後反撃するも万事休すでした。「おしかったね」子ども達に声をかけて、女子会場の細江中学に車を飛ばしました。※女子会場の様子は明日朝の更新でお届けします。

平成30年5月13日(日曜日)   「伝統の応援を完成させよう!!」生徒会

ohen01  ohen02  ohen03  ohen04

ohen11  ohen12  ohen13  ohen14

  放課後の教室では、毎日30分程度応援メニューを作っています。本校伝統のパネル人文字応援はとにかく手間がかかります。昨年、一昨年のVTR(写真下段左、右)残り3週間の時間を学習、部活動との両立を図りながら自分達のできる『最高のパフォーマンス』を作り出そうと頑張る子ども達にエールです。

平成30年5月12日(土曜日)   「委員会活動も順調!!」図書委員会

tosyo01  tosyo02  tosyo03  tosyo04

  昼休みに学校図書館に行ってみました。図書委員会の生徒が本の貸し出し作業をしていました。蔵書管理、貸出と返却作業が電算化されて久していですが、手際良くどんどんこなしています。今年の生徒会のスローガンは「Student first! Join us!」です。学校における生徒の自治活動は小中高校を通して変わりないことですが、自分達で図書館の本の管理をし、貸出・返却作業を行う事を通して子どもたちの自主性がはぐくまれます。

平成30年5月12日(土曜日)   「声かけランニングで示せ!!」生徒会

koekake01  koekake02  koekake03  koekake04

  『昼休みに3年の団長と1,2年の学級代表は会議室に集まりなさい』校内放送が入りました。カメラヲモッテ会議室に言ってみると、特活担当の石川先生が子ども達に「声かけランニング」について説明しています。(写真左)ブロックごとに団長のリードで全員で掛け声をかけながらランニングをする「声かけランニング」も黄菊祭体育部門の伝統競技です。今年も各ブロック統制のとれた姿を見せてくれるでしょう。開会式後の楽しみなメニューです。

平成30年5月11日(金曜日)   「心の揺れをグラフで!!」2年国語

planet01  planet02  planet03  planet04

planet11  planet12  planet13

  2年生の国語の時間を覗いてみました。子ども達は「アイスプラネット」と言う文章を読んでいます。そしてグループに分かれて「登場人物の心の状態を折れ線グラフで表して」います。(写真下段左)折れ線グラフの形がグループによって違います。『なぜ、そう考えたの??』他のグループのグラフを見て疑問点が湧き上がります。『同じ文章なのになぜ感じ方が違うのだろう』・・・・国語の学習の醍醐味ですね。

平成30年5月11日(金曜日)   「後1ケ月で本番スタート!!」陸上部

rikujo01  rikujo02  rikujo03  rikujo04

  久しぶりに良い天気になったので部活を見に行って来ました。陸上競技部が練習をしています。長距離チームがトラックを時計回りに周る(写真左)のに対して、短距離、リレーチームが反時計回りにトラックを使っています。上手にすみわけをしています。陸上競技の「小笠大会」は全種目中一番遅く7月31日です。しかし、この大会は上位大会につながらず、全国大会まで繋がる『通信陸上』は6月半ばで残り時間はほぼ1ケ月です。ここから、県西部、県、東海、全国へと『負ければ(標準タイムが切れなければ)終わり、即引退!!』の学生スポーツ独特の厳しい『夏の公式戦』が、全ての種目の先頭を切ってスタートします。がんばれ菊西中生!!がんばれ陸上競技部!!そして、頂点を目指せ!!

平成30年5月10日(木曜日)   「応援団も始動しました!!」3年応援団

ohen01  ohen02  ohen03  ohen04

ohen11  ohen12  ohen13  ohen14

  放課後3年生の教室を周ってみると応援リーダが黄菊祭体育部門の応援の作戦会議中でした。本校は「応援パフォーマンス」いわゆる『応援合戦』にポイントが付きます。そして本校の伝統が、『パネル人文字応援』です。人文字のデザイン(写真下段中右、右)、パネル返還のタイミング等すべて、子ども達の手作りです。本番は6月1日です。残り3週間です。応援団も始動しました。種目練習も始まります。今年も感動の黄菊祭の予感です。

平成30年5月10日(木曜日)   「『ハ音記号』って知ってる??」1年音楽

haon01  haon0  haon03  haon04

  1年生の音楽の時間を覗いてみました。「音楽理論」の学習をしていました。音楽担当の上仲先生は、曲を楽譜に書き表す時、曲の音域によって「ト音記号」や「ヘ音記号」を使う事を説明し『これは見たことない人が多いと思いますが』と前置きして、「ハ音記号」というものを紹介しました。59年生きてきた私も初めて出会いました。子ども達も「へー、そんなのがあるんだー」という表情です。入学式で「数学の学は『学問』、美術の『術』は『芸術』、あなた達は中学で学問や芸術の分野に足を踏み入れます・・・・」と、私は子ども達に語りかけました。音楽は小学校と名前は変わらないけれど、やはり『芸術としての音楽』の世界に子ども達は足を踏み入れていました。

平成30年5月9日(水曜日)   「修学旅行を英語で表現しよう!!」3年英語

schoolTrip01  schoolTrip02  schoolTrip03  schoolTrip04

schoolTrip11  schoolTrip12  schoolTrip13  schoolTrip14

  3年生の英語の時間を覗いてみました。テーマは「修学旅行」です。教科書にも「法隆寺は世界で一番古い木造建築である」などの文が見られます。(もちろん英語で)修学旅行から帰ってきた3年生にとって結構興味の湧く教材です。教科書の編集者も適切な次期に適切な教材を配置するなど、心憎い配慮がされています。子ども達は自分達が観光してきた京都、奈良について英作文します。『〇〇って、英語でどう言うの??』疑問もいっぱい湧いてきます。興味関心が高いがゆえの疑問です。自分達の興味関心にそって学びを進める子ども達が居ました。

平成30年5月9日(水曜日)   「文字式はとっても便利!!」2年数学

mojisiki01  mojisiki02  mojisiki03  mojisiki04

  2年生の数学の授業です。「多項式の計算」(文字式)を行っています。「文字式」は非常に便利、応用範囲が非常に広いと言えます。現代の生活に欠かせないスマホなどコンピュータは「記憶場所」を持っていますが、これを数学では「文字」で表します。そして、記憶場所に色々な数値を入れる(文字式の言葉で言うと数値を代入する)ことによって色々な仕事をします。現代科学の出発点は文字式と言ってもよいと思います。本校では本格的に文字計算が行われる2年生の数学に先生達を重点配置し、TT(写真左、中左)、不均等分割少人数授業で、子ども達を支援します。

平成30年5月8日(火曜日)   「僕は何色が似合うかな??」1年家庭

niau01  niau02  niau03  niau04

  1年生の家庭科です。『被服分野』を学習しているようです。家庭科は「被服」「食物」「保育」「家計」などの分野があり、それぞれ必修となっています。この日のテーマは『何色が似合うかな』です。子ども達は様々な布を体にあてがって似合う色を捜しています。実際に何を製作するのでしょうか??でき上がる作品が楽しみです。

平成30年5月8日(火曜日)   「コミュニケーション力をつけよう!!」3年英語

davie01  davie02  davie03  davie04

  3年生の英語の時間です。デービー先生が授業を進めています。例によって「コミュニケーションゲーム」です。英語の学習にはねらいが3点有ります。「文法的に正しい英文を理解する」「文法的には多少の間違いがあっても自分の思いを伝え、相手の考えを理解する(コミュニケーション力)」「国際的な視野を持つ」だと思います。ALTの授業のねらいは主として2番目、3番目です。子ども達はデービー先生の質問に何とか英語で答えようと努力します。多少の単語の間違いを気にするより、『伝える』事が大切です。2020東京オリンピックを視野に入れ、菊川市は「英語で外国人をおもてなしで切る子どもの育成」を志向しています。少ないALTとの授業を大切にしたいですね。

平成30年5月7日(月曜日)   「ハンドサインで音程を感じよう!!」1年音楽

hand01  hand02  hand03  hand04

  音楽室を覗いてみました。子ども達がハンドサインを使いながら曲の音の高さを体感する授業を行っています。音楽担当の上仲先生お得意の教材です。私たち人間には視覚、聴覚など五感と呼ばれる感覚が備わっています。音楽のメインはもちろん「聴覚」ですが、五感を総動員することによってより正確に曲想を感じ取ることができます。音の高さに合わせて手を挙げることにより音程を正確に捕らえようとする子ども達です。

平成30年5月7日(月曜日)   「化学変化を粒子概念で!!」2年理科

AgO01  AgO04  AgO02  AgO03

  2年生が理科で「化学変化」を学んでいます。自然科学の基本姿勢は「種々雑多の自然現象を最低限の仮定と矛盾の無い論理展開で明らかにしていくこと」に有ると言えます。色々な化学変化を調べていくと「質量保存の法則」「低比例の法則」「倍数比例の法則」・・・・と化学変化の色々な現象を説明する法則が姿を現します。ここで終わってしまうと自然科学とは言えず、人文科学、社会科学になってしまいます。この法則を説明するさらに一歩踏み込んだ根本法則が必要です。それが「分子、原子」に代表される粒子概念です。子ども達の自然現象との格闘が続きます。

平成30年5月6日(日曜日)   「完成まで時間がかかります!!」吹奏楽部

brass01  brass02  brass03  brass04

brass11  brass12  brass13

  ゴールデンウィーク部活動シリーズ最終回は吹奏楽部です。吹奏楽部は8月初旬に吹奏楽コンクールを控えています。運動部の中体連県大会とほぼ同時期に県西部大会が行われます。曲を完成させるには膨大な時間がかかります。これからの2ケ月半は大忙しです。この日は1年生も参加していましたが一足先に帰るようです。(写真上段右)今年の吹奏楽部は「大編成の部」に出場です。最高のフィナーレを目指してガンバレ吹奏楽部

平成30年5月6日(日曜日)   「夏の大会県大会を目指して(2)!!」男子テニス部

Mtennis01  Mtennis02  Mtennis03  Mtennis04

Mtennis11  Mtennis12  Mtennis13  Mtennis14

  女子チームの決勝トーナメント進出を確認して男子会場の浜岡中に車を飛ばしました。到着した時、決勝トーナメント準決勝の対掛川西中戦が始まろうとしていました。『ここはどうしても倒しておきたいところです』森下監督が私にささやきました。その言葉と゜おり、2対0で決勝進出を決めました。決勝は例によって掛川北中です。同時に試合を開始した2ペアが共に2セットを連取し、『これは楽勝か??』心の中で思いましたが、その後反撃に合いファイナルセットに持ち込まれ、逆転を許してしまいました。『最初2セット取っているのですから、この敗戦はベンチの責任です』森下監督は申し訳なさそうに私にささやきます。『あと2ケ月ある。まずは地区優勝で県大会へ行こう!!』ガンバレテニス部!!

平成30年5月5日(土曜日)   「夏の大会県大会を目指して(1)!!」女子テニス部

Ftennis01  Ftennis02  Ftennis03  Ftennis04

Ftennis11  Ftennis12  Ftennis13  Ftennis14

  今日はテニス部が夏の大会のシード決定戦を行っているので応援に行って来ました。女子会場は掛西中です。本校はシード4校の一角に入っているので、くじ引き無しで予選リーグの組が決まります。午前中の予選リーグの応援をして、決勝トーナメント進出を確認してから男子会場の浜岡中に向かいました。

平成30年5月5日(土曜日)   「広いコートで躍動!!」サッカー部

soccer01  soccer02  soccer03  soccer04

soccer11  soccer12  soccer13  soccer14

  昨日はサッカー部が焼津市協会長杯に出場しているというので行ってみました。野球の小笠選手権と同じで、県外チームも招待されて参加していました。焼津大村中とのゲームを観戦しました。試合開始後2点リードされますが、前半終了間際に追いつき、後半また1点入れられますが、これも試合終了直前に追いつきます。3対3でPK戦です。(写真下段中右、右)PK戦では破れましたが子ども達の驚異的な粘りを見ることができ、夏に向けて大満足です。『校長先生が来ると子ども達の空気が変わります』応援のお母さんの1人が私にささやきます。ちょっと嬉しくなりました!!

平成30年5月4日(金曜日)   「空中の肉弾戦を制せ(2)!!」男子バスケット部

basket01  basket02  basket03  basket04

basket11  basket12  basket13  basket14

  引き続いて男子会場の大浜中に行ってみました。ちょうど第1クウォータが始まったばかりの時間に着くことができました。女子の試合を見た後、男子の試合を見るとスピードの速さに圧倒されます。味方のシュートが外れると見るや空中でそのボールをゴールに押し込むタップシュートをする子がいました。こうなると朝の記事で書いた「空中の肉弾戦」の様相がますます強くなります。夏の大会に向けて男子チームも好試合を見せてくれました。

平成30年5月4日(金曜日)   「空中の肉弾戦を制せ(1)!!」女子バスケット部

basket01  basket02  basket03  basket04

basket11  basket12  basket13  basket14

  男女バスケット部がスプリングカップに出場しています。男女とも1回戦はシードです。まず、女子会場の浜岡中学校に行ってみました。1回戦を勝ち上がってきた掛川北中との対戦です。コートの端から端まで約20m位の距離を1時間を超える試合時間、全力で往復し続け、3m05cm上のゴールをめがけてジャンプを繰り返し、体をぶつけ合う長ハードなスポーツであるバスケットボールは「空中の肉弾戦」と呼ばれることもあります。ガンバレ!菊西ケージャたち!!

平成30年5月3日(木曜日)   「電気分解でイオンをイメージしよう!!」3年理科

cucl01  cucl02  cucl03  cucl04

  理科室を覗いてみると3年生が塩化銅の電気分解を行っていました。3年生が使用する「第三理科室」は下級生が使用する第1、第2理科室とは違い2人がけの実験テーブルですので一人一実験を基本に、ペア実験が中心となります。子ども達の並びを見ていると教室と同じ男女ペアのテーブルが多いようです。私が理科を教えていた頃は『理科は男女別班』を基本としました。理科と言う教科の特性上どうしても女子の腰が引けてしまうのを防ぐためでした。しかし、この頃は女子も積極的に参加します。私の母校磐田南の理数科でもクラスに10人以上の女子生徒が在籍しています。(私の学年は『男組』でした。うーん、花が無かったなー!!)大学でも女性研究者がどんどん増えています。菊西中でも『女生徒がんばれ!!女性研究者を目指せ!!』子ども達はどんな発見をするのでしょうか?

平成30年5月3日(木曜日)   「各クラスにうまく伝えてね!!」種目説明会

setsumei01  setsumei03  setsumei04  setsumei11

setsumei12

setsumei13

  黄菊祭体育部門の『種目説明会』を行いました。生徒会執行部(本部と専門委員長)が中心となって進める企画です。各クラスの学級代表と担任の先生達(写真上段左、中左)が会議室に集まる中、担当の生徒が手際よく種目の概要を説明していきます。これを受けてGW明けには各クラスで「選手決め」が行われ、本格的に種目練習がスタートします。同時並行で3年生の応援リーダを中心として「応援メニュー決め」も進んでいます。本校の応援は手間のかかるパネル人文字応援が主体です。それだけに体育部門終了後、多くの応援リーダが解団式で涙を見せるのです。

平成30年5月2日(水曜日)   「今日から正式入部だ!!」部活動

nyubu01  nyubu02  nyubu03  nyubu04

nyubu11  nyubu12  nyubu13  nyubu14

  1年生が昨日5月1日をもって部活動に「正式入部」しました。多くの部は教室でまず顔合わせのミーティングです。(写真上段)早くもグランドや体育館で、活動に入っている部も有ります。(写真下段)これから2年2ケ月(全国大会決勝まで進出しても2年3ケ月)の部活動のスタートです。部活動は教育課程外の「課外活動」と呼ばれる領域に属し、必修では無いとは言うものの、中学校生活の多くの部分を占める大切な活動の一つです。

平成30年5月2日(水曜日)   「H30年度と言う1ページを書き加えよう!!」生徒大会

seito01  seito02  seito03  seito04

seito11  seito12  seito13  seito14

  前期生と大会を行いました。以前の記事で書きましたように、時間節約のため、校内TV放送を使って議案書読み合わせを事前に行い、各クラスの質問を受け付けていたので、この日は各クラスからの「代表質問」に答える形で会が振興します。そして時間内に審議、採決を終了し、H30年度前期活動案が昇任されました。その後、黄菊祭体育部門のスローガンが発表されました。(写真下段右)「燃えろ五色魂~5つの星の大決戦~」です。私は子ども達に「菊西中生徒会の伝統を引き継ぐには、全生徒が『同じ価値観を持って』活動する必要が有ります。議案書を事前に読み合わせしているのに本日の生徒大会持つ理由がここにあります。今日、皆さんは価値観を共有しました。みんなで菊西中生と会にH30年度と言う1ページを書き加えましょう」と話しました。生徒会も本格的に活動を開始します。

平成30年5月1日(火曜日)   「コーリューブンゲンで合唱に備えよう!!」3年音楽

callyou01  callyou02  callyou03  callyou04

  「アアアアアアアアア-」校長室に居ると子ども達の声が聞こえてきました。大急ぎで音楽室に行って見るとコリューブンゲンです。本校の教育課程では、3年生の音楽は週1単位時間しかありません。子ども達にとって一番大きな音楽イベントは2学期の黄菊祭文化部門の「学級合唱」です。中学の音楽は合唱以外にも必修領域がたくさん有ります。合唱だけに特化して履修する訳にはいきませんが、10月まではどうしても合唱が多くなるようです。今年の3年生はどんな「感動の合唱」を聞かせてくれるでしょうか??今から楽しみになっています。

平成30年5月1日(火曜日)   「レタリングで文字をデザインしよう!!」1年美術

letter01  letter02  letter03  letter04

  1年生の美術の時間を覗いてみました。『レタリング』を学んでいます。鈴木未先生の説明を聞きながら子ども達はじっと教科書を眺めています。コンピュータの発達で私達庶民でも非常に多くのフォントを使い、かつ、それを加工して色々なデザインができます。(※美術が苦手の私はこれで非常に助かっています)しかし、手でデザインしたものはまた格別ですね。この日、子ども達は『明朝体』に挑戦していました。明朝体の特徴が分ったかな??