• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > くらし > 犬の飼い方・マナー

ここから本文です。

更新日:2019年5月3日

犬の飼い方・マナー

犬の飼い方についてのお願い

私たちの生活において、犬やねこなどのペットは心を癒し潤いを与えてくれます。そんなかけがえのないペットたちも飼い主のマナーやしつけによっては、周囲でのトラブルの原因になってしまいます。市役所にペットに関する苦情が寄せられることもあります。
ペットを飼うときは正しいマナーやしつけを心がけ、愛情と責任をもって飼いましょう。

犬の放し飼いはやめましょう。

  犬は散歩するとき、庭に居るときでも必ずつないで飼いましょう。放し飼いをすると交通事故にあったり、病気をうつされたりするだけでなく、他人の庭でフンをしたり、人を咬むなど周囲の人たちに迷惑をかけるもとになります。
犬は菊川市畜犬管理条例によって、つないで飼うことが義務付けられています。

フンの始末は責任を持って行いましょう。

  動物の苦情で特に多いのが、フンによるものです。 フンの始末は飼い主の最低限のマナーです。犬も猫もきちんとしつければ自宅の決まった場所で排泄をするようになります。
  また、道路に犬のフンが残されているという連絡が入ることもあります。犬の散歩のときは、スコップやビニール袋など、フンを取る道具を携帯し、フンを必ず持ち帰るようにしましょう。

 

行方不明・迷い犬の連絡

ご家庭で飼っている犬が行方不明になった場合は下記の番号に連絡してください。
市役所環境推進課(TEL0537-35-0916)
迷い犬の通報があった場合に、連絡をいたします。 
首輪には鑑札や狂犬病予防注射済票、連絡先などを付け、行方不明になっても飼い主が見つかるようにしておきましょう。
迷い犬を見つけた場合にも、引き取りに伺いますのでご連絡をお願いします。

 

終生飼育をしましょう。

一度飼い始めたら生涯飼うことが飼い主の責任です。
動物を置き去りにしたり、捨てることは犯罪です。
(100万円以下の罰金:動物の愛護及び管理に関する法律第44条)
やむを得ず飼えなくなってしまう場合には、新たな飼い主探しに努めてください。

 

平成31年度狂犬病予防集合注射を実施しました。

 各地区センターなどで実施しました。狂犬病予防注射は、お近くの動物病院で接種できます。まだ未接種の飼い主さんは、接種をお願いします。

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市生活環境部環境推進課

電話:(0537)35-0916

ファックス:(0537)35-0981

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?