• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 子育て・教育 > 教育委員会ニュース > 教育委員会ニュース

ここから本文です。

更新日:2013年2月14日

教育委員会ニュース

平成24年2月の記事

平成24年2月29日(水曜日)平成24年度体育施設抽選会

平成24年度の市体育施設(体育館・グラウンド・小学校夜間照明施設)と小・中学校体育館の抽選会予定表をお知らせします。

抽選会開催日をご確認のうえ、各会場へお越しください。抽選会は指定された時間に開始しますので、時間を厳守してください。

また、抽選会に参加していただいても、希望日が必ず使用できるとは限りません。(大会や管理のため使用不可である場合があります)

平成24年2月29日(水曜日)中央公民館展示品入れ替え

イヤリング2月も終わり、寒さもだいぶ緩んできました。雨の日も増えてきますが、ここで注意をしなくてはいけないことがあります。

それは湿度です。今回の展示品の中に金属製品がありますが、最大の敵ともいえるものが水分なのです。出土品は長く土中にあったことで、すでに脆くなっています。その上に湿度が高くなると、空気中の水分によって錆が進行して壊れてしまうこともあります。

真冬の間は大気が乾燥しているためにそのような心配はなかったのですが、これからの季節は危険です。保護のためには金属製品を撤収しなくてはなりません。まだご覧になっていないという方もいらっしゃると思いますので、短いですがあと一週間、3月8日(木曜日)までの展示とさせていただきます。

純金製なら錆の心配はないのですが、金は表面に一部残っているだけで、本体は銅です。

平成24年2月29日(水曜日)今日が誕生日の人の年齢は・・・

今日は4年に一度の2月29日です。「今日誕生日の人は4年に一度しか年をとらないのかしら」という声を聞いたことはありませんか。実は、『年齢計算ニ関スル法律』によると、年齢が加算されるのは誕生日の前日が満了するときと定められています。つまり2月29日が誕生日の人は、2月28日が完了する瞬間に年齢が加算されていることになりますね。ということは、残念ながら「80歳にしてやっと成人式」ということはないわけです。

同じ理由で、学校では、学年で一番誕生日が早い子は4月2日生まれです。1日前の4月1日生まれの子は一つ上の学年となっています。『学校教育法』では、小学校への就学は「満6歳に達した日の翌日以後における最初の4月1日から」とされていますので、4月1日生まれの子は、3月31日に6歳になり、その翌日の4月1日に小学校への就学が始まります。

平成24年2月28日(火曜日)特別支援教育体制検討会

医療・保健・福祉・労働・教育等の関係者が集まり、特別支援教育の体制について話し合いました。幼少期からの記録が子どもの成長を支える上で大切であることが各機関からの話でわかりました。菊川市ではサポートファイル「えがお」のさらなる活用を目指し、一貫した支援体制を整備したいと思います。

平成24年2月27日(月曜日)軽スポーツ用具の貸出しを行っています

社会教育課では、スポーツをしたいけれど用具が無い、自治会や子ども会でのイベントで使用したい方(市内の方を対象とします)などへの軽スポーツ用具の貸出しをしています。グラウンドゴルフやスポンジテニス、輪投げなどがありますので、希望される方は菊川市教育委員会社会教育課スポーツ振興係(73-1114)へご連絡下さい。

平成24年2月24日(金曜日)菊川運動公園多目的広場芝生グラウンド

芝生グラウンド

皆様のご理解と御協力のもと、人工芝の立派な芝生グラウンドがほぼ完成し、片付けや完成検査を残すのみとなりました。オープニングイベントや施設の予約など、広報きくがわや今後の教育委員会ニュースで掲載していきます

totoロゴマーク

この芝生ク゛ラウント゛は、スホ゜ーツ振興くじ助成金を受けて整備されたものです。

平成24年2月23日(木曜日)黒田家住宅の梅が見ごろを迎えます

黒田家住宅の梅平川地区にある国重要文化財「黒田家住宅」には、13種類180本の梅が植えられた庭園があります。黒田家住宅は現在も所有者が居住しており、通常は非公開となっていますが、梅の開花時期のみ庭園の一部を開放していただいております。
2月22日現在の開花状況は、白い花の梅が6分咲き、赤い花の梅が3分咲きとなっています。梅の種類が多いことから、花の見ごろは2月末から3月半ばまでとなる見込みです。

平成24年2月22日(水曜日)あしなが育英会への募金について

あしなが育英会への募金あしなが育英会への募金2第17回グリーンガーデンコンサート出演者のみなさんと菊川おやじクラブのみなさんが、チャリティーバザーと募金活動の収益金81,221円をあしなが育英会に募金していただきました。東日本大震災で被害に遭われたみなさんが元気になっていただきたい、子どもたちが希望をもって成長して欲しいという願いがこもった大切なお金です。「思いやりにみちた菊川市」の心を受け取ることができました。

平成24年2月22日(水曜日)緊急雇用創出事業について

教育委員会教育総務課では、平成22年度、平成23年度の2年間、国の緊急雇用創出事業の一環として、平成22年度には4名、平成23年度には3名の方に、学校等の施設を管理・整備していただきました。

草刈り剪定主な作業の内容としては、

  • 草取り・草刈り
  • 植木等の剪定
  • 駐車場等のライン引き
  • 体育館等の窓拭き
  • 備品の整理

等があり、多岐にわたり活躍してくださいました。

教育総務課で行っているこの事業は、この2年間で終了しますが、来年度からも、教育施設の維持管理に努めていきたいと思います。

平成24年2月21日(火曜日)菊川市放課後子どもプランの取組み

視察風景「菊川市放課後子どもプラン」とは、学校の授業が終わってから活動している「放課後子ども教室」と「放課後児童クラブ」とがお互いに連携をとり一緒に活動していこうという計画です。2月15日(水曜日)に放課後子どもプラン運営委員が小笠南小学校の活動を視察しました。それぞれの教室・クラブの担当者から今年度の活動や課題等の説明を受け、子どもと一緒になり活動に参加しました。この日、子ども教室では凧作りが行われており、1年生から6年生までの子どもたちが凧にお気に入りのキャラクターを描き、次回活動の凧揚げ本番に向けてオリジナルの凧をつくりました。

竹林さん説明その後、児童クラブの活動では、家庭の雰囲気を取入れた教室でお菓子を食べたり、宿題に取組む子どもたち様子を視察しました。

菊川市には、現在、市内すべての小学校に放課後児童クラブがありますが、放課後子ども教室は市内5校(小笠北小、小笠南小、小笠東小、加茂小、堀之内小)で実施しています。今後、各小学校での実施を目指しておりますが、実施には地域、学校の協力が必要となります。

児童クラブ子どもの自由な遊びを見守っていただける地域の方を募集しております。子どもに何かを教える技術は必要ありません。また、すでに実施している子ども教室においても、同じように子どもを見守っていただける方を募集しております。少しでも興味をもたれた方は、菊川市教育委員会社会教育課(0537-73-1114)までお気軽に御連絡ください。

平成24年2月20日(月曜日)ドッヂビー交流会開催のお知らせ!

ドッヂビーとは来月、3月4日(日曜日)に市民総合体育館で行われる菊川市ドッヂビー交流会開催のお知らせです。

昨年度まで、同時期に行われていた市トリムバレーボール大会が終了し、今年度から新たに取組んでいる「ドッヂビー」を取り上げた交流会を開催します。当日は、8時30分から12時まで行う予定で、当日受付となります。

ドッヂビーとは、布製の柔らかい素材のフライングディスクの事(下記画像参照)で、これドッヂビー競技の様子を使用して色々な種目を行う事です。基本的には、ドッヂボールと同じルールで行うことが多いので、子どもさんから大まで非常に楽しめる種目です。また、この競技は、2013年東京国体開催の際に、デモンストレーション競技種目の1つとして取り上げられます。

来年度は、第1回菊川市ドッヂビー大会を開催しますので、今年度交流会に是非参加し、楽しんでいただき、来年度の大会へも参加して頂きたいと思います。

平成24年2月17日(金曜日)平尾八幡宮の歴史を解説しました

出前行政講座2月17日、徳々サロン(鈴木徳千代代表)が市のまちづくり出前行政講座「文化財ってなんだろう」を西平尾公民館で実施しました。内田地区の平尾八幡宮について、市指定文化財に指定されている神輿や、内田地区出身の国学者栗田土満の書き残した神社の由緒について、勉強会を開催しました。

地元自治会の方およそ30人が参加。会場では、社会教育課の職員が講師となり、市指定文化財に指定されている、寛政7年(1795年)に造られた神輿と、鳥居の礎石に対して栗田土満が与えた影響について、菊川町史等に掲載された記録等を元に解説しました。

参加者は、文化財の由緒を聞くとともに、神社の祭神や由緒の調べる方法や、神輿の由緒や意匠の意味を調べる方法などを学びました。

平成24年2月16日(木曜日)第59回東海四県スポーツ推進委員研究大会参加

太田誠氏の記念講演今月10、11日(金、土曜日)に静岡県浜松で59回目となる東海四県スポーツ推進委員(旧名 体育指導委員)研究大会が、行われ、菊川市体育指導委員が参加しました。

今大会は、2日間に亘って開催され、1日目は全体会がアクトシティー浜松で、2日目は浜松市内4会場に分かれ、各分科会場にて発表市町の日頃の活動実践及び成果を発表しました。

1日目は、約2,500名の方々が参加されました。内容女性部代表岩水さんとして、スポーツ推進委員の功労者表彰、浜松市消防音楽隊による演奏、元駒沢大学野球部監督 太田誠 氏による記念講演が行われました。

2日目は、各分科会に分かれ、菊川市は第4分科会場発表市町として、昨年度より準備を進め、当日を迎えました。会場は、舘山寺サゴーロイヤルホテル内で、運営は焼津市、菊川市、県女性部の手で進行していきました。

会場には、約450名の方々が参加されました。まず、菊川市の発表から始まり、「スポー分科会発表者たちツを通した地域力の向上~スポーツ推進委員の役割~」というテーマで、菊川市の概要から菊川市スポーツ推進委員の今後の課題についてを発表しました。

発表を聞いたスポーツ推進委員からは、驚きに似た声が飛び、菊川市の発表に対して興味を抱いていたように思えます。発表後の質疑応答では、多くの質疑が出され、非常に有意義な発表となりました。

次に、静岡県女性部による健康体操および湖西市スポーツ推進委員 伴 享世さんの「スストレッチを効率よくするにはトレッチを効率よくするには」というテーマで実技研修を行いました。

あわせて、会場内には、菊川茶をより県外の方にも知っていただくために、菊川市体育指導委員の手で、湯茶の接待も行いました。こちらも、かなり盛況で、多くの人から「美味しい!!」との声が聞かれました。中には「このお茶を買いたい。」、「ここでは買えないの?」なども聞かれ、非常に嬉しく思いました。来年度は、60回目の節目となる研究大会となり、三重県にて行われます。

平成24年2月15日(水曜日)横地小増築校舎落成式が行われました

昨年6月から工事を行っていた横地小学校校舎増築工事が完了し、学校主催の落成式が2月15日(水曜日)午後、新校舎2階多目的室で全校児童が参加して行われました。

式の最後に、5年生が育てたもち米を地域ボランティアにより紅白餅にしてもらったお餅を使い、来賓者より子どもたちに餅まきが行われ、落成をお祝いしました。児童代表の言葉餅まき(低学年)餅まき(高学年)

平成24年2月14日(火曜日)静岡県子ども会連合会西部地区事業を菊川市で開催しました

2月12日(日曜日)10時~12時「平成23年度 西部地区モデル子ども会研究発表会」

例年、静岡県子ども会連合会西部地区7市(湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市)が持ち回りで開催しています。今年度は菊川市が開催地となり、六郷地区『ウォークラリー大会』堀之内地区『地域の連携と、てこまいの披露』内田地区『内田名人に弟子入り』の3地区が子ども会活動をそれぞれ発表しました。

子どもたちは本番に強く、育成者230人の前で堂々と発表し、盛大な拍手をいただきました。

六郷地区発表堀之内地区発表菊川市教育委員会社会教育課内田地区発表

2月12日(日曜日)13時~15時半「育成研修会」

午後は育成研修会を開催し、7市(湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市)より133人参加しました。

平成24年度に新しく子ども会の育成者になる方を対象に「望ましい子ども会活動のあり方」や「問題解決の方向」を各市町の事例を参考に協議し、助言者より指導を受けました。

これからの子ども会活動が更に楽しく充実したものになりますように・・・

平成24年2月14日(火曜日)菊川市文芸誌『文苑きくがわ』第6号を来月発刊します

文芸誌既刊菊川市の文芸誌『文苑きくがわ』をご存知でしょうか?毎年、市民のみなさんから随筆や紀行、俳句や短歌などをご投稿いただき、1冊にまとめて3月に発刊しています。今回は第6号の発刊となります。
毎年、投稿してくださる方、今回初めて投稿してくださった方、本当にありがとうございます。編集作業もほとんど終わり、まもなく製本にまわすことができそうです。教育委員会には「もう次の号は出たかね?」と寄ってくださるお客様もみえます。3月中旬~下旬頃、販売を開始する予定ですので、もう少しお待ちくださいね。(1冊300円で菊川文庫、小笠図書館、中央公民館で販売します。)

文苑きくがわ編集委員会

さて、『文苑きくがわ』は現在8名の編集委員の方に編集作業をお願いしています。お忙しい中にも拘わらず、6月の作品募集時期から3月の発刊まで、投稿されたみなさんの作品すべてに目を通し、校正作業を進めてくださっています。細かな文字を何時間も見続けるのは大変な作業です。どうぞ『文苑きくがわ』を手にされた時には、かかわってくださった編集委員のみなさんのことも思い出してくださいね。

平成24年2月13日(月曜日)石原潔教育長が再任されました

平成24年2月10日付けをもって、石原潔教育長が再任されました。これから、平成28年2月9日までの4年間、教育長の職に付くことになりました。

プロフィール

  • 昭和24年10月6日生(現在62歳) 石原潔教育長
  • 天秤座
  • 血液型A 
  • S47.3 順天堂大学(体育学部)卒業
  • S47.4 藤枝市立青島中学校教諭
  • H16.4 御前崎市立浜岡中学校校長
  • H18.4 菊川市立菊川西中学校校長
  • H19.4 菊川市教育委員会教育長

今後の抱負

市民一人ひとりの豊かな個性や創造力を伸ばすために幼児教育から社会教育にわたり、次の方針に沿って「豊かな心を育む市民」の育成に努めます。

1.幼児期にふさわしい生活のできる園づくりがされたまち

2.確かな学力と思いやりに満ちた学校づくりがされたまち

3.地域全体で子どもや青少年を守り育てるまち

4.生涯にわたり様々な学習機会に参加できるまち

5.郷土の歴史文化が尊重され生かされているまち

6.気軽に芸術文化にふれられるまち

7.スポーツをとおして健康で生きがいをもって生活できるまち

平成24年2月10日(金曜日)平成24年度の小中学校授業日が決まりました

それぞれの小中学校では、平成23年度の学校教育の成果と課題を洗い出し、平成24年度の教育課程づくりに生かしています。今は平成24年度の年間予定について大枠が決まり、細かな部分の検討に入っている段階です。

ここでは、小中学校の長期休業の計画についてお知らせします。小学校も中学校も入学式は4月6日です。卒業式は平成25年3月19日です。詳しくは、以下の資料をご覧ください。

また、現時点での学校別の児童生徒数見込み人数もあわせてお知らせします。

平成24年2月9日(木曜日)館蔵品『姫街道展』/歴史街道館

歴史街道館(内部)歴史街道館では、館蔵品『姫街道展』を開催しています。姫街道とは、磐田市見付で東海道から分かれ、浜名湖北岸を迂回し、本坂峠を越え、豊川市御油で合流する東海道の脇街道のことです。

展示は、杉山良雄氏が昭和後期の街道沿いの風景を描いた29枚の水墨画と、絵の題材となった場所の現在の写真や解説パネルを交えて、姫街道を紹介しています。ぜひ、この機会に一度ご来館ください。

平成24年2月8日(水曜日)A New ALT has Come !

新しいALT(Assitant Language Teacher)のマット先生に、先週から菊川市でお勤めいただいています。

マット先生に菊川市の感想を聞きました。

“Kikugawa is a great place.It's quiet and a small town, but the people are very friendly. The schools here are wonderful, and  I'm looking forward to my time in Kikugawa.”笑顔で答えていただきました。

菊川市の皆さんへのメッセージをいただきました。

“Follow your dreams and you will always find happiness.”

先週は、菊川東中学校で勤務していただきました。今週は、菊川西中学校、来週は、岳洋中学校で勤務します。

よろしくお願いします。マット先生2マット先生

平成24年2月7日(火曜日)第23回町部地区節分まつり

5日(日曜日)堀之内体育館で菊川市青少年健全育成会町部支部主催による「第23回節分まつり」が開催されました。当日は、町部地区に住む約200人の青少年等が参加し、地域の人と一緒に、節分にちなんだ紙芝居、じゃんけんゲーム、年男・年女による豆まきセレモニーなどを行いました。2月の寒い季節ですが、子どもたちはそんな状況にも負けず元気いっぱい地域の人との交流を深めました。最後は、豆まきが行われ、ビニール袋いっぱいのお菓子を持った子どもたちは満面の笑みでした。節分まつり全体写真節分まつり年男節分まつり豆まき 

平成24年2月6日(月曜日)第7回菊川市スポンジテニス大会開催

2月5日に菊川市民綜合体育館・小笠体育館で、7回目となる菊川市スポンジテニス大会が開催されました。当日は、一般の部が36ペア、シニアの部が19ペア参加されました。

年々レベルが上がっている大会で、一般の部では激しいラリーの応酬が見られ、シニアの部では緻密な戦略による戦いがあり、各部門での熱戦が繰り広げられました。来年度も、開催予定でありますので、誰でも簡単に行うことのできる生涯スポーツの一つですので、今回参加された方も、そうでない方も来年度は是非ご参加お願いします。スポンジテニス大会シニアの部様子スポンジテニス大会一般の部様子スポンジテニス大会一般の部表彰

以下は今大会の結果です。

一般の部   シニアの部  
優勝 勝又徹・勝又綾子ペア 優勝 後藤正・山本一子ペア
準優勝 松下昌功・渡辺紗弥香ペア 準優勝 高岡正和・山田正利ペア
3位 赤堀耕二・栗田宏介ペア 3位 栗山桂・酒井ひで子ペア
4位 岩井利夫・土井春吉ペア 4位 菅野典子・村松和代ペア

平成24年2月3日(金曜日)菊川市体育指導委員が実技研修および審判講習を行いました。

菊川市体育委員指委員が、毎月第1水曜日に行っている定例会内で2月5日(日曜日)のスポンジテニス大会に向けて、実技を兼ねた審判講習を、2月1日に総合体育館内で行いました。

指導部を中心にして、1~3年目体指を対象に行いました。当日は、とても寒い中でありましたが、「さすが!!体育指導委員」というほど、軽快な動きを見せていました。審判も積極的に行い、5日に向けて有意義な会となりました。

スポンジテニス実技研修1スポンジテニス実技研修2

平成24年2月2日(木曜日)第7回菊川市書き初め展が開催されました

 第7回菊川市書き初め展が、1月28日、29日の2日間、市民総合体育館で開催されました。園児から一般の方々までの3,324点の作品が盛大に展示され、家族連れをはじめおよそ2,000人の来場者でにぎわいました。

また、表彰式では、市長賞を初めとした特別賞受賞者74人を対象に行われ、大勢の受賞者でにぎわいました。

また、特別賞の作品は2月1日から2月12日(日曜日)まで中央公民館に展示しますので、ぜひご覧ください。

特別賞入賞者(市長賞及び議長賞のみ)は下記のとおりです。

市長賞

小笠南幼稚園松下紗弓、牧之原小学校1年(フェルトペン)戸塚琉衣、河城小学校2年(フェルトペン)堀眞大、横地小学校1年内藤有咲、河城小学校2年鈴木悠真、堀之内小学校3年杉山光輝、六郷小学校4年大林美里、河城小学校5年村瀬妃咲、河城小学校6年山村麻莉、菊川東中学校1年大橋帆花、菊川西中学校2年中川美来、岳洋中学校3年山下明恵、掛川西高校鶴田ひかり

議長賞

中央幼稚園戸塚まほ、河城小学校1年(フェルトペン)道下もえ、河城小学校2年(フェルトペン)堀内千景、小笠北小学校1年鈴木結那、六郷小学校2年赤堀雅、内田小学校3年野中彩智、六郷小学校4年杉田沙都、六郷小学校5年青野夏美、堀之内小学校6年堀光太郎、常葉菊川中学校1年村松奏南、岳洋中学校2年松下詩歩、菊川西中学校3年岡本夏奈、常葉菊川高等学校秋山恵里

全景 展示 特別賞展示

席書 賞状授与

平成24年2月2日(木曜日)県大会出場チームが教育長を表敬訪問しました!

1月31日に、第38回静岡県小学生バレーボール選抜優勝大会静岡県大会へ出場される小笠東VSCと小笠北VSCが教育長表敬訪問を行いました。

両チームは、2月5日(日曜日)に小山町総合体育館で行われる同大会へ出場されます。また、出場するにあたり、西部地区大会において東VSCが3位入賞、北VSCが4位入賞を果たし、県大会出場権利を得ました。

選手挨拶では、小笠東VSCキャプテン 鈴木愛理 さん、小笠北VSC 赤堀藍良 さんがそれぞれ県大会での意気込み・抱負を述べました。また、石原潔教育長から激励の言葉を受け、より一層選手たちの大会への気持ちが高まっているように思えました。

また奨励金授与では、対象である小笠東VSCを代表して鈴木愛理 さんが代石原教育長より奨励金を授与されました。

今回だけでなく、今後も期待できるチームなので、今後も応援をよろしくお願い致します。以下は各チーム紹介です。

小笠東VSCは、5年生5名、4年生4名、3年生2名、2年生1名の合計12名で活動しているチームです。6年生がいない中で、他のチームと試合を行いながら、着々と実力をつけてきました。また、平均身長が他の参加されるチームより10センチほど小さく、レシーブ中心のスタイルで闘います。

小笠北VSCは、5年生2名、4年生6名の合計8名で活動しているチームです。上級生の人数が少なく、下級生とともには力をあわせて1つ1つの試合に臨んでいます。県大会でもチーム一丸となって闘います。

教育長激励 奨励金授与 集合写真(小笠東・小笠北)

平成24年2月1日(水曜日)劇団四季こころの劇場観劇

観劇1観劇3市内小学6年生が、ミュージカル「はだかの王様」を観劇しました。「この話知ってるよ」などと話しながら、開場を楽しみにしていた子どもたち。一緒に歌を歌ったり、大笑いしたりして楽しみました。子どもたちからは、「すごいダンスなのに笑顔でやってたよ。」「王様とアロハがおもしろかったね。」などの感想が聞こえました。正直に生きることを教わるアンデルセンの有名な童話ですが、「幸福ってやつは見えないものなんだからね。」という台詞に、信じる心の大切さも実感しました。

教育委員会ニュースのバックナンバー

 

よくある質問と回答

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市教育文化部教育文化部調整室

電話:(0537)73-1136

ファックス:(0537)73-6863

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?