• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > くらし > 消防本部 > 住宅用火災警報器 > 火災でなくても警報器がなることがあるのですか?

ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

火災でなくても警報器がなることがあるのですか?

質問

火災でなくても警報器がなることがあるのですか?

回答

小さい虫が警報器本体に入った、スプレーなどが直接かかった、たばこの煙を警報器に吹きかけた、調理中の煙や水蒸気等によっても鳴ることが考えられます。本当に火災の場合もありますので、住居内を確認し異常がなく、誤作動によるものであった場合は、警報音停止スイッチを押すが換気すれば、音や音声は止まります。

お問い合わせ

部署名:菊川市消防本部 

電話:(0537)35-0119

ファックス:(0537)36-4996

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?