• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > くらし > 不法投棄

ここから本文です。

更新日:2018年8月13日

不法投棄

不法投棄は禁止されています

不法投棄は近隣の迷惑になることはもちろん、環境にも悪影響をおよぼします。企業でも個人でも、定められたルールに従って「ごみ」を適正に処理しなければいけません。不法投棄を犯した場合、法律によって処罰されます。

不法投棄の監視や情報提供の協定を締結しています。

ごみを人目につきにくい山林や空き地などに捨てる不法投棄が後を絶たず、空き缶や弁当容器から粗大ごみまで様々なごみが捨てられています。

不法投棄防止には、「誰かが見ている」「誰かに見られている」との意識を持たせることが、防止・抑止につながると考えられることから、市内を巡回することが多い事業所に不法投棄の監視や情報提供をしてもらうことを目的とした協定を締結しています。

協定事業所

  • 菊川タクシー 有限会社
  • 堀之内タクシー 株式会社
  • 菊川市商工会 
  • 菊川市内郵便局および配達を受け持つ掛川郵便局 
  • 遠州運輸 株式会社 (市内ごみ収集運搬の事業所)
  • 株式会社 中部カレット (市内資源物収集運搬の事業所)

 自分の土地を不法投棄から守りましょう

自分の土地(管理地)に不法投棄が行われ、投棄者が判明しない場合は、土地の所有者(管理者)が、自らの責任でごみを撤去しなければなりません。ですから、不法投棄されないような状況を作ることが大切です。そのためには、自分の土地は自分で適正に管理して下さい。自分の土地にある不法投棄物を、他人の土地や道路等に移動させることは、移した人も不法投棄者となり犯罪です。

具体的な対策例

周囲に囲いを設置する、ネットを張る等、侵入防止対策を行う。

定期的に見回りを行う。また、草刈りをするなどして、見通しのよい、きれいな状態にしておく。

不法投棄禁止看板を配布しています

環境衛生自治推進協議会では、不法投棄禁止看板の配布を行っています。必要な方は自治会長又は環境衛生委員を通じて市役所の環境推進課までご連絡下さい。

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市生活環境部環境推進課

電話:環境推進課(0537)35-0916  環境保全センター(0537)35-2065

ファックス:環境推進課0537)35-0981  環境保全センター(0537)35-2065

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?