• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > 市長フォトニュース(月別) > 平成31年3月市長フォトニュース

ここから本文です。

更新日:2019年3月12日

平成31年3月市長フォトニュース

3月10日(日曜日)

菊川ジュニアビレッジ2018年度事業報告会が開催されました

菊川ジュニアビレッジメンバーによる2018年度事業報告会が、菊川市商工会で開催されました。同部員8人が、同事業に協力した農家や地域住民、企業、講師などおよそ50人を前に、1年間の成果を発表しました。
農業をとおして、小・中学生の「生き抜く力」を育むことなどを目的に、市が2016年度から実施している菊川市農学芸スクール事業の一環。小・中学生のメンバーが、生産から商品開発、販売まで、年間を通じて農業ビジネスに挑戦してきました。また、今年度から活動を開始した神奈川県「横須賀ジュニアビレッジ」、千葉県「柏の葉ジュニアビレッジ」の活動報告も併せて実施され、部員たちはビデオ通話をしながらそれぞれの活動について堂々と発表しました。

挨拶 会場の様子 会場の様子

 

3月8日(金曜日)

岡本優真さんが市長と教育長を表敬訪問しました

「第16回高校生科学技術チャレンジ」にて文部科学大臣賞を受賞した掛川西高校2年生の岡本優真さんが、太田順一市長と松本嘉男教育長への表敬訪問のため、市役所本庁を訪れました。
川や海の水に含まれるDNAを調べ、どんな生物が生息しているか突き止める環境DNA調査。自然科学部に所属する岡本さんは、塚本颯さんと協力し魚など水生生物の生態を探るのに活用させるこの手法を空気中で試したら?という思いつきから研究をはじめました。そして、夜行性で目視による研究が難しいフクロウの「環境DNA」を空気中から検出することに成功した功績が認められました。
岡本さんは、「5月には、アメリカ学会で私たちの研究を発表します。世界に自分たちの研究を発信できるチャンスを掴むことができたのは、先生や家族などの支えがあったからです。さまざまな国の人との交流を楽しみ、全力で発表してきたいです」と意気込みを語りました。太田市長は、「ぜひ、今回の研究成果を発展させ次に生かしてほしいです。5月の発表を楽しみにしています」と激励しました。

訪問の様子  訪問の様子

 

3月1日(金曜日)

第2回菊川市総合教育会議が開催されました

0301教育会議中央公民館で第2回菊川市総合教育会議が開催されました。この会議は、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」により、設けることが義務付けられているものです。太田順一市長や松本嘉男教育長、市教育委員が参加し、意見・情報交換を行いました。
今回の会議では、平成31年度施政方針や教育文化部の運営方針、こども未来部の新設に関する報告が行われました。

  

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市総務部秘書広報課

電話:(0537)35-0924

ファックス:(0537)35-2117

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?