• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

保育園

保育園とは

保護者が就労または疾病等により、保育が必要と認められる場合に、保護者に代わり保育園での保育を実施します。

 保育園一覧

公立保育園(平成29年度現在)

園名

所在地

電話番号

開所時間

延長保育時間

牧之原保育園

牧之原市東萩間1987番地5

0548-27-2223

8時15分~16時15分

7時15分~
~18時15分

 

私立保育園(平成29年度現在)

園名

所在地

電話番号

開所時間

延長保育時間

菊川保育園

潮海寺41番地2

35-2562

7時~18時

~19時

愛育保育園

堀之内69番地

28-8311 

8時~19時

7時30分~

横地保育園

東横地1729番地

36-3318

8時~19時

7時~

河城保育園

友田15番地3

36-4667

7時~18時

 

双葉保育園

本所2227番地1

36-5031

7時~18時

~19時

ひかり保育園

下平川2115番地2

73-2471

8時~19時

7時~

ひがし保育園

川上1410番地1

73-5312

7時30分~18時30分

みなみ保育園

高橋2830番地

73-4360

7時30分~18時30分

保育園への入園資格

保護者が次のいずれかに当てはまり、児童の保育が必要と認められる場合です。

  • 家庭の外で仕事をしている場合 (1ヵ月64時間以上の就労)
  • 家庭内で児童と離れて日常の家事以外の仕事をしている場合 (1ヵ月64時間以上の就労)
  • 母親が出産の前後の場合 (予定日の月から前3ヵ月、後ろ3ヵ月)
  • 病気にかかったり、負傷したり、精神、もしくは身体に障害のある場合
  • 長期にわたり、病気、もしくは身体に障害のある同居の家族を常に看護している場合
  • 震災や風水害や火災などの災害にあい、災害の復旧にあたっている場合
  • 求職活動をしている場合
  • 育児休業取得時に、すでに保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要である場合
  • 学校等への就学の場合
  • その他市が保育を必要と認める場合

入園の手続き

保育園入園について

   平成27年4月から、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていくことを目的とした「子ども・子育て支援新制度」が始まりました。
  これに伴い、保育園の入園手続きが変更され、教育や保育の必要性に応じた認定を受けるための申請が必要となります。
保育園の入園申込みと併せて、「支給認定申請書」の提出をお願いします。

認定区分

1号認定 満3歳から小学校入学前までの子どもで、幼稚園などで教育を希望する場合
2号認定 満3歳から小学校入学前までの子どもで、保育園などでの保育を必要とする場合
3号認定 満3歳未満の子どもで、保育園などでの保育を必要とする場合

  

また、子ども・子育て支援新制度により、下記の場合も保育園の申込みが可能となりました。

  • 同居の祖父母が無職の場合
  • 求職活動中の場合

受付の期間

 平成30年度 入園申込みについて

平成29年10月2日(月曜日)から、中央公民館(菊川市下平川6225番地)にて受け付けを開始します。

※園や歳児クラスによっては、既に定員を超過している場合がありますので、あからじめご了承ください。

市外の保育園へ入園を希望される場合

菊川市にお住まいで、勤務の都合などにより、他の市区町村の保育園への入園をご希望の場合は、菊川市に申請をしてください。菊川市で、保育園が必要な家庭かを審査し、必要だと認められた場合、希望の保育園のある市区町村へ、希望の保育園へ入園できるかどうかの審査の依頼をします。

 

申請に必要な書類

           お勤めの方は、勤務証明書(兼採用予定・育児休業取得証明書)(PDF:30KB)

           自営業の方は、確認書(PDF:39KB)

           病気療養の方は、医師の証明書または確認書(PDF:39KB)

           病人・身体障害者等の看護をしている方は、医師の証明書または確認書(PDF:39KB)

  • 市県民税課税証明書(本年1月1日現在に菊川市に居住していない方のみ)

 ※申請書類は、平成29年9月19日(火曜日)以降、中央公民館やプラザけやき子育て相談窓口で入手してください。

 

 【重要】平成28年1月から、保育園入園申請の際にマイナンバーが必要となります

  1. 「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 」(以下、マイナンバー法という)の施行に伴い、平成28年1月から保育園の入園申請の際に、保護者と申請児童のマイナンバー(個人番号)が必要となりました。
  2. 次のいずれかの方法で、保護者と申請児童のマイナンバー(個人番号)を申請時に確認させていただきます。
  • 個人番号カード (顔写真と個人番号が記載されているもの)
  • 通知カード(個人番号のみ記載されているもの)+顔写真がある身分証明書(例:運転免許証など)

 保育園申請の際は、マイナンバー(個人番号)が記載されている個人番号カードか、通知カードを忘れずにお持ちください。

 

育児休業取得時の保育園入園の取り決めの変更について

平成28年4月1日から、保護者が育児休業を取得した際の取り決めについて、下記のように変更します。

平成28年3月31日までの取り決め

保護者が育児休業を取得し、就労していない状況にある家庭において、年度当初3歳未満の在園児に関しては、特別な事情がない限り家庭での保育が可能であると判断し、退園の対象としていました。

 

平成28年4月1日からの取り決め

上記取り決めを廃止し、育児休業取得時に継続して在園するか退園するかは、保護者の選択に委ねるものとします。

 

平成27年度中(平成28年3月31日まで)に育児休業を取得し、退園された方へ

平成28年4月1日から、年齢に関わりなく入園申し込みができるようになりました。

入園を希望される方は、中央公民館(幼児教育課)までお越しください。

 

保育料

保育料は、「菊川市子どものための教育・保育給付に係る利用者負担額を定める条例」に基づき、その家庭の市民税課税状況等により決定します。

平成30年度保育認定使用料(保育料)(PDF:121KB)

市税等のコンビニ収納の開始について

市税等のコンビニ収納が平成27年4月1日から始まりました。
コンビニ収納の開始について

よくある質問と回答

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:菊川市教育文化部幼児教育課

電話:(0537)73-1131

ファックス:(0537)73-6863

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?