• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 文化・スポーツ・生涯学習 > 文化財 > 熊野神社なぎ/菊川市内の指定文化財

ここから本文です。

更新日:2012年12月30日

熊野神社なぎ/菊川市内の指定文化財

熊野神社なぎ

よみかた くまのじんじゃなぎ
指定 市指定文化財
種別 天然記念物
所在地 高橋2018番地
指定年月日 昭和53年6月7日

高橋地区の熊野神社の境内にある梛(なぎ)の木は、樹齢500年といわれており、県内でも特に大きな木とされていることから、市の天然記念物に指定されています。梛の木は熊野権現の御神木で、その葉は、笠などにかざすことで魔除けとなり、帰りの道中を守護してくれるものと信じられていました。

梛はマキ科に属する針葉樹でありながら、広葉樹のような幅の広い葉をもつ樹木です。その葉は、縦に細い平行脈が多数あって、主脈がありません。その一風変わった構造のため、葉は、縦には簡単に裂くことができますが、横には枯れ葉であってもなかなかちぎることができません。その丈夫さからコゾウナカセ、チカラシバなどの別名があり、その丈夫さにあやかって男女の縁が切れないようにと女性が葉を鏡の裏に入れる習俗があったそうです。

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市教育文化部社会教育課

電話:社会教育係・スポーツ振興係(0537)73-1114、文化振興係(0537)73-1137

ファックス:(0537)73-6863

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?