• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2015年7月28日

母子寡婦福祉資金

概要

母子家庭や寡婦の方に、経済的な自立や子どもの福祉を図るために、子どもの修学資金や就職するために必要な知識技能の習得に必要な資金等を低利または無利子で県が貸付する制度です。

対象者

  • 20歳未満の児童を扶養している夫のない女子及びその扶養する20歳未満の児童
  • 20歳未満の父母のない児童
  • 20歳以上の子を扶養する夫のない女子及びその扶養する20歳以上の子
  • 子を扶養していない夫のない40歳以上の女子で前年の所得額が203万6千円以下の方

貸付にあたっては事前に審査があります。

 貸付金の種類

 修学資金

 扶養している子が高校、大学、短大、高等専門学校または専修学校に修学するのに必要な経費

貸付金額の限度(月額)18,000円~64,000円(学校種別や学年別等で限度額が異なります。)

就学支度資金

扶養している子が小・中・高等学校、高等専門学校、修業施設ならびに短大、大学へ入学、入所する際に必要な経費

貸付金額39,500円~590,000円(学校種別や学年別で限度額が異なります。)

その他の資金

技能習得資金、修業資金、就職支度資金、医療介護資金、生活資金、住宅資金、転宅資金、事業開始・継続資金、結婚資金等

詳しい内容は、県のホームページから母子寡婦福祉資金( 外部サイトへリンク )をご覧ください。

申請方法

福祉課にて申請書をお渡ししております。申請書以外にも必要な書類がありますので、福祉課にて事前にご相談ください。

 

 

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市健康福祉部福祉課

電話:(0537)35-0914

ファックス:(0537)37-1255

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?