• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2021年9月17日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

市民の皆さまへ(9月17日市長メッセージ)

市内では、8月から新型コロナウイルス感染者の発生が急増しています。9月に入ってからも感染状況は収まる様子もなく、昨日16日には市内においてクラスターの発生も確認されました。
市民の皆さまには、これまでも徹底した感染症対策や慎重な行動を実践していただいておりますが、この状況を食い止めるには、市民総ぐるみで感染拡大のリスクを封じ込めなければなりません。本市で暮らす市民として、全ての方々が感染しない、感染させないよう予防対策を徹底する必要があります。
大切なご家族や友人、そして自分を守れるかは、皆さま一人ひとりの行動に掛かっています。安心できる日常が取り戻せるよう、今こそ市民一丸となって、この困難を乗り越えていきましょう。
最後に、感染された方には、一日も早い回復をお祈りいたします。市民の皆さまには、決して感染者の特定や誹謗中傷をしないよう、思いやりの気持ちと冷静な行動を改めてお願いします。
【感染防止のお願い】
・日中も含めた不要不急の外出を自粛してください。
・飲食時の黙食と会話時のマスクの着用を徹底してください。

市長メッセージ(ポルトガル語版)(PDF:195KB)
市長メッセージ(英語版)(PDF:196KB)

市民の皆さまへ(8月17日市長メッセージ)

8月16日、静岡県は「まん延防止等重点措置」の対象区域に菊川市を含む9市町を加えることを決定しました。
これにより県内では、川根本町を除く全ての市町が18日から「まん延防止等重点措置」の対象区域となります。また、20日からは国の「緊急事態宣言」が発出されます。
今回の措置により、8月18日から「飲食店・大規模集客施設等に対する営業時間の短縮」を要請いたします。
飲食店におかれましては、午後8時までの営業時間の短縮と酒類の提供の停止をお願いいたします。また、1,000平方メートル超の大規模集客施設(商業施設)につきましても、同様に午後8時までの営業時間の短縮をお願いすることといたします。
市民や事業者の皆さまにおかれましても、あらためて感染が拡大している地域との不要不急の往来や同居家族以外の多人数での飲食の自粛、可能な限り人との接触機会を減らすなどの「感染しない、感染させない」ための行動を心掛けてください。
一人ひとりの小さな行動の積み重ねが、大切なご家族や友人、そして自分を守ることに繋がります。
何としても平穏な日常を取り戻すため、一丸となって頑張っていきましょう。

市民の皆さまへ(8月13日市長メッセージ)

これまでも市民や事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症対策について、様々な取り組みへのご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
静岡県では、新規感染者の急速な拡大に伴い、8月6日にまん延防止等重点措置の区域に22市町を指定し、8月12日には磐田市、藤枝市、焼津市の3市が加えられました。
県全体の感染者数も3日連続で過去最高を記録するなど、極めて厳しい状況にあります。
お盆、夏休みの時期ではありますが、感染の拡大を抑えるため、真に必要な移動を除き、県外及び県内の措置区域への移動を回避してください。
市民や事業者の皆さまには感染防止対策にご協力いただいておりますが、感染拡大が私たちの身近に確実に迫ってきている深刻な状況をご理解いただき、平穏な日常を取り戻すためご協力をお願いいたします。

市民の皆さまへ(8月10日市長メッセージ)

県内における新規感染者の急速な拡大により、医療体制のひっ迫度合いが非常に高まっていることから、8月6日に県の警戒レベルが「6(厳重警戒)」に引き上げられました。
また、8月8日から8月31日までを期間とした「まん延防止等重点措置」の適用対象に静岡県が追加されるなど、これ以上の感染拡大を食い止められるかどうかの重大局面を迎えています。
菊川市は措置区域の対象からは外れておりますが、変異株の感染力の強さを踏まえ、真に必要な移動を除いた不要不急の外出や県境を跨ぐ移動の自粛、県内措置区域との移動・往来の回避など、感染防止行動の徹底が必要です。
これまでも市民の皆さまには感染防止対策にご協力をいただいておりますが、一層のご注意とご協力をお願いいたします。

まん延防止等重点措置に係る静岡県の対応方針(令和3年8月6日)(PDF:203KB)

市民の皆さまへ(8月2日市長メッセージ)

市民や事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症対策について様々な取り組みへの御協力をいただき、心より感謝申し上げます。
全国で感染力が極めて強いデルタ株の感染が拡大しており、静岡県においては感染者数の増加などを受け、警戒レベルを「5(特別警戒)」に引き上げました。
8月に入り夏休みやお盆休みを利用した帰省、イベントへの参加など、人の流れによる感染拡大が予想されることから、最大限の注意が必要です。
県境を跨ぐ不要不急の交流は自粛いただくとともに、以下の対策に取り組まれるようお願いいたします。

  1. 「マスクの着用」の徹底や人と人の距離を確保するなど、基本的な感染防止対策を徹底し、自分や相手が感染しているかもしれないという意識を持って、注意して行動してください。
  2. 同居の御家族以外の方と食事をする際には、「食事は黙って食べ」、「会話をする時はマスクを着用」してください。その場合も、できる限り少人数で行ってください。
  3. 訪問先の施設で、感染防止対策が十分行われているかは訪問前に必ず確認してください。「対策が不十分な店への訪問はしない」ということの徹底をお願いいたします。

市民の皆さまへ(5月17日市長メッセージ)

日頃より感染防止対策にご協力いただいておりますこと、心よりお礼申し上げます。
感染力が強く、一気に広がりやすい変異株への感染が全国で急増しており、深刻な状態が続いています。こうした状況を踏まえ、静岡県は5月14日に本県の感染状況を「警戒レベル5(特別警戒)」国の指標で2番目に深刻な「ステージ3(感染者急増)」に引き上げることを決定しました。
本市においてもゴールデンウィーク明けに感染者が急増しており、より厳格な感染防止対策が必要であることから、以下の留意点に沿った行動をお願いいたします。

【皆さまへのお願い】

  1. 感染拡大地域をはじめ、全ての都道府県との不要不急の交流は自粛願います。
  2. 感染力が強い変異株への感染防止のため、「マスク着用」の徹底、「3密(密閉、密集、密接)は1密でも避ける」など、基本的な感染防止対策の強化、徹底をお願いします。
  3. 同居のご家族以外の方と食事をする際には、できる限り少人数で「食事は黙って食べる」「会話は必ずマスクを着用する」ことをお願いします。
  4. 屋外でのバーベキューによる感染拡大が見られます。マスク非着用での会話が危惧される場合は、普段ご一緒の方以外とのバーベキューなどは自粛くださるようお願いします。
  5. 新型コロナウイルスに関連した誹謗中傷や差別的対応をすることがないよう、正しい情報に基づく冷静な行動をお願いします。

今後も我慢の状態が続きますが、感染の爆発的増加を抑える重要な局面です。この危機を乗り越えて行くために、市民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

市民の皆さまへ(4月30日市長メッセージ)

これまでも感染防止対策にご協力いただいておりますことに、心よりお礼申し上げます。
全国で感染力の強い変異株による感染拡大が継続しており、東京、大阪、京都、兵庫を対象に、4月25日から5月11日までを期間とする新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発出されています。また、神奈川、愛知など7県を対象に、まん延防止等重点措置が適用されております。
大型連休に入り、外出やご家族、知人と共に過ごす機会もあるかと思いますが、人の移動や人に会うことには感染リスクが伴います。感染が心配される地域への不要不急の訪問は極力回避いただくようお願いします。
県内においても、変異株の感染者が増加しています。感染拡大防止と医療提供体制の維持のため、マスクの着用や人混みを避けるなど、感染防止に最大限の注意をお願いします。

市民の皆さまへ(3月19日市長メッセージ)

東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に出されていた緊急事態宣言が3月21日で解除となります。
市内では、2月から1か月ほど、新型コロナウイルス感染者の発生はありませんが、県内では毎日、感染者が発生しており、県の警戒レベルも「4」と高い状態が続いております。
これから、卒業や入学、就職や人事異動と人が動く時期を迎え、また、暖かくなり活動しやすい季節となります。お花見や大人数での飲食等が原因で感染が拡大しないよう、気をゆるめることなく、引き続き感染拡大防止へのご協力をお願いします。
なお、新型コロナウイルスワクチン接種については、本市におきましても準備を進めており、広報菊川やホームページ、SNS等により、今後も情報発信をしてまいります。
最後に、感染された方やご家族、医療従事者等へ差別や誹謗中傷をすることが無いよう、正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いいたします。

市民の皆さまへ(2月3日市長メッセージ)

昨日、政府は東京都など10都府県を対象に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を2月8日から3月7日まで1か月間延長すると発表しました。
静岡県は東西を緊急事態宣言が出されている県に挟まれており、今後も感染拡大リスクは高いと考えられ、医療提供体制のひっ迫が懸念されています。
静岡県で1月に確認された英国由来の変異株については、その後現時点で新たな感染事例は確認されていませんが、広がりの不確実性が残っていることから引き続き「感染拡大緊急警報」は発令されています。県内の感染状況は皆様のご努力により改善傾向にありますが、市内においては未だ感染者の確認が続いています。
市民の皆様には、感染拡大防止と医療提供体制の維持のため、緊急事態宣言発出中の都府県や独自の緊急事態宣言を発出している県への不要不急の訪問を回避していただくようお願いするとともに、これまで同様に感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

市民の皆さまへ(1月8日市長メッセージ)

東京都と埼玉、千葉、神奈川の3県を対象に、1月8日から2月7日までを期間とする新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令されました。
感染拡大は対象地域だけでなく全国的にも広がっており、新規感染者数が過去最多を更新する日が続いています。
また、静岡県内でも接待を伴う飲食店でのクラスターや、年末年始の帰省により家庭内で感染した事例も報告されています。
明日から3連休となりますが、この1カ月間、市民の皆さまには、感染拡大地域との不要不急の往来を極力避けていただくようお願いします。また新年を迎え会食の機会もあるかと思いますが、大人数での飲食は控え、常に感染防止対策を徹底するよう併せてお願いします。
一人一人が自覚し対策することが、市民全体の感染拡大防止につながります。感染爆発の恐れがあるこの危機を、共に乗り越えていきましょう。
最後に、新型コロナウイルスに感染された方々や、医療従事者の方々への誹謗中傷、差別的対応が決して行われることがないよう、全ての皆さまにお願い申し上げます。

【皆さまへのお願い】
・人が移動すること自体が高いリスクであることを強く認識していただき、感染拡大地域との不要不急の往来は極力避けてください。
・「外出時や会話時のマスクの着用」「こまめな手洗いや消毒」「人と人との距離の確保」「適切な換気の実施」など「新しい生活様式」を徹底してください。
・会食は1テーブル4人以下での少人数とし、会話の時はマスクをして飛沫が飛ばないように努めてください。
・店舗等においては、各業種組合のガイドラインに基づき、換気、消毒、清掃の徹底など感染しにくい環境の確保をお願いします。

市民の皆さまへ(12月25日市長メッセージ)

以下、メッセージ動画の内容です。
市民の皆さまには新型コロナウイルス感染予防にご協力をいただき心よりお礼申し上げます。年末年始は私たちにとって特別な時期です。半年以上新型コロナウイルスとの戦いが続くなか、年末年始こそは、親族や親しい友人に会いたいと考えている方も多いと思います。しかしながら、年末年始の帰省や訪問を通じてさらに感染が拡大すると医療が逼迫し、経済にも大きな影響が及ぶ恐れがあります。このため、県では来年1月11日まで「年末年始のコロナ特別警戒」を実施し、集中的に注意を呼び掛けています。市民の皆さまには、これまでの対策に加え、ご自身とまわりの大切な方の命を守るため、特に以下のことに気を付けていただくようお願いします。

  1. 新年会や忘年会など飲酒を伴う機会が多くなりますが、会食はなるべく普段から一緒にいる人と少人数でお願いします。
  2. 国のGoToイート事業については、12月28日から1月11日までの間、すでにお持ちの食事券やポイント支払いの利用を自粛いただくようお願いします。
  3. 年末年始の帰省は、とりわけ高齢の方々の感染リスクを高めます。不要不急の帰省は控えていただき、やむを得ず帰省する場合は、帰省前から大人数や長時間の飲食を控え、検温など健康管理を徹底してください。
  4. 感染防止対策が不十分な施設への訪問は控えるようお願いします。

最後に、新型コロナウイルスに感染された方々や、医療従事者の方々への誹謗中傷や差別的対応が散見されます。こうした行為が決して行われることがないよう、全ての皆さまにお願い申し上げます。

市民の皆さまへ(11月17日市長メッセージ)

11月17日、本市におきまして、新型コロナウイルス感染者1名が確認されました。詳細については静岡県が公表したとおりであり、本市のホームページにも掲載をいたしました。
感染された方の一日も早い回復をお祈りいたします。
市民の皆さまには、必要以上に不安に思われることのないよう、引き続き「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」の徹底など、基本的な感染防止対策を守るとともに、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意していただくようお願いします。

感染リスクが高まる「5つの場面」について(PDF:300KB)

市民の皆さまへ(11月11日市長メッセージ)

県内では、浜松市や伊豆の国市などでクラスターが発生し、散発的な感染も継続していることから、11月6日に県は警戒レベルを「県内注意」から「県内警戒」となるレベル4に引き上げました。
市民の皆さんにおかれましては、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意し、引き続き感染防止対策を徹底してください。
また、これから飲酒を伴う会食の機会が増える時期となりますが、少人数・短時間で席の配置を斜め向かいにするなど、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫をお願いします。飲食店においてもガイドラインを遵守するなど、市全体で感染予防と社会・経済活動の両立を図る取り組みをお願いします。
新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する可能性があります。自分もいつ感染してもおかしくないと考え、感染者のみならず、医療従事者をはじめ皆さんの暮らしを支えている方々、その家族などに対し、思いやり、支えあいの気持ちをもつようお願いいたします。

感染リスクが高まる「5つの場面」について(PDF:300KB)

市民の皆さまへ(10月23日市長メッセージ)

10月23日、本市におきまして、新型コロナウイルス感染者1名が確認されました。詳細については静岡県が公表したとおりであり、本市のホームページにも掲載をいたしました。
本日感染が確認された方は、21日に公表された方の同居家族とのことです。感染された方々の一日も早い回復をお祈りいたします。
市民の皆さまには、必要以上に不安に思われることのないよう、引き続き「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」の徹底と、「三つの密」の回避などの感染予防行動をお願いします。

市民の皆さまへ(10月21日市長メッセージ)

10月21日、本市におきまして、新型コロナウイルス感染者1名が確認されました。詳細については静岡県が公表したとおりであり、本市のホームページにも掲載をいたしました。
感染された方の一日も早い回復をお祈りいたします。
市民の皆様には、不安に感じられる方もいるかと思いますが、不確かな情報などに惑わされ、誹謗中傷につながることがないよう冷静な対応をお願いするとともに、引き続き基本的な感染予防対策の徹底をお願いします。

市民の皆さまへ(8月12日市長メッセージ)

連日暑い日が続くなか、市民の皆さまには新型コロナウイルス感染予防にご協力をいただき心よりお礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染状況は、東京都、愛知県、大阪府をはじめ福岡県、沖縄県でも感染者が大幅に増大しています。
静岡県内でもマスク非着用での歌唱や大声での会話などの感染リスクの高い行為によりクラスターが発生しています。
この時期、県外に住む家族が帰省したり、県外の実家へ帰省するなどの予定がある方もいると思いますが、感染者が増大している地域間の人の移動は、感染リスクが非常に高まりますので回避するようお願いします。
また、それ以外の地域でも急に感染が拡大する場合もあることから、訪問先の状況を確認し行動するなど、感染防止対策に努めていただくようお願いします。
市民の皆さまには、ご自身とまわりの大切な方の命を守るため、感染防止対策を徹底するようお願いします。

菊川市情報配信サービス「茶こちゃんメール」の登録について
市では、新型コロナウイルス感染症関連の重要なお知らせなどのさまざまな情報をメールで配信しています。どなたでも無料で登録できます。家族や友人などまわりでまだ登録されていない方がいましたら、この機会にぜひ登録いただきますようお知らせください。
菊川市メール情報配信サービス「茶こちゃんメール」登録

市民の皆さまへ(7月28日市長メッセージ)

新型コロナウイルスの感染状況は、静岡県内でも熱海市や浜松市でクラスターが発生するなど感染者が急増しており、市内においても感染者が発生する可能性が非常に高まっています。
静岡県が本日発表した警戒レベルは、「県内注意」から「県内警戒」となるレベル4に引き上げられており、今後の感染拡大を抑止する上で重大な局面を迎えています。
市民の皆さまには、「3つの密」の回避の徹底と、感染者が多い地域への移動は控えていただくようお願いしているところですが、これまで感染が収まっていた地域でも、急に感染が拡大している所があるため、訪問先の状況を確認し行動するなど、最大限の感染防止対策をお願いします。

市民の皆さまへ(7月22日市長メッセージ)

市民の皆さまには、日ごろから新型コロナウイルス感染予防にご協力をいただき心よりお礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染状況につきましては、全国的に再び拡大傾向にあり、一日の新規感染者数は全国に緊急事態宣言が発令された時期と同じ水準となっています。
静岡県内でもクラスターが発生するなど、この1週間で19人の新規感染者が確認されており、本日発表された警戒レベル情報も「感染限定期」から、「感染移行期・前期」へと引き上げられ、感染拡大の危険性が非常に高まっています。
菊川市では、市民の皆さまの高い意識と取り組みにより、ここ3ヶ月間感染者は確認されていませんが、全国や県内の発生状況を踏まえると、市内での新規感染者の発生も懸念されます。
これから連休や夏休みなど、人の移動が活発になる時期となりますが、市内で感染者を発生させないために、皆さまにおかれましては、改めて「3つの密」の回避の徹底と、感染者が多い地域への移動やクラスターが発生している場所への訪問など感染リスクの高い行動は控えていただきますようお願いいたします。

市民の皆さまへ(7月10日市長メッセージ)

梅雨前線による記録的な豪雨により、亡くなられた方々とご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また、被災されたすべての皆さま方に心からお見舞いを申し上げます。
市民の皆さまには、大雨が心配される中でありますが、新型コロナウイルス感染予防にご協力をいただき心よりお礼申し上げます。
都道府県をまたぐ移動の自粛が全面的に解除され3週間が経過しました。感染拡大は限定的となっていますが東京都など首都圏では感染者が急増しており、見えない感染者が市中にいる可能性が非常に高まっています。東京都への移動については特に慎重に行動してください。
経済活動が再開しイベント等の制限も緩和されるなど人の移動が活発になっている中、皆さまにおかれましては、あらためて「3つの密」の回避を徹底し感染から身を守る行動をお願いします。
また、感染症対策のほか、土砂災害にも注意し風水害への備えもお願いします。

市民の皆さまへ(6月19日市長メッセージ)

市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染予防のため、日々ご努力とご協力をいただき心よりお礼申し上げます。
6月19日から都道府県をまたぐ移動の自粛が全面的に解除されることとなりました。
静岡県では県境をまたぐ行動制限について、現在の県内外の感染状況をふまえ毎週公表しているところですが、最近の県内の感染原因は主に首都圏の「見えない感染者」からと推定されることから、危機感を持っています。
皆さまにおかれましては、移動制限が解除となり、県外の方と会う機会も増えることと思いますが、引き続き感染予防行動の徹底とクラスター発生場所等への訪問を自粛するなど、感染から身を守ることを心掛けていただくようお願いします。

市民の皆さまへ(6月5日市長メッセージ)

5月25日にすべての都道府県で緊急事態宣言が解除され、本市においても感染防止対策を講じたうえで、小中学校の授業や公共施設の使用を順次再開しました。皆さまから申請をいただいた特別定額給付金につきましても、速やかにお届けできるよう対応しているところです。
緊急事態宣言は解除となりましたが、今後も持続的な感染拡大防止対策と社会経済活動の両立のため、新しい生活様式の定着を図りながら第2波・3波への備えをしっかり行っていくことが重要です。
また、感染症の拡大に端を発した差別や偏見、誹謗中傷などの人権侵害も大きな問題です。感染者やご家族、濃厚接触者のほか医療従事者などエッセンシャルワーカーと呼ばれる、日常生活を維持するために日々働き続けていただいている方々への不当な差別等はあってはならないことです。
正しい情報に基づいた冷静な行動と、引き続き基本的な感染予防対策にご協力いただきますようお願いいたします。

市民の皆さまへ(5月15日市長メッセージ)

5月14日、静岡県を含む39県で緊急事態宣言が解除されました。
市民や事業者の皆さまには不要不急の外出自粛や休業などにご協力いただき、心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルス感染症により、市内の経済活動や教育環境などを始め地域社会は大きな影響を受けております。今後も国や県と連携し支援に努めてまいります。
一方、解除された地域でも基本的な感染防止対策を徹底し継続していく必要があります。皆さまには感染症の再拡大を防ぐため、国が示している「新しい生活様式」の実践、新たに提示された3つのお願い「少しずつ段階的に」、「前向きな変化はできる限り続ける」、「日常のあらゆる場面でウイルスへの警戒を怠らない」ことにもご協力いただきますようお願いいたします。

・「新しい生活様式」について

市民の皆さまへ(4月24日市長メッセージ)

新型コロナウイルス感染症の拡大を抑制するため、菊川市では感染拡大につながる恐れのある飲食店や宿泊施設などを対象に、4月25日から5月6日まで休業要請を行うことといたしました。
休業要請に協力いただける市内中小企業及び個人事業主には、1事業者あたり30万円の協力金を支給させていただきます。
市民の皆さまには、大型連休期間中の感染症拡大を防止するため、引き続き不要不急の外出を控えていただくとともに「3つの密」を避ける行動、手洗いやマスクの着用などの予防対策をお願いいたします。

市民の皆さまへ(4月17日市長メッセージ)

昨日、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑制するため、「緊急事態宣言」の対象地域が、全都道府県に拡大されました。
市民の皆さまには、大変なご苦労やご不便をおかけすることになりますが、引き続き、不要不急の外出は控え、正しい情報に基づき、冷静な行動をとられるようお願いいたします。

市民の皆さまへ(4月7日市長メッセージ)

先ほど政府は、東京など感染の状況が深刻な地域を対象に改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を発令しました。
都市部を中心に、感染者が急増し、感染経路不明者も増加している状況です。
本市におきましても、新型コロナウイルス感染者が確認され、静岡県と連携し、感染拡大防止のために必要な対策を、進めています。
皆さまには、緊張感を持ちつつ、冷静な行動を心がけるようお願いします。特に4月、5月は、ご家族や知人の帰郷・上京などにより、東京や大阪などの人口集中地域の方と接する機会が多い時期となりますが、国内の感染が収束するまではできる限り避けていただくようお願いいたします。

市民の皆さまへ(4月3日市長メッセージ)

3月31日、本市におきまして新型コロナウイルス感染者1名が確認されました。この患者の濃厚接触者5名については、PCR検査の結果が陰性であったことが報告されました。
昨日、東京都では新たに97人の感染が確認され、1日に確認された人数としては過去最多を更新するなど、国内においては感染が広がり続けている状況であります。
また、市民からも感染者が増えてくることへの不安の声が寄せられており、こうした状況を踏まえ、市役所職員にも新型コロナウイルス対策のため自覚を持った行動をとるように指示したところであります。
市民の皆さまにおかれましても、ご家族や知人の帰郷・上京などにより、東京や大阪、愛知などの人口集中地域の方と接する機会が多い時期となりますが、国内の感染が収束するまではできる限り回避してくださるようお願いいたします。

市民の皆様へ(4月1日市長メッセージ)

3月31日、本市におきまして、新型コロナウイルス感染者1名が確認されました。
詳細については静岡県が公表したとおりですが、現在、静岡県と連携を取り、感染拡大防止のために必要な対策を講じているところです。
市民の皆様には、引き続き集団感染のリスク3条件である「密閉」「密集」「密接」に留意することと合わせ、日常の手洗い、うがい、咳エチケットなどの徹底をお願いするとともに、緊張感を持ちつつ冷静な対応を心がけるようお願いいたします。


 

よくある質問と回答

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市危機管理部危機管理課

電話:(0537)35-0923

ファックス:(0537)35-2200

部署名:菊川市健康福祉部健康づくり課

電話:成人保健係(0537)37-1112

ファックス:(0537)37-1113

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?