• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 災害用備蓄食料の有効活用について

ここから本文です。

更新日:2019年3月27日

災害用備蓄食料(アルファ化米)の有効活用について

災害用備蓄食料(アルファ化米)の有効活用について

 消費期限間近の災害用備蓄食料(アルファ化米)を無償配布いたします。

 これまで賞味期限間近の備蓄食料は、地域での防災訓練で使用いただき有効活用を行っていましたが、さらに広く菊川市の備蓄食料を知っていただき、防災啓発を図るため、法人・団体の皆様へ無償配布を行います。

配布物資の概要

 

 <災害用炊出米(アルファ化米)の内容>

数 量 備   考
1箱
(50食/箱)
箱内のビニール袋にお湯または水を注水し、炊き出し米を作るもの。
(※1度に50食分を作るもので、1食ごと分割されてはいません。)
梱包サイズ(約):42cm×31cm×24cm 容器、箸等が入っています。
味につきましては指定できませんので御了承ください。

 

対象者

 菊川市内の法人・団体(自主防災会、NPO、社会福祉法人、企業等)

申し込み受付期間

 随時受付。(準備がありますので引き渡しが必要な日から7日前にご連絡ください。)

引き渡し場所

 菊川市役所 本庁舎 2階 危機管理課 

申し込み方法

 1.以下の条件をすべて満たすことを確認すること。

  (1)転売は、しないこと。

  (2)引き渡しは、箱単位になります。1度に50食分を作るもので、1食ごと分割で引き渡しはできません。

  (3)自ら引き渡し場所に取りに来てください。

  (4)アルファ化米は、防災訓練等・防災に関連することで使用するものとしてください。

  (5)賞味期限内に食べきり、賞味期限を過ぎたものは、適切に処分してください。

 2.危機管理課に電話・FAX等にて直接お申込みください。

  電話:0537-35-0923  FAX:0537-35-2200 

  Email:kikikanri@city.kikugawa.shizuoka.jp

   お申し込みの際に、必要な箱数、法人・団体(自主防災会、NPO、社会福祉法人、企業等)の団体名、連絡先、用途を確認させていただきます。

その他

 ・お申し込みは先着順となりますので、提供可能数を超過した時点でお申し込みを終了させていただきます。

 ・申込数に上限はありませんが、賞味期限内に消費できる量で申し込みください。

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市危機管理部危機管理課

電話:(0537)35-0923

ファックス:(0537)35-2200

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?