• ホーム
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 産業・仕事
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 市政情報 > 市長のページ > 市長フォトニュース > 平成31年4月の市長フォトニュース

ここから本文です。

更新日:2019年5月20日

平成31年4月の市長フォトニュース

4月26日(金曜日)

園児から春の贈り物が届きました

愛育保育園・堀之内幼稚園の園児代表の皆さんが、太田市長にたけのこご飯を届けてくれました。園児たちは、市長に元気よくたけのこご飯をプレゼント。市長は「毎年楽しみにしています。おいしいご飯をありがとう」と笑顔で園児たちにお礼をし、楽しい時間を過ごしました。たけのこは年長児が泥だらけになりながら自分たちで掘り起こしたものです。春の季節を感じる素敵な贈り物をいただきました。

0426no10426no2

4月22日(月曜日)

市長定例記者会見を開催しました

市の施策に関する情報や主要なイベント情報等を、市長から直接発信することで、マスメディアへの露出を増やし、市内外への情報発信力を高めることを目的に市長定例記者会見を開催(隔月)しています。4月の記者会見では、『節目の年を市民の皆さまと祝うために 菊川市制15周年記念事業~全24事業を展開~』、『今年は親子防災宿泊体験も実施!「防災フェアinきくがわ」を開催します』、『全国各地の田んぼアーティストが大集合!「2019全国田んぼアートサミットin菊川市」を開催します』、『自治体としては全国初の試み!情報配信デバイス「スマートプレート」を導入します』、『今年もやります!大相撲5月場所へ懸賞旗を掲出し「深蒸し菊川茶」をPRします』の5件をリリースしました。

 0422no1da 0422no2 0422no3

新茶シーズン到来 新茶初取引が行われました

JA遠州夢咲茶業振興センターで新茶初取引が行われ、およそ250人の茶生産者や茶商、行政関係者などが集まり、新茶シーズンの到来を祝いました。
取引に先立ち、市長は、「市制15周年のイベントに合わせて、市内で良いお茶を作っていることを、今年は特にPRしていきたいと思います。そして、菊川のお茶が高く評価されることを願っています」とあいさつしました。取引では、13工場から15口531.8キロのお茶が上場され、茶商やJA遠州夢咲の職員が新茶の色や香り、味わいを真剣に吟味しました。最後は、威勢良く手を打つ音が会場に鳴り響き、商談が成立しました。
 0422no1no1  0422no2no2 0422no2no3

4月3日(水曜日)

栄西禅師供養祭に向け、献上茶の茶摘みが行われました

茶業関係者が宮城孝雄氏宅裏ハウス茶園で茶摘みをしました。太田順一市長やJA遠州夢咲の堀内和清組合長などおよそ20人が、宮城氏の指導の下、4kgの茶葉を摘み採りました。
はじめに市長から、「1年の茶期のスタートを飾る茶摘みが始まります。丹精込めて作ったお茶がより良いお茶になってくれることを願っています」と挨拶されると、参加者は今年初めての茶摘みを楽しみました。

 0403otya2 0403otya1

 4月1日(月曜日) 

市役所の新年度業務が始まりました

菊川市役所で新規採用職員や交流職員、人事異動対象者に辞令が交付され、新たな体制で新年度の業務が始まりました。
年度始め式では、市職員全員が参加。太田順一市長がおよそ280人の職員を前に、「第2次総合計画の躍進の年として、全職員が同じ方向を向き、まちづくりに取り組んでほしいです。今年は、10月からは消費税が上がり、JR菊川駅ができて130年目を迎えます。新しい時代を意識しながら、緊張感を持ってまちづくりに励んでいってください」と訓示しました。

 0401si1 0401si2 0401si3

 

よくある質問と回答

お問い合わせ

部署名:菊川市総務部秘書広報課

電話:(0537)35-0924

ファックス:(0537)35-2117

フィードバック

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?