• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 野焼き注意事項

ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

野焼きによる火災が多く発生しています!

昨年、市内で発生した火災原因の約5割が枯れ草焼きや焚き火等の野焼きによるものです。原則、野焼きは認められていませんが、一部例外で認められている焼却を行う場合、下記の注意事項を順守してください。また、届出書を提出した場合でも、周辺から苦情が出た場合や気象状況によっては中止していただくことがあります。

 

一部例外で認められている焼却

  • 国や地方公共団体が施設管理のために行う焼却(例:河川敷の草焼き、道路側の草焼き)
  • 震災等の災害予防、応急対策または復旧のために行う焼却(例:災害時の応急対策、火災予防訓練など)
  • 風俗習慣上または宗教上の行事を行うために必要な焼却(例:どんど焼き等の行事における門松などの焼却)
  • 農業や林業を営むために行う焼却(例:農業者が行う稲わらの焼却、林業者が行う伐採した枝条の焼却)
  • 日常生活を行う上で行われる軽減な焼却(例:落ち葉焚き、キャンプファイヤー)

 

野焼きを行う場合の注意事項

 その1「届出書」の提出

 todokede野焼きを行う場合は、「火災とまぎらわしい煙又は火炎を発する

おそれのある行為の届出書」を事前に消防署へ提出してくださ

い。また、この届出は電話での受付も行っています。

※この届出は消防機関が実施状況を把握するための届出であり、受理をも

って他の法令に係る焼却行為を許可するものではありません。

その2「消火器具」の準備

 syoukakigu必ず消火器具(水バケツ・消火器・動力噴霧器等)を準備してくだ

さい。また、焼却中はその場を離れないでください。万が一、火災

が発生した場合は、無理に消そうとせず、安全な場所に避難する

とともに、速やかに119番通報してください。

その3「気象状況」の確認

 kisyoujyoukyou風の強い日(強風注意報発令中)や危険だと感じた場合には、

野焼きを行わないようにしましょう。一旦、火災が発生すると、火

の回りが予想以上に早く、煙に巻かれてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

様式:火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為の届出書(ワード:31KB)

 

【問い合わせ】

菊川市消防署 0537-35-0119 菊川市環境推進課 0537-35-0916

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市消防本部 

電話:(0537)35-3284

ファックス:(0537)36-4996

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?