ここから本文です。

菊東中ニュース

平成30年9月21日(金曜日) 「いざ、戦わんかな! 躍動の時!!」 ~ 小笠新人総合体育大会

 いよいよ決戦の時が迫ってきました。この日のために、炎天下でも、雨降りでも練習を積んできました。あとは、試合にのぞむ準備をして、最高のコンディションで戦うだけです。
 気負わず、萎縮せず、自分やチームのリズムで戦って、その瞬間、瞬間に適切な判断をして、自分のもっている技術を出すだけです。
 1つのプレーの正否(成功と失敗)にこだわりすぎず、ワンプレーごと、勝つ確率を高める戦い方をすれば、自ずと望む結果はついてきます。リラクゼーションと力の入れどころのタイミングをイメージどおりにコントロールして、がんばりましょう。
 ミスをした際には、そのミスが最小限ですむように最善を尽くし、プレーとプレーの合間の時間がとれれば、ミスをした動きを修正するシャドー(正しい動きのフォーム練習)をするだけです。正しいフォームのイメージどおりに体を動かすことに集中します。
 最もよくないのは、1つのミスだけでくよくよして、次のプレーに悪影響を与えることです。反省は試合の終わったあとです。自信を無くして、自分やチームの雰囲気を悪くしてはダメです。次のよいプレーのための準備に気持ちを切り替えるべきです。ミスしたことを悔いても次のミスを呼び寄せるだけです。負のスパイラルとは無縁のノリノリの雰囲気で戦うべきです。一流選手がよく言う「ゲームを楽しむ」べきです。
 ミスした時こそ、「ドンマイ、ドンマイ(気にしない、気にしない)」を合い言葉に気持ちを切り替えて、前に進むだけです。相手の攻め方を振り返って読みを入れることはあっても、ミスを振り返える必要はありません。ミスばかり振り返れば、自信をなくすだけです。繰り返しますが、「反省は試合が終わった後です」
 次に行うプレーのイメージをして、動きづくりをしましょう。リラックスして、動くことです。
 では、「いざ戦かわんかな! 躍動の時!!」  保護者の皆さま、応援をよろしくお願いします。
【小笠新人総合体育大会等の日程・会場カ】  天候等により変更になることがあります。
野球 9月22日(土)トーナメント戦:大東総合G 対掛川東中 11:00~ 23日(日)準決勝・決勝:大東総合G 栄川中との合同チームですので、北部の大会に参加します。
男子テニス 9月22日(土)団体戦:大東北運動場・城東中  23日(日)個人戦:大東北運動場・城東中 
女子テニス 9月22日(土)団体戦:菊川西中  23日(日)個人戦:菊川西中  
男子バスケ 9月22日(土)トーナメント戦:御前崎中学校 1回戦対岳洋中 9::20~ 23日(日)決勝・準決勝:御前崎中
女子バスケ 9月22日(土)トーナメント戦:御前崎中学校 1回戦対岳洋中 10:20~ 23日(日)決勝・準決勝:御前崎中
剣道 9月22日(土)リーグ戦:浜岡中 開会式8:30~ 団体戦 9:00~  団体戦終了後個人戦 12:30~(予定)       サッカー 9月22日(土)トーナメント戦:菊川運動公園G 1回戦 対浜岡中 9:00~     
女子バレー 9月23日(日)トーナメント戦:大浜中学校 開会式 8:40~ 対大浜中 10:00~
吹奏楽 9月23日(日)中東遠地区吹奏楽フェスティバル 掛川生涯学習C 開演 10:00~
陸上 9月29日(土):エコパグラウンド 開会式 8:30~ 

9月21日(金曜日) 県大会出場を決めました ~ 浜名湾(西部地区)新人水泳大会

 9月15日(土曜日)、浜名湾(西部地区)新人水泳大会が浜松市総合水泳場(ToBio)で開催されました。
 小笠地区の新人戦を勝ち抜いた2年生の横山笑夢斗さんと1年生の黒田はなさんが、それぞれ400m自由形と800m自由形に出場しました。

1 2

3 4
 全国でも屈指のレベルを誇る西部地区において、2人とも堂々の泳ぎを披露しました。結果は次のとおりです。
《大会結果》
横山笑夢斗さん 男子400m自由形 第8位 4分56秒54、男子800m自由形 第6位 10分03秒69
黒田はなさん 女子400m自由形 第10位 5分27秒52、女子800m自由形 第5位11分15秒71 

5 6

7 8
 2人とも10位以内に入ったことも素晴らしいのですが、何よりもすごいのは小笠の大会よりも笑夢斗さんは、10秒と23秒、はなさんは5秒と12秒もタイムを短縮したことです。

9 0 

1 2
過去の自分を超えて、著しい進化・成長を遂げています。この活躍により、それぞれ2種目ずつの県新人水泳大会の出場権を得ることができました。おめでとうございます。

3 4 

平成30 年9月20日(木曜日) 仲睦まじく額を寄せ合っての観察 ~ 2年生理科「メダカの血流の観察」

 9月13日(木曜日)、2年2組の理科においてメダカの血流の観察を行いました。大類先生によって準備されたメダカを小さなビニール袋に入れて顕微鏡を用いて観察していました。

1 2

3 4
 いくら高性能の顕微鏡を用いても、飛び跳ねるメダカを映し出すことは不可能なので、適度な水の量と観察しやすいメダカの向きに注意してビニール袋に入れていました。
 生徒たちは、メダカを傷つけないように、また、長い時間せまいビニール袋にメダカを閉じ込めては、命にかかわるので、十分に配慮しなが顕微鏡を操作していました。

5 6

7 8
 これらの工程をグループで協力して行い、うまく顕微鏡にセットするために、額を寄せ合いアドバイスし合いながら、半透明なメダカの血管内の血流を見事に観察していました。

9 0

1 2
 ほどよくセットでき、きれいな血流が見えた瞬間には、「見えた!」「すごい!」「きれい!」などの歓声を上げて、喜び合っていました。
 グループで協力して成し遂げた瞬間の達成感、成就感を存分に味わって、授業目標に到達していました。

3 4

5 6

平成30 年9月20日(木曜日) 「大きい! この肺」 ~ 2年生理科「豚の肺の観察」             ( *豚の肺の画像が含まれています。苦手な方はご覧にないようにお願いします。)

  9月13日(木曜日)、2年4組の理科において豚の肺の観察を行いました。あらかじめ大類先生が小笠食肉センターに手配してあった豚の肺にビニールパイプをつなげて、息を吹き込むと肺が膨らんで吸気の状態が観察できました。

1 2

3 4
 また、息を吹き込むのをやめると空気が抜けて呼気の状態が観察できました。きれいな薄ピンク色の肺の構造を観察すとともに、煙草のタールが付着した黒い肺や癌で組織が冒されて変色した肺との違いをイメージしました。

5 6

7 8
 各班に配られた肺を目にしたばかりは、恐がったり、気味悪がったりしていた生徒たちも、「肺を間近に観察できるのは、一生に一回かもしれないよ」と声をかけられると、勇気を出して肺に空気を吹き込んだり、触感をたしめたりして、学習を深めていました。
 本物体験の貴重なチャンスを生かし、肺の構造を有意義に学んでいました。

9 0

11 13

 

 平成30年9月19日(水曜日)  よりよい避難所生活にするための学習 ~ HUGゲーム

 9月14日(金曜日)、3年生の防災学習の総仕上げとして、西部危機管理局から4名の講師をお迎えし、HUGゲーム(避難所運営ゲーム)を行いました。
 災害時、避難所に集まってくる人達はさまざまであると予想されます。たとえば、小さな子どもや高齢者のいる家族、外国からお見えになったばかりの方、体が不自由であったり、介助を必要とする方など、いろいろな人達が避難してきます。

 そのような人達をグループに分けたり、トイレに近い場所に誰に生活をしてもらうかなどを考えていきます。3年生にとっても初めての経験で苦労したのではないかと思います。
1 2

3 4

 水道が使えない時のトイレをどうするかとか、ペットの取り扱いをどうするかなどで、どのグループも困っていました。災害が起きないことが1番ですが、もしもの時に地域のための大きな力となれるといいなと思います。 そのためには、多くの人々が寝食をともにする避難所の運営の仕方というのは、とても重要なポイントとなります。
 講師の先生方の指示にしたがって、グループで頭悩ましながら、懸命にHUGゲームに取り組みました。この経験が、発災した時には、とても役立つと思います。
 ここ数年、全国各地で風水害や地震等で多くの尊い命が失われています。しかし、見落としてはならないことは、これら災害で命を落とすことよりも、その後の生活の中で、ストレスや生きる気力を失って亡くなる方の方が多いことです。

5 6

7 8
 熊本地震では、地震そのもので亡くなる直接死の4倍の人数が亡くなっています。これら「関連死」を防ぐためにも、少しでも住みやすくするためにも、避難所の運営は大切なこです。

 しかし、さらに重要なことは、「自宅避難生活」ができるような準備をしていくことだと思います。ぜひ、ご家庭で話し合い、必要なものを備蓄したり、準備したりしていきたいと思います。
1 0 

11 12

平成30年9月19日(水曜日) 小笠地区小中学生の芸術展 ~ 小笠地区いきいきにこにこ作品展

 絆メールでお知らせしましたように、3連休中に小笠総合体育館において、「小笠地区いきいきにこにこ作品展」が開催されました。
1 2

3 4

 お忙しい中をご来場いただきまして、どうもありがとうございました。また、中には予定があって見学できなかった方もいらっしゃると思います。

5 6

7 8
 電子作品展になりますが、少しでも雰囲気を味わっていただき、「芸術の秋」をご堪能ください。
9 0

1 2

3 4

平成30年9月18日(火曜日) きちんと待つ姿勢に誠実さが滲み出ていました ~ 生徒会役員委嘱状・専門委員長委任状渡し 

 9月12日(水曜日)、体育館において「生徒集会~生徒会役員委嘱状・専門委員長委任状渡し」が行われました。

1 2

3 4
 生徒会長・副会長へは、私から委嘱状を渡しました。また、他の生徒会本部役員や専門委員長には、生徒会長から委任状が手渡されました。

5 6

7 8
 一人ひとりが受けとる間、私語をする生徒は皆無で東中生の関心や意識の高さを象徴していました。
9 0

6 7

 また、集会が終わり全校生徒が退場する間、生徒会役員や専門委員長が体育座りの姿勢で待っていたのですが、その姿勢が一人も崩れず、誠実さが滲み出ていました。

8 9

0 1
 この一糸乱れぬ姿勢から、今後の東中生のさらなる「躍動」の予感と、「共に創る」につながると確信しました。

 2 3

4 5

2 1

平成30 年9月17日(月曜日) なるぞ! 応急処置のマイスター ~ 学校保健委員会

  9月14日(金曜日)、体育館において保健委員会主催の学校保健委員会「なるぞ!応急処置のマイスター」が開催されました
 保健委員が企画、運営し、応急手当に関する4択クイズを考えたり、大きな掲示ボードや3問正解シール、チャンピオンシールなどのアイディアを駆使していました。
 そのおかげで、全校生徒が楽しく正しい応急処置の知識について学ぶことができました。
出題のたびに、生徒たちは正解だとおもわれるA~Dのエリアに急いで移動し、正答発表の瞬間には、一喜一憂して自分の感情を素直に表現していました。

1 3

4 5

 出題問題は、中学生の運動中に多い傾向のある捻挫や骨折、日常生活における火傷や、今夏の「災害級酷暑」を受けてタイムリーな内容である熱中症についても含まれていました。
 特に、熱中症は応急処置の前に予防が重要なので、各部活動の部長から熱中症の予防として励行した内容について発表してもらい、とても深まりのある学びとなりました。

6 7

8 9
  学校保健委員会終了後には、9問正解のチャンピオンシールをつけた3年生2人が、NHKの記者さんや市の秘書広報課の職員さんから、ご褒美インタビューを受けていました。
・“旬感”まちのニュース
・菊川市公式Facebookいいね!菊川市( 外部サイトへリンク )

5 0 

1  2 

平成30年9月16日(日曜日) 収穫前の販売 ~ 菊川ジュニアビレッジ

 9月9日(日曜日)、第11回町部地区文化展が堀之内体育館で開催され、一昨日の記事で紹介させていただきました。
 体育館南側の駐車場では、ミニ鉄道や物販ブースなどがありました。その1つに菊川ジュニアビレッジのブースがあり、東中生や近隣校の部員さんたちが「本気のハーブティー」を販売していました。
 部員さんたちが自分たちで役割分担をして、販売する人、試飲用やテイクアウト用のハーブティーを淹れる人、試飲を勧める人などに分かれて活動していました。

1 2

3 4《菊川ジュニアビレッジからのお知らせ》
 引き続き第3期部員を募集しています。募集対象は、小学校6年生から中学2年生までです。菊川ジュニアビレッジでは、農業を通じて起業や経営の勉強をしていきます。しかも、中学2年生を中心として、自分たちの力で解決しながら、取り組んでいきます。
 学校だけでは学べない貴重な社会勉強ができます。農業や経営について学んだり、いろいろな人々との出会いがあったり、いろいろな場所に出向いて経験を積んだりできます。

5 6

7 0
 詳しいことは、パンフレットを読んでください。質問の方法や体験入部についても説明されています。
 部活動やクラブがある生徒は、可能な日や時間帯で結構だそうです。特に1年生で中学の生活リズムが理解できたと思うので、やってみようと思う人は積極的に行動してみてください。現在、東中生からは2年生1人、1年生3人の合計4人が活躍しています。
・菊川ジュニアビレッジ第3期部員募集パンフレット(PDF:311KB)
・Facebook菊川ジュニアビレッジ( 外部サイトへリンク )
・菊川ジュニアビレッジ( 外部サイトへリンク )
・農学芸スクールニュース Agri Arts News

9 0

1 2

平成30 年9月15日(土曜日) 22人が入選しました ~ 第64回静岡県読書感想文小笠地区コンクール

 第64回静岡県読書感想文小笠地区コンクールの結果が届きました。このコンクールには、2つの部門があり、課題図書の部では4点、自由図書の部では18点が入選しました。
 入賞者と題名を紹介します。
【課題図書の部】
《1年生》
黒田はなさん  誰かの「イス」になりたい
落合順菜さん  夢に向かって
《2年胃》
米倉麟士郎さん 夢へと近づくために
進士卓矢さん  慎に関わる人たちと慎
【自由図書の部】
《1年生》
田嶋未海さん  みんなを笑顔にする
田安聖名さん  自分革命
辻野美月さん  人生とは
大石三貴さん  「光をくれた犬たち 盲導犬の一生」を読んで
十河彩菜さん  悪友という名の親友
赤堀華さん   「僕らの7日間戦争」を読んで改めて感じたこと
《2年生》
櫻川千尋さん  サンライズレッドの侍たち
平岡芽依さん  鏡の弧城
平野汐莉さん  総司の夢を読んで
木佐森玲菜さん 本当の友達とは
松村結菜さん  ベイリーが教えてくれたこと
横山笑夢斗さん 君の膵臓をたべたい
《3年》
松浦蒼依さん  選択
織部美悠さん  みんな平等にひとりぼっち
松本結璃佳さん 仲間
杉本怜杏さん  父娘
杉山日和さん  幸せを探して
鈴木月乃さん  他にないほど面白いもの

平成30年9月15日(土曜日)  違法薬物の怖さや薬物乱用の行く着く先は!?  ~ 3年生薬学講座

 9月7日(金曜日)、3年生が薬学講座を行いました。最初に、学校薬剤師の大木利勝先生から講話をしていただきました。

1 2

3 4
 また、実習生2人が助手として参加してくださり、キャリア教育の観点から薬剤師について興味を抱いた生徒もいました。

5 6

7 8
 3人がチームワークよく説明してくださり、とてもわかりやすい内容でした。経験豊富な大木先生からは、具体的な事例を紹介していただき、改めて違法薬物の怖さや薬物乱用の行き着く先の廃人化などを学ぶことができました。
 3年生たちは、とても真剣に受け止め、今後の薬の服用の仕方を考えていました。
9 0

平成30年9月14日(金曜日) 「学校保健委員会」がNHKニュースで放映されます

≪絆メールで配信した内容です≫  

  本日の6時間目に保健委員が楽しくクイズを出題して行われた「学校保健委員会」がNHKニュースで放映されます。

  放映予定は、本日18:10から19:00の「たっぷり静岡」あるいは20:45から21:00の「NEWS84」、明日の昼12:00から12:15の「ニュース」のいずれかで扱われます。クイズチャンピオンのインタビューもあります。ご覧下さい。

 平成30年9月14日(金曜日)  いち早く「実りの秋」・「文化の秋」を満喫 ~ 第11回町部地区文化展芸能の部


  9月9日(日曜日)に第11回町部地区文化展芸能の部が開催されました。会場である堀之内体育館の中に入りますと、掲示板にたくさんの美術作品が展示され、圧倒される思いでした。町部地区の皆さまの素敵な作品の数々にうっとりとさせていただきました。

1 2

3 4
 「東中コーナー」が「西中コーナー」とともに並べられてあり、丁寧に仕上げられた作品をじっくりと鑑賞しました。
 今回、東中吹奏楽部が初めて参加させていただき、とてもありがたく思いました。1年生のデビューコンサートとなり、特に1年生にとっては一生の大切な思い出として記憶に残ると思います。

5 6
 7 8

一生懸命な演奏や2、3年生の演奏に合わせたダンスは、とても初々しくてかわいく見えました。2、3年生は、1年生をリードして頼もしい姿を見せてくれました。

9 0

6 7
 素晴らしい経験を積ませていただき、どうもありがとうございました。

8 9

0 1

2 3

平成30年9月13日(木曜日) とびっきりの笑顔のオンパレード ~ 六郷地区体育祭

 9月9日(日曜日)、六郷地区体育祭が六郷小の体育館で開催されました。前日までに準備されたテントやラインが引かれたグランドは準備万端だったのですが、朝方のゲリラ豪雨を思わせる激しい雨で、安全面を考慮した苦渋の決断の末、2年連続の体育館での体育祭となりました。

1 2

3 4
 そんな複雑な思いを吹き飛ばすような熱気ムンムンさで、ちびっ子たちの嬉々とした表情や姿が見られました。東中生では3年生5人が、ボランティアとして献身的な活躍ぶりで、ちびっ子たちのとびきり笑顔を引き出してました。また、1、2年生では、仲睦まじく親子で参加している方々も見られ、とても素敵な光景でした。

5 6

7 8
 計画段階から雨天バージョンの要項も準備され、朝方の急な雨でもスムーズに運営できる六郷地区の組織力の凄さが垣間見られた体育祭でした。

9 0

平成30 年9月12日(水曜日) 親子で考える防災学習 ~ 1年生の防災学習

 9月7日(金曜日)の6時間目に、親子で考える防災学習が行われました。その内容は次のとおりです。
1 親子で我が家の防災対策を振り返ろう
2 登下校中の災害発生を考えよう
3 菊川市の過去の災害について

5 3

2 4 
4 避難場所の確認
5 防災非常食の作り方
6 朗読「津波てんでんこ」
7 担任から非常食配布

1 6

7 9

 大変、中身の濃い内容でしたが、1年生の瀧口主任を中心に資料を活用しながら、説明をしていきました。
 たくさんの内容でしたが、とても熱心な取り組みで集中して聞いていただきました。過去の災害場所を確認する場面では、市内の歴史をひもといて危険箇所を知ることができ、身近な場所もあり、肌で危険を感じました。
0 -

1 3

 1年生の家庭教育学級として行った「親子防災学習」は教育的価値が高いということで、NHK掛川支局の菅沼記者が取材に訪れて、夜の県内ニュースで放映していただきました。

3 4

5 6

7 8

・“旬感”まちのニュース9月7日記事

・菊川市公式Facebookいいね!菊川市9月11日記事( 外部サイトへリンク )

平成30 年9月12日(水曜日) 救急救命講習 ~ 1年生防災学習

 9月7日(金曜日)の5時間目に、菊川消防署の方々を講師としてお招きし、救急救命法の学習を行いました。
  その内容としては、心肺蘇生法である胸骨圧迫とAEDの正しい方法を学びました。講師の消防隊員の方のお手本を真似したり、職場実習体験中の2年生4人のアドバイスをうけながら、人間相手やダミー人形相手に行いました。

2 1

3 4
 特に、ありがたいと思ったことは、ダミー人形を30体も準備したくださり、とても効率よくたくさんの実習を行うことができました。

5 6

7 8
 中学生となり、小学生時代とは比べものにならないくらい、自分たちだけでの行動や範囲が広がりますので、万が一の場合を考えて、とてもよい実習となりました。

9 0

2 1

1

・「中日新聞9月8日(土曜日)朝刊」より(PDF:334KB)

平成30 年9月11日(火曜日) 秋晴れのもと静岡に行ってきました ~ 1年生の防災学習

 9月6日(木曜日)、1年生が防災学習のために地球環境史ミュージアムと静岡県地震防災センターへ見学に行きました。

1 2

3 4
 出発式では、学級委員が主体的に進行を務め、とてもよい雰囲気で3台のバスに乗り込んで出発しました。
 地球環境史ミュージアムでは、学級ごとに分かれて係員の方の説明をしっかり聞いたり、見学をしたりして、人類の歴史とともに地球の環境の変化について学習しました。

5 6

7 8
 午後は、静岡県地震防災センターで、地震のメカニズムや防災のシステム、津波模型の実験などの観察を行いました。北海道地震が起こったばかりの時だけに、とても真剣に学ぶ姿が見られました。

9 0

6 7
 帰着式では、出発式と同じように学級委員が進め、充実した学習ができたこと、協力して予定時間よりも早く帰着できたこを讃え合いました。

7 8

9 0

平成30 年9月11日(火曜日) 新チーム初の横断幕が掲げられました ~ 陸上部の秋鹿雅史さん県大会へ出場

 先日、浜松市四ツ池陸上競技場で行われました西部新人陸上競技大会において、2年生秋鹿雅史さんが男子共通800mで第10位となりました。おめでとうございます。
 3年生が部活動を引退した後の新チーム(新メンバー)で、横断幕第1号となりました。二重の喜びです。
 この結果にり、9月29日(土曜日)に県総合草薙陸上競技場で開催されます第24回静岡県中学生新人陸上競技大会出場の権利を獲得しました。

2 1 
 陸上王国浜松を擁する西部地区の陸上競技は全国的にもレベルが高いことは、よく知られています。その強豪揃いの選手達と競い合い、過酷な800mのレースで堂々の県大会出場を決めたことは陸上部員たちの励みとなります。
 小笠新人陸上競技大会もありますので、陸上部一丸となって、さらなる記録更新をめざして、トレーニングに励んでください。
・第24回西部地区中学校新人陸上競技大会の結果( 外部サイトへリンク )

3 4

平成30 年9月10日(月曜日) 実りの秋を有効に活用するために ~ 実力テストの結果を生かしましょう

 9月5日(水曜日)に、1年生は校内実力テストが、3年生は第1回県学力調査が行われました。2年生は、5日から職場実習体験が始まるために、4日(火曜日)に校内実力テストを実施しようとしたのですが、台風21号の影響で3教科のみ終えて、今週に残りの2教科を実施します。

1 2

3 4
 2年生はテストが終わってからになりますが、1、3年生はテスト返しが始まります。自分の目標とした点数の達成や正答を導き出したと思った問題の正答率はいかがでしょうか。
 正解となった問題については、定期的に見直す程度でいいですが、誤答となった問題については、正答の導き方を復習するとともに、反復練習が必要です。また、自信はなかったけれど、なんとか正解だった問題も同様です。

5 6

7 8
 3年生は、自分の進路に向かっての日々の努力が、今後の進路決定に直結します。今まで、部活動やクラブ活動に費やしてきた時間をいかに有効に使えるかがポイントです。
 1、2年生は、新人戦や競技団体主催の大会がありますが、日没の早まりとともに自分で使える時間は増えますので、自分に合った時間の使い方を模索してみてください。
 毎日の積み重ねにより、確実に目標に近づけますので、勇気をもって自分の目標を具体的に掲げ、強い意志で決めたことを継続するようにチャレンジして欲しいと思います。

9 0

1 2
 迷いや不安がありましたら、担任の先生をはじめ相談してみたい先生に一声かけてください。その一声がかけづらければ、私に来てくれれば、相談したい先生につなげるか、私がじっくり話を聞きたいと思います。朝の校門でも、校長室でも、いろんなところで見かけた時でも結構です。その一歩を踏み出すだけでもすごいことです。一緒に考えていきましょう。

3 4

5 6

平成30 年9月10日(月曜日) 東中2年生の活躍紹介 ~ 2年生職場実習体験

 先週3日間にわたって職場実習体験を行った2年生の活躍する姿をHPでアップして紹介していただきました。とてもありがたいことです。
 また、記事掲載にあたっては、いろいろな角度から2年生について書いてくださっているので、生徒が自分を振り返るきっかけになったり、相手方から見た自分たちの姿が評価反省するにあたって、とても参考になります。
 東中生の活躍を取り上げていただき、どうもありがとうございます。 
1 2

・“旬感”まちのニュース9月5日記事
・菊川市公式Facebookいいね!菊川市9月7日記事( 外部サイトへリンク )
・六郷小ニュース9月6日記事

3 4

平成30 年9月9日(日曜日) 2学期最初の横断幕登場 ~ 第18回全国中学生都道府県対抗野球大会 

 2学期最初の横断幕が掲げられました。とてもうれしいですし、祝福と感謝の気持ちでいっぱいです。
 この横断幕は、3年生山内健真さんの活躍と小笠選抜野球団によってもたられたものです。ご存じのとおり、小笠選抜野球団は、県内20の選抜チームの中で最強であることを証明しました。それも圧倒的な強さによってです。
 いよいよ全国大会を2週間後に控え、対戦相手が決まりました。参加する48チームが8つに分けられ、1つのリーグが6チームずつとなりました。その6チームの中で、各チームが2試合戦い、その勝ち方が1番よいチームのみが決勝トーナメントに進出できるという変則的なリーグ戦です。

1 2
 予選リーグ2試合の会場は大仁さつきが丘公園野球場で、9月22日(土曜日)の12時から兵庫県代表のTAKASAGOと、翌日は9時開始で群馬県代表の群馬ダイヤモンドペガサスJr.と対戦します。県大会のように圧倒的な強さで勝って、決勝トーナメント進出を決めたいと思います。
 詳しい対戦相手や全出場チームの紹介は、次のURLをご参照ください。
・第18回全国中学生都道府県対抗野球大会出場チーム一覧・対戦組み合わせ( 外部サイトへリンク )

4 3

平成30年9月9日(日曜日)  自ら切り拓く進路 ~ 3年生の進路学習会

 3年生の県学力診断調査が5日(水曜日)に行われました。3年生になってからの努力の成果が表れ始め、点数が伸びている生徒が多く、3年部職員と喜び合いました。
 3年生には、自分の進路を決定しなければならない時期がだんだん近づいてきています。夏休みの高校一日体験入学では、自分の希望や興味関心に合わせて、複数校の体験を積極的にしました。

1 2

3 4

 6日(木曜日)には、公立高校の先生方を東中にお招きして、8校の学校説明会が行われました。
 今回は、学年全体で行う方式ではなく、希望する2つの高校を選び、生徒が希望校ごとに集まって、高校の校長先生や副校長先生、進路担当の先生などからお話を聞き、その後、高校生活や部活動などについて意欲的に質問をしました。
 控え室からのエスコート、説明会の司会進行は、すべて生徒たちが役割分担をして行いました。ひたむきな姿が、とてもさわやかで大人びて見えました。

5 6

7 8
 お帰りの際には、掛川西高の副校長である伊藤裕啓先生からは、
「身を乗り出して真剣に聞く姿と目の輝きに感動しました。素晴らしい生徒さんたちですね。ぜひ、本校に大勢来てくれるようご指導お願いします」と、お褒めの言葉をいただきました。とても光栄なことです。
 控え室から教室を往復する間には、エスコート係の生徒たちに、どの先生方も優しく声をかけてくださっていました。よい経験を積ませていただきました。
 今後は、生徒自身が今回の学習会の内容を生かして進路について、さらに真剣に考え、ご家庭内で相談を進めていただければと思います。

9 0

1 2

 なお、10月1日(月曜日)の13時20分より、私立高校の学校説明会(進路学習会)が計画されています。3年生保護者はもちろんのこと、1、2年生の保護者の方も参加可能です。
《参加してくださった高校》
掛川西、掛川工業、金谷、島田、袋井、池新田、袋井商業、島田商業
3 4

5 6

7 8

平成30年9月8日(土曜日) 【お知らせ】文化の秋にふさわしいステージ ~ 第11回町部地区文化祭芸能の部

 9月8、9日(土、日曜日)、第11回頂部地区文化祭が堀之内体育館で開催されます。時間は、10時から15時です。展示の部では、東中生の作品が展示されます。また、9日(日曜日)は吹奏楽部が演奏を披露します。
 吹奏楽部の演奏予定は、12時から30分間です。お時間のある方は、ご来場いただければと思います。また、いろいろな演目がありますので、文化の秋にふさわしい芸術をご堪能ください。

1 2
《展示作品の紹介》
【スケッチ】
1年生加藤準輝さん、松村龍夢さん、北原蓮美さん、松村良哉さん
2年生大脇ななみさん、勝浦一貴さん
【ラベル】
2年生朝妻来未さん、平岡芽依さん、時野谷瑠華さん、平松美月さん
【野菜果物】
2年生栗下楓加さん、

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。