• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

各種講座

生涯学習の第一歩として、各種講座を通じて、一生続く趣味作りや、参加者同士が交流を深めることにより、生活にうるおいをあたえ、また、教養を高めるための講座を提供します。

 『ステップアップ講座』

 菊川市内在住、在勤、または近隣市在住・在勤で中学生を除く15歳以上の方を対象に、芸術・趣味、芸能、語学、スポーツレクリエーション、調理、技能・技術の各種分野を募集します。 

『ステップアップ講座2019』の申し込み結果について

以下の一覧は、期限までにお申し込みいただいた方全員の受講が可能な講座です。

リンク先のファイルをご確認ください。

期限までにお申し込みいただいた方全員の受講が可能な講座(PDF:180KB)

『ステップアップ講座2019』の受講生募集について

「ステップアップ講座2019」の受講生募集は終了しました。多くのお申込をいただきありがとうございました。

 

講座の紹介 

 平成31年度講座の一部を写真で紹介します。(掲載している写真には過去のものでも含まれています。)

 

 H31スマイル体操  H31パステルアート  H31つまみ細工  H31水墨画
 スマイル体操 ほんわかパステルアート  つまみ細工ブローチ  絵手紙を水墨画で描こう
 H31和の小物  H31ペンと筆ペン  H313B体操  H31マットピラティス
 和の小物  ペンと筆ペン  3B体操  マットピラティス(朝)
 H31ウクレレ  H31ユルヨガ  H31.パン講座(朝)  H31美文字クリニック
 ウクレレ講座  ユルヨガ  パン講座(朝)  美文字クリニック
 H31毛筆  H31飾り巻き寿司  H31茶道  H31ナレーション基礎講座
 毛筆  飾り巻き寿司  茶道  ナレーション基礎講座
 H31パン作り(夜)  H31陶芸  H31ナチュラルフラワーアレンジメント  H31中国語
 パン作り(夜)  陶芸  ナチュラルフラワーアレンジメント  中国語
 H31ゆがみ直し体操  H31ハツラツ健康体操    
 ゆがみ直し体操  ハツラツ健康体操    

『生涯学習自主講座』

市民の皆さんが中心となり自主的に活動している講座です。仲間と一緒に楽しく活動しましょう!

お申込み

お申込みの方は講座責任者の方へ直接お問い合わせください。

  • 講座の内容や、講座責任者の連絡先は、4月中旬に配布される「生涯学習だより」に掲載します。(自治会配布文書で各戸に配布されます。)
  • 「生涯学習だより」に掲載の内容はこちら(PDF:817KB)からもご覧いただけます。

 

『ことぶき講座』

概ね65歳以上の市内の方を対象とし、趣味を広げたり、仲間と共に楽しく学習する、生きがいづくりのための講座を提供します。

『ことぶき講座』受講生募集について

 

「 ことぶき講座2019」の受講生募集は終了しました。

たくさんのお申込をいただきありがとうございました。

 

 

 

  

少年期教育

学校教育から離れた少年に、次代を担う豊かな人間性とたくましさを備えるべき健全な環境づくりを推進するとともに、少年の心に内在する文化的科学的な興味や関心を掘り起こし、体験や規律ある集団生活をとおして人格形成を進める。

地域文化体験教室

子どもたちに、自分が住む地域に伝わる文化を学ぶ機会を与えることにより、豊かな創造性を養い、あわせて他地区の子どもたちとの交流を図る。

時期

  • 夏季(7~8月全2回)

対象者

  • 小学4~6年生

内容

  • 焼きびなづくり等

菊川の焼きびな(坊ノ谷土人形)について

歴史

明治の初めごろ、高橋(小笠南地区)に住んでいた高木弥左衛門さんは、お米農家をしていましたが、秋の収穫が終わってから春の田植えまでの時期にできる仕事を探していました。
そこで、近くにあった「宝積寺」のお坊さんに助けてもらいながら、焼き物作りがさかんな三河地方(今の愛知県)から焼きびなの「型」と「製法(作り方)」を教えてもらいました。そして何回も練習して、商品として売れるような人形を作れるようになりました。
人形はひな祭りの「節句人形」としてとても人気が出て、一番売れた明治時代の中ごろには、東は相良や島田、西は森、袋井、磐田、遠くは水窪のあたりまでお客さんがいました。
その後、昭和の初めごろからは今のような「衣装雛」がはやるようになったこと、戦争が始まって色付けの材料が手に入りにくくなったことなどから、焼きびなはだんだん作られなくなっていきました。
昭和40年代に、日本各地に郷土玩具(昔から伝わるおもちゃ)の研究をしている「日本雪だるまの会」という団体の調査で、小笠の焼きびなが全国的にとても貴重なものであることがわかり、そのときに「坊ノ谷土人形」と名付けられました。現在では、高木さんの子孫にあたる高木宏さんが人形づくりを受け継いでいらっしゃいます。また、高木宏さんのお父さんに当たる高木亀次郎さんから寄贈していただいた作品が、埋蔵文化財センターどきどきで展示されています。

 

特徴

窯があった場所(坊ノ谷)の地名を取って名づけられました。

菊、桜、梅などの花びらやつぼみを派手に描いた、華やかな模様で色付けされています。

雛人形や天神人形のほか、歌舞伎の一場面を表した「歌舞伎物」、ふだんの生活や遊び、祭り等に関する「風俗物」、子どもの形をした「童子物」、福助やおかめなどの「福神」、うさぎや鳩、犬などの「動物」の人形が多いです。

(参考資料:『静岡の郷土人形』古谷哲之輔/著日本雪だるまの会/発行1996年)

 

よくある質問と回答

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市教育文化部社会教育課

電話:社会教育係(0537)73-1114、スポーツ振興係(0537)73-1118、文化振興係(0537)73-1137

ファックス:(0537)73-6863

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?