• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ここから本文です。

更新日:2020年1月28日

令和2年1月の市長フォトニュース

 1月23日(木曜日)

日本赤十字社静岡県支部から災害救護用自動車が贈呈されました

プラザけやきで災害救護用自動車贈呈式が行われました。贈呈される車両は、災害時における救援物資や人員輸送などへの対応および日頃の日本赤十字社に関わる業務に使用する目的で、日本赤十字社静岡県支部から菊川市地区に贈呈されたもの。日本赤十字社静岡県支部の橋本事務局長から太田市長へ贈呈の証としてレプリカのキーが渡されました。
これまでに菊川市地区には2台の自動車が寄贈されており、使用年数や距離に応じた基準を満たしたことや追加希望したことにより追加配備されました。橋本事務局長から「災害救護に活用してください」とレプリカのキーを手渡されると、太田市長は「災害救護用自動車を贈呈いただきありがとうございます。最近は災害が多発しているので、高齢者救護などに役立てたいと思います」などとお礼を述べました。

0123zidousyazoutei 0123zidousyazoutei2

1月の課長会議を開催しました

市役所では、各部署の課長を対象に市長から直接訓示を行う課長会議を毎月実施しています。1月の課長会議では、「新年度の取り組みについて」や「ヒューマンエラーの防止」などについて課長に指示しました。 

0123katyoukaigi

 1月20日(月曜日)

市議会臨時会が開かれました

菊川市議会臨時会が開かれ、台風19号による被害の復旧費用を中心とした補正予算が上程され可決しました。 

1月17日(金曜日)

初代静岡県知事「関口隆吉氏」銅像除幕式が行われました

菊川市ゆかりの偉人、初代静岡県知事「関口隆吉氏」の銅像除幕式が行われました。
関口氏は幕臣出身で明治時代に静岡県の初代県知事を始めさまざまな職を歴任し、地方政治家として優れた手腕を発揮しました。また、牧之原大茶園の開拓や堀之内駅(現在のJR菊川駅)の開駅など、本市の発展につながるさまざまな功績を残しました。市はその功績を称えるとともに後世に広く伝えていくことなどを目的にJR菊川駅前広場に銅像を建立しました。
銅像は静岡駅前にある徳川家康公像の制作などを手掛けた彫刻家、堤直美氏の手によるもの。 除幕式に先立ち、プラザけやきで行われた式典では、来賓およそ40人が参列し、銅像建立を喜ぶ祝辞が述べられました。太田市長は、「郷土ゆかりの銅像が建立されたことをうれしく思います。関口隆吉氏の多大な功績が子どもから大人まで後世に広く伝わっていけばと思います」などと挨拶しました。
その後、JR菊川駅前広場に移動し、来賓や地域住民が見守る中、関係者の手で除幕が行われ銅像がお披露目されました。

0117zyomaku3 0117zyomaku1 0117zyomaku2

 1月6日(月曜日)

 市役所で仕事始め式が行われました

市役所で仕事始め式が行われました。課長級以上の幹部職員およそ50人が参加。新年を迎え、太田順一市長が職員に訓示を行いました。
はじめに、副市長の発声にあわせ、全員で菊川市民憲章を唱和。その後、太田市長は、「今年は『時代を読むということ』を行ってほしいと思います。オリンピック開催の年により、めざましい発展が考えられ、IoTやビッグデータのような用語が飛び交うスマート社会となっていきます。これからの経済動向に注意を向け、時代を読み、市政はどのように対応するか考えてほしいです。また、総合計画をきちんと進め、『住みよさナンバーワンのまち』を目指したいと思います。それだけでなく、それぞれの部で持っている個別計画を実行性のあるものにしてほしいです。菊川市民が、どこへ行っても菊川市の出身であると胸が張れるような素晴らしいまちにしていきましょう」と述べました。
式終了後には、勤続30年を迎えた職員7人の表彰が行われ、市長から対象職員へ表彰状が手渡されました。

0106sigotohazime

1月5日(日曜日)

菊川市消防出初式が行われました

消防出初式が、消防庁舎敷地内の消防防災ヘリポートで行われました。10分団で構成する市消防団の団員をはじめ、市消防本部・消防署員、来賓などおよそ420人が参加。静岡県消防協会定例表彰や同小笠支部定例表彰、市消防団長表彰など功労者117人の表彰や団員家族に対する感謝状の授与が行われました。また、今野団長や太田市長の式辞や火の用心三唱、万歳三唱も行われ地域防災への決意を新たにしました。
式辞では、今野団長が、「大きな災害が多発した平成が終わり、令和の時代になりましたが、昨年も台風19号などの深刻な災害が発生しました。今後起こりうる風水害などに対応できるよう日々精進し、本年も強い仲間意識を持ち、共に頑張っていきましょう」と述べ、太田市長は、「台風19号により、市内でも河川の越水や道路冠水、住宅などの浸水の被害が発生しましたが、消防団員などの避難誘導や警戒活動により幸いにも人的被害はありませんでした。今後も、自分たちの地域は自分たちで守るという考えのもと、地域住民に愛され信頼される消防団員、消防職員であるように期待しています」と激励しました。
式典終了後には、消防団、消防署員による放水訓練が行われました。 

r2dezome1 r2dezome2 r2dezome3

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市総務部秘書広報課

電話:(0537)35-0924

ファックス:(0537)35-2117

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?