ここから本文です。

菊東中ニュース

平成30年7月17日(火曜日) 「躍動」する東中2年生! 体育館に歓声が響き渡る ~ 生徒会本部主催「ドッジボール大会」 

 1年生のドッジボール大会に続いて、2年生の大会が実施されました。生徒会選挙に史上稀に見る9人が立候補するだけあり、とても活気あふれるものでした。

1 4

3 4

 始まる前から、ニコニコの笑顔がここかしこで見られ、始まった途端、その笑顔が「キャーキャー」声の絶叫に変わり、エネルギッシュな2年生にふさわしい賑わいが見られました。

5 6

7 8

 むんむんする蒸し暑い体育館でしたが、2年生と1、3年生の熱気で、飛び散る汗もものともせず、対戦が終わったときには、爽快感に包まれていました。
 2年生のドッジボール大会も大成功でした。

9 0

1 2

平成30年7月16日(月曜日) 「躍動」する東中生! 体育館に歓声が響き渡る ~ 生徒会本部主催「ドッジボール大会」 

 大変暑い日が続きますが、この暑さを逆手にとって、生徒会本部主催の「ドッジボール大会」が昼休みに開催されました。

1 2
 この大会は学年別の学級対抗で1年生から始められました。ドッジボールは、小学校でもっともポピュラーな球技で、菊川市には教育委員会主催の市内小学校ドッジボール大会が毎年開催されています。また、ふだんの学校生活では、休み時間にドッジボールを行う小学生はたくさんいます。

3 4
 1学期間ですっかり中学生らしくなった1年生たちが必死になってボールを投げたり、キャッチしたり、中には、「キャーキャー」叫びながら逃げ回って、楽しくプレーしました。

5 6
  多くの2、3年生も応援や観戦に駆けつけ、体育館は熱気ムンムンとなりました。暑さをものともせず、コートいっぱいを逃げ回ったり、その標的めがけて投げ込んだり、迫力満点のドッジボールでした。 

7 8

平成30年7月15日(日曜日) 祝県大会出場決定!! ~ 小笠中学校総合体育大会ソフトテニスの部

 7月14日(土曜日)、全国的な猛暑の中、掛川いこいの広場テニスコートでは、女子ソフトテニス部の熱い戦いが繰り広げられました。

1 2

3 4
 個人戦にエントリーされた選手たちが、懸命に戦い素晴らしいプレーの数々が見る者すべての心を惹きつけました。
 小笠地区の各校の精鋭たち84ペアが出場し、8つの県大会出場権をかけて戦いました。東中からは、昨年度に引き続き県大会出場ペアが誕生しました。昨年度よりも順位を1つ上ました。
5 6

7 28 9
 《個人戦 トーナメント戦》 
絹村莉里華さん・近江莉菜さんペア 第6位。おめでとうございます。春・夏県大会出場達成です!
1 0

県大会は7月27日(金曜日)、草薙庭球場です。県内の各地区を勝ち抜いた128ペアで競い合います。応援をよろしくお願いします。

5 5
3 4

平成30年7月15日(日曜日) 祝県大会出場決定!! ~ 小笠中学校総合体育大会ソフトテニスの部

 全国的な猛暑の中、掛川いこいの広場テニスコートでは、女子ソフトテニス部の熱い戦いが繰り広げられました。
 個人戦にエントリーされた選手たちが、懸命に戦い素晴らしいプレーの数々が見る者すべての心を惹きつけました。
 小笠地区の各校の精鋭たち84ペアが出場し、8つの県大会出場権をかけて戦いました。東中からは、昨年度に引き続き県大会出場ペアが誕生しました。昨年度よりも順位を1つ上げました。
 《個人戦 トーナメント戦》 
絹村莉里華さん・近江莉菜さんペア 第6位。おめでとうございます。春・夏県大会出場達成です!
県大会は7月27日(金曜日)、草薙庭球場
です。県内の各地区を勝ち抜いた128ペアで競い合います。

平成30年7月15日(日曜日) 六郷小学区限定がなくなりました  ~ 「六ちゃん学校防災合宿」参加者大募集!!

 「六ちゃん学校防災合宿」参加者大募集のお知らせをしました。このボランティアは当初、六郷地区の子ども達が対象でした。しかし、今回、この条件がなくなりましたので、もう一度、お知らせします。
 期日は、7月27日(金曜日)の12時30分から24時間です。六郷小グランドに設営したテントに宿泊する1泊2日です。
 防災を学習するとともに、カレーライスを作ったり、レクレーションで楽しんだりするキャンプ的なお楽しみ要素もたくさん取り入れてくださっています。
 部活動がある生徒については、基本は「防災合宿」優先としますので(大会がある部は部活顧問と相談)、積極的に応募してください。応募締切は、7月17日(火曜日)17時までです。詳細は、PDFファィルをご覧ください。そして、保護者の方の許可をいただいてください。

1 2

 現在、1年生落合順菜さんが2年連続で希望してくれています。とても立派だと思います。また、2、3年生では他の小学校区の仲良しと一緒に参加を希望している東中生が数人います。この希望を六郷防災事務局に問い合わせたところ、気持ちよく許可してくださいました。他にも希望してくれる東中生がいるかもしれませんので、平等性を期すために、お知らせします。
 尚、参加した生徒には、「ボランティアポイント30点」と「ジュニア防災士」の資格を手にすることができます。友だちと誘い合ったり、保護者の方の許可をいただいたりして、ふるって応募してください。何か質問のある人、あるいは、参加を希望する人は、17日(火曜日)の朝、校門に立っている私に直接申し出てくれますと、締めきりが迫っていますので、とってもありがたいです。よろしくお願いします。

2 3
・平成29年度「六ちゃん学校防災合宿」の画像(PDF:563KB)
・「六ちゃん学校防災合宿」チラシ(PDF:764KB)

平成30年7月14日(土曜日) いよいよ大詰めです ~ 平成30年度生徒会役員選挙

 7月6日(金曜日)から始まった選挙運動が終了しました。どの候補者も応援者も朝の選挙活動や各クラスでの運動に精一杯取り組みました。

1 2

3 4
 原稿を見ずに、東中をこのような学校にしたい、全校のみんなと一緒に「共に創る」「躍動」に向かって頑張りたいという方針を堂々と述べていました。
 まさに、その姿は頼もしく、また、凛々しく、まぶしく感じました。うれしく素敵なことです。できれば、全員を当選させてあげたいです。

5 6

7 8
 しかし、生徒会規約に会長、副会長の人数は規定されていますので、生徒会員は投票によって、それぞれ一人ずつを選ばなくていけません。とっても悩むことでしょう。
 候補者においては、当選した人は落選をした人の思いを汲んで頑張ってほしいと思います。逆に落選をした人は、今までの努力に誇りをもち、専門委員長や学級委員、あるいは、別の実行委員など、違う立場で貢献してもらいたいと思います。

9 0

6 7
 いよいよ17日(火曜日)には体育館において、「立ち合い演説会」と「投票」が行われます。9人もの立候補者のいる演説会はなかなかないと思います。
 保護者の方、地域の方、もし、東中生のこの頑張りを参観されたい方は、ぜひ、ご来校ください。13時20分から開始します。

8 9

0 1

その際には、履き物とうちわ(扇子)、ハンカチ(タオル)などをご持参し、体育館へ直接お越しください。写真撮影も可能です。
 この若い力が、東中をますます「躍動」させるとともに、将来の東中学区や菊川市、あるいは日本、世界を必ず良い方向に導いてくれると確信しています。

2 3

4 5

平成30年7月13日(金曜日) 「和装文化」の学習 ~ 3年生の家庭科「浴衣の着つけ」

 7月5、6日(木、金)、2時間目に3年2組家庭科で「浴衣の着つけ」の授業を行いました。この授業では、着つけ講師の高塚さとみ先生が懇切丁寧に指導してくださいました。
 この和装文化を学ぶ授業に、NHK、テレビ静岡、市秘書広報課の方々が取材に来てくださり、社会的に話題性があり、質の高い授業を受けていることに、東中生たちは誇らしげな気持ちで真剣にかつ楽しく学んでいました。
 着付けの方法を学習した後、和装におけるマナーを学びました。その立ち居振る舞いの美しさ、日本文化の奥深さを実感することができました。
【3年1組】

1 2

3 4

5 6

7 8

【3年2組】

9 0

1 2

3 4

5 6

【3年3組】

7 8

9 0

6 7

8 9

【3年4組】

0 6

7 8

9 0

1 2

・゛旬感゛まちのニュース(7月11日記事)
・facebook菊川市(7月12日記事)( 外部サイトへリンク )

平成30年7月12日(木曜日) わくわく消防体験プログラムへの参加者募集中 ~ 先着150名まで

 菊川市では消防の仕事や火災予防の大切さ、火災・地震の恐さを知ってもらうため、8月4日(土曜日)にわくわく消防体験プログラムを開催します。
 その内容は、煙体験や放水体験、救命体験、消防車乗車体験などさまざまな体験をすることができます。また、予定では静岡県消防防災ヘリコプターと菊川消防署の合同訓練も実施する計画を立てています。
 昨今、全国各地で地震や風水害による甚大な被害も出ていますので、とてもよい機会だと思います。興味のある東中生は、ふるって参加してください。
 また、小学生は、親子で楽しく消防について学べる機会になるので、兄弟姉妹でも考えてみてください。

1 2
【わくわく消防体験プログラム】
日時:8月4日(土)午後1時~4時
場所:菊川市消防本部
対象:どなたでも(小学生未満は保護者同伴)
内容:煙体験、防災講話、放水体験、救命講習、消防車乗車体験、防災ヘリ合同訓練見学
定員:150人 ※先着順
申し込み:下記へ電話で申し込み
問い合わせ:菊川市消防本部(0537-35-3284)
※詳細は、市ホームページをご覧ください。

3 4

平成30年7月11日(水曜日) 大いに「躍動」する選挙運動 ~ 平成30年度生徒会役員選挙

 7月6日(金曜日)から朝の選挙運動が始まりました。昨年度の立候補者は、会長、男子副会長、女子副会長とも、各1名ずつで、合計3名でした。
 しかし、入学してから生徒会本部役員が演じる「シン・ゴジラ」や「三太郎(au)」の活躍や各行事における頼もしい先輩方の姿を目の当たりにしてきた2年生からは、合計9名が立候補しました。

1 2

3 4
 私が経験した中では、生徒会長に3名が立候補したことはありましたが、今回のようにそれぞれの役職において複数以上の立候補者が名乗りでるのは、初めてでした。2年生の頑張りに感動です。また、先輩方に敬意を表します。

5 6

7 8
 これらの選挙運動もすべて、各クラスの選挙管理委員がリーダーシップをとり、公示、告示、立ち合演説、応援演説、投票、開票、結果発表のスケジュールや役割分担を決めて、主体的に動いていきます。まさに、「躍動」「共に創る」です。

9 0

1 2
 これでは、立候補者と応援責任者を紹介します。
◎会長候補 2年1組米倉麟士郎さん(応援責任者:渡邉碧斗さん)、2年3組道下もえさん(応援責任者:山崎鈴さん)
◎副会長(男子)候補 2年4組落合皇介さん(応援責任者:松浦光汰郎さん)、2年2組進士卓矢さん(応援責任者:大谷遼花さん)、2年3組秋鹿雅史さん(応援責任者:武藤航明さん)
◎副会長(女子)候補 2年4組渡邊天愛さん(応援責任者:鳥居泰一さん)、2年2組松下花さん(応援責任者:増本華奈さん)、2年1組平野汐莉さん(応援責任者:藤本葵さん)、2年3組中嶋楓華さん(応援責任者:青木和奏さん)

3 4

5 6

 平成30年7月10日(火曜日) 【時間限定】 NHK静岡ニュースをご覧になりたい方へ ~3年2組家庭科「浴衣の着つけ」

 本日、2時間目に3年2組家庭科で「浴衣の着つけ」の授業を行いました。この授業では、着つけ講師の高塚さとみ先生が懇切丁寧に指導してくださいました。
 この和装文化を学ぶ授業に、NHK、テレビ静岡、市秘書広報課の方々が取材に来てくださり、社会的に話題性があり、質の高い授業を受けていることに、東中生たちは誇らしげな気持ちで真剣にかつ楽しく学ぶことができました。
・NHK静岡「浴衣の着つけ」 

平成30年7月10日(火曜日) 【お知らせ】 もうすぐテレビで放映されます ~ 3年生の家庭科授業「浴衣着付け教室」

 本日、本校の3年生の家庭科授業「浴衣着付け教室」の様子がNHKニュース、テレビ静岡で放映されます。
 NHKの放映予定は、本日18:10から19:00の「たっぷり静岡」あるいは20:45から21:00の「NEWS84」、明日の朝7:45から8:00の「おはよう静岡」のいずれかで扱われます。
 テレビ静岡の放映予定は、本日18:14から19:00あるいは20:54から21:00の「プライムニュース」のどちらかで扱われます。
 どうぞご覧ください。

 平成30年7月10日(火曜日) 今後の躍進を感じさせる堂々の泳ぎっぷりでした ~ 西部地区中学校総合体育大会水泳の部

 7月7、8日(土、日曜日)、西部地区中学校総合体育大会の水泳の部が開催されました。
 東中からは、2年生横山笑夢斗さんと1年生黒田はなさんが出場しました。西部地区の高いレベルの中、小笠地区を勝ち抜いて代表の座を射止めた自信を胸に、日頃の練習の成果を発揮しました。

1 2

3 4

5 6

7 8
 2人とも上位入賞を果たすことはできませんでしたが、今後の躍進を予感させる素晴らしい泳ぎを発揮しました。
 1年生黒田はなさん 女子50m自由形、女子100m自由形
 2年生横山笑夢斗さん 男子1500m自由形 

4 9 

0 1

2 3

5 0

平成30年7月9日(月曜日) ようこそ東中へ ~ ハワイからの中学生ホームステイ

 7月6日(金曜日)、ハワイ州のオアフ島から素敵なお客さまが来校しました。このお客さまは、かわいい中学生たちで、まる1日東中生と同じように授業を受けて生活しました。

7 1

2 3

 この中学生たちは、ホームステイのため菊川市を訪れ、東中生の自宅に宿泊しました。この事業の主催は菊川市国際交流協会(代表:中嶌るり子さん)で、2年に一度実施している中学生海外派遣事業です。

0 1

2 3

 今回のホストファミリー宅の東中生は、来年3月のハワイホームステイの候補者となります。

4 5

4 5

 オアフ島からの中学生たちは、数学や英語、音楽の授業や給食、剣玉、おりがみ「手裏剣」などを体験し、とても楽しそうでした。

6 7

6 8
 素敵な交流ができて、とても有意義な時間を共有することができました。どうもありかとうございました。来年3月には、東中生がホームステイさせていただきますので、よろしくお願いします。

0 9

8 9

平成30年7月8日(日曜日) 中体連総体 本日の結果 ~ 小笠中学校総合体育大会

 本日の中体連総体の結果です。
【男子ソフトテニス部】

《個人戦トーナメント》
 小野田祐さん・岩堀嵐馬さんペア 1回戦 負け0ー3 
 石川柊太朗さん・植田蓮さんペア 2回戦 勝ち3ー0、3回戦 負け1ー3
 佐藤よしおさん・松本怜旺さんペア 2回戦 負け2ー3
 前田龍々さん・山田一晴さんペア 2回戦 勝ち3ー0、3回戦 勝ち3ー1、4回戦 負け3ー4 (ベスト16)

【剣道部】
《男子団体戦予選リーグ》
 対御前崎 負
 対浜岡 勝
 対大浜 負
 以上の結果により、予選リーグ第3位。
《男子個人戦トーナメント戦》
 澤口拓也さん 1回戦負け
 鈴木翔留さん 1回戦負け
 一樹鉱生さん 2回戦負け
 米倉麟士郎さん 2回戦負け
 赤堀空さん 1回戦負け
 岩瀬京治さん 1回戦負け
 服部夏樹さん 1回戦負け
 
《女子団体戦予選リーグ》
 対浜岡 負
 対岳洋 負
 対菊川西 負
 対大浜 負
《女子個人戦トーナメント》
 河合華さん 1回戦負け
 中嶋楓華さん 2回戦負け
 朝妻来未さん 2回戦負け
 高木莉央さん 1回戦負け

【女子バレーボール部】
 決勝トーナメント1回戦 対大浜 負け0-2

   以上の結果により、ベスト8。

平成30年7月8日(日曜日) 中体連総体7月7日(土曜日)の結果 ~ 小笠中学校総合体育大会

【男子バスケット部】5
《予選リーグ》
第1試合 対菊川西 負け35-73
第2試合 対掛川北 負け42-71
 以上の結果により、予選リーグ敗退。

 

 

 

 

 

【女子バスケット部】1
《予選リーグ》
第1試合 対桜が丘 負け38-44
第2試合 対35-65 負け35-65
 以上の結果により、予選リーグ敗退。

 

 

 

 

 

 

 

 

【女子バレーボール部】7
《予選リーグ》
第1試合 対岳洋 負け0-2(14-25、11-25)
第2試合 対菊川西 勝ち2-0(25-21、25-22)
第3試合 対原野谷 勝ち2-0(25-7、25-8)
 以上の結果により、決勝トーナメント進出。次戦は、本日10時30分予定で桜が丘中において、だDリーグ1位通過の岳洋中と対戦。応援をよろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

【女子ソフトテニス部】4
《団体戦予選リーグ》
第1試合 対桜が丘 勝ち3-0

第2試合 対菊川西 勝ち3-0
 以上の結果により、予選リーグ第1位通過。
《団体戦決勝トーナメント》
1回戦 対城東 勝ち2-0
準決勝 対浜岡 負け1-2
 以上の結果により、小笠地区第3位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【サッカー部】3
《予選リーグ》
最終戦 対掛川東 負け0-2
 以上の結果により、予選リーグ敗退。

平成30年7月7日(土曜日) 【速報】野球部 決勝トーナメント2回戦 ~ 小笠中学校総合体育大会 野球の部

 決勝トーナメント2回戦 対掛川東中 負け0対42
 以上の結果により、ベスト8でした。

平成30年7月7日(土曜日) 【速報】 野球部 特別ルールで勝利 ~ 小笠中学校総合体育大会 野球の部

 決勝トーナメント1回戦 対大須賀中 勝ち2対1(特別ルール)
 このあと11時すぎより、2回戦掛川東中戦となります。

平成30年7月7日(土曜日) 梅雨時の湿り気を一掃する爽快感 ~ ボランティアさんによる読み聞かせ 

 7月4日(水曜日)の朝、本年度1回目の読み聞かせがありました。地域のボランティアさんが朝早くから来校し、東中生に心をこめて読んでくださいました。

1 2

3 4
 読み聞かせは、中学生にとっても宝物の時間で、食い入るように身を乗り出して、傾聴していました。
 読んでくださっているボランティアさんや先生方の心を真正面から受け止めて、集中して聞いている東中生の姿を見て、じめじめした梅雨時の湿り気が一掃されるような爽快な雰囲気に包まれました。

5 6

7 8
 ボランティアのみなさま、どうもありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。

 9 0

1 2

平成30年7月6日(金曜日) 安全に十分気をつけてください ~ 大雨警報発令中 

現在、雨が激しく、警報が出ています。
本日の登校では、雨による河川の増水や大きな水たまりに注意してください。
また倒木等、風が強いので特に自転車通学者は登校に十分気をつけてください。
教職員も安全確認に出ておりますが、生徒への声かけをよろしくお願いいたします。  

平成30年7月6日(金曜日) 青少年を非行や非行の被害から守りましょう ~ 青少年の非行・非行被害防止街頭キャンペーン

 7月3日(火曜日)の朝7時から、菊川駅前で青少年の非行・非行被害防止街頭キャンペーンを行いました。
 このキャンペーンは7月が「青少年の非行・非行被害防止強調月間」にあたることから行われたもので、太田順一市長はじめ菊川市職員や警察、地域安全推進員らの約80人が参加しました。

1 2

3 6
 本校からは、生徒会役員が参加して、積極的にあいさつをしながら、キャンペーングッズを手渡していました。
 通勤のために東中生のOB、OGが姿を見せてくれて、後輩たちのために、しっかりとキャンペーングッズを受け取ってくれました。

7 1

2 3
 学校においても夏休みの事前指導で、青少年の非行の特徴や犯罪被害、SNSなどを悪用した被害防止とスマートフォンでのフィルタリングの利用などを呼びかけていきます。

4 5

6 7
 ご家庭・地域におかれましても、子どもたちの安全な環境を確保するために、ご協力をお願いいたします。

8 9

0 0

平成30年7月5日(木曜日) 気持ちの良い朝のスタートと声かけ ~ 菊川地区更生保護女性会

 7月2日、月曜日の朝を迎えました。校門には7時20分から13人もの方々があいさつ運動をしてくださっていました。
 この方々は、菊川地区更生保護女性会の方々で、あいさつをしながら、社会を明るくする運動の記念品(シャープペン)を配付してくださいました。

2 3

1 4
 同封されていた紙には、次のように書かれていました。
 「あいさつをしっかりしましょう」
 「おもいやりの心をもちましょう」

5 7

6 8

 何年か続けて担当して下さった方もいらっしゃり、何人かから次のようなお褒めのお言葉をいただいたりしました。
 「以前よりも、あいさつの声が大きくなりました」
 「立ち止まってあいさつできる礼儀正しい生徒さんも大勢いらっしゃいます」
 「一昨年までは、恥ずかしがって声も聞こえないし、渡しても受け取ってもらえない子もいました」

9 0

2 3
 東中生が地域の方々、あるいは初対面の方々に対しても、きちんとした行動がとれていることを認めていただけてとてもありがたい気持ちになりました。
 菊川補地区更生保護女性会の皆さま、朝早くからどうもありがとうございました
4 5

5 6

平成30年7月4日(水曜日) 本邦発のお茶クラシック ~ 仲道郁代さんのピアノリサイタル

 6月30日(土曜日)、菊川文化会館アエルにおいて、アエル珠玉の音楽シリーズ⑤「仲道郁代さんのお茶クラシック」ピアノリサイタルが行われました。
 アエルの丸山正館長さんの教育的なご配慮により東中生をご招待していただきました。私は、水越先生と吹奏楽部の部員たちと参加をさせていただきました。

1 1 

2 3 

予想をはるかにこえる豊かなピアノの音色で、200年前に作曲された曲が世界中の人々に愛されて、現代にも受け継がれる偉大さを体感しました。
 戦禍で祖国ポーランドが荒れ果ててしまった悲哀を半狂乱に近い精神状態にありながら、ショパンは武器で対抗するのではなく音楽を通じて強烈な人々にメッセージを送り、今の時代にも脈々と、その思いが人々の心に受け継がれています。

4 0

6 9

 第1部のお茶のテイスティングショーでは、3つの静岡茶を味わって、その印象を名曲になぞらえてピアノで表現するという画期的な試みがなされました。
 どんな曲が登場するのか、吹奏楽部の部員たちは期待に胸をふくらませて、聴き入っていました。私たちが座った2階には、小笠高校の吹奏楽部も方たちもいて、活気ある雰囲気でした。卒業生の明るい笑顔も見られ、とても有意義なコンサートでした。

6 0  

5 8

 休憩時間には、ロビーにおいて仲道郁代さんのテイスティングショーで登場した3つの銘茶の試飲がありました。大勢の来場者が詰めかけ、東中生も勇気をもって3種類の試飲
挑戦していました。
 3つの銘茶の1つに、先日の「ふるさと未来塾」で講師として活躍してくださった美緑園の土井宏通さんの「つゆひかり(菊川茶)」もふるまわれ、とても盛況でした。

0 9

8 7

平成30年7月4日(水曜日) 子どもから大人まで七夕は菊川で楽しもう ~ 「ミズベリング菊川」開催

 七夕の日に、「ミズベリング菊川」が開催されます。昨年の七夕、ODORAZA菊川、おんぱくと定期的に開催し、カヌーやSUP(スタンドアップ・パドル・サーフィン)体験など、数々のイベントを企画していただいていますミズベリング菊川が主催します。
 今回は、次のようなプログラムが計画されています。
 13:35~ (アエル会議室) ベニヤアートワークショップ  300円
 16:35~ (アエル会議室)「川で安全に遊ぼう講座」
 16:50~ (菊川河川敷) 「水辺で乾杯!!」パーティー  500円
  *予約できる方はメールで予約。もちろん飛び入りでもOK。
 18:00  終了
 詳しくは、PDFファイルをご覧ぐださい。
・ミズベリング菊川(PDF:1,457KB)

 12

平成30年7月4日(水曜日) 予選Aリーグ暫定1位 ~ 小笠中学校総合体育大会 サッカーの部

 昨日、東中サッカー部の「躍動」あふれる活躍を掲載しましたが、肝心の登録選手の記載を落としてしまいました。たいへん失礼いたしました。
 あらためて、登録選手の紹介と予選リーグの途中経過をお知らせします。
≪登録選手≫
3年生落合伴至さん、青嶋康平さん、宮城悠さん、望月大地さん、横山浩太朗さん、2年生渡邉碧斗さん、倉池直人さん、大石奏音さん、鳥居恭一さん、藤澤春希さん、森下恭伍さん、1年生大林健介さん、伊藤優聖さん、河野修さん、後藤凜成さん、山本悠斗さん、松村龍夢さん、山口俊介さん、松下煌さん、杉山継之助さん

・予選リーグ戦表と決勝トーナメント表(PDF:88KB)

 平成30年7月4日(水曜日)  「挑戦」することの大切さ ~ 1年2組の道徳

 6月29日(金曜日)、1年2組の道徳を参観しました。道徳の授業者は学級担任が基本ですので、千葉先生でした。
 資料の主人公は高校花園ラグビー(全国大会)での活躍をめざす少年で、全国大会に出場する直前の練習で首の骨を折るけがをして、人生が一変しました。

1 2

3 4
 全国大会に出場する選手から、病院のベッド、さらには、歩行訓練のリハビリをする生活になりました。しかし、懸命なリハビリにより、歩行困難と思われていた身体が、人の倍の時間をかければできるようになってきました。
 大学では、ラグビー部のマネージャーを務め、念願の高校教員になる夢を実現させました。      

5 6 7 8   

 このあくなき挑戦を続けた主人公の努力する姿や波瀾万丈の人生の時々の心の変化を学ぶことにより、今の自分の生き方を振り返り、今後に生かしていくという内容でした。

9 0
1 2

 この授業にあたって、1年2組の素晴らしさをたくさん見つけることができました。
・温かくて、とってもよい雰囲気のクラス
・みんな前向きで、意欲的に手をあげる
・グループ隊形に移動するときに素早く行動できる。
・話合いが活発にできる
・クラスの1人ひとりが大切にされている。
・話し合いをまとめたホワイトボードの字が読みやすく、全員の意見が大切にされている
・千葉先生の最後の講話が抜群によく、生徒たちが聴き入っていた
・「共に創る」の空気がながれ、1人ひとりが「躍動」するように、配慮しあっている

3 4   

5 6

これらの感想を率直にもちました。1年2組の生徒たちもすごいですが、4月から3ヶ月の千葉先生の純粋無垢に生徒と向き合い、生徒を思う気持ちの温かさに感銘を受けました。クラス全体に互いを思いやる気持ちが浸透していました。

7 8

9 0

平成30年7月3日(火曜日) 予選リーグ1勝1敗です(途中経過) ~ 小笠中学校総合体育大会 サッカーの部

 6月30日と7月1日(土・日曜日)、浜岡総合グランドにおいて小笠中学校総合体育大会サッカーの部が開催されました。結果は次のとおりです。

1 2

3 4
《予選Aリーグ》掛川東、浜岡、掛川西、菊川東
 対掛川西 負け0対1
 対浜岡 勝ち2対0
5 6

7 8

 初戦の掛川西中戦では少し緊張感があったのか、動きにいつものキレが見られず、晴天から激しい雨、また晴天と、めまぐるしく急変した気象条件のもと、難しいピッチ状態で良さを発揮できませんでした。

9 0

6 7
 2戦目は負ければ敗退が濃厚となるプレッシャーの中、開き直って持ち前の躍動するプレーを復活さえ、見事な完封勝利となりました。強い精神力を感じます。
8 9

0 1

 現在、予選Aリーグの4チームが1勝1敗で並んでいますが、得失点差でプラス1の東中が暫定1位となっています。
 最終戦は掛川東中と対戦します。勝って決勝トーナメントへの進出を決めたいと思います。応援の程、よろしくお願いいたします。

2 3

4 5

平成30年7月3日(火曜日) 団体戦ベスト8 ~ 小笠中学校総合体育大会 男子ソフトテニスの部

 7月1日(日曜日)、大東北運動場テニスコートにおいて小笠中学校総合体育大会男子ソフトテニスの部の団体戦が開催されました。結果は次のとおりです。
《予選リーグ》掛川北、城東、菊川東の3校
 対掛川北 負け1-2
 対城東 勝ち2-1
 以上の結果により、予選リーグ2位で決勝トーナメントに進出しました。

1 2

3 4
《決勝トーナメント》
 1回戦 対掛川西 負け0-2
 以上の結果により、ベスト8でした。特筆すべきこととしては、掛川北には県選抜ペアがいたのですが、このペアに勝ったことは、とても大きな自信となりました。
 個人戦は7月8日(日曜日)、団体戦と同じく大東北運動場で開催されます。応援をよろしくお願いします。
5 6

7 8

《団体戦登録選手》
3年生前田龍々さん、山田一晴さん、佐藤よしおさん、松本怜旺さん、石川柊太朗さん、植田蓮さん、小野田祐さん、岩堀嵐馬さん

9 0

1 2

平成30年7月3日(火曜日) 予選リーグ第2位通過 ~ 小笠中学校総合体育大会 野球の部

 7月1日(日曜日)、大東北運動場において小笠中学校総合体育大会野球の部が開催されました。結果は次のとおりです。

1 2

3 4
《予選リーグ》御前崎、桜が丘、菊川東
 対御前崎 負け2対13
 対桜が丘 勝ち2対0

5 6

7 8
 以上の結果により、予選リーグ第2位通過を果たし、決勝トーナメントに進出しました。決勝トーナメント1回戦は、7月7日(土曜日)、浜岡球場の第1試合において大須賀中と対戦します。応援をよろしくお願いします。

9 0

1 2
《登録選手》
3年生山内健真さん、栗田優希さん、原川生向さん、渡邉健さん、黒田理央さん、山内亮汰さん、浅井敬祐さん、髙岡勇翔さん、落合司さん、海野創詩さん、加藤新大さん、鈴木隼光さん、山本英輝さん、村松優大さん、2年生村松葵さん、岡本健太さん、1年生岩佐ガブリエルさん、赤堀結大さん、安藤翔琉さん、浅井祐次郞さん、大林和也さん、服部優人さん、杉村琉空さん

3 4

5 5

平成30年7月2日(月曜日) 1年生が堂々の第3位入賞 ~ 小笠中学校総合体育大会柔道の部

 6月30日(土曜日)、浜岡中の武道場において、小笠中学校総合体育大会柔道の部が開催されました。東中には、柔道部はありませんが、日頃から道場で鍛えている1年生2人がエントリーしました。

1 2

3 4
【55㎏以下級】
 1年生伊藤稜功さん 
 1回戦 対浜岡中 勝ち
 2回戦 対掛川東中 負け
 以上の結果により、第3位入賞を果たしました。おめでとうございます。稜功さんは学校では、男子ソフトテニス部で頑張っています。テニスコートと柔道場で頑張る姿が、とても立派です。

5 6

7 8
【66㎏以下級】
 1年生服部優人さん
 1回戦 対菊川西中 負け 体調不良により対戦できず
  優人さん、残念ながら体調が整わず、対戦することができませんでしたが、今後の活躍が期待され ます。優人さんは、野球部に所属し、夜は柔道場で頑張っています。優人さんも素晴らしい頑張りだと思います。
 開会式から見させていただきましたが、「礼に始まって、礼に終わる」と言われる武道らしく、選手、役員、応援者(保護者はじめ、小さな子どもたちも含む)の方々の態度がとても立派でした。ま素晴らしい大会の雰囲気だったと思います。
9 0

1 2

 

平成30年7月1日(日曜日) 「後期生徒会役員選挙に9人が立候補」に感嘆の声!  ~ PTA第3回常任委員会、専門委員会、代表委員会

 6月28日(木曜日)の夜、PTA第3回常任委員会が校長室で、専門委員会、代表委員会が会議室で開催されました。
 それぞれの会の内容は、第2回常任委員会以降の事業内容についての反省や今後の事業計画について検討していただきました。

1 4

3 4
 早いもので、あと3週間で1学期が終わろうとしています。登校日数ですと14日間となります。 東中生たちはとても安定し、前向きな生活を送っています。また、中体連総体に向けてや校旗生徒会役員選挙、合唱コンクール実行委員会においても、たいへん前向きで主体的な態度が見られます。特に、新生徒会役員選挙では、9人もの2年生が立候補しています。これも役員の皆さまの献身的なご協力、保護者の皆さまの温かな励ましのおかげです。

5 6

7 8

  東中生の健やかな成長のために、「共に創る」、「躍動」をめざして、今後も積極的なご参画をお願いいたします。

9 0

1 2

平成30年6月30日(土曜日) この合唱曲で「最優秀賞」はいただき! ~ 第1回大榎祭合唱コンクール実行委員会

 6月25日(月曜日)の放課後、学校図書館において第1回大榎祭合唱コンクール生徒実行委員会が開催されました。
 最初に教師実行委員会の担当である稲垣先生から、生徒実行委員の仕事や期待されることなどの説明がありました。どの生徒実行委員も各学級の代表(男女各1名)らしく、真剣な面持ちで聞いていました。 そして、いよいよ曲決めとなり、生徒実行委員がクラスで決めた第1希望曲を紙に書きました。その紙を回収すると、稲垣先生が机に紙を並べ1年生から順番に第1希望曲を発表しました。
・1年生第1希望曲( 外部サイトへリンク )
・1年生第1希望曲決定戦( 外部サイトへリンク )

・2年生第1希望曲( 外部サイトへリンク )

・2年生第1希望曲決定戦( 外部サイトへリンク )

・3年生第1希望曲( 外部サイトへリンク )
・3年生第1希望曲決定戦( 外部サイトへリンク )

1 2

3 4
 昨年度は、音楽科の水越先生から、「珍しい!」の一声が漏れる珍事の全12クラスが第1希望曲にすんなり決まるという稀な結果となりました。
 しかし、本年度は全学年において希望が重なる曲が出ました。ここからの決定方法は、テーブルにトランプゲーム「神経衰弱」のように広げられた中から、各クラスの生徒実行委員がトランプ1枚を選んで、男女2人の合計で数字が大きい方が権利を獲得するというものでした。

5 6

7 8

 緊張感が漂う中、学年ごとに決定戦が行われ、一喜一憂する姿が見られました。これまた珍しく決定戦にのぞむ生徒実行委員の中には、決定戦に敗れたことによってクラスの第2希望曲になったにもかかわらず、喜んでいる生徒もいました。また、勝ったのに悲しんでいる生徒もいました。

9 0

1 2

 実は、クラスの第1希望曲が必ずしも生徒実行委員の第1希望曲と一致しているとは限らないので、ついつい本音で感情が吐露されてしまいました。それだけ、この合唱コンクールに対する深い思い入れの証拠と微笑ましく思いました。
 こうして、楽しくハラハラドキドキしながらも第1回生徒実行委員会がスムーズかつ有意義に終わりました。まさに、「共に創る」の姿がたくさん見られました。

3 4

5 6

 生徒実行委員は、次の日から各学級で指揮者、伴奏者、パートリーダーを選出し、それらのリーダーを決めて、練習計画の立案に入ると思います。大榎祭合唱コンクールの成功をめざして、各クラスの生徒実行委員を中心に、「躍動」しはじめました。
 それでは、各クラスの生徒実行委員と合唱曲を紹介します。

7 8

9 0

《各クラスの合唱曲と実行委員の紹介》  
合唱曲名をクリックしていただくと、合唱曲の外部サイトにリンクします。

 クラス   合唱曲                   男 子               女 子
1年1組  COSMOS       山田純大さん   澤口晏那さん
1年2組  マイバラード      山下叶夢さん    大石野乃さん
1年3組  ひとつの明かりで  落合尊翔さん    町田優愛さん
1年4組  ほらね、         鈴木  遥さん   落合美於さん
2年1組  あなたへ          山内結斗さん    藤本  葵さん
2年2組  心の瞳          鈴木洋紀さん   齋藤桃華さん
2年3組  旅立ちの時      小林恭太郎さん  アラウジョ ユリさん
2年4組               赤堀  空さん   アラウジョ ケイさん
3年1組               落合陸也さん   大石咲永さん
3年2組               浅井敬祐さん   馬渕夢奈さん
3年3組  海の匂い          田中颯人さん   宮原理沙さん
3年4組  ヒカリ           鈴木翔留さん   渡邊乃愛さん

1 6

7 8
                                           

平成30年6月29日(金曜日) あいさつ運動をありがとうございました  ~ PTA親子あいさつ運動3年1組の2日目

 6月26日(火曜日)、PTA親子あいさつ運動の3年1組2日目グループとなりました。朝早くから、あいさつ運動にご協力いただきまして、とうもありがとうございました。

1 2

3 4
 東中生の足取りは、前日よりも軽く、表情もにこやかそのものでした。また、PTA親子あいさつ運動のおかげで、元気にあいさつをして昇降口に向かう生徒が多く見られました。
5 1

7 8

 さらに、この日は福祉委員会主催の「アルミ缶回収」の日で、ビニールの買い物袋にアルミ缶を持参する生徒がちらほらと見受けられました。
9 0

1 2

 最終的な福祉委員会の集計では、186個のアルミ缶が回収しされました。とてもありがたく思います。また、原則的には、毎週火曜日がアルミ缶の回収を行っていますので、可能な範囲でご協力をいただけますとありがたいです。

3 4 

2 6

平成30年6月28日(木曜日) あいさつ運動をありがとうございました  ~ PTA親子あいさつ運動3年1組の1日目

 6月25日(月曜日)、PTA親子あいさつ運動が3年1組から始まりました。朝早くから来校して、あいさつ運動にご協力いただきまして、とうもありがとうございます。

1 2

3 4
 東中生は今週も元気にスタートしました。中体連の最後の大会がいよいよ迫ったきたこともあり、この土、日でハードトレーニングを積んで、少し足取りが重い生徒も見られました。

5 6

7 8
 これも大会当日のコンディションを上げるためのハードワークですので、やるべきことを積み上げていることに感心をしました。

9 0

1 2

  保護者と一緒に親子であいさつをする3年生の表情がいつもよりほころんでいました。

3 4

5 7

平成30年6月28日(木曜日) 西部大会出場を決めました ~ 小笠中学校総合体育大会水泳の部

 6月23日(土曜日)、小笠中学校総合体育大会の先陣を切って、水泳の部が掛川西中ブールで開幕しました。
 東中からは、2年生横山笑夢斗さんと1年生黒田はなさんが出場しました。競技開始後、雨が降り出して、すっかり梅雨寒(つゆざむ)のコンディションとなり、好タイムを出すには厳しい条件となりました。そんな中でも果敢に記録に挑戦し、2人とも上位入賞を果たして、西部大会への進出を決めました。

1 2

3 4

5 6

7 8

 横山笑夢斗さん 男子1500m自由形 第2位 20分47秒07
   黒田はなさん 女子100m自由形 第3位 1分10秒93

6 7

8 9

6 7

0 8

平成30年6月29日(金曜日) あいさつ運動をありがとうございました  ~ PTA親子あいさつ運動3年1組の2日目

 6月26日(火曜日)、PTA親子あいさつ運動の3年1組2日目グループとなりました。朝早くから、あいさつ運動にご協力いただきまして、とうもありがとうございました。
 東中生の足取りは、前日よりも軽く、表情もにこやかそのものでした。また、PTA親子あいさつ運動のおかげで、元気にあいさつをして昇降口に向かう生徒が多く見られました。
 さらに、この日は福祉委員会主催の「アルミ缶回収」の日で、ビニールの買い物袋にアルミ缶を持参する生徒がちらほらと見受けられました。
 最終的な福祉委員会の集計では、186個のアルミ缶が回収しされました。とてもありがたく思います。また、原則的には、毎週火曜日がアルミ缶の回収を行っていますので、可能な範囲でご協力をいただけますとありがたいです。

平成30年6月27日(水曜日) 菊川の魅力再発見、将来を見据えたまぶしい目の輝き ~ 「ふるさと未来塾」

 6月22日(金曜日)、市内の事業所、お店、自営業、企業、官公庁などで働く方々から、仕事内容や働く上で大切にしていること、やりがいなどの職業観について学ばせていただきました。
 東中2年生が、これからの職業選択に生かすとともに、地元菊川市で働くことの良さを知り、将来の生き方を考える機会とすることが目的でした。
 11業種の講師の方々が、大型テレビを使って説明してくださったり、何百万円もする仕事道具を見せて、さわらせてくださったり、熱心に教えてくださいました。

1 2

3 4
 東中2年生は、希望した3つの職種の教室に移動して、メモをとりながら目を輝かせて説明を聞いていました。また、積極的に質問をする生徒も数多く見られ、充実した内容となりました。
 未来塾終了後には、講師の方々から、東中2年生の熱心さにたくさんのお褒めの言葉をいただきました。生きていくための素晴らしいお話をどうもありがとうございました。
・Facebook菊川市役所(6月24日掲載:菊川東中ふるさと未来塾)( 外部サイトへリンク )

・“旬感”まちのニュース(6月22日掲載記事)
【菊川市立おおぞら認定こども園】

5 6

7 8
・菊川市立おおぞら認定こども園
【菊川市消防署】

9 0

1 3
・菊川市消防本部(外部サイトへリンク)
【菊川市役所】

6 7

8 1

・菊川市公式ホームページ(外部へリンク) 
【静岡銀行菊川支店】

1 2

3 4

・静岡銀行( 外部サイトへリンク ) ( 外部サイトへリンク )
【白翁会】

0 1

2 3

・白翁会( 外部サイトへリンク ) ( 外部サイトへリンク )
【菊川市立総合病院】

4 5

6 7

・菊川市立総合病院( 外部サイトへリンク )

【(株)美緑園】

8 9

0 1

・美緑園( 外部サイトへリンク )

【菊川警察署】

2 3

4 5

・菊川警察署( 外部サイトへリンク )

【日東工業(株)】

6 7

8 9

・日東工業( 外部サイトへリンク )

【(株)小原組】

4 5

1 2

・(株)小原組( 外部サイトへリンク )
【さくら屋】

0 1

2 3

・さくら屋( 外部サイトへリンク )

平成30年6月26日(火曜日) 六郷地区在住の東中生へ ~ 「六ちゃん学校防災合宿」参加者大募集!!

 六郷地区在住の東中生へボランティア募集のお知らせします。昨年度から始まりました「六ちゃん学校防災合宿」が本年度も六郷地区防災会主催で開催されます。

1 2

3 4
 つきましては、小学校3年生から6年生までのリーダー役としてのボランティア生徒を5名募集します。
 期日は、7月27日(金曜日)の12時30分から。24時間です。六郷小グランドに設営したテントに宿泊する1泊2日です。
 防災を学習するとともに、カレーライスを作ったり、レクレーションで楽しんだりするキャンプ的なお楽しみもたくさん取り入れてくださっています。

5 1

2 3
 部活動がある生徒については、基本は「防災合宿」優先としますので(大会がある部は顧問と相談)、積極的に応募してください。応募締切は、7月17日(火曜日)17時までです。詳細は、PDFファィルをご覧ください。
 第1回目だった昨年度は、現在の東中生1年の十河彩葉さん、落合順菜さんか参加しました。
 尚、参加した生徒には、「ボランティアポイント(2日分)」と「ジュニア防災士」の資格が付与されます。
・平成29年度「六ちゃん学校防災合宿」の画像(PDF:563KB)
・「六ちゃん学校防災合宿」チラシ(PDF:764KB)

4 5

6 7

平成30年6月26日(火曜日) 新社長のもとでも商売繁盛! ~ 菊川ジュニアビレッジ

 6月15日(金曜日)、菊川ジュニアビレッジが本年度2回目の校内販売会を実施しました。
 2年生の佐々木遥菜社長のもと、1年生の3人が意欲的に取り組んでいました。4人は協力しながら役割分担を相談し、それぞれに自分の仕事分担を全うしていました。
 保護者への商品説明、試飲、販売を手際よく行い、販売数を伸ばしました。保護者がほぼいなくなると、積極的に職員室に行き、売り上げを伸ばしていました。

1 3

4 5
 最終的に、この日の目標金額の2万円を軽々越えて、2万6千円以上の売り上げとなりました。今後も参観会開催の折には販売会を予定しますので、よろしければ、「本気のハーブティー」のご購入をお願いいたします。
【菊川ジュニアビレッジ】
2年生佐々木遥菜さん(社長)、1年生村田真理さん、森田夢加さん、落合順菜さん。

6 7

8 9

平成30年6月25日(月曜日) 菊川文化会館アエルの丸尾正館長さんからのプレゼント 「ピアニスト仲道郁代さんのお茶クラシックコンサート」 

 先週、菊川文化会館アエルの丸尾正館長さんが来校され、東中生のために素敵なプレゼントをくださいました。その内容は、静岡県出身のピアニスト仲道郁代さんの「お茶クラッシック」と題する素晴らしいピアノコンサートへのお誘いでした。        1
 東中生は条件つきで入場無料です。その条件とは、吹奏楽部と団体入場が可能な生徒となります。また、座席は団体として、まとまって座ることになります。
 コンサートの日時は6月30日(土曜日)の午後1時30分が開場、午後2時からコンサート開始となります。集合時間は、午後1時20分で、集合場所は正面の大きな門の前です。
 参加を希望する生徒(部活動のある生徒は部活へ参加してください)は、担任の先生に申し出るか、登校の際に正門で毎朝、「笑う門には福来たる」を励行(!?)している私に希望表明をしてください。正門では言いにくい人は、休み時間に、校長室に(こっそり!?)来てくれても結構です。*「笑う門(かど)には福来たる」の本来の意味は、笑いの絶えない家庭には福が訪れるですが、少しでも福を呼び込むために、校門の門(角)で東中生をはじめ通行される方々に笑顔を贈り続けています。
 多くの東中生が、音響設備抜群のアエルで、珠玉のピアノの生演奏を満喫してくれることを願っています。素晴らしいピアノの響きを耳だけでなく、皮膚や心でも感じ取ってください。
 保護者の方で希望される場合は、1、2階席が3500円(友の会会員3150円)、3階席が1500円となっております。中学生分(団体席)は無料になりますので、ぜひ、ご参加ください。
 もし、小学生の弟、妹さんでも希望されるようでしたら、おっしゃってください。中学生と同様に対応していただけるようにお願いしていきます。
・菊川文化会館アエル( 外部サイトへリンク ) 

・仲道郁代さんのお茶クラシック(PDF:96KB)

平成30年6月24日(日曜日) 後世に伝え続けるべきこと ~ 沖縄県浦添市立港川中学校 3年生相良倫子さんの「平和の詩 生きる」より

 6月23日(土曜日)、沖縄県糸満市の平和祈念公園において、沖縄慰霊の日にちなんで沖縄全戦没者追悼式が行われました。この式典は、先の大戦において沖縄が国内唯一の地上戦となり、わずか4ヶ月で死者20万人もの犠牲者を出す壮絶な惨劇で尊い命を落とされた方々への慰霊と、今なお悲しみが消えないご遺族の方々への癒し、そして、全世界に平和を希求するメッセージを発するためのものです。
 この追悼式におていて、港川中学校3年生の相良倫子さんが自作である「平和の詩 生きる」を朗読(暗唱)しました。

2 1
 相良倫子さんの詩は沖縄県平和祈念資料館が募った「平和の詩」971点の中から選ばれた作品です。
 その内容は、うるま市に住む94歳の曽祖母から聞いた地上戦の体験談をもとに、現在の美しい島の情景と73年前の戦場を対比的に描いて、「この詩が一人でも多くの人に平和や戦争について考えるきっかけになってほしい」と願っています。
 また、「一日一日を大切に。平和を想って。平和を祈って。なぜなら、未来は、この瞬間の延長線上にあるからだ。つまり、未来は、今なんだ」と力強く訴えています。


【沖縄県浦添市立港川中学校3年相良倫子さん ~ 平和の詩 生きる】5
私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。
 
私は今、生きている。
 
私の生きるこの島は、
何と美しい島だろう。
青く輝く海、
岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、4
小川のせせらぎ、
畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、
優しい三線の響き、
照りつける太陽の光。
 
私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。
 
ありったけの私の感覚器で、感受性で、
島を感じる。心がじわりと熱くなる。
   6
私はこの瞬間を、生きている。
 
この瞬間の素晴らしさが
この瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり
私の中に広がりゆく。
 
たまらなく込み上げるこの気持ちを7
どう表現しよう。
大切な今よ
かけがえのない今よ
私の生きる、この今よ。
七十三年前、
私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、
光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、8
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。
 
みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、
懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。9
それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。ただ、それだけで。
無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。
 
摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、
心から、誓う。
 
私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。
全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。0
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。
 
あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、
私と同じこの瞬間(とき)を
一緒に生きているのだ。
 
今を一緒に、生きているのだ。3
 
だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
 
私は、今を生きている。
みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。
一日一日を大切に。1
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。
 
大好きな、私の島。
誇り高き、みんなの島。
そして、この島に生きる、すべての命。
私と共に今を生きる、私の友。私の家族。
 
これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。2
真の平和を発進しよう。
一人一人が立ち上がって、
みんなで未来を歩んでいこう。
 
摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。
・沖縄県浦添市立港川中学校 3年生相良倫子さんの「平和の詩 生きる」より ( 外部サイトへリンク )

平成30年6月24日(日曜日)  横断幕が新たに2つ掲げられました ~ 5START齋藤朝菜さん、陸上部岩堀颯太さん

 予選を勝ち抜いて県大会以上に進出した東中生を称揚、激励するために校門西側のフェンスに横断幕を掲げています。
 4月以来、クラブチームの野球やソフトテニス部の個人戦などの横断幕が掲げられてきました。このたび、新たに2人の横断幕がお披露目されましたので紹介します。
 1人はソフトボールの5スタート所属で3年生の齋藤朝菜さんが、8月に岐阜県開催の女子ソフトボール中日本大会に出場します。
 もう1人は、陸上部で3年生岩堀颯太さんが男子共通200mにおいて、7月に県立草薙総合グランドで開催される陸上競技県大会に出場します。

1 2
 ぜひ、2人の活躍を全校で祈念するとともに、この素晴らしい活躍の流れをいろいろなところへ波及させていきたいと思います。そして、高い目標に向かって生活を正して人間性を高め、技術を磨いて、さらなる成長につなげていきたいと考えます。
 応援をするとともに、ぜひ、互いに学び合い、教え合い、支え合いながら、高みをめざします。 
・5人から始まるソフトボール日記VI( 外部サイトへリンク )

・中日本大会要項( 外部サイトへリンク ( 外部サイトへリンク )

)・県陸上競技大会競技時間( 外部サイトへリンク )

4 3

平成30年6月23日(土曜日) 1学期の学習内容の定着度をはかるために ~ 第1学期期末テスト

 6月21・22日(木・金曜日)の2日間にわたって1学期期末テストが全学年にわたって実施されました。
 この期末テストの目的は、1学期に学習した内容の定着度を測定するためで、どの学年のテストも進級してから現在までの出題範囲でした。

1 2

3 4

5 6

7 8
 特に、1年生は定期テストを初めて受けたので、大変だったと思います。1年生の教室を見て回ったところ、精一杯取り組んでいました。
9 0

1 2

4 5

6 7

平成30年6月23日(土曜日) 「ミルキー★メロディX」への投票をお願いします ~ あと2日間になりました「ロコドル甲子園2018」  

 6月18日(月曜日)に「ミルキー★メロディX」の投票をお願いしました。みなさまの力強い応援で、現在14位まできました。
 しかし、あと2日間で大きく順位が変動する可能性があります。ネガティブに考えますと、あと2つ落とせば、日本テレビに行けなくなってしまいます。
 ぜひとも、残り2日間での投票をお願いしたいと思います。永田隆久座長からのメッセージを紹介します。


【永田隆久座長】
 ロコドル甲子園2018インターネット投票の中間発表がありました。ミルキー★メロディXは14位でした。東京汐留の準決勝に進むのは15位までです。ミルメロXは、ガケっぷち大ピンチです。投票は土日の残り二日間です。あなたのお力で田舎町の小・中学生ご当地アイドルミルキー★メロディXを何とか準決勝に進めて下さい。ラスト二日間の投票、よろしくお願いいたします。

0               9

 このように、投票は明日24日(日曜日)までとなりました。投票はPC、スマホ、ipad などから可能です。
 新生のミルキー★メロディXとして、新たな挑戦をしています。ゆうゆう、さっきー、しーちゃんの3人をみなさんのお力で、東京に行かせてあげてください。
 投票してくださっている方はもちろんのこと、まだ、投票されたことのない方にぜひ、お願いしたいと思います。
 投票方法や投票は次のURLにアクセスして、説明にしたがって登録してから、「28番のミルキー★メロディX」をクリックしてください。よろしく願いいたします。
・「ロコドル甲子園2018」 ( 外部サイトへリンク )  

平成30年6月23日(土曜日) 生き生き伸び伸び主体的に学ぶ授業 ~ 1、2年生授業参観会

 6月15日(金曜日)、1、2年生の授業参観会が行われました。1年生は通常の教科の授業を行いました。2年生は総合的な学習の時間として、職場実習体験のために各事業所に電話する際のかけ方や話し方などのマナーについて学びました。
 1年生の授業では、中学の授業になれた生徒たちの生き生きとした活動が参観できたと思います。
 2年生は総合的な学習の時間において、職場体験実習について考えました。仕事には、どのような職種があるのか、働く上で大切なこと、私たちのお店屋さんなどについてグループで話し合い、自分の考えを深めました。これらの学習により、どの学級も職場実習体験に行く心構えや大切なことを押さえることができました。
 保護者の皆さまの熱心かつ素晴らしい参観マナーに感謝申し上げます。
【1年1組数学】

1 2

3 4
【1年2組国語】

5 6

 

7 8
【1年3組保健】

9 0

1 2
3 4

【1年4組英語】

5 1
【2年1組総合的な学習の時間】

7 98 0
【2年2組総合的な学習の時間】

2 3

4 5

【2年3組総合的な学習の時間】

6 7

8 9
【2年4組総合的な学習の時間】
0 1

2 3

4

平成30年6月22日(金曜日) 明日から水泳を皮切りに夏の小笠中体連総体が始まります ~ 平成30年度小笠総合体育大会

 いよいよ明日の水泳の大会を皮切りに、平成30年度小笠総合体育大会が開幕します。掛川西中開場で、次の2人がエントリしています。
 1年生黒田はなさん 女子50m自由形、女子100m自由形
 2年生横山笑夢斗さん 男子200m個人メドレー、男子1500m自由形
 本校には水泳部はありませんが、日頃、スイミングで鍛えた成果を発揮し、目標タイムの更新をしてほしいと思います。頑張ってください。
 尚、小笠中学校体育連盟から、中体連の大会参加にあたっての注意事項が生徒・保護者向けに出ています。ご一読いただければと思います。
 私たち指導する立場の者は、日大アメフト部、至学館大学レスリング部の問題を我が身のこととして受け止め、精一杯がんばってきた選手たちが大会で気持ちよく思い切りプレーできるように、より責任ある言動を行っていきます。御理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。
・中体連の大会参加にあたっての注意事項(PDF:69KB)

平成30年6月22日(金曜日) 自分の将来見つめる真剣なまなざし ~ 第1回進路説明会

 6月15日(金曜日)の午後は、PTA授業参観会でした。朝から小雨が降り始め、グランドに駐車できない状況となりました。相乗りや狭いスペースの駐車場をうまく詰めて駐めていただき、とてもありがたく思いました。駐車係の皆さまもどうもありがとうございました。

1 2
 参加率が心配される条件にもかかわらず、多くの保護者の皆さまに来校していただき、ありがとうございました。
 3年生は、例年よりも早く第1回進路説明会を実施しました。昨年度、受検者が多かった掛川東高を筆頭に、地元菊川市内の特色ある2校、1校は総合学科の小笠高校、もう1校は私立で受検者が多かった常葉大菊川高校の合計3校の説明を親子で聞いていただきました。

3 4
 どの先生方も熱く学校のようすや特色、めざす生徒像などを短い時間の中で、簡潔に話してくださいました。
 3年生は、今までに高校の先生の話を聞く機会はほとんどなかったので、真剣かつ興味深そうに聞いていました。
 学年部の先生方からは、1年間の進路計画、体験入学について、志望校合格のための秘訣など、長年の経験を生かして具体的な説明がありました。

5 6
 この説明会を機に、自分自身の進路実現のために、生活を整え、目標に直結する授業や家庭学習の取り組みになるよう、ますます励んでいくことを期待しつつ、適切なアドバイスに心がけていきます。

7 8

平成30年6月21日(木曜日) 平成30年度後期生徒会役員選挙のために ~ 第1回選挙管理委員会

 6月14日(木曜日)、平成30年度後期生徒会役員選挙のための第1回選挙管理委員会が開かれました。現在の生徒会本部は、3年生が中心となり、3年部職員の松下先生が中心となって生徒の意見を尊重しながら進めています。
 後期からは、2年生にバトンタッチされますので、生徒会本部役員は2年生となり、担当職員は、2年部の大類先生が中心となります。

1 2

3 4 

   各クラスから選ばれた1名の選挙管理委員が集まって、これからの生徒会役員選挙の公示、告示、選挙管理委員の役割、組織づくりなどの話し合いがなされました。
 選挙管理委員長には、3年生の松本怜旺さんが、副委員長には、3年生の岩堀嵐馬さんが選ばれました。また、興味深いことに2年生の選挙管理委員は、4人とも昨年度経験した生徒が、再び立候補して選ばれました。 このように4人とも再任するのは、とても珍しいことだと感心をしました。1年生も初めてのことに勇気をもって立ち上がってくれました。素晴らしいと思います。

5 6

7 81

 この第1回選挙管理委員会で決議されたことを翌日の昼の放送で全校生徒に周知し、立候補者の受付が始まりました。
元気のよい2年生らしく、8人もの生徒が本部役員に立候補したと聞いています。今後の選挙活動や立ち合い演説、さらには、投票がとても楽しみになってきました。
 現在の生徒会本部役員の活躍ぶりが魅力的であることが、下級性にとても良い影響を及ぼしていると思います。
 「72年目の東中物語」に、華やかな彩りを添えてくれる大きな「躍動」の証となる出来事で、とても嬉しくなりました。
 どの候補者も思う存分に、自分がイメージする「理想の東中づくり」の構想を語ってほしいと思います。その具体的な構想によって、生徒会員は投票すべき人を決めると思います。
9 0

1 2

平成30年6月21日(木曜日) 教えることは学ぶこと ~ 3年1組の保健体育「バレーボール」

 6月11日(月曜日)、3年1組の保健体育「バレーボール」で、教務主任の村松先生がチーム研修を行いました。
1 2

3 4

 「バレーボール」の単元に入って、まだ2時間目ということで、仲間同士でパス練習を行い、ipadで撮影してアドバイスし合って、技能の向上を図り、最後にパスをつないだミニゲームで、本時の練習の成果を確かめる授業でした。

5 1

2 3
 チャイムが鳴る前のウォーミングアップから主体的に取り組み、ともすると単調になりがちな準備運動や補強運動に対しても、笑顔で意欲的に取り組む姿が印象的でした。
4 5

5 6

   また、パス練習では、ipadを各グループごとに撮影したい時に適宜用いて、必然性のある使い方をしていました。
 確かめのミニゲームでは、男女対抗のチームでも、とても協力的にゲームを進め、技能のポイントを押さえつつも得点を取ることに執着しながら一喜一憂をして、満喫していました。

7 8

9 1

2 3

平成30年6月20日(水曜日) 熱心な時後研修会 ~ 静西教育事務所地域支援課訪問

 6月13日(水曜日)の訪問の続きです。放課後に、研究授業事後研究会を開きました。2つのグループに分かれて、訪問にきてくださった先生方も入って、授業の振り返りをしました。 
 まずは、授業者が反省を言い、続いて、参観者が疑問に思ったこと、意見、観察した生徒のようすなどを口々に発表しました。模造紙に付箋を貼り、自分や他の意見を視覚化して、真剣にとらえました。
 大変活発で、あっという間に時間が過ぎました。最後は、来訪してくださった先生方からご意見をいただき、充実した研修を終えることができました。
【国語グループ】

1 2

3 4

5 6

7 8

9 0

1 2

【美術グループ】

1 2

3 4

5 6

7 8

9 0

1 2

平成30年6月19日(火曜日) 生き生きとした表情で授業を受けていました ~ 静西教育事務所地域支援課訪問 

 6月13日(水曜日)、静西教育事務所地域支援課と菊川市教育委員会の学校教育課の訪問がありました。
 1時間目は学校の概要や経営方針の説明をさせていただき、2、3時間目は2つのグループに分かれて、公開授業の参観をしていただきました。私は、美術グループに同行しましたので、そちらのようすを紹介します。
【1年2組音楽】「アルトリコーダーを演奏しよう」

1 2

3 4

5 6

【2年1組理科】「酸化銅の還元」

7 8

9 1

3 4

5 1

【1年3組社会】「縄文時代と弥生時代」

6 8

0 6

9 7

【1年2組英語】「How manyとWhatを自分で使ってみよう」

5 6

7 8

9 0

【2年3組数学】「連立方程式」

3 4

5 6

7 8

【3年2組英語】「Shopping」

2 2

3 4

5 6

【3年4組理科】「イオンの移動」

7 1

9 0

1 2

 4時間目は中心授業を参観していただきました。この授業においては、東中の先生方も2つに分かれて、全員で参観をしました。
【1年3組国語】「ちょっと立ち止まって」

3 4

5 6

7 8

9 0

6 7

8 9
【3年4組美術】「アートグラス」

5 6

8 9

0 6

7 8

9 0

1 2

平成30年6月18日(月曜日) 菊川市の活性化のために「ミルキー★メロディX」の応援を今年もお願いします ~ 日本テレビ主催の「ロコドル甲子園2018」 

 今年も投票の季節がやってきました。昨年はミルキー★メロディとして、日本テレビ主催の「ロコドル甲子園2017」の書類審査を突破して、インターネット予選(全国60チーム)に進むことが出来ました。そして、全国ベスト16に入りました。これも皆さまのおかげです。
 今年も投票の季節がやってきました。期間は、本日から24日(日曜日)まで投票はPC、スマホ、ipad などから毎日、可能です。
 今年は新生のミルキー★メロディXとして挑戦しますので、皆さんのお力で、東京で行わわれる準決勝に進めるようお願いします。
 投票方法や投票は次のURLにアクセスして、説明にしたがって登録してから、「28番のミルキー★メロディX」に、もしよろしければご投票願います。
・「ロコドル甲子園2018」      

・笑顔と元気/炎衆北斗の真実★ ( 外部サイトへリンク )
1

平成30年6月18日(月曜日)   共に創る授業 ~ 地域支援課訪問の事前研修会

 6月12日(火曜日)の放課後に、地域支援課訪問のための事前研修会を行いました。中心授業者である池谷先生の国語グループと遠藤先生の美術グループの2つ分かれて、指導案の流れにそって、先生の指示や発問に対する生徒の予想される反応を話し合いました。 どちらのグループもとても熱心に話し合われ、本番の授業さながらの緊張感をもって取り組めました。

1 2

3 4

5 6
 本校教職員の生徒や授業に対する熱い思いが十二分に感じられる内容となりました。

7 8

9 2

1 2

平成30年6月17日(日曜日) 「褒め言葉のボイスシャワー」を参観 ~ 小笠研究協会生徒指導部  

 6月12日(火曜日)、東中において小笠教育研究協会生徒指導部の研究推進委員会が開催されました。この研究推進委員会の目的は、小笠地区の小中学生が自分の夢や目標の実現のために、よりよい環境で学校生活を送られるように研究するものです。

4 5

 昨今の子どもたちを取り巻く社会の影響から、よりよい人間関係づくりの築き方やSNS等のネット問題防止を研究しています。

7 8

 この日は、最初に研究員がそれぞれの学校から持ち寄ってきた「人間関係に関するデータ」や実践について話し合い、この研究部会の副部長をしている大原先生が提唱し、全校で帰りの会に実践している「褒め言葉のボイスシャワー」のようすを参観しました。

3 1 
 帰りの会の司会者の進行により進められ、各班が班の隊形になって、今日の班員の活躍を口々に紹介し合いました。また、その行動だけに目を向けるのでなく、「優しく自然にできていて感心した」とか、「思いやりの気持ちがすごかった」、「してもらった○○さんがとてもうれしそうだった」など、それぞれの気持ちまで思いを馳せている点が素晴らしいと思いました。

6 2
 よく言われることですが、小さな子どもの善い行いを褒めていても、年齢が上がってくると、続かない場合が出てきます。思春期で恥ずかしいということもあるのですが、行為だけを承認していても、その行為には自ずと限界がきます。あるいは、見てもらえないところでは、やらなくなる子どももいます。それは、行為を褒めてもらえないからです。

9 0

 しかし、続けられる子どもに共通することは、その行為にいたった貴い気持ちを認められるので、自分の心の中に基準が作られ、「そうせざるを得ない自然な行動」として、外面に表れていくと言われています。
 互いに仲間を信頼し、安心して自分の素直な気持ちや行動を表現できれば、これほど生活しやすい環境はないでしょう。

1 2
 縦糸と横糸を丁寧に織りなして紡ぐ布のような営みこそ、人を人としてならしめる最良の方法なのかもしれません。
 この1つの結実として、先日の「みんなでジャンプ」の633回の偉大な新記録につながったのではないかと思います。
3 4

平成30年6月16日(土曜日) 躍動するサッカー部が合宿を行いました ~ 奥山方広寺を合宿所にして

 6月9・10日(土・日曜日)にサッカー部が1泊2日の合宿を行いました。1日目は可美公園で浜松江南中や浜松可美中と練習試合を行いました。
 夕方に、宿泊先である浜松市北区引佐町奥山にある奥山方広寺(おくやまほうこうじ)に移動しました。方広寺の鎮守の神様は「奥山半僧坊大権現」なので、もしかしたら、「奥山半僧坊」(おくやまはんそうぼう)と言った方がわかりやすいかもしれません。
1 2

3 4
 昼間の頑張りでお腹ぺこぺこに最高の夕食でした。夕食後は入浴したり、勉強したり、ミーティングを行いました。その後は、協力して布団敷いて就寝しました。

5 6

0 8

 合宿2日目は、座禅、朝食、清掃を行い、修行僧のような日課でスタートし、竜洋中に向かいました。竜洋中では、清水五中や竜洋中と練習試合を行って精一杯戦い、合宿の総仕上げとしました。 

9 0

1 2
 新入部員が大量に入り、ますます躍動するサッカー部が夏の中体連総体に向けて、着々とチームづくりに励んでいます。

3 4

5 6
 合宿に協力してくださった奥山方広寺、相手チーム、保護者の皆さま、どうもありがとうございました。東中サッカー部が、すばらしい経験を積ませていただきました。

7 8

9 0

1 2
・奥山方広寺HP( 外部サイトへリンク ) 
・奥山方広寺合宿「いただきます!(動画)」( 外部サイトへリンク )   

平成30年6月16日(土曜日) 素晴らしい技術力と地域貢献に感謝いたします ~ (株)落合組の皆さまの献身的なご活躍 

 6月14日(木曜日)、本所にあります(株)落合組の皆さんが、本年度も正門から西側の草刈りをしてくださいました。
 正門のすぐ脇の水路(敷地との境)の外側部分は、美観においても、また、歩道のすぐ横なので安全面でも、とても気にはなってはいるのですが、学校敷地外でもあり、なかなか手が回らないのが実情です。

1 2

 その日の私は、朝から教職員面談、チーム研修による授業参観、来客接待などで外には出られず、正午前に急いでお礼のご挨拶をするためにカメラを持って校舎を飛び出たのですが、すでに刈ってくださった後でした。直接、ご挨拶できずにすみませんでした。

3 4

 急な斜面で、しかも下は深さ2mはある水路で危険な場所なのですが、広範囲にわたり綺麗に草を刈っていただき、改めて(株)落合組の皆さまのすごさを実感させていただきました。
 実は、私の前任の内田小では、体育館と内田地区センターの新築工事がありました。この建設場所が、池があった場所での工事で、地盤を強固なものにするために、さまざまな工夫をしていただきながらも建設補助費の関係で、わずか7ヶ月で美しいデザインかつ、防災を考えた見事な体育館と地区センターの併合型の建物を作り上げていただきました。
5 6

  その1番難しい基礎にかかわる部分を受けもっていただいたのが落合組でした。草を刈った後を拝見し、瞬時にあの当時のこと、また、1番に新体育館に入ったうちだっ子6年生(現在の中学2年生)の歓喜に踊る姿を思い出しました。
 落合組の皆さま、どうもありがとうございました。数々の献身的な地域貢献に心より感謝申し上げます。
7 8

平成30年6月15日(金曜日) 本日です。よろしくお願いします ~ 進路説明会、授業参観・学級懇談会及び1年家庭教育学級について

 本日、3年生の進路説明会、1、2年生の授業参観・学級懇談会、1年生の家庭教育学級開級式が開催されます。
 どの学年も13時50分開始となります。余裕をもって安全にご来校くださるようお願いいたします。詳細は、プリント(5月15日付け)もしくは、次のPDFファイルでご確認ください。
・5月15日付け案内通知(PDF:105KB)
 尚、菊川ジュニアビレッジの部員が、5時間目終了後から「本気のハーブティー」の販売を昇降口にて販売いたします。もし、よろしければ、お立ち寄りください。試飲コーナーもあります。
1 2

3 4

平成30年6月15日(金曜日) 元太先生、香夏先生、輝一斗先生、ありがとうございました ~ 教育実習が終わりました

 6月8日(金曜日)、3週間にわたって東中生がご指導いただいた教育実習が終了しました。7年前に東中を卒業した現役の大学生3人が教育実習の場に母校の東中を選び、後輩たちのために、授業、学級、部活動、大榎体育大会と若いエネルギーをぶつけてくれました。
 東中生にとって、これほど有難いことはなく、実習生の先生方のひたむきな姿と重ね合わせて、将来の自分の姿をイメージしたと思います。

1 2

3 4
 元太先生、香夏先生、輝一斗先生、どうもありがとうございました。7月7、8日(土、日曜日)に実施されます静岡県教員採用試験の1次試験で実力を十二分に発揮されますことを祈念します。
 いつの日か東中の先生方と一緒に勤務したり、東中生やその子どもたちの先生としてご指導いただいたりする日を楽しみにしています。
 東中生の中に、将来、学校の先生になりたいと言ってくれている生徒も何人か聞いていますので、参考までに採用試験情報を紹介します。
・静岡県教員採用試験要項( 外部サイトへリンク )

5 6

7 8

平成30年6月14日(木曜日) 「菊東中だより6月号」カラー版 ~ 保護者・地域の方々への学校だより

 先日、「菊東中だより6月号」を発行しました。今月号は大榎祭体育大会の写真を満載しました。感動の名場面がよみがえってきます。明るくて優しい東中生の笑顔や活動のようすをより多くの方に知っていただきたいと思います。
 まだ読まれてない方やもう一度ゆっくり読みたい方、カラー写真で見てみたい方が、いつでもどこでも手軽に読めるように、PDFファイルでアップします。
 ぜひ、ご家庭・地域の話題にしていただき、「躍動」している東中生に対して温かなお言葉や励ましのお言葉をかけていただけますと、とてもありがたいです。よろしくお願いいたします。
 6月号の主な内容は次のとおりです。
1 大榎祭体育大会を終えて
2 今後の予定
3 夏休み学習会 ボランティア募集
4 各部活 夏の地区大会の日程・会場

・菊東中だより6月号(PDF:733KB)

12

平成30年6月13日(水曜日) 東中生へ ゴルフを体験してみませんか ~ 第8回ジュニアゴルフ教室

  ゴルフに興味がある東中生(小・中・高校生)へのお知らせです。1                                            

   「第8回ジュニアゴルフ教室」がホロンゴルフ倶楽部において、8月7日(火曜日)に開催されます。
 ゴルフ倶楽部は持ち込みでも、貸し出しでも可能です。申し込みは、学級で配付された用紙に必要事項を書いて応募してください。
・第8回ジュニアゴルフ教室(PDF:85KB)

平成30年6月13日(水曜日) 菊東中学区の全戸から寄せられる期待のまなざし ~ 菊川東中学校後援会委員総会

 6月8日(金曜日)の夜、会議室において菊川東中後援会委員総会が開催されました。出席者は、東中学区の市議会議員3名、東中学区の自治会長36名(都合で欠席の方もありました)、同窓会会長・副会長3名、PTA会長・副会長4名、校長、教頭と、総勢50人でした。

1 2
 この後援会はさかのぼること31年前の昭和62年に、東中学区自治会長30名や東中の教育を考える会2名、議員6名、教育委員2名、PTA4名、学校職員3名によって発足されました。
 その目的は、「本会は、学区内の総意を結集して、菊川東中学校教育の振興を図ると共に、条件整備について後援することを目的とする」(後援会規約第3条)と謳われています。

3 4
 発足以来、さまざまな御支援をいただき、主なものとしては生徒昇降口の新設、給食室拡張、事務室・職員室の拡張、グランド拡張、備品購入費、立志式助成費、皆勤賞大榎賞助成費、部活備品購入費、学習ボランティア助成費などです。

5 6
 また、資金面だけでなく、第2グランドの除草作業や大榎祭体育大会・合唱コンクール、立志式、入学式、卒業式など、多くの行事にも積極的に参加し、東中生を物心両面において応援してくださっています。

 このような素晴らしい学区で健全に育つ東中生は、東中への母校愛や地元への故郷愛を抱き、人のために役立つ人間に成長し、成人後は地域に残ったり、地域のために働きかけができたりする良き地元民になると確信しております。

7 8
 このような歴史ある後援会ですから、まさに東中のスクールアイデンティティ(東中らしさ、東中ならではのもの)の筆頭にあげられるものだと断言できます。
 その証拠と言っては何ですが、昨年度は、総会終了後に、小笠校長会中学校部歓送迎会に遅れて駆け参じ遅刻を詫びたところ、全校の校長から、後援会の存在を称賛されました。小笠地区の中学校14校で後援会があるのは、他に1校だけでした。とてもありがたいことです。

9 0

   この総会を通じて、後援会の皆さま(3700戸)の善意と期待に応えられるように、教職員一同、さらに使命と責任を感じ、邁進する決意を新たにしました。また、東中生も必ずや後援会の期待に応えてくれると信じています。
 今後とも、東中生の夢や目標の実現のために、「躍動」と「共に創る」に向かって進んでいきますので、東中へのご理解と御支援を何卒よろしくお願いいたします。

平成30年6月12日(火曜日) 2人が入賞しました ~ 第14回菊川市写生大会

 5月20日、丹野池で第14回菊川市写生大会が開催されました。市内外から親子連れや中学生などおよそ100人が参加して、晴天のもとで写生を楽しみました。
 まぶしいばかりの新緑の季節に、自然や歴史などとふれあい、参加者たちは、池の周りの思い思いの場所から、自分の好きな景色を描きました。
 太陽に照らされて美しく光る水面や池に群生する植物など、丹野池ならではの景色を表現力豊かに、美しい色で描き上げました。
 この審査結果が届きまして、次のような結果となりました。おめでとうございます。
 3年生堀内理琴さん 銀賞、3年生松本結璃佳さん 銅賞
 また、入賞作品は、6月11日(月曜日)から6月18日(月曜日)まで市役所本庁1階ロビーにて展示中です。素敵な作品の数々をご堪能ください。

 平成30年6月12日(火曜日) 遠州トーナメント第2位 ~ 第15回フレンドリーカップソフトテニス大会

 6月3日(日曜日)、雄踏総合公園亀﨑庭球場において、第15回フレンドリーカップソフトテニス大会が開催されました。
 この大会に東中女子ソフトテニス部が団体戦で参加をしました。予選リーグの結果は次のとおりです。

1 2
《予選リーグ》
対浜松開成中 勝ち3対0
対浜松天竜中 負け1対2
 以上の結果により、遠州(第2位)トーナメントへ進出。
《遠州(第2位)トーナメント》               
対原野谷中 勝ち3対0
対掛川北中 勝ち3対0
対田原東部中(愛知県) 負け1対2
 以上の結果により、遠州トーナメントで準優勝を飾ることができました。
《団体戦メンバー》
3年生近江莉菜さん、宮原理沙さん、大川りんさん、松本結璃佳さん、織部美悠さん、絹村莉里華さん、2年生青山凜さん、大谷遼花さん
3 4

平成30年6月11日(月曜日)  第1回学校評議員会が開催されました ~ 授業参観と熱心な話し合いをありがとうございました

 6月5日(火曜日)、第1回学校評議員会が開催されました。学校評議員制度とは、学校が地域の信頼に応え、地域住民の意向を把握・反映しながらその協力を得ていくために、地域住民や保護者の代表が学校運営に参画していく仕組みとして、平成10年から提案され、各校が実施しているものです。

【2年2組の英語】

1 2

3 4

5 6

7 8
 本校には、次の5名の学校評議員がいらっしゃいます。松村和利さん、伊藤彰彦さん、大倉美津子さん、加藤百合子さん、村松勇介さんです。皆さまには1年間お世話になりますが、よろしくお願いいたします。

【1年1組の英語】

9 0

1 2

3 4

5 6
 授業参観の後、参観した感想や地域での東中生のようすなどを話していただきました。
・菊川市のICT教育の推進の成果で、1年生でもipadをうまく使いこなしている
・落ちついた態度で積極的に発言している
・地域でのあいさつが年々良くなっている
・大榎体育大会のようすから東中生がのびのびと生活し、創意あふれる行事を創り上げている
【2年4組の理科】

7 8

9 0

6 7

8 9

 私からは、学校概要や経営方針を説明させていただきました。今後も、東中生を温かく見守っていただいたり、貴重なご意見をいただいたりしていきたいと思います。そして、東中生の成長のために、役立てていきたいと考えます。 

【1年4組の技術】

  0 1

2 3

4 5

1 2

平成30年6月10日(日曜日) 資料名「そんなつもりじゃなかったのに…」 ~ 輝一斗先生の3年2組道徳の授業

 6月5日(火曜日)、村松元太先生の道徳の授業に続いて、輝一斗先生の3年2組道徳「そんなつもりじゃなかったのに」の授業を参観しました。
 輝一斗(きいと)先生は、英語の授業でNBAのスーパースターで「God」と称されたマイケル・ジョーダンの有名なセリフに対比させて、自分のセリフを「キイト・ジョーダン」と、「まあ、いけるジョーダン」を織り交ぜて授業をしていたので、次は何をかましてくれるのかと期待を大にして観ました。

1 2

3 4
 資料名「そんなつもりじゃなかったのに…」は、lineにまつわる話で、書いた本人の意思とは違った解釈をされて、相手を傷つけたり、グループ内で窮地に追い込む状況になったりと、ともするとありがちな内容です。
 自分の考えをホワイトボードを用いて、2~3人のグループで考えて、道徳的な判断力を高めていました。
 内容も身近なことであったので、話合いや発表が積極的で、主体的に取り組めていました。
5 6

7 8

 平成30年6月10日(日曜日) 資料名「傘の下」 ~ 松村太先生の2年4組道徳の授業

  6月5日(火曜日)、松下香夏先生の道徳の授業に続いて、松村元太先生の2年4組道徳「傘の下」の授業を参観しました。

1 2

3 4
 主人公の少年の回想で、次のような内容でした。主人公の少年が傘を持ってこなくて、耳鼻科で受診した時に強い雨が降って来ました。その帰り際、傘立てに置いてあった紺色の傘を心の葛藤を感じながらも無断で持って行ってしまいましたた。その傘を差してドキドキしながら帰り道を歩いていると、仕事を終えたその耳鼻科の看護師さんが傘をささずに走って少年を追い抜いて足早に通り過ました。しかも、少年を追い越す時に、何かを悟っているかのような表情を一瞬見せながら…。

5 6

7 8

 次の通院の際に、少年が傘を返して待合室にいると、先日、追い抜いて行った看護師さんが仕事を終え、帰る時に、その紺色の傘を手にして帰って行ったという内容でした。

9 0

1 2
 2年4組の生徒たちは、とてもよく考えて、積極的に発表していました。内容的にも、ドキッとするような資料で、主人公の心に照らし合わせて、たくさんの意見が出されていました。

平成30年6月9日(土曜日) 資料名「上野の413球」 ~ 松下香夏先生の1年3組道徳の授業

 6月5日(火曜日)、松下香夏先生が1年2組において道徳「上野の413球」の授業を行いました。
 授業の前半に、北京オリンピックのソフトボールで優勝投手になった瞬間のビデオを見せて、上野投手のことを生徒に理解してもらう意図が効果的でした。1年2組の生徒たちは、ライブ中継を観ているような感じで、身を乗り出していました。

1 2

3 4

 授業への集中度がグッと高まったところで、香夏先生が資料「上野の413球」を読み始めました。
 ずっと参観したかったのですが、教育実習生3人の道徳の授業を1時間に観なければいけないので、後ろ髪を引かれながらも教室を後にしました。

5 6

7 8

平成30年6月9日(土曜日)  発行したばかりなのに、またまた編集会議!? ~ PTA文化部の「雁の里50号」の編集会議

 6月7日(木曜日)、20時30分を過ぎているのに会議室の電気が点灯していました。職員室前の廊下からは会議室の中にいる教務主任の村松康先生の姿が見えました。

  会議室で夜遅くまで行われていたのは、PTA文化部による「雁の里50号」の編集会議でした。前号の49号では、東中の教員の中にトム・クルーズ(自称)がいることが判明し、話題沸騰!?でしたが、その熱が冷めない段階で早くも次号の準備を進めてくださる文化部に脱帽します。

1 2

 大榎祭体育大会では、情報技術部の部員たちがipadを持って撮影に徹して「躍動」していました。その「躍動」ぶりに甲乙つけがたいアグレッシブな動きをされていたのが、腕に腕章をつけてグランド内を縦横無尽に動き回って、パパラッチかと思うくらいの連写をされていたのは文化部の皆さまです。

 すさまじい枚数の写真から掲載用の写真を選ぶ作業をしてくださっていました。。東中生の「躍躍」を後押しするありがたい活動で、感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございます。
3 4

 次号の発行をとても楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

5 7

平成30年6月8日(金曜日) 絵本「はるのたなだで」の贈呈式  ~ 紙倉沢の棚田 千框(せんがまち) 

 6月2日(土曜日)、上倉沢の棚田「せんがまち」で、田植え作業が行われました。この開会式において、千框と茶草場を題材にした絵本「はるのたなだで」の贈呈式が行われました。

1 2

太田順一市長、NPO法人せんがまち棚田倶楽部山本哲理事長、静岡大学棚田研究会メンバー、絵本の制作に協力した(株)ウェブサクセス加藤和恵代表取締役などから、河城保育園・愛育保育園・堀之内幼稚園・菊川東中学校・常葉大学附属菊川中学校代表者へ絵本が贈呈されました。

3 4

 本校からは、図書委員長の杉本怜杏さんが出席し、静岡大学棚田研究会メンバーの代表者から、にこやかな笑顔で絵本をいただきました。どうもありがとうございました。

5 6
 この絵本は、週明けにさっそく画廊に展示され、誰でも読めるように、昼の放送で図書委員会の3年生竹内翔さんから、ていねいな紹介がありました。

・゛旬感゛まちのニュース(6月2日 土曜日記事)

7 8

平成30年6月7日(木曜日) 今年度も素敵なPTA新聞をありがとうございます ~ 東中PTA新聞「雁の里№49」発行

 先日、東中PTA新聞「雁の里№49」が発行されました。東中生の手を通じて、お宅に届いているでしょうか。また、一読していただけたでしょうか。

 PTA文化部の皆さまのご尽力により、今年度もとても素敵な内容です。 職員紹介では、それぞれの教職員に「自分に似ている有名人」を質問して、楽しさを倍増させてくださっています。

12
 「ラオウ」、「藤原竜也さん」は、東中生でも知っている名前で、どの教員が似ているのかは、うなずけると思います。中には、「自称:トム・クルーズ」と称してはいますが、似ても似つかない教員もいるようで…。
 たくさんの写真を掲載してくださっていますので、じっくりとご覧下さい。
 いつでも、どこでもご覧になれるように、PDFファィルを添付します。
≪主な内容≫
1 「72年目の東中物語」を丁寧に紡ぐ」 
2 職員紹介(自分に似ている有名人)
3 各学年のようす(画像多数)
・東中PTA新聞「雁の里№49」(PDF:420KB)

平成30年6月6日(水曜日) 東中生の活躍を表彰しました ~ 第2ステージ集会での表彰

 第2ステージ集会の最後に表彰を行いました。表彰された東中生は次のとおりです。
 2年生稲葉詩さん 静岡県青少年指導者初級認定
 3年生近江莉菜さん・絹村莉里華さんペア 第41回掛川小笠地区中学生選手権ソフトテニス大会個人戦第5位
7 8
 また、賞状が学校には届いていませんでしたが、活躍した東中生の活躍を紹介し、その場で全校生徒から拍手を贈られた生徒たちは、次のとおりです。
2年生山内結斗さん、落合皇介さん(島田ボーイズ) 平成30年日本少年野球連盟静岡県支部1年生大会(3月実施) 優勝
3年生鈴木悠真さん、2年生長田晴希さん、山野了架さん、赤堀雄琉さん、落合光洋さん(菊川ボーイズ) 第14回日本少年野球静岡大会優勝・読売杯第33回日本少年野球中日本大会出場
3年生落合陸也さん(島田ボーイズ)第14回日本少年野球静岡大会第3位・読売杯第33回日本少年野球中日本大会出場
3年生近江莉菜さん、織部美悠さん、絹村莉里華さん、宮原理沙さん、大川りんさん、松本結璃佳さん、2年生大谷遼花さん、青山凛さん 小笠ソフトテニス研修大会(シード戦)団体戦第3位

9 0
 もし、賞状や検定試験合格証、各種認定証等があれば、学校の内外を問わず表彰をしていきます。学校全体によい刺激や励み、次への目標となりますので、遠慮せずにお知らせ、もしくはそのままお子さまに持参させてください。
 また、クラブチーム等で、団体に1枚しか賞状がない場合には、可能ならばカラーコピーをしていただき、持参していただければ、ステージ表彰をさせていただきます。
 小笠選抜野球団の場合には、いただいた賞状は1枚でも、白紙の賞状用紙にカラーコピーして各校へ配付し、全校表彰した後に、選手全員に届くよう長年続けてきています。参考にしていただければと思います。

平成30年6月6日(水曜日) 真剣に聞き入る姿、これぞ東中生 ~ 第2ステージ集会「挑戦・鍛錬のステージ」

 6月1日(金曜日)の朝、体育館において第2ステージ集会「挑戦・鍛錬のステージ」を行いました。折り目正しく、節目を大切にする東中生が、無言で集合整列を行い、程よい緊張感をもって集会にのぞみました。

1 2

3 4

 第2ステージにのぞむにあたって、生徒指導主事の岡本先生から、お話がありました。
話の要約は次のとおりです。
1 大榎祭体育大会での頑張りの称揚
2 第2ステージ「挑戦・鍛錬」が始まり、7月20日まで
3 第2ステージの主な活動予定
4 細くても高くそびえ立つ竹の節目の役割を例にとって、節目の大切さ
5 挑戦・鍛錬を続けることが苦しい時こそ、第1ステージで培った力と仲間の協力を活用する

5 6

 東中生の顔をしっかりと上げて、真剣に聞く姿が印象的でした。第2ステージでの成長が期待できる素晴らしい集会でした。

平成30年6月5日(火曜日)  解団式 ~ 大榎祭体育大会

 お互いの健闘を讃え合うとともに、今まで同じ目標に向かって頑張ってきたチームメイトに感謝の気持ちを伝える場となりました。
1 2

3 4

 担当の先生方からは、たくさんのお褒めの言葉やねぎらいの言葉が聞かれました。また、応援リーダーの感動的な言葉に心がジーン響きました。
6 8

 5 1

 特に、中学校最後の体育大会に挑んだ3年生の勝って涙、負けて涙も見られました。それぞれの感動はさまざまですが、団で一丸となって精一杯取り組んだことが素敵なことだと思います。

0 9

0 1

  「やってみよう! 熱く刻め! ~72年目の東中物語~」のスローガンは、大いに達成できました。昨年度の合唱コンクール以後、立志式と三送会で見事な「躍動」と「共に創る」を具現化し、想像もできないくらい、3年生は大きな成長を続けています。これも3年生自身の今までの自分を越えたいという頑張り、理想のモデルであり目標である卒業生たちを越えたいと言う強い思いからだと思います。

1 2

3 4

 私たちは、3年生はじめ東中生の背中を押し、時に導き、保護者・地域・関係諸機関の方々のご支援を受けて、方向を定めて同一歩調で歩んできました。
 その1つの結実が今回の大榎祭体育大会でした。大きな成果をあげられたことに心より感謝いたします。最後は、団でにっこり笑顔の記念撮影を撮りました。かけがえのない仲間たちとの思い出の1枚です。

1 2

3 4

 

 次は、大榎祭合唱コンクールに向けて、動き出しました。合唱コンクール実行委員は、6月15日(金曜日)に各学級で選出されます。その前の8日(金曜日)には、各学級で合唱コンクールの意義や過去の歴史、学級としての目標、どんな取り組みをしていくかの作戦会議を開きます。ぜひ、「我こそは合唱コンクールをクラスの先頭に立って創り上げるぞ!」と主体的に挑戦したい東中生を募ります。実行委員になれなくても、指揮者、伴奏者、ナレーター、パートリーダーなど、たくさんのリーダー的役割があります。

5 7

 もちろん、フォロワーとして、歌い手として、全面的にリーダーをバックアップできる生徒も魅力的です。たとえるならば、「船頭(リーダー)ばかりでは、船は前に進みません。良いこぎ手(船をこぐ人)がたくさんいて、目的地(ゴール)に速く正確に進むことができます。」 自分の得手不得手、学級内の顔ぶれにおける適材適所などを考えて、全員が自分が全うできる役割を担い、主体的に取り組んで、体育大会以上の成果(自己の成長と学級・学校全体の成長)をあげていきましょう。

平成30年6月5日(火曜日) 閉会式 ~ 大榎祭体育大会

 東中生が各団の優勝をめざして、力の全てを出し切って清々しい表情の閉会式となりました。成績発表では、生徒会本部と学習委員会がコラボして、今までに経験したどの中学校でも見たことのない趣向を凝らした素晴らしいものでした。結果は次のとおりとなりました。
 優勝赤団395点、準優勝黄団315点、第3位緑団310点、第4位青団280点でした。

1 2
 優勝した赤団は、これまた前代未聞の7連覇を成し遂げ、「72年目の東中物語」に、
「東中の体育大会は赤団が勝つ!」の伝説を来年度までつなげました。

3 4
 昨年度は、赤団と黄団が345点で、両団優勝で幕を閉じました。黄団の懸命な戦いをもってしても、あと1点が取れませんでした。

5 6
 特に、来年度の各団のリーダーとなる2年生の中で、団を率いるリーダー性や各競技で勝つ戦術を磨いていく人がたくさん出て欲しいです。もちろん、1年生からも、たくさんのリーダーが育ってくれれば、こんなに嬉しいことはありません。今回の反省を記述して残すとともに、3年生の先輩たちから知恵と技術をたくさん受け継いでください。

7 8
 来年度も「赤団が優勝」するのか、あるいは、この伝説にピリオドをうつ団が出現するのか、興味はつきません。誰がどんな活躍をして、栄冠を手中に収めるのか、普段の生活から期待をこめて、どんな活躍をしてくれるのか予想をしていきたいと思います。
9 0

平成30年6月4日(月曜日)  みんなでジャンプ ~ 大榎祭体育大会

 各学級で1番時間をかけて練習した「みんなでジャンプ。」 縄を跳ぶ以上に大変なのが、縄の回し役。全身を使って、ひたすら回し続けました。
 回し役をいたわりながら、跳び役の選手たちも頑張りました。練習では、思うような記録をあげられながらも、本番では記録が伸びずに悔しい思いをした団もありました。1発勝負の怖さを学びました。

8 2
 1年赤団83回、青団69回、緑団35回、黄団 21回。
 2年緑団542回、黄団540回、赤団113回、青団35回。
 (大会当日は、緑団、黄団の同回数で1位の発表がありましたが、その後の協議、ビデオ判定の結果、記録の訂正がされました。ご了解ください。来年度は、訂正が出ないように対策を講じていきます。)
 3年黄団633回、青団583回、赤団357回、緑団246回。

5 6
3年黄団が新記録を樹立しました。「72年目の東中物語」に燦然と輝く金字塔です。おめでとうございます。また、何よりも素晴らしいことは、けがで跳ぶことができなかった選手と一緒に、もう1回だけクラス全員で跳んだことです。友だち思いの気持ちが熱く伝わってきました。
 2年生の活躍もめざましく、2年緑団、黄団の500回越えは見事で、見応えのある戦いぶりを展開してくれました。

6 7

 平成30年6月4日(月曜日)  縦割り種目③「障害物ムカデ」 ~ 大榎祭体育大会

 縦割り種目のラストは、「障害物ムカデ」でした。4人がリズムを合わせ懸命に走り、たすきをつなぎました。ハードルをくぐったり、横たわったタイヤを乗り越えたりしながら、転んでもすぐに起き上がって、前へ前へと進みました。

1 2

3 4

 1、2、3年生が協力して、団の勝利のために、疲れた体をものともしないで、疾走していきました。
 1着赤団、2着青団、3着黄団、4着緑団でした。

5 6

7 8

 

平成30年6月3日(日曜日)  3年学年種目「Golden carnival」 ~ 大榎祭体育大会

 3年生の各団の総合力が試された「Golden carnival」は、叡智をふりしぼった懸命のレースとなりました。協力度を試さそそれ、リズムを合わせて二人三T脚でスキップしたり、慌ててタスキ代わりのTシャツを着たりと、見ている方もハラハラドキドキのレースでした。

1 2

3 4
 アンカーが200mを疾走するさまは、勇姿そのもので、3年生らしい逞しさをかんじさせてくれました。まさに、ゴールデン・カーニバルにふさわしい興奮と感動を呼び起こしました。

5 1

2 3

4 5

1着赤団、2着黄団、3着青団、4着緑団でした。

6 7

8 9

平成30年6月2日(土曜日)  午前中の得点経過 ~ 大榎祭体育大会

 午前中の得点経過は、3つの団が僅差となりました。
 赤団195点、緑団190点、黄団175点、青団140点。
 午後の「みんなでジャンプ」(1年→2年→3年)における青団の巻き返しが期待されました。

1 2

 

3 4

 

平成30年6月2日(土曜日) 縦割り種目②「台風の目」 ~ 大榎祭体育大会

午前中の最後の種目は、縦割り種目の「台風の目」でした。竹棒を使って仲間と一緒に走り、交代する場所では、竹棒を全員で跳んだり、頭の上をくぐらせたりしました。

1 2
 何度も練習した成果がでて、どの団も驚異的なスピードでリレーしていきました。激しさのあまり、遠心力で外側に振り回される生徒も見られ真剣味が伝わってきました。午前中の最後にふさわしい好レースとなりました。

3 4
順位は、1着黄団・赤団、3着緑団、4着青団でした。

5 6

平成30年6月2日(土曜日) 1年学年種目 「○人△脚リレー <最後もグルグル>」  ~ 大榎祭体育大会

 1年生の学年種目は、走るごとに2人3脚から3人4脚、そして4人5脚と増えていきました。コーンを回るところが難しく苦戦していました。

1 2

3 0
 順位は、1着黄団、2着緑団、3着青団、4着赤団でした。

5 6

7 8

平成30年6月1日(金曜日) 2年全員リレー ~ 大榎祭体育大会

 昨日、行われました大榎祭体育大会の続きです。実は、実況中継に近い形でアップするつもりで頑張ったのですが、サーバーの不具合により、スムーズにアップできませんでした。それでは、続けます。

1 2

3 4
 2年全員リレーは、1位と2位が大接戦となるレースでした。また、1年生よりもスピードにのったバトンパスが展開されました。
 順位は、1着赤団、2着緑団、3着黄団、4着青団となりました。

5 6

7 8

平成30年5月31日(木曜日) 縦割り種目①「綱引き」 ~ 大榎祭体育大会

 各団の力自慢が集まった綱引き。渾身の力を込めて、息を合わせて引っ張り合いました。全校1の力持ちは、青団でした。

1 2

3 4
 順位は、1位緑団、2位青団、3位赤団、4位黄団となりました。
 優勝した緑団とPTAの対決は、大人げない!?PTAチームが今年も勝ってしまいました。すみません。
5 6

7 0

平成30年5月31日(木曜日) 3年全員リレー ~ 大榎祭体育大会

 各団の最上級生としての意地をかけたレースとなりました。抜きつ抜かれつ、すさまじいデッドヒートを繰り広げました。

1 2

3 4
 順位は、1着赤団、2着黄団、3着青団、4着緑団でした。

5 6 

7 8

平成30年5月31日(木曜日) 1年全員リレー ~ 大榎祭体育大会

 1年生の大榎祭体育大会でのデビュー戦は、1年生全員リレーでした。中学校で知り合った新たな仲間とのバトンパス。見事につながりました。

1 3 

4 5
 バトンの穴には、「絶対に1位をとるぞ!」の気持ちを詰め込んで、懸命の走りでした。
 順位は、1着緑団、2着黄団、3着青団、4着赤団でした。

6 7

8 9

平成30年5月31日(木曜日) サプライズの開会式 ~ 大榎祭体育大会

 開会式は生徒会役員の進行で、堂々と進められました。プログラムには載っていないサプライズで、聖火リレーが始まり、私→各団の団長→生徒会長→点火となりました。

1 2

3 4
 なかなか火がつかずに時間がかかってしまいましたが、聖火台に火がともりますと、大きな歓声と拍手がわき起こりました。

5 6

7 8

平成30年5月31日(木曜日) 獅子奮迅の入場行進 ~ 大榎祭体育大会

 「青団」、「赤団」、「黄団」、「緑団」の団長たちの号令により、気合いの入った一糸乱れぬ入場行進が展開されました。
 引き締まった表情、ハツラツとした腕の振り、力強い足踏み。まさに、獅子奮迅の入場行進でした。いよいよ熱い戦いが始まります。
1 2

3 4

5 6

 平成30年5月31日(木曜日) 本日の大榎祭体育大会は「実施」します ~ 大榎祭体育大会

 本日、大榎祭体育大会は実施します。
 天気予報では、午後から雷雨の可能性を指摘し、すでに愛知県、三重県、岐阜県には「雷注意報」が発令しています。
 安全に十分に留意しながら、開催していきたいと思います。よろしくお願いいたします。
・ヤフー天気予報( 外部サイトへリンク )
・注意報・警報情報( 外部サイトへリンク )

平成30年5月31日(木曜日) チンパンジーから人間へ ~ 松下香夏先生の1年3組歴史の授業

 5月30日(水曜日)、松下香夏先生が1年3組において歴史「人類の出現」の授業を行いました。
 香夏先生の説明はとても聞きやすく、声の大きさや話すスピード、言葉遣いまで、よく考えられたものでした。また、板書の文字が丁寧で読みやすいので、3組の生徒たちは集中力を欠くことなくノートやプリントにまとめていました。
1 2 

4 3

 チンパンジーと人間の特徴を比較することにより、類人猿から人類が出現する過程をたどっていした。
 生徒たちは発表しやすい雰囲気を実感しながら、身振り手振りも交えた発言を取り入れて集中して取り組んでいました。

5 6
 
0 8 

9  5

平成30年5月30日(水曜日) 本日の大榎祭体育大会は「順延」します ~ 大榎祭体育大会

 申し訳ございません。体育大会は明日に、順延します。
 決定の根拠は次のとおりです。

1

2

3

4

5

6

7

0

  早い段階から雨が降ります。現在、四国で発生した雨雲は和歌山県から三重県を通過し、こちらに向かっています。
 生徒の安全、健康状態を考えての決断です。お仕事のお休みをとっていただいた保護者の皆さま・ご来賓の皆さまには、たいへん御迷惑をおかけしますが、御理解をいただきたいと思います。
・静岡県の防災システム「サイポスレーダーより」( 外部サイトへリンク )   

平成30年5月30日(水曜日) ミズベリング菊川カヌー&SUP(サップ)のお知らせ ~ 菊川でお気軽「カヌー&SUP体験」

     国土交通省のこミズベリング菊川事務局から、次のよ1うなお知らせをいただきました。
  私たちの街を穏やかに流れる川、「菊川」。私たちに身近な菊川の水辺でカヌー&SUPを体験してみませんか?未経験な人でも安心してカヌー&SUPを楽しむことができる体験会です。
 対象は小学生から大人まで。1回約30分。誰でも気軽に体験していただけます。会場は菊川文化会館アエルの西側、駐車場から降りてすぐの菊川河川敷です。会場では、カヌーの乗り方やパドルの使い方まで、ベテランカヌーイストが丁寧に指導します。
1日時  6月9日(土曜日)10:00~16:00
2定員数 100名
3場所  菊川市文化会館アエル西側の菊川河川敷
    駐車場はアエル北側砂利のところへ。
4参加料 500円(小人も同一料金。備品貸与、保険料を含む)
5申込み ご予約ください。当日も受付けますが、定員になり次第受付終了。
    ミズベリング菊川事務局(建設環境研究所)
    電話番号 090-8680-2038
    メールアドレス kikusup@kensetsukankyo.co.jp
6その他 ・濡れても良い服装をご準備ください。
    ・体験は準備を含めて約30分。
    ・雨天中止。
 昨年11月に開催された菊川産業祭ODORA座2017において、このカヌー&SUP体験が開催され、ボランティアで参加した東中生が楽しく体験しました。この機会にいかがでしょうか。                                                      
 大井川の上流、大井川鐵道の駿河徳山駅のすぐ近くにあります川根高校にはカヌー部があり、豊かな自然に恵まれた立地条件を生かして、オリンピック選手や日本のトップクラスの選手を輩出しています。
 カヌー体験によって、自分の中で眠っている才能を発見する人がいるかもしれません。
興味のある人は挑戦してみてください。
・川根高校カヌー部 ( 外部サイトへリンク )
【菊川産業祭ODORA座2017ミズベリングより】
1 2

3 4

6 7

平成30年5月29日(火曜日) 本番さながらの総練習ができました ~ 大榎祭体育大会総練習

 5月25日(金曜日)と29日(火曜日)は、大榎祭体育大会の総練習となりました。入場行進や開会式、各競技の移動などが行われました。

1 2

3 4 

   また、「綱引き」、「台風の目」、「障害物ムカデ」などの種目について、選手と担当する専門委員が実際の位置について、運営を確認しました。

5 6

7 8
 計画されたタイムテーブルどおり行われ、大会スローガン「やってみよう! 熱く刻め! ~72年目の東中物語~」の達成への意欲が随所に見られました。
9 0

6 7

8 9

 いよいよ明日は本番当日です。天気が下り坂のようですが、東中生のやる気で、雨雲の流れを熱く刻んで、計画どおりの実施をめざします。

0 1

2 3
 ぜひ、多くの保護者・地域の方々、ご来賓のご来場を心待ちにしております。よろしくお願いいたします。
 保護者の方には、明朝6時20分までに絆メールで予定どおり開催するか否かのメール配信をします。また、明日の予定(持ち物)については、16時11分にメール配信しました。お子さまとご確認ください。
・大榎祭体育大会「やってみよう! 熱く刻め! ~72年目の東中物語~」プログラム(PDF:1,287KB)

4 5

12

平成30年5月29日(火曜日) 夏の中体連総体をめざして 絹村莉里華さん・近江莉菜さんペア ~ 2018年度(第49回)静岡県中学生ソフトテニス選手権大会(女子の部)

 5月26日(土曜日)、沼津市営愛鷹運動公園テニスコートにおいて、2018年度(第49回)静岡県中学生ソフトテニス選手権大会(女子の部)が開催されました。
1 2

3 4

 東中からは、絹村莉里華さん・近江莉菜さんペアが小笠地区の予選大会を勝ち抜いて代表として出場しました。
  第2コートの第1試合、韮山中の中川碧衣さん・望月優莉さんペアと対戦し、一球一球に思いをのせてプレーをしましたが、惜しくも敗退をしました。
5 6

7 8

 体育大会の総練習の翌日の疲労感の残るコンディション、体育大会の準備のために係活動等、練習量が十分とってあげられなかった申し訳なさが残る結果となりました。
9 0

1 2

 この悔しさを糧として、夏の中体連総体ではチーム一丸となって戦い、昨年度のチームが果たした県大会団体戦と個人戦出場の大会結果を凌駕する活躍を大いに期待したいと思います。

3 4

5 6

・2018年度(第49回)静岡県中学生ソフトテニス選手権大会(女子の部)大会結果 ( 外部サイトへリンク )

7 8

9 0

平成30年5月28日(月曜日) 「備えあれば憂いなし」をめざして ~ 平成30年度避難所運営委員会

 5月24日(木曜日)、東中会議室で平成30年度避難時運営委員会が開催されました。各自治会から代表者に参加していただきました。

 今回の委員会では、平成29年年度の事業内容や自主防災訓練の反省、本年度の役員の選出、活動計画や避難所運営についてなどの承認がされました。

1 2

3 4
 東海大地震発生の危険性が叫ばれて40年が経過しました。いつ起きてもおかしくないと言われ続けています。                
 いつ発災していいように、子どもたちの安全を第1に考え、地域の皆さまの受け入れや避難所生活が営めるように、行政と自治会、学校の三者で連携をして、準備を進めていきたいと思います。
5 6 

7 8

 

平成30年5月27日(日曜日) マイケル・ジョーダンとキイト・ジョーダンの名ゼリフ ~ 輝一斗先生の3年1組英語の授業

  5月25日(金曜日)、教育実習が始まって5日目、松村先生に続いて輝一斗先生の授業実習も始まりました。
 輝一斗先生のスタートは3年1組の英語となりました。NBA(アメリカプロバスケットリーグ)のスーパースターだったマイケル・ジョーダンの明言をキイト・ジョーダン(輝一斗先生)の台詞と対比させて考える工夫された授業でした。

1 2

3 4
 マイケル・ジョーダン ゙I have missed over 9,000 shots in my career.゙
 キイト・ジョーダン   ゙I missed over 9,000 shots in my career.゛ 

5 6

7 8
 この2つの文の違いから、過去形と現在完了形との違いを理解していました。生徒の興味をうまく引きつけるとともに、生徒とのやりとりが上手で活発な対話で授業を進めていました。

9 0

1 2

  ビンゴカードを用いた対話練習においても、積極的に相手を見つけて、繰り返し英語での会話を楽しんでいました。

3 4

5 6

平成30年5月27日(日曜日) 本格的な実習がスタート ~ 「72年目の東中物語」教育実習

  5月25日(金曜日)、教育実習が始まって5日目となりました。3人の実習生の先生方は授業参観をしたり、朝の会、給食、清掃、体育大会の練習などを参観したりしてきました。
 そんな中、松村先生の授業がスタートしました。少し緊張しつつも、2年1組の英語の授業に挑戦していました。

1 2

3 4
 「I was leading a book.」の現在完了形について、一生懸命に説明をしていました。板書がとても丁寧で、現在完了形との違いを強調していました。
 2年1組の生徒たちは、松村先生がどんな指導をしてくださるのか、興味深そうにじっくりと説明を聞きながら、学習内容を理解しようと頑張っていました。

5 6

7 8

平成30年5月26日(土曜日) 教えることは学ぶこと ~ 1年2組の技術「構造と強度について考えよう」

 5月23日(水曜日)、1年2組の技術「構造と強度について考えよう」でチーム研修を行いました。
 3年主任の溝垣先生が授業者で、身の回りの物や建造物に目を向けて、その中に隠された強度を高める構造の工夫について考える授業でした。

1 2

3 4
 生徒たちは、木工室、体育館、その周辺の廊下などを観察し、強度を高める工夫をしていると思われる物をグループのipadで撮影しました。

6 5

7 8
 それらの画像を全体の場で大型テレビに映し出して発表し、いろいろな場所に使われていることを発見しました。
 驚いた物では、ヘルメットの内側の頭と接する部分のプラスチックや渡り廊下の屋根の形などにも活用されていました。 

9   0

1 2
 演習として、配付されたプリントの画像から強度の工夫がされている箇所を見つけることで、養った判断力を用いていました。
 これから物を見る目が変わったことと、実祭の製作する時に、大いに活用できる力が身につきました。

3 4

5 6

平成30年5月25日(金曜日) 「菊東中だより5月号」カラー版 ~ 保護者・地域の方々への学校だより

 「菊東中だより5月号」を発行しました。今月号は学年行事の写真を満載しました。明るくて優しい東中生の笑顔や活動のようすをより多くの方に知っていただきたいと思います。
 まだ読まれてない方やもう一度ゆっくり読みたい方、カラー写真で見てみたい方が、いつでもどこでも手軽に読めるように、PDFファイルでアップします。
 ぜひ、ご家庭・地域の話題にしていただき、「躍動」している東中生に対して温かなお言葉や励ましのお言葉をかけていただけますと、とてもありがたいです。よろしくお願いいたします。
 5月号の主な内容は次のとおりです。
1 1年 薬学講座・菊川探訪・スポーツ大会
2 2年 宿泊研修
3 3年 修学旅行
4 今後の予定
5 期末テストについて
・「菊東中だより5月号」(PDF:837KB)
12

平成30年5月25日(金曜日) 教えることは学ぶこと ~ 1年3組の理科「根・茎・葉のつくりとはたらき」

 5月21日(月曜日)、1年3組の理科「根・茎・葉のつくりとはたらき」でチーム研修を行いました。
 6組の柴田先生が授業者で、葉脈や根の観察を通して、葉脈と根の形が共通しているものが仲間であることを理解する授業でした。

1 2

3 4

  柴田先生が各班ごとに観察できるように準備した7種類の植物(コスモス、マリーゴールド、 ツユクサ、エノコログサ、セイタカアワダチソウ、ドクダミ、スズメノカタビラ)を似た仲間同士で分類し、その分類の理由を明らかにしていました。

5 6

7 8
 各班ごとに、自分たちの分類方法をホワイトボードにまとめ、全体の場で共有化して、正しい分類の方法を深めていました。

9 0

1 2
 各グループとも前向きに考え、自分たちの考えをまとめて、葉脈と根の形が共通しているものが仲間であることを理解することができました。
3 4

5 6

平成30年5月24日(木曜日) がんばれ! 絹村莉里華さん・近江莉菜さんペア ~ 2018年度(第49回)静岡県中学生ソフトテニス選手権大会(女子の部)

 5月26日(土曜日)、沼津市営愛鷹運動公園テニスコートにおいて、2018年度(第49回)静岡県中学生ソフトテニス選手権大会(女子の部)が開催されます。

2 3


 この県大会に東中からは、絹村莉里華さん・近江莉菜さんペアが小笠地区の予選大会を勝ち抜いて代表として出場します。ぜひ、東中の代表として、また、小笠地区の代表として自信をもって戦っていただきたいと思います。
 静岡県ソフトテニス連盟から、大会の組み合わせが発表されましたので紹介します。
・2018年度(第49回)静岡県中学生ソフトテニス選手権大会(女子の部)組み合わせ ( 外部サイトへリンク )
 (絹村莉里華さん・近江莉菜ペアは組み合わせ表の№14)

1 4
 試合は、第2コートの第1試合、韮山中の中川碧衣さん・望月優莉さんペアと対戦します。一球一球に思いをのせて、自分たちのリズムで、イメージするプレーを心がけて戦い抜いて欲しいと思います。
 頑張れ!!  莉里華さん・莉菜さん!!!
5 6

平成30年5月24日(木曜日) 教えることは学ぶこと ~ 1年4組数学科「正の数・負の数」

 5月21日(月曜日)、1年4組の数学科「正の数・負の数」でチーム研修を行いました。このチーム研修とは、教員4人を1つのチームとして、互いに授業を見せ合って意見を言い合う授業研です。

1 2

3 4

 1年主任の瀧口先生が授業者で、「正の数・負の数」を水槽の給水と排水で考えるという授業でした。自分の考えをもったあとに、グループで意見を出し合い、深めていました。

7 5

8 9

0 6

 各グループとも前向きに考え、自分たちの考えをまとめて、正負の数の乗法の答えの符号を正しく理解していました。
7 8

9 0

平成30年5月23日(水曜日) 若い力が躍動します ~ 3人の教育実習生が母校で教鞭 

 5月21日(月曜日)から、教育実習が始まりました。期間は、5月21日(月)~6月8日(金)までの3週間です。
 東中の卒業生で、大学4年生の方たちです。
 とても元気いっぱいに頑張っています。今週は、いろいろなクラスの授業を参観したり、先生方の指導方法を学んだりして、慣れたところで授業を担当していきます。

1 2

 東中生の先輩になる方たちですので、地元の話もたくさんできると思います。多くのことを学んで、お互いに高めあえるようにしていきましょう。
 実修生の先生方は、実習終了後の1ヶ月後の7月7、8日(土、日)には、静岡県教育採用試験を受験します。合格して、いつの日か母校に戻ってこられるように、東中生の協力をお願いします。

3 4
≪実習生の紹介≫
  氏名        教科     学級  指導教官
松下香夏先生  社会  1年1組 横山先生
杉田輝一斗先生 英語  3年2組 松下先生
松村元太先生  英語  2年4組 白井先生(教科)、水越先生(学級)

5 6

平成30年5月23日(水曜日) 早朝からの交通安全推進運動をありがとうございます  ~ 交通安全協会交通指導員、交通指導隊のご尽力に対して 

 5月21日(月曜日)、朝の7時前から東中に水色と白の凛々しい制服姿で集合してくださった方々がいました。
 この方々は、交通指導隊の皆さんでした。交通指導隊とは、県交通安全協会が設立し、市民の交通安全指導や交通整理を行ってくださっています。

2 3

1 4
 交通事故0の日や交通安全県民運動の期間中に街頭に立っていただいたり、小学生の自転車乗り方指導や自転車リーダー育成大会の練習と大会などにも貢献してくださっています。

5 6

7 8

今j回は、自転車通学者に対する交通安全啓発運動と自転車点検を行うために来校していただきました。
 校門の前で、大きな挨拶をしながら、自転車通学者に「TSマーク」(普通自転車点検整備済み)のパンフレットを配布してくださいました。
 自転車通学者たちは、しっかりと挨拶とお礼を言いなら、嬉しそうに受け取っていました。   

9 0

6 7

 生徒が登校した後には、自転車組合の方も登場し、自転車安全チェック表を見ながら、安全点検を実施して、1台ずつ、その結果を記載してくださっていました。 
 現在の菊川市の交通安全状況は、とても厳しい内容なので、とてもありがたい交通指導隊の方々の活動でした。

8 9

0 1

   安全点検終了後は、交通指導員さんが交通安全啓発のためのイラスト入りトイレットぺーパーを大きな段ボール1箱分をプレゼントしてくださいました。どうもありがとうございました。

2 1

 5 4

・JA共済中学生・高校生向け自転車交通安全教育ムービー( 外部サイトへリンク ) 
8本で合計25分(1本あたり3分)
・菊川警察署交通だより
・静岡県交通安全協会菊川市支部( 外部サイトへリンク ) 

・菊川署管内中高校生の交通事故 (PDF:645KB)

3   2

3 4   

平成30年5月22日(火曜日) 東中吹奏楽部が華麗に踊る~♬  ~ 菊川児童館特別企画「子どものつどい」のボランティア

 5月19日(土曜日)、プラザけやき中庭で菊川児童館特別企画「子どものつどい」が開催されました。このイベントに市内の幼児から小学生とその保護者が大勢参加し、リズム遊びや小笠高校吹奏楽部の演奏を通して、親子の楽しいひと時を過ごしました。

5 7

6 4

3 6
 今回も、東中吹奏楽部有志のボランティアが運営に協力して大活躍をしました。その内容は、受付を担当したり、恥ずかしそうなちびっ子の緊張をほぐしたり、ゴム風船を膨らませてプレゼントしたり、きくのんと一緒にリズム遊びをしたり、小笠高校吹奏楽部の演奏に合わせて踊ったりと、豊富な役割をこなしました。
 今回で14回目を迎える人気のイベントですが、今回も東中生が躍動し、会場を大いに盛り上げて好評だったとお褒めの言葉をいただいております。

0 1

7 1

9 8

  素晴らしい活躍の場を提供してくださり、どうもありがとうございました。吹奏楽部の部員たちは、ちびっ子たちの純粋な笑顔から幸せな気持ちをたくさんいただきました。

3 4

1 2

2 5

平成30年5月22日(火曜日) とってもきれいさっぱりしました ~ 1年生親子奉仕作業

 平成30年5月20日(日曜日)、リサイクル活動終了後、1年生親子奉仕作業が行われました。
 この奉仕作業は勤労体験を通じて親子でふれあうことを目的とし、PTA1年部学年委員会の主催でスムーズに運営していただきました。

1 2

3 4

5 6
 日ごろの清掃活動だけでは手が回らない広範囲の草刈りを行っていただき、とてもきれいになりました。特に、これからの季節は草むらから蛇が出没するともかぎりません。ニホンカモシカが遊びに来てくれる自然豊かな東中ですが、蛇に噛まれる危険は回避する必要があります。

7 8

9 0
 また、蜂の巣が大きくなりますと、ボールを取りに行った際にも安全性が危惧されます。教育環境をより良くしていただくとともに、安全対策にもつながる活動をありがとうございました。

6 7

8 9

0 1  

皆さ まのご協力により、安全に作業を完了することができました。どうもありがとうございました。
2 3

4 5

平成30年5月21日(月曜日) リサイクル活動への御協力をありがとうございました ~ 第1回PTAリサイクル活動

 5月20日(日曜日)、朝方は少し小雨がぱらつきましたが、例年よりも涼しい天候のもと、PTA環境部主催で第1回PTAリサイクル活動が行われました。

1 2

3 4
 朝早くから、資源を出していただいたり、PTA役員さんには回収をしていただいたりして、予定の8時30分には終了することができました。 新聞紙、広告、雑誌、ダンボール、アルミ缶等をたくさん回収できました。資源の有効活用や会計面からもたいへんありがたい活動です。
5 6

7 8

 また、子どもたちにとっての大切な環境教育にもつながります。3年生を中心にボランティア活動として活躍できました。

9 0

1 2
 今回の回収による収益金と奨励金の金額がわかりましたら、報告をさせていただきます。
 皆さまのおかげで、「けがゼロ」で終えることができました。本当にありがとうございました。

3 4

5 6

平成30年5月21日(月曜日) PTA本部役員の皆さま、どうもありがとうございました ~ 平成30年度菊川市PTA連絡協議会総会

 5月18日(金曜日)の19時より中央公民館において、平成30年度菊川市PTA連絡協議会総会が開催されました。東中からは、PTA本部役員の皆さまに参加していただきました。どうもありがとうございました。
 平成29年度市P連会長からあいさつや市P連の事業報告、会計監査報告がありました。また、平成30年度の新役員の紹介、新会長のあいさつ、基本方針や事業計画の提案がありました。

2 3
  それぞれの学校や園のPTA活動が円滑に行われ、子どもたちの教育環境の整備や教育活動の推進のために、菊川市全体でPTA活動の雰囲気を高めていくことは、とても有意義であると思います。
 東中のPTA活動を盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

4  5

平成30年5月21日(月曜日) 熱心なご討議をありがとうございました ~ PTA第2回常任委員会、専門委員会、代表委員会

 5月17日(木曜日)の夜、PTA第2回常任委員会が校長室で、専門委員会、代表委員会が会議室で開催されました。
 それぞれの会の内容は、平成30年度PTA総会・親睦会の反省、事業内容の反省と今後の事業計画について検討していただきました。

1 2

3 4
 平成30年度のPTA活動がスタートして1ヶ月を過ぎましたが、東中生たちは、それぞれの学年行事を成功させ、現在は大榎祭体育大会に向かって前向きな生活を送っています。これも役員の皆さまの献身的なご尽力・ご協力のおかげです。

5 6

7 8
 学校ホームページ「菊東中ニュース」のアクセス数も順調で、昨年度4月は4026アクセスでした。本年度4月は10118アクセスとなり、1日平均は134.2アクセスから337.2アクセスとなり、2.5倍以上の上昇をしています。それだけ東中生に対しての関心をもっていただいている1つの指標だとありがたく思います。

9 0

1 2
 ぜひ、ご家庭、地域の話題として活用していただき、東中生の学校内外でのがんばりをたくさん認め、褒めて伸ばしていただければと思います。
 東中生の健やかな成長のために、「共に創る」、「躍動」をめざして、今後とも、宜しくお願いいたします。

平成30年5月20日(日曜日)  東京アーティスツ合奏団クラシックコンサート」 ~ 「“旬感”まちのニュース」と「Facebook菊川市役所」に掲載していただきました

 菊川市役所の秘書広報課では、「“旬感”まちのニュース」と「Facebook菊川市役所」を開設し、市内のいろいろな情報を写真と簡潔明瞭な記事で広報してくださっています。
 もちろん掲載にあたっては、現場に行って取材をするとともに、インタビュー内容を名前入りで掲載してくださる場合もあります。また、新聞社が取材に来られない場合に、記事を提供してくださっています。子どもたちの頑張りが称揚されるとともに、広く配信していただき、とてもありがたいことです。
 「“旬感”まちのニュース」は誰でも見ることが可能ですが、Facebookを見るにはアカウントが必要です。もし、アカウントを取得されている方は、ぜひご覧いただき、気に入った記事には、「いいね!」をクリックしていただけますと、ありがたいです
・“旬感”まちのニュース(5月15日記事
・菊川市公式Facebookいいね!菊川市(5月15日記事( 外部サイトへリンク ) *アカウントが必要です。

8 0

平成30年5月20日(日曜日) 本日、予定どおり行います ~ リサイクル活動、1年生親子奉仕作業

 本日の「リサイクル活動」と「1年生親子奉仕作業」は予定どおり実施します。ご協力の程、よろしくお願いいたします。
 詳細は、配付されたプリント、もしくはPDFファイルでご確認ください。
・リサイクル活動(保護者版)(PDF:166KB)
・リサイクル活動(地域回覧板)(PDF:103KB)
・1年生親子奉仕活動(PDF:80KB)

平成30年5月20日(日曜日) みんなでジャンプ!!&リレー ~ 大榎祭体育大会の昼休み練習スタート

 5月17日(木曜日)より、大榎祭体育大会の昼休み練習がスタートとなりました。給食が終わると、各クラスともグランドに飛び出してきて、練習をスタートさせました。初日は、ほとんどのクラスが、長縄を持ってグランドに集まりました。

1 2

3 4
 各学級ごとに長縄の練習が始まり、仲間と跳んだ回数を数え合って記録に一喜一憂していました。どの学級も徐々に記録が伸びていきました。また、クラスによってはリレーの練習から始めるところもあり、計画的に進められていることがうかがえました。さらには、1年生のリレー練習を見て、小学校の市内陸上大会のリレーメンバーだった選手たちのバトンパスの技術の確かさに目を見張るものがありました。

5 6

7 8
 3年生では、初日から連続100回越えのクラスもあり、学級担任の先生たちは、そんな子ども達の主体的な姿に目を細めながら、さらに子どもたちを励ましたり、褒めたり、写真や動画を撮ったりして、学級の雰囲気を高めてモチベーションアップを図っていました。

9 0

1 2
  どの学級もリーダーが中心となって学級担任がフォローにまわっていること、全員が協力できていること、予鈴のチャイムが鳴ったら、協力して片付けをしてさっと教室に戻ることなどの素晴らしい姿が自然と見られました。
 メンタリティーの高い優秀な集団であることを改めて確認できた第1回目の昼休み練習でした。東中全体が体育大会モード全開になってきました。

3 4

5 6

平成30年5月19日(土曜日) 赤団、黄団、緑団、青団が初集結! ~ 体育大会「結団式」

 5月16日(水曜日)の放課後、グランドにおいて体育大会の結団式が行われました。赤団、黄団、緑団、青団が、それぞれ4カ所に別れて、団長を中心に進められました。
 具体的な内容としては、応援リーダーの自己紹介、決意、目標などが述べられ、チームの士気と団結力が高まりました。
 1回目ということもあり、縦割り集団の人間関係づくりを意図して一体感をもたせたり、リラックスさせたりする工夫がみられました。
 どの団とも勝負に対する決意と、1年生の緊張をほぐそうとする配慮がみられ、すばらしい結団式となりました。
 今後、それぞれの団がどのように、勝つためのチームを「共に創り」、団を「躍動」させていく
のか、とても楽しみです。

6 7

8 9
【赤団】3-3、2-3、1-2
団長:岩堀颯太さん、副団長:田中颯人さん
種目リーダー:織部美悠さん、知念カルロスさん、河合華さん、横山浩太朗さん、宮原理沙さん、山内亮汰さん、新井ひかりさん。

1 2

3 4

5 6
【黄団】3-1、2-2、1-1
団長:落合陸也さん、副団長:鈴木悠真さん
種目リーダー:齋藤朝菜さん、山田一晴さん、松浦蒼依さん、鈴木聖陸さん、大石咲永さん、横山伽那さん、松本楓香さん。

1 2

3 4

5 6

【緑団】3-2、2-4、1-3
団長:山内健真さん、副団長:浅井敬祐さん
種目リーダー:田中七海さん、高岡健人さん、馬渕夢奈さん、鈴木淳士さん、山内陽和さん、高岡勇翔さん、小城舞依さん。

1 2

4 3

5 6
【青団】3-4、2-1、1-4
団長:川口大空さん、副団長:栗田優希さん
種目リーダー:田嶋七菜さん、平松太陽さん、鈴木月乃さん、小原健太さん、大川りんさん、鈴木翔留さん、杉山日和さん。

1 2

3 4

5 6

平成30年5月18日(金曜日) 珠玉のクラシックとノリノリのポップミュージック ~ 東京アーティスツ合奏団クラシックコンサート

 5月15日(火曜日)、菊川市民文化会館アエルにおいて、「一般財団法人 静岡県教職員互助組合公益文化事業 学校巡回公演 東京アーティスツ合奏団クラシックコンサート」が開催されました。
 六郷小と河城小の4年生、東中3校の全校生徒、それぞれの保護者・地域の皆さまの総勢500名以上で、素晴らしい演奏を楽しみました。

1 2

3 4

 前半は、オーストリア、ドイツ、フランス、アメリカ、ロシアのクラッシック音楽を10曲演奏していただき、後半は、演奏に合わせて井上かおりさんの美しくて伸びやかな歌声を8曲響かせてくださいました。

5 6

7 8

 最初こそ、聞き慣れないクラッシックという感じでしたが、具体的に楽器の名称と音色を紹介したいただいたり、代表生徒にハープを弾かせていただいてりして、すっかり身近な音楽として、クラシックの魅力に引き込まれ、小学生も東中生も堪能していました。

9 0

 2 
 「ドレミの歌」では、ステージに上がって踊りたい子どもたちを募集したところ、150人以上が希望したために上がり切らず、急遽、教員がかり出される演出もありました。
 最後のアンコールでは、「ダイシングきくのん」(ミルキー★メロディ)を体を揺すりながら歌い、アエルの大ホールが、「We  love  KIKUGAWA」の大合唱となりました。
 奇しくもコンサートのあった5月15日は太平洋戦争で植民地となった沖縄県が日本に復帰して46年目の記念すべき日でした。豊かな日本、平和な日本のありがたさを感じさせていたけた素晴らしい晴天の午後のコンサートとなりました。

3 4

5 6
・東京アーティスツ合奏団( 外部サイトへリンク )
・東京アーティスツ合奏団クラシックコンサート2018(PDF:931KB)
・きくのん応援ソング 「ダンシングきくのん」
・1年生の感想(6名分)(PDF:225KB)

7 8

9 0

平成30年5月18日(金曜日) 5月の雨に負けないサッカー部 ~ 清水第4中との練習試合

 5月13日(日曜日)、東中のグランドは5月の雨が降り始めて湿っていました。そんな中をグランドいっぱいを使って、走り回る姿が見られました。

1 2

3 4
 自然に体が反応してシャッターを切っている自分が、そこにいました。グランドには、雨や風に負けないで縦横無尽に走り回るサッカー選手たちがいました。

5 6

7 8 

  サッカーどころ清水の中学生たちはボールコントロールがよく、ドリブルのうまさ、キック力やパスの正確さなど上手をいっているように見えますが、ゲーム内容については、互角に近い戦い方をしていました。

9 0
  雨にも相手にも負けない精神力で戦う姿から、「躍動」がひしひしと感じられました。

オ ヤ

ユ ヨ

1 2

平成30年5月17日(木曜日) 43の体験プログラムに参加しましょう ~ 「菊川おんぱく」1開催中

 お知らせです。今年も「菊川おんぱく」が開催されています。期間は6月20日(水曜日)までの40日間です。菊川の魅力を伝える43の体験プログラムが準備されています。気に入ったプログラムはあったでしょうか。
 気に入ったプログラムに参加するには、あらかじめ予約が必要となります。下にプログラムのURLを貼りますので、ご家族で、あるいは、友人同士で、菊川を満喫してみるのはいかがでしょうか。
 菊川の良さを再発見し、郷土愛を育むすばらしい企画です。参加できない方でも、どんなプログラムがあるかのぞいてみるだけでも楽しめると思います。ご家庭の団らんにご活用ください。
・きくがわおんぱく( 外部サイトへリンク ) 
・Facebookきくがわおんぱく( 外部サイトへリンク ) 

 

平成30年5月17日(木曜日) 正しい医薬品の知識を学びました ~ 2年生の薬学講座

 5月14日(月曜日)、2年生の薬学講座が開催されました。講師として、学校薬剤師である大木利勝先生(平和堂薬局)をお招きし、「自然治癒力と薬」、「薬の正しい使い方」などの講義を通して正しい医薬品の知識を学びました。
 薬は万能ではなく、人間が本来もっている自然治癒力を助けるもの、また、薬には副作用などのリスクがあることなどを子どもたちは知りました。

1 2

3 4
 さらには、薬の種類や薬を服用する時間、量、服用の仕方などの基礎的な知識も学びました。とても有意義な学習でした。
 代表生徒が行う実験では、学年の仲間が手がけるとあって、自分自身のことのような気持ちになって、真剣に見つめていました。
 正しい医薬品の知識を学ぶことができました。
5 6

7 8

平成30年5月16日(水曜日) 確実に差が縮まっています ~ 女子バレーボール部西部選手権大会 

 5月13日(日曜日)、浜松東部中において、女子バレー部の西部選手権大会が開催されました。東中女子バレーボール部は、少ないメンバーではありますが、スライディングレシーブで地面ぎりぎりのボールに飛び込んだり、ステージの壁際にも突進したりと、粘り強くボールを拾うプレーには、闘志が込められていました。

1 2

3 4

5 6
 1セット目は1点を争うシーソーゲームでジュースとなりましたが、素晴らしい勝利への執念で27対25で取りました。
 2セット目は、相手チームがリズムにのり、一気に加点して7対25で取られました。3セット目は、再び良いリズムでの攻撃も見られましたが、18対25となり、セットカウント1対2で敗れました。しかし、実力の差は縮んでおり、夏の中体連総体が楽しみです。応援をよろしくお願いします。
・女子バレー西部選手権大会( 外部サイトへリンク )

7 8

9 0

1 2

平成30年5月15日(火曜日) 修学旅行の翌日の大会 ~ 静岡県協会長杯争奪バスケットボール大会西部地区予選

  5月12日(土曜日)、静岡県協会長杯争奪バスケットボール大会西部地区予選が男子は浜松清竜中、女子は磐田第1中で開催されました。
 男女とも修学旅行の翌日ということで、ボール感覚の鈍るかなり不利な状況での大会でしたが、集中力を切らさずに懸命に戦い抜き、レベルの高い相手チームに食らいついていきました。
 試合結果は次のとおりです。
 男子 対袋井周南中 負け44対72
 女子 対湖西岡崎中 負け32対71
 以上の結果となりましたが、今大会の反省を生かして、夏の中体連総体に向けてチーム作りに励んでいきます。応援をよろしくお願いします。
・県協会長杯争奪バスケットボール大会西部地区予選(男子)( 外部サイトへリンク ) 
・県協会長杯争奪バスケットボール大会西部地区予選(女子)( 外部サイトへリンク )

平成30年5月15日(火曜日) 東中生の躍動紹介 ~ 静岡新聞朝刊「SBS本社訪問」掲載

 5月10日(木曜日)の静岡新聞朝刊に東中2年生の宿泊体験におけるグループワークのようすが掲載されました。
 これは、2年生のあるグループが、SBS本社を見学に訪れた際に記者さんから取材を受け、その写真を載せていただきました。
 カラー刷りの写真で、とても充実した見学のようすがわかります。とてもよい記念になりました。どうもありがとうございました。
 ぜひ、ご覧下さい。

1

・「静岡新聞5月10日(木曜日)朝刊」より(PDF:42KB)

平成30年5月14日(月曜日) 聴きたい方はアエルへどうぞ ~ 一般財団法人 静岡県教職員互助組合公益文化事業 学校巡回公演 東京アーティスツ合奏団クラシックコンサート

 明日、5月15日(火曜日)の午後、菊川市民文化会館アエルにおいて、「一般財団法人 静岡県教職員互助組合公益文化事業 学校巡回公演 東京アーティスツ合奏団クラシックコンサート」が開催されます。
 六郷小、河城小、東中の3校の保護者の方で聴衆を希望される方は40名近くいます。まだまだ、大勢聴くことができますので、当日でも都合がついたらご来場ください。
 開場時間は13:30、開演時間は、14:00です。小学生の場合、該当学年でなくても保護者の方、子どもさんを含めてご家族の方、ご近所の方もお誘い併せて、クラッシックの美しい響きをご堪能ください。
・東京アーティスツ合奏団 ( 外部サイトへリンク )

平成30年5月14日(月曜日) おかげさまで、無事に終了しました ~ 「72年目の東中物語」修学旅行編

 5月11日(金曜日)、最後の見学地だった薬師寺を後にして、バスは京都駅をめざしました。京都駅に到着して、18時08分発の新幹線こだまに乗車しました。新幹線の中では、最後までおしゃべりに夢中になったり、トランプをしたり、睡眠をとったり、いろいろでした。

1 2

3 4
 20時03分に掛川駅に到着しました。南口の改札口を出ますと、たくさんの保護者の方々、中には妹さんの顔も見られました。ホッとした瞬間でした。
 2泊3日の修学旅行が終わりました。とても中身の濃い3日間でした。
 女子の生徒からは、「まだ帰りたくない」、「もっと泊まりたい」などという声が聞こえてきました。

5 6

7 8
 すばらしい東中の仲間たち、学年部の先生方、国際観光の添乗員さん、カメラマンさん、京都のタクシーの運転手さん、八坂交通バスの運転手さんとバスガイドさん、大津プリンスホテルの皆さん、JRの皆さん、そして、物心両面で支えてくださった保護者の皆さま、これらさまざまな方々のご尽力により、修学旅行を成功裏に終えることができました。
  掛川駅や菊川駅でお迎えの保護者の方と再会した瞬間の子どもたちの笑顔から安堵感が伝わってきました。こうして、「72年目の東中物語」修学旅行編は完結しましたが、1人ひとりの脳裏には素晴らしい共通の思い出として、一生涯残ることでしょう。
 ご協力に心より感謝いたします。どうもありがとうございました。

9 0

1 2

平成30年5月13日(日曜日) 東中生の躍動紹介 ~ 旬感”まちのニュース掲載

 5月10日(木曜日)に1年生が「菊川探訪」を行いました。そのようすを菊川市の秘書広報課の職員さんが取材してくださり、菊川市の公式HP「旬感”まちのニュース」と、公式Facebook「   」に写真と素晴らしい記事で掲載してくださいました。
 1年生の田安聖名さんの立派なコメントも掲載していただいておりますので、ぜひ、ご覧下さい。
・旬感”まちのニュース(5月10日記事) 
・菊川市公式Facebook「いいね!菊川市」(5月1日記事) ( 外部サイトへリンク )
1

「菊川市公式Facebookいいね!菊川市」より

平成30年5月13日(日曜日) 夢のスリーショットが実現!!! ~ 「72年目の東中物語」修学旅行編 

 5月11日(金曜日)、法隆寺を後にした修学旅行団は薬師寺に向かいました。薬師寺は東塔(とうとう)と西塔(さいとう)の2つの三重の塔が有名です。20年前に行われた西塔の再建工事では、完成時に西塔の高さが東塔よりも高かったのですが、それには理由があり、木が重みや木目で縮むことを計算し、500年後には高さがそろうそうです。 

3 4

5 6
 しかし、東塔は10年まえからの解体修復工事中で、大きなシートが被せられて中を見ることはできません。この工事が終わるのは2年後の春です。
 薬師寺では、和尚さんがユニークな説法をしてくださり、今回も楽しくためになるお話を聞かせていただきました。
 今回のキーワードは、「面倒」と「面白い」でした。詳しくは、3年生から聞いてみてください。

 1 2

1 8    

9 7


 説法の後は、3年のある先生があたためてきた夢の「薬師寺の和尚様と東中の日光・月光菩薩」の記念撮影が念願成就されていました。また、坊主頭同士の撮影も行われていました。                                              
 この素晴らしい和尚様のサービス精神で、心が癒されました。さすが、健康成就、病気平癒の薬師寺だと思いました。素晴らしい思い出をどうもありがとうございました。

0 7

1   2

平成30年5月12日(土曜日) 【お知らせ】 演劇好きの東中生に、演劇参加者募集 ~ SPAC劇団俳優の横山央さんから

 東中生がSPAC(静岡県舞台芸術センター)の演劇鑑賞や事前学習会でお世話になっていますSPAC劇団俳優の横山央(ひさし)さんから、演劇参加者募集のお知らせをいただきました。
 横山さんからのメール文を紹介します。
《 メール文 》
 お世話になります。
以前学校に伺った際に、女子生徒で演劇に興味がある子がいると確か仰っていたと思うのですが、その子に是非声をかけて頂きたくご連絡しました。
 毎年SPACが夏に行なっております「シアタースクール」、SPAC俳優陣が講師で夏休みを利用して県内の中高生と共に舞台を作る企画の募集が今年も始まりました。1
 以下SPACのHPからのリンクです、ご覧いただけたらと思います。
 何かご質問ありましたら遠慮なく仰ってください。
 よろしくお願い致します。
・【参加者大募集!】SPACシアタースクール2018『十二夜』( 外部サイトへリンク )

 
 ありがたいことに、1月に来校された際のことを横山さんは気にかけてくれていました。横山さんが気にかけてくれた女子生徒2人(1人は現在高1)にも声をかけますが、新たに入学した1年生も含めて東中生全員にもお知らせをしたいと思います。
 卒業生でも高校2年生まで応募可能ですので、興味関心のある人は、ぜひ、チャンスを生かしてみてください。
 詳しくはリンク先をご覧下さい。もし、質問がある場合には、山田が横山さんにお聞きしますので、遠慮せずに声をかけてください。

平成30年5月12日(土曜日)  ランランランチからの法隆寺!! ~ 「72年目の東中物語」修学旅行編

 5月11日(金曜日)、修学旅行団の続きです。奈良公園を後にして、次なる見学地である法隆寺に正午ごろ到着しました。
 お昼は、法隆寺の南大門前の松本屋で食べました。そして、いよいよ世界遺産であり世界最古の木造建築物である法隆寺に、その一歩を踏み入れました。

1 2

3 5

2 1
 1300年以上前のクレーンのない時代、五重塔のような高い建造物を造り上げる知恵と技術。日陰の部分の木材は山の日陰で育った檜を、日向の部分は日向で育った檜を使い、木の特徴やくせをうまく組み合わせ、釘を1本も使わない。
 その理由は釘を使うと100年で鉄は錆び、そこから木が腐食を始める。建物を千年以上もたせるための知恵が、いろいろな箇所に駆使されています。

6 7

8 9
 百済観音、救世(ぐぜ)観音、玉虫厨子など、一級品の美術価値を誇るものばかりです。この救世観音は、明治時代にフェノロサが明治政府の許可をとり岡倉天心と、その封印を解くまでは、秘仏とされていました。
 まさに、この秘仏が日の目を見る時に、法隆寺の僧たちは全員が畏れをなして逃げた記録が残っています。
・救世観音菩薩 ( 外部サイトへリンク ) 
 また、法隆寺には言い伝えられている七不思議や哲学者・歴史学者である梅原猛さんの著作「隠された十字架」で書き記されるなど、たくさんの歴史神秘・ロマンの宝庫です。
 もし、興味のある人は、ぜひ、一読してみてください。
 世界最古の木造建築物だけに、すごい歴史や言い伝えが残されています。

0 1

2 3
・法隆寺の七不思議( 外部サイトへリンク )
・「隠された十字架」梅原猛( 外部サイトへリンク )
 歴史をはじめ勉強に、まだあまり興味が湧かない人は、壮大なストーリー性のある話から入ってみるのもいいかもしれません。知的好奇心の扉が一気に開かれる可能性があります。

4 1

5 6

7v8

平成30年5月11日(金曜日)  【昼の続き】 奈良公園で鹿から熱烈な歓迎を受けました ~ 「72年目の東中物語」修学旅行編

  清水焼きの絵付けの後はバスに乗り、奈良公園に行きました。奈良公園では、たくさんの鹿から歓迎を受け、優しく服を噛まれる熱烈な歓迎を受けた生徒もいました。

1 2

3 45     6

7 1

 大仏殿や大仏の大きさに圧倒されるとともに、奈良時代の優れた建築技術や現代に残るすごさに驚嘆しました。

2 3

4    5

6 7 

平成30年5月11日(金曜日) 新幹線に予定どおり乗車しました ~ 「72年目の東中物語」修学旅行編

 修学旅行団、予定どおり新幹線に乗車しました。全員、元気です。サンドウィッチとオレンジジュースが分けられました。
1 1

5 4

3

平成30年5月11日(金曜日)2年生宿泊研修海洋活動

  2年生は昨日、焼津青少年の家で活動をしました。

海洋活動ではグループごとカッターに乗りました。

30051000000019 30051000000017

30051000000020 30051000000011

30051000000012 30051000000013

30051000000014 30051000000015

30051000000009 30051000000010

30051000000006 30051000000007

30051000000008 300510000000002

300510000000003 300510000000004

300510000000005 300510000000001

 

平成30年5月11日(金曜日)芸術は爆発だ!!~「72年目の東中物語」修学旅行編

   朝食後はびわ湖大津プリンスホテルを後にして、清水焼の絵付けに出かけました。下絵を見ながら、一心不乱に描いていました。
味わいのある作品で、個性が出ています。焼き上がった湯飲みは後日、学校に届きます。楽しみなお土産が1つできました。

1 1

2 5

6 3

平成30年5月11日(金曜日)朝食をおいしくたべました~「72年目の東中物語」修学旅行編

 朝食です。元気よく食べました。今日のエネルギー源をいっぱい吸収しました。

1 2

1 2

3 9

平成30年5月11日(金曜日) 往きの倍くらいの荷物です~「72年目の東中物
語」修学旅行編

 食事のために2階へ降りてきました。食べ終わったら、すぐ出発できるように荷物持参で集まりました。往きのときよりも荷物が増え、中には紙袋を持っての生徒もいました。
 きっと、自分や家族へのお土産がいっぱい詰まっていることでしょう。

1 2

3 4

平成30年5月11日(金曜日)「おはようございます。いよいよ最終日の朝です」~「72年目の東中物語」

 「おはようございます」 気持ちの良い快晴です。気温は8℃なので、窓ガラスがすっかり水滴でおおわれてしまいました。
  本日の最高気温は26℃の予定で、この3日間では1番暑い日となります。降水確率も0%と完璧な快晴が予想されます。
 さあ、起床の時間となりました。荷物整理をして朝食を食べ、クラスごとのバスで奈良に出発です。
どんな奈良が待ち受けているか、とても楽しみです。

1 2

平成30年5月11日(金曜日)びわ湖大津ホテルでの最後の晩餐~「72年目の東中物語」修学旅行編

 5月10日(木曜日)の修学旅行団の活動は、終日の班別研修でした。どの班も10時間に及ぶ京都市内での見学地の学習を行い、見事に全員がやり遂げました。

1 2

3 4
 親元を離れて100人以上の生徒が見知らぬ土地を旅すれば、体の調子をくずしてしまうことは珍しいことではないのですが、心身ともに健康です。

5 6

7 8
 優しく思いやりあふれる東中生の良さ、人間関係の良さが如実に表れていると思います。
 班別研修から帰着したばかりの時には、疲労の色を覗かせていた表情も見られましたが、夕食となって食事場所に入ってくると、もう疲れは消し飛び、食欲旺盛な頼もしい姿が見られました。
 さっそく、みんなで「いただきます」をして、食べ始めました。びわ湖ホテルでの活気あふれる最後の晩餐が始まりました。

9 0

1 2

平成30年5月10日(木曜日)みんな頑張って、見事に完結~「72年目の東中物語」修学旅行編

 17時30分過ぎから、続々とグループワークから帰着してきました。到着したことの安堵感から、「楽しかった。でも、メチャ疲れた」と正直な感想をもらしながらも、とても充実した疲労感に包まれていました。

1 2

3 4

5 5
 全員が見事に完結のゴールを成し遂げました。さすが、東中3年生!

1 2

3 4

6 7

8 9

平成30年5月10日(木曜日)午後も各グループ元気に活動~「72年目の東中物語」

 午後の班別研修も順調に行われました。朝のホテルでのエレベーターが混み合い、スタートに遅れが生じましたが、めげずに頑張って活動しました。

1 2

3 5
 男女仲良く協力して、硬い石畳や坂道、階段を励まし合って歩き回りました。自分達で計画したコースを自力で完遂しようと挑んだことは、生涯の思い出として記憶されることでしょう。
4 7 

8

平成30年5月10日(木曜日)発見!菊川の魅力作ろう!仲間との絆(1年菊川探訪)

   晴天の中、菊川探訪が行われました。菊川総合病院や常葉美術館、給食センターなど菊川市内にある施設や企業などを班ごとに訪問しました。今まで知らなかった地域の良さを理解できました。また、徒歩移動中にはゴミ拾いを行い、菊川の道をきれいにすることができました。

か あ

い う

え お

平成30年5月10日(木曜日)各グループ元気に活動しています~「72年目の東中物語」

   修学旅行団は、朝食後に本日の終日にわたる京都市内グループワークのためのに、元気よく出発しました。
ホテルから膳所駅(ぜぜえき)まで、徒歩20分。そこから電車で京都市内をめざし、各グループのコースに入りました。

1 2

3 5

   全員、元気に午前の部を終えました。ご安心ください。引率職員が撮影した画像をアトランダムにアップします。撮影場所やようすなど、帰着した子どもさんに聞いていただき、家族団らんにご活用ください。

6 7

9 0

1  2

3 

平成30年5月10日(木曜日)  【お知らせです】 東中生の活躍紹介「菊川ジュニアビレッジ」が今夜、浜松ケーブルテレビに登場~Facebookでネット配信されます

 【お知らせです】 今夜、19時30分より、浜松ケーブルテレビで「菊川ジュニアビレッジ」が登場します。
もし、興味のある方は、Facebook浜松ケーブルテレビのネット配信動画でご覧ください。

3 4 

・Facebookはままつtv( 外部サイトへリンク )

・菊川ジュニアビレッジ( 外部サイトへリンク )
・菊川ジュニアビレッジFacebook( 外部サイトへリンク )
・株式会社エムスクエアラボFacebook( 外部サイトへリンク )

平成30年5月10日(木曜日)各グループ元気に出発しました~「72年目の東中物語」

   修学旅行団は、朝食後に本日の終日にわたる京都市内グループワークのために、元気よく出発しました。

1 2

3 4

4 5
 ホテルから膳所駅(ぜぜえき)まで、徒歩20分。そこから電車で京都市内をめざし、各グループのコースに入ります。
全員、元気に朝食を食べました。ご安心ください。

9 0

1 2

2 3

平成30年5月10日(木曜日)「いただきます」~「72年目の東中物語」修学旅行編

 修学旅行団は、7時から朝食となりました。大きな円卓に座り、大皿からおかずを取りながら、あるいはお茶やご飯を手分けしてよそいながら、配膳しました。

1 2

3 5

6 7

8 0
 どの円卓も協力して、素早く食事に入り、元気もりもりで食べていました。食べ終わって準備が整ったグループから、グループ研修の出発準備となりましました。

平成30年5月10日(木曜日)第2学年宿泊研修第1日目の活動

 5月9日(水曜日)、天気が心配されましたが、2年生が一泊二日の宿泊研修に出発しました。

 30050900000018

 

 

 

 

 

 

 

 

 菊川駅を出発後の2年生の班別研修(企業・施設見学)の様子です。

国立印刷局

3005090000000330050900000004

 

 

 

 

 

 

 

かしはる

30050900000005

30050900000006

 

 

 

 

 

 

 

グランシップ

30050900000001

30050900000002

 

 

 

 

 

 

 

移動途中の様子です

3005090000000730050900000008

 

 

 

 

 

 

 

静岡放送局

3005090000000930050900000010

 

 

 

 

 

 

 

シーラック

30050900000011

 

 

 

 

 

 

 

静岡銀行

3005090000001230050900000013

 

 

 

 

 

 

 

柳屋本店

30050900000016

30050900000017

 

 

 

 

 

 

 

やまだいち

3005090000001430050900000015

 

 

 

 

 

 

 

焼津青少年の家への入所の様子 

3005090000002330050900000024

 

 

 

 

 

 

 

夕べの集い 

30050900000020

 

 

 

 

 

 

 

 

  

夕食後の活動の様子

30050900000021

平成30年5月10日(木曜日)ただいまの天気は曇りから晴れなり~「72年目の東中物語」修学旅行編

 5月10日(木曜日)、修学旅行2日目の朝です。ホテルの窓から見える琵琶湖の雄大さに感動します。
 現在の大津市の天気は雲から晴れ間がのぞき始めました。気温は10℃です。修学旅行団がグループ研修を行う京都市内の予想最高気温は20℃です。
 昨日はグループごとのタクシー研修で運転手さんがガイドを務めてくださいました。本日は、グループの見学コースをバスや電車の公共交通機関を利用し、自分達の足で歩いて見学地を周ります。
 未知なる場所を仲間と協力して、自力で見学する楽しみがあります。どんなドラマが待ち受けているのか、子どもたちは期待と不安で胸がむくらんでいることでしょう。
 さあ、午前6時起床の時間です。

1 2

平成30年5月9日(水曜日)満喫した班別タクシー研修、無事ゴール~「72年目の東中物語」

 夜の帳がおり始めた頃から、修学旅行団の3年生たちが充実したタクシー研修を無事終えて滋賀県大津市の「大津プリンスホテル」に到着しました。 

1 5

2 4

3 1
 1日目の研修を終え、無事ゴールインすると、安堵の表情を浮かべていました。

2 3

4 5

6 7

平成30年5月9日(水曜日)班別タクシー研修の続き~「72年目の東中物語」修学旅行編

 タクシー研修のつづきの画像を貼ります。午後から晴れ渡り、清々しい京都の自然や史跡や建造物、味覚などを満喫しました。

【太秦(うずまさ)映画村】

1 2

3 4

5 6

7 8

【龍安寺】

1 2

3 4

5 6

7

平成30年5月9日(水曜日)班別タクシー研修~「72年目の東中物語」修学旅行編

 1日目のメインイベントとなるタクシー研修となりました。グループごとに男女仲良くタクシーに乗り込んで、お目当ての見学地を回るために、自分たちの計画に従って出発しました。
ほとんどの3年生が京都は初めてです。期待に胸を膨らませて、元気よく出発して行きました。
【タクシー乗車】

1 2

4 7

【北野天満宮】

1 3

4 1

平成30年5月9日(水曜日)1年生スポーツ大会&薬学講座

 本日、1年生はスポーツ大会(ドッジボールと長縄)と、薬学講座を行いました。

 スポーツ大会では、ドッジボールを男女別に分かれて対戦しました。どのクラスも真剣に戦いました。結果は男子4組、女子1組が優勝しました。結果発表の際にはどのクラスにも健闘をたたえて拍手が送られました。クラスの絆と共に、学年の絆も深まりました。

sp

 長縄は初めてみんなで飛んでみました。1回飛ぶのも一苦労です。1回飛んだら、拍手がわき起こっていました。

 午後は薬学講座です。菊川警察署の中村匡秀さんと、学校薬剤師の大木利勝先生が薬物やたばこの話をしてくださいました。中村さんは薬物乱用をしてしまった人の部屋の様子の写真を交えながら話をしてくださり、薬物依存の恐ろしさや、通常の生活が営めない様子がよくわかりました。また、最近では10代の若者が薬物乱用に手を染めているという怖い現実も教えてくれました。大木先生はたばこによるニコチン依存症についてや、たばこがもたらすCOPDなど病気の恐ろしさを、図や写真を使って教えてくださいました。今回の講演で薬物の恐ろしさがよくわかりました。

ot

 今日は普段勉強しないことを知ったり、スポーツ大会を通して仲間とのコミュニケーションを深めることができました。また、薬学講座にはお忙しい中保護者の方々も参加してくださりありがとうございました。家庭でも薬物について話していただければと思います。

 明日は菊川探訪です。今日の活動を活かし、成功させたいです。

平成30年5月9日(水曜日)腹が空いては戦ができず!~「72年目の東中物語」

 京都駅に到着し、そのまま昼食会場の京都和み館(なごみかん)に歩いて向かいました。和み館のおいしい京料理で舌鼓を打ちました。

2 3

4 5
 はやる気持ちを抑えつつ、しっかり噛んで味わって食べました。みんな元気で食欲がありました。

6 7

8 9

平成30年5月9日(水曜日)楽しい新幹線~「72年目の東中物語」修学旅行編

 掛川駅に到着ました。卒業アルバム用の写真撮影のために、コジマカメラ(掛川市連雀)のカメラマンさんと合流しました。愛称コージーさんは、腕が良いだけでなくユーモアにあふれ、昨年も人気者でした。目印となるように、昨年はミッキーのTシャツを、今年はミニオンのTシャツで登場しました。

その後、新幹線ホームに移動しました。新幹線の停車時間は5分。通勤のサラリーマンさんが新幹線から降りることを待ち、少し緊張しながらもスムーズに乗車しました。
ほどなく、「リリーン!、リリーン!」と、ベルが鳴り響き新幹線が京都駅に向かって動き始めました。
新幹線の中では、楽しくおしゃべりしたり、トランプをしたり、浜松からはもぐもぐタイムとなり、一気に活気づきました。13号車は貸し切りなので、とてもラッキーでした。  

2 1 

1 4

平成30年5月9日(水曜日)バス出発!~「72年目の東中物語」修学旅行編

  バスに乗車しました。点呼をして、いよいよ東中を後にしました。「出発、進行~!」
私は、各クラスの1、2班の分担である1号車に同乗しました。
ほどなく掛川駅に到着し、効率よくバスを降りました。

1 

平成30年5月9日(水曜日)待ちに待った修学旅行~「72年目の東中物語」修学旅行編

 3年生は待ちに待った修学旅行です。元気よく出発式を行いました。健康状態もよく、とても協力的な態度でした。

 国際観光の添乗員さんが3人、添乗してくださいます。

1 2

3 4

平成30年5月9日(水曜日)「修学旅行」、「宿泊研修」の出発の朝 ~72年目の「東中物語」

  5月9日(水曜日)、いよいよ修学旅行、宿泊研修の出発の朝です。昨夜は早めに布団に入り、熟睡できたでしょうか。中には、興奮して目が早く覚めてしまった人もいたことでしょう。かく言う私も、いつもより早く目が覚めました。
 泊を伴う行事は、とっても魅力的です。いくつになっても昨日のことのように、同級生とその時の思い出話に花を咲かせることが可能です。

2 4

  1年生は、明日、菊川探訪に出かけます。特に、新たな仲間が増えた1年生にとっては絆を深めるには絶好のチャンスです。見慣れたはずの菊川の街並みも新しい仲間と行けば新鮮に感じることでしょう。
 どの学年にも共通することは、みんなで協力して、たくさんの感動を共有することが大切だと思います。感動の回数が多い程、また、感動を味わった仲間の人数が多い程、思い出の数が増え、脳裏に深く刻まれていくものです。

5 3 
 さあ、2、3年生の出発の朝です!素晴らしい思い出づくりのために、元気に出かけましょう。東中生の歩んだ後ろには、「物語」が刻まれていきます。「72年目の東中物語」が。
 仲間と「共に創る」をめざし、心も体も「躍動」させましょう!

6 1

 平成30年5月9日(水曜日) いよいよ明日、出発です ~ 修学旅行事前学年集会

 5月8日(火曜日)の3時間目、体育館において最終の修学旅行事前学年集会が行われました。
最初は、修学旅行担当の大原先生から、しおりの日程表にそったスライドを使っての説明がありました。

1 2

3 4
 スライドには、写真が使われており、とてもイメージをもちやすく自分の行動のシミュレーションに役立ちました。

5 6

7 8
 続いて、実行委員から係ごとの目標や注意事項、活動内容の説明がありました。具体的で、とてもわかりやすいものでした。

9 0

1 2
 マナー的なものや「~をしない」といったルール的なことだけでなく、楽しい企画が盛り込まれ、とてもハッピー気分になりました。素晴らしい創意工夫が見られました。
 「新たな歴史 みんなで創る 黄金の時」のスローガンに向かって、3年生全体の気持ちが大いに高まりました。

3 5

6  8

9 0

平成30年5月8日(火曜日)「ホームステイ受け入れ家庭」募集のお願いです~菊川市国際交流協会主催

 菊川市国際交流協会からの「ホームステイ受け入れ家庭」募集案内のプリントを学校で配付しました。グローバル化や英語教育の重要性が叫ばれている昨今です。素晴らしい体験の機会であるので、積極的な受け入れをお願いしたいと思います。

1 2
 概略は次のとおりです。
1期日 平成30年7月5日(木曜日)夕方~9日(月曜日)の朝まで
2日程 7月5日(木曜日)夕方受け入れ家庭との対面式
     6日(金曜日)終日、東中で授業
     7、8日(土、日)ホームステイ家族とフリータイム
     9日(月曜日)朝、東京に向けて出発
3参加者 ハワイ(オアフ島)の6~7年生女子10人、7年生男子1人、8年生女子5人、10年生男子1人、引率者4人中。合計21人。
4申込み 受け入れ可能なご家庭は、生徒を通じて学級担任に申し出てください。

3 4
5その他
・中体連の大会開催時期と重なる部活は、そのことを考慮してご判断ください。
・申し出の締切日は、5月21日(月曜日)までとさせていただきます。
・今回受け入れをしていただいたお宅は、来年3月のハワイ派遣につながります。
・詳細は次のプリントをご参照ください 
・「受け入れ家庭確保と学校訪問のお願い」(PDF:62KB)
・Niu Valley Middle School( 外部サイトへリンク )
・Facebook Niu Valley Middle School( 外部サイトへリンク )

5 6

平成30年5月8日(火曜日)大会で大きな勝利~第22回クラブ交流中野球福田大会

 5月4日(金曜日)、福田球場において第22回クラブ交流中学野球福田大会が開催されました。東中野球部は、静岡県野球連盟菊川支部の代表として出場し、1回戦は村松監督の母校である浜松麁玉(あらたま)中と対戦しました。

1 2

3 4
 序盤に1点を先制されて追いかける展開となりましたが、すぐに追いついたものの、再び引き離されました。選手たちは、辛抱強く攻め続けて再び追いつい後に、逆風をものともせずに外野の頭を越える3塁打と2塁打の連続長打もあり、猛打で突き放して5対2で勝利しました。

5 6

7 8
 続いて、すぐに2回戦となり、対戦相手は地元の福田ベースボールクラブ(福田中)でした。前の試合の良い流れを続けて、初回にエンドランも決まり3点を先制しましたが、地力に勝る相手に逆転され、3対6で敗れました。

8 9

0 9
 しかし、公式戦で先制されるも2度追いつき、最後は打ち勝ったことは、これからの試合に生きてくると思います。

1 0 

7 6

・第22回クラブ交流中野球福田大会1回戦対浜松麁玉中( 外部サイトへリンク )

8 9 

0 1 

平成30年5月8日(火曜日)同率3位、第4シード権を獲得しました~小笠地区女子ソフトテニスシード戦大会

 5月5日(土曜日)、掛川西中で小笠地区女子ソフトテニスシード戦大会が開催されました。この大会は、夏の中体連のシードを決める大会で、予選リーグ、決勝トーナメントが団体戦で行われました。試合結果は、次のとおりです。
《予選リーグ》
対城東中勝ち3対0
対浜岡中負け1対2
1勝1敗で予選リーグ第2位で決勝トーナメントに進出しました。決勝トーナメントの結果は次のとおりです。
《決勝トーナメント》
1回戦  対原野谷中 勝ち2対0
準決勝 対掛川西中 負け1対2
3位決定戦 対掛川東中 負け1対2
 以上の結果により、同率3位として第4シード権を獲得しました。夏の中体連総体において、県大会出場を狙います。応援をよろしくお願いします。

平成30年5月7日(月曜日)よりよい芽を伸ばしていきます~よりよい生き方のために

 ゴールデンウィーク前に、「菊東中ニュース」において交通事故撲滅を訴える記事を掲載しました。今朝、強めの雨が降る中にもかかわらず東中生が笑顔で元気よく登校する姿を見るにつけ、1人ひとりの自覚の高さと多くの方々のご尽力により安全安心が保たれていることに感謝せずにはいられませんでした。本当にありがとうございます。
 人生において、中学生時期は思春期真っ直中であり、感受性が豊かなあまり自立や自己の確立のために心と体のバランスを保つことが難しい状況になることもあります。ですから、少しのことで腹を立て反抗したくなったり、心が暴走したり、傷ついたり、落ち込んだり…。
 子どもたちは急激に体が大きくなるわりに、心は少しずつ成長していきますので、より良い経験と自信を積み重ねる必要があると思います。
 今後も、子どもたちも私たち大人も人間としてよりよい生き方を貫けるように、よいことを認め奨励し、命や人権にかかわることについては毅然とした態度で教え諭すことが肝要であると思います。
 植物でたとえるならば、よい芽をみんなで大切に育て、よくない芽はみんなで早めに摘んであげることが大切であると考えます。大事に到る前の早期発見、早期治療、早期支援、早期指導に努めて参ります。

・「中日新聞5月6日(日曜日)朝刊」より(PDF:304KB)

 平成30年5月7日(月曜日)さあ、学校生活が再スタート!~「72年目の東中物語」

 5月7日(月曜日)の朝です。ゴールデンウィークが終わりました。今日から「72年目の東中物語」の再スタートです。
 もちろんこのGW(ゴールデンウィーク)も、「部活動やクラブ活動で多忙だった東中生もたくさんいたと思います。しかし、全員に共通するのは、学校生活のリズムに戻すことです。
 今週は、修学旅行、宿泊体験、菊川探訪などがあり、充実した活気溢れる1週間になります。ですから、生活リズムと体調を早めに整えて、万全の準備で臨みたいものです。
 「72年目東中物語」を「共に創り」、自分を、仲間を、学校を、「躍動」させていきましょう。そして、笑顔あふれる素敵な時間を共に過ごそうではありませんか。
 そのためには、次の行動をイメージして、自ら行動していくことが大切です。行動を起こすためには、心の準備が先決です。後手に回らず、自ら前向きな心で挑みましょう。
 また、行動をイメージする際には、ゴールデンウィーク前までの学校生活や過去の経験を思い出して、つなげていきましょう。

2 1

平成30年5月7日(月曜日)若い力で戦い抜きました~小笠地区男子バスケットボールスプリングカップの結果

 5月3、4日(水、木曜日)の2日間にわたり、小笠地区男子バスケットボールスプリングカップが大浜中体育館で開催されました。

1 2

3 4
 東中は、3年生2人と朝や昼休みの自主トレに意欲的に励む2年生の力を結集して、1回戦の城東中と対戦しました。城東中は鍛え抜かれたチームで、よく走り回り、鋭い動きでゴール下近くに勢いよく切り込んでくるチームでした。

5 6

7 8
 東中も次第に相手の動きに慣れて、守備が機能したり、リズムよく連続得点する場面も見られました。最終的に、39対61で敗れはしましたが、随所に光るプレーが見られ、さらなるチームの成長が期待できる試合でした。

9 0

6 7
 夏の中体連の大会に向けて、とても良い経験を積むことができました。次の県会長杯争奪バスケットボール大会西部地区予選につなげてと思います。応援ありがとうございました。

8 9

0 0
・小笠地区男子バスケットボールスプリングカップ( 外部サイトへリンク )

平成30年5月6日(日曜日)強豪チームに食らい付きました~小笠地区女子バスケットボールスプリングカップ大会の結果

 5月3、4日(木、金曜日)の2日間にわたり、小笠地区女子バスケットボールスプリングカップが浜岡中体育館で開催されました。

1 2

3 4
 1回戦、大浜中と対戦しました。大浜中は、小学校からミニバスで鍛えられた選手が多く技術的に優れ、さらには、身長や体つきでも東中生よりも一回りも二回りも大きな選手たちでした。

5 6

7 8
 しかし、そんな技術と体格に優れる選手達に体を張って挑み、43対64で負けはしましたが、粘り強く最後まで戦い抜きました。

9 0

1 2 
 この試合の経験と反省を活かして、次の県会長杯争奪バスケットボール大会西部地区予選につなげてと思います。応援をよろしくお願いします。

3 4

5 1

・小笠地区女子バスケットボールスプリングカップ( 外部サイトへリンク )

平成30年5月6日(日曜日)あなたはどのタイプ?~明日から授業が再開

 ゴールデンウィークの最終日となりました。いよいよ明日から授業が再開します。少し憂うつな気分になっている東中生もいるかもしれません。先生方も大なり小なり同じです。ご家族でも、仕事や学校生活の再開に悲しんでいる方がいるかもしれません。
 あなたは次のどのタイプでしょうか?東中生にも、いろいろなタイプの人がいると思います。
Aタイプ学校の再開を今は遅しと待ちかねていた(やる気満々タイプ)
Bタイプ始まるからには、気持ちを入れ替えて頑張るとするか(がんばり屋タイプ)
Cタイプ始まるから、まあ、少しずつやる気を出すとするか(現実受け入れタイプ)
Dタイプ休むと親や先生から怒られるから、行くとするか(怒られ回避タイプ)
Eタイプ明日から学校が始まるなんて信じられない、明日の気分だ(現実逃避タイプ)
Fタイプ行きたい気持ちはあるけど、体がいうことを利かない(心身分離タイプ)
Gタイプ心も体も今の状態では無理…(心身疲労状態タイプ)
 私は、「Aタイプだ」と叫びたいところですが、本当はBとCの中間くらいのタイプです。でも、明日になれば、現実を受け入れて「Bタイプ」の特徴が強く出て、元の学校生活のリズムに早く戻そうと努力していくと思います。そのために、今夜は早く寝ます。
 東中では、ゴールデンウィーク明けを少しでも魅力的なものにするために、学年行事を組んであります。修学旅行、宿泊体験、菊川探訪など…。
 仲間との触れ合う中で、安心して生活できる居場所づくりを広げ、普段の授業の中だけでは発見できない新たな自分、新たな仲間、新たな先生の人柄などを見つけるための時間です。学校外で学ぶことにより、見聞を広げることもそうです。心と頭の成長のためです。
 明日から、「72年目の東中物語」を「共に創って」いきましょう。もし、不安なことや心配なことがありましたら、夜でしたら、担任の先生の連絡先へ、それ以外でしたら、学校へご連絡ください。一緒に解決したり、不安感に立ち向かう方法を考えていきましょう。

平成30年5月5日(土曜日)【速報】 接戦で予選リーグ敗退~小笠地区男子ソフトテニスシード戦大会

 5月5日(土曜日)、浜岡中で小笠地区男子ソフトテニスシード戦大会が開催されました。この大会は、夏の中体連のシードを決める大会で、予選リーグ、決勝トーナメントが団体戦で行われました。試合結果は、次のとおりです。
《予選リーグ》
対岳洋中勝ち2対1
対掛川北中負け0対3
 3チームが1勝1敗で並んだのですが、掛川北中戦の0対3での敗戦が響き、予選リーグ3位敗退となりました。この結果により、シード権を獲得することはできませんでしたが、夏の大会に向けて実力を磨いていきます。応援をよろしくお願いします。

平成30年5月5日(土曜日)教えることは学ぶこと~3年1組理科の事後研修会

 5月2日(火曜日)の放課後、3年1組理科研究授業の事後研修会を開催しました。
授業者の大原先生の授業の振り返りについての話の後、2つのグループに分かれて、付箋を使ってのBS法(ブレインストーミング)を用いて、良かった点、改善すべき点を出し合いました。

1 2

3 4
 たくさん書かれた付箋をKJ法を用いて分類し、その内容について話し合いました。グループワークの後には、2つのグループで出された意見をそれぞれの代表が発表し、共有化しました。
 今後のよりよい授業づくりに活かしていきたいと思います。

5 6

7 8

平成30年5月4日(金曜日)大会・コンクール結果や写真をお送りください~「72年目の東中物語」を「共に創り」、「躍動」させるために

 ゴールデンウィークも後半となりました。部活動をはじめクラブチームの大会等がたけなわではないかと思います。
 学校の内外で頑張っている東中生の活躍を賞揚するとともに、その頑張りを東中全体や保護者・地域の皆さま、社会にも広く知っていだきたいと思います。そして、その一生懸命取り組むよい流れや雰囲気を高め、       さらに勢いを増して東中生全員が切磋琢磨できるようにつなげていきたいと考えます。
 そこで、部活動やクラブ活動(ボランティア活動を含む)の結果、活動中の画像があればそれらも含めて、東中のメールアドレスに送ってくださればと思います。PCからでもスマホからでもいいですし、保護者の方でも東中生自身が送ってくれても結構です。
 後日、編集をして「菊東中ニュース」に掲載したいと思います。また、校内放送「東中生の躍動紹介コーナー」で紹介していきたいと考えています。
《記載していただきたい内容》*可能な範囲で結構です。
1 開催日
2 場所
3 大会名・コンクール名・イベント名・ボランティア名
4 チーム名例:○○部、島田ボーイズ、菊川ボーイズ、5START、菊川ジュニアビレッジなど
5 出場した選手・サブメンバー、ボランティア参加者など例:○○1番ショート、ゴールキーパー、サブメンバー○○など
6 試合(対戦)結果、ボランティア結果例:対戦相手○○勝ち○対○、○○ボランティア、○○販売など
7 試合、ボランティアのようす(可能ならば)例j○○の活躍で勝利した、ボランティアの具体的内容など
8 順位(もしあれば)
9 翌日の試合予定や上位大会について(もしあれば)
10 画像(もしあれば)11 リンクサイト(もしあれば)チームHP、大会HPなど
【メールアドレス】
kiku-higashi@kzc.biglove.ne.jp
ご協力の程、宜しくお願いします。

平成30年5月4日(金曜日)島田ボーイズ、菊川ボーイズの結果~「読売杯第33回日本少年野球中日本大会」

 5月3日(木曜日)に福井県で開幕した「読売杯第33回日本少年野球中日本大会」の結果です。
島田ボーイズ所属の3年生落合陸也さん、菊川ボーイズ所属の3年生年生鈴木悠真さん、2年生落合光洋さん、赤堀雄琉さん、山野了架さん、長田春希さんが参加しました。
 島田ボーイズの初戦は西尾ボーイズと戦い、4対5の僅差で残念ながら敗れました。また、菊川ボーイズの初戦は愛知木曽川ボーイズと対戦し、25対0で圧勝しました。2回戦は四日市ボーイズと対戦し、2対3で惜しくも敗れました。しかし、とても貴重な体験ができたと思います。さらなる成長を遂げて、次の大会での健闘を祈念します。
・読売杯第33回日本少年野球中日本大会トーナメント表( 外部サイトへリンク )
・読売杯第33回日本少年野球中日本大会要項( 外部サイトへリンク )

平成30年5月4日(金曜日)第1回校内研究授業~3年1組理科「水溶液とイオン」

 5月2日(水曜日)、本年度最初の校内研究授業が3年1組理科「水溶液とイオン」の単元で行われました。

1 2

3 4
 水や岩塩だけでは電気は流れませんが、水に岩塩を溶かすと流れるようになります。この変化の理由はなぜなのか、仮説を立てて実験で確認していました。

5 6

7 8
 主体性を育むことに力を入れている大原先生の意図どおり、生徒たちは意欲的に実験に取り組み、難しい内容にもかかわらず自分の考えを導き出そうとしていました。

9 0

6 7

 この授業には、全員の先生方が参観し、本時の目標がどの程度達成できたか、生徒の現れはどうだったのか、大原先生の働きかけは生徒の思考の流れと合致し、ふさわしい授業展開であったかどうかを観察しました。

8 9

0 1

 3年1組の生徒たちは、大勢の先生方が参観する中、難しい学習内容を適切な実験と、ipadを用いて実験を動画で撮り、その動画を再生しながら根拠をもって導いた結論を班員に説明しながら、理解を深めていました。主体的で相互の対話があり、とても素晴らしい授業でした。

平成30年5月3日(木曜日)手作りハンバーグを研究しよう~2年4組家庭科「調理実習」

 5月2日(火曜日)、1時間目から職員室にプンプンといい匂いが漂ってきました。この匂いのもとはとたどってみますと2階の調理室でした。
 調理室では、2年4組の家庭科で調理実習を行っていました。私よりも鼻が利く水越先生がお腹をすかせて、すでにそこにいました。いや、多分、学級担任としてクラスの生徒の生き生きと調理している姿をカメラに収めていました。

1 2

3 4
 齋藤梢先生の家庭科の授業で早くも調理実習が行われ、「手作りハンバーグを研究しよう」という内容でした。        
 「研究」と銘々するだけあって、Aのハンバーグは3回こねただけ、Bのハンバーグは3回こねて、さらに20回こねて、比較実験のように他の条件は変えずに、味や舌触り、香りなどのでき映えを比べるという内容でした。
5 6

7 8

 生徒たちは、ただ作るということでなく、そのでき映えを予想しながら、わくわくして取り組んでいました。
ハンバーグは、適度にこねませんと、型崩れがしますし、こねすぎても肉汁が流れ出て、ぱさぱさになってしまい栄養やおいしさも逃げてしまいます。
 そんなことを日常生活の中でも考えて調理できるよい内容の調理実習でした。

9 0

1 2

平成30年5月2日(水曜日)さあ、本入部だ!!~1年生の部活動入部

 5月1日(火曜日)、部活動の本入部の日となりました。多くの1年生のとって、また、2、3年生にとっても新たなスタートラインです。
 部活見学や体験入部を経て熟考した後、1年生たちは自分の希望する部活に入部しました。本入部初日ということで、各部ともミーティングからスタートし、自己紹介をしたり、目標を述べたりして、雰囲気作りに努めていました。
 少し緊張気味な1年生とは対照的だったのは、初めて後輩をもつことになった2年生が、とても嬉しそうで、ニコニコしながらミーティングを行い、さっそく練習に入っていました。3年生は先輩としての貫禄を感じさせる   ふだんの姿に近いものでしたが、やはり、新入部員の加入は、とても嬉しいことのようでした。
 さあ、本入部となり、1年生にとって中学生ならではの新たな1歩です。楽しいこと、時にはつらいこともあるかもしれませんが、決断したことですので、3年生の夏まで自分の目標に向かってチャレンジしてみてください。
 もし、実際に活動してみて、どうも自分のイメージした部活動と違うようでしたら、また、めざす目標が変わったようでしたら、顧問の先生や担任の先生、あるいは、話しやすい先生、私でも結構ですので、早めに相談してみてください。
 よりよい中学校生活のために、休部や転部、退部も含めて一緒に考えていきたいと思います。また、
クラブに所属している生徒でも、可能な時間帯に部活動に参加したい人は、今後も歓迎しますので、教えてください。2、3年生には、クラブと部活動の両方でがんばっている先輩たちもいます。練習時間や練習量は、クラブで活躍するためのコンディショニングで考えてくれれば結構です。
【野球部】
1 2

3 4
【剣道部】

5 6

7 8

【男子バスケットボール部】

9 0

1 2

【吹奏楽部】

3 4

5 0

【情報技術部】

6 7

8 9 

【女子ソフトテニス部】

1 2

3 4

【男子ソフトテニス部】

5 6

7 8

【女子バスケットボール部】

9 0

6 7

【女子バレーボール部】

8 9

0 1

平成30年5月1日(月曜日)小学校の復習です。「その国の位置を表すには…」~1年4組社会科「地理」

  1年4組の社会科「地理」では、世界の国々の位置を表す復習をしていました。たとえば、ホンジュラスの位置を表す際に、中米でメキシコの近くとか、グアテマラの近くと言ってわかる人もいれば、そうでない人もいます。さらに、地方の都市を探そうとしたときに、西経○○度、北緯○○度で表現すれば、ピンポイントで表すことができます。

1 2

3 4

 この「緯度、経度」の学習は、小学校5年生で学習した内容です。1年4組の生徒では、
「小学校で習ったよ」という生徒もいれば、「習ったような習わなかったような…」という生徒もいましたが、興味深く学習していました。

 ふだん「緯度、経度」で表すことが少ないので無理もないことですが、中学生になったことをよい機会に、地理の基本である「緯度、経度」やいろいろな地図の図法をマスターしてほしいと思いました。

5 6

7 8

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。