• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > くらし > ねこの飼い方・マナー

ここから本文です。

更新日:2018年7月20日

ねこの飼い方・マナー

ペット(ねこ)の飼い方についてのお願い

私たちの生活において、犬やねこなどのペットは心を癒し潤いを与えてくれます。そんなかけがえのないペットたちも飼い主のマナーやしつけによっては、周囲でのトラブルの原因になってしまいます。市役所にペットに関する苦情が寄せられることもあります。

人にもねこにもやさしい飼い方

放し飼いにしている飼育ねこや野良ねこは、ふん尿やごみあさりにより地域を汚したり、様々な病気を媒介するため、地域での苦情とトラブルのもととなっています。次のことを守ってねこを飼うことが大切な家族の一員であるねこのためにもなります。

室内で飼いましょう

ねこはえさが十分にあれば広い生活空間は必要ありません。上下に運動ができるようにタンスや棚の上を整理したり、遊具をそなえたりしましょう。

不妊・去勢をしましょう

不幸なねこを増やさないだけでなく、ねこの性質がおだやかになる傾向があります。

トイレのしつけをしましょう

最初は何種類か用意して、ねこの好みに合った物を見極め、使いましょう。

えさの管理をきちんとしましょう

飼い主は、決まった場所で決まった時間に与えて、食べ残しは回収して掃除しましょう。 また、飼う意志がないねこにえさを与えていると、そのねこはどこにでもふん尿をして周辺地域の方に大変迷惑をかけることになります。このような行為は絶対に止めるようにしましょう。

終生飼育をしましょう。

一度飼い始めたら生涯飼うことが飼い主の責任です。
動物を置き去りにしたり、捨てることは犯罪です。
(100万円以下の罰金:動物の愛護及び管理に関する法律第44条)
やむを得ず飼えなくなってしまう場合には、新たな飼い主探しに努めてください。


よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市生活環境部環境推進課

電話:(0537)35-0916

ファックス:(0537)35-0981

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?