• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 豚コレラについて

ここから本文です。

更新日:2019年10月23日

豚コレラについて

 岐阜県、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府、三重県、福井県等で豚コレラの発生が確認されています。
静岡県でも、10月17日に藤枝市で発見された死亡野生イノシシで、県内で初めてとなる豚コレラ陽性事例が確認されました。養豚場での豚コレラの発生はありません。(豚コレラ関連情報)(静岡県HP)( 外部サイトへリンク )

豚コレラは、豚やイノシシが感染する病気であり、人に感染することはありません。

食品安全委員会の見解によれば、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はないとされており、正確な情報に基づいて冷静に対応していただくようお願いします。(豚コレラについて)(食品安全委員会)( 外部サイトへリンク)

豚コレラは、豚やいのししには強い伝染力と高い致死率が特徴のため、畜産農家及び畜産関係者の方は、引き続き、飼養衛生管理の徹底や早期摘発のための監視の強化に万全を期すようお願いします。

菊川市では、今後も静岡県、小笠食肉センター等の関係機関と連絡を密にし、情報収集に努めてまいります。

豚コレラとは

  • 豚コレラウイルスにより起こる豚、いのししの熱性伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴。
  • 感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大する。
  • 治療法は無く、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で特定家畜伝染病に指定されている。
  • 世界各国に分布しているが、北米、オーストラリア、スウェーデン等では清浄化を達成している。

畜産農場に出入りする皆様へ

豚コレラウイルスが人・物・車両により農場内に持ち込まれることで感染拡大につながります。

農場に出入りする際には、車両や靴、手指等の消毒や、衛生管理区域専用の衣服及び靴の着用を行っていただき、豚コレラの感染拡大防止について、御理解と御協力をお願いいたします。

市民の皆様へ

各種報道機関からの報道等により様々な情報がありますが、静岡県においては近隣県での発生を踏まえ防疫・監視体制の措置を強化しています。風評被害等につながってしまうことも考えられるため、正確な情報を基に冷静な対応をお願いいたします。

また、豚コレラは、豚コレラウイルスに感染した野生いのししがウイルスを広げている可能性が考えられます。市民の皆様は、万が一死亡したいのししを発見した場合には、市役所農林課まで連絡していただくようお願いいたします。


 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市建設経済部農林課

電話:農業振興係・農地利用係(0537)35-0938、土地改良係(0537)35-0940

ファックス:(0537)35-2114

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?