• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 市政情報 > 財政・予算・決算 > 財政健全化判断比率、資金不足比率

ここから本文です。

更新日:2020年9月25日

財政健全化判断比率、資金不足比率

平成19年6月に地方公共団体の財政を健全化することを目的とする「地方公共団体の財政の健全化に関する法律(以下「健全化法」)」が成立し、平成19年度決算から健全化判断比率及び資金不足比率を公表することとされています。

また、この健全化法は、財政状況を判断する基準となる「健全化判断比率」の公表と、その比率に応じた健全化計画などの策定を義務付け、従来の赤字再建団体に相当する「財政再生団体」への転落を未然に防ぐため、その前段に「早期健全化団体」の基準を設け、早期に是正措置を行うことを目的としています。

公表する指標は、健全化判断比率である「実質赤字比率」、「連結実質赤字比率」、「実質公債費比率」、「将来負担比率」の4つの指標、及び、公営企業における「資金不足比率」の計5つの指標です。

菊川市における令和元年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率は下記のとおりで、平成30年度決算に引き続き、基準を超えたものはありませんでした。

令和元年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率(確報値)

(確報値)本市の健全化判断比率の状況

実質赤字比率

連結実質赤字比率

実質公債費比率

将来負担比率

赤字はありません

赤字はありません

10.5%

8.8%

 

 

 

 

水道事業

病院事業

下水道事業

資金不足比率

資金不足はありません

資金不足はありません

資金不足はありません

 

県内市町及び全国市区町村の健全化判断比率については公表され次第、ご覧のページから閲覧できるよう更新いたします。

平成30年度決算に基づく健全化判断比率の修正について

平成30年度決算に基づく財政健全化判断比率等については、令和元年9月菊川市議会定例会において数値を報告し、広報及びホームページで公表しましたが、数値に修正が発生しました。そのため、修正した数値を令和2年9月菊川市議会定例会に報告しましたのでお知らせいたします。

 平成30年度決算に基づく健全化判断比率(PDF:47KB)

過年度の健全化判断比率及び資金不足比率(確報値)

(確報値)県内市町の健全化判断比率の状況【静岡県報道資料】( 外部サイトへリンク )

(確報値)全国市区町村の健全化判断比率等の状況【総務省報道資料】( 外部サイトへリンク )

よくある質問と回答

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市企画財政部財政課

電話:(0537)35-0922

ファックス:(0537)35-2112

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?